【Zoom】マイクトラブルでハウリングが起きたときの対策を解説!

この記事では、Zoomのマイクトラブルでハウリングが起きたときの対策について焦点を当てて特集していきます。Zoomでマイクトラブルによるハウリングが発生したときの対策と原因、防ぐ方法、コネクタ部の違いについても紹介します。

【Zoom】マイクトラブルでハウリングが起きたときの対策を解説!のイメージ

目次

  1. 1【Zoom】ハウリングの原因とは?
  2. ハウリングの起こる仕組み
  3. 公式サイトとアプリ
  4. 2【Zoom】マイクトラブルでハウリングが起きたときの対策
  5. ハウリングを防ぐ方法
  6. 3【Zoom】マイクトラブルでハウリングが起きたときの設定
  7. スピーカー/マイクの音量を調整する
  8. 4【Zoom】ハウリング対策におすすめのヘッドセットとは?
  9. ヘッドセットのメリット
  10. コネクタ部の違い
  11. 合わせて読みたい!Zoomに関する記事一覧

【Zoom】ハウリングの原因とは?

インターネット環境があれば、どなたでも気軽にミーティングを行うことができるアプリ「Zoom」では、マイクがハウリングを起こしてしまうことがあります。まずは、このハウリングの原因について説明をしていきます。

また、Zoomのアプリに限らずマイクをパソコンで使用するアプリ・ソフトであればハウリングは付き物ですので、この機会にマイクのハウリングについて原因と対策を知っておくこともおすすめします。

ハウリングの起こる仕組み

それでは、Zoomのアプリでマイクのハウリングが起こる仕組み(原因)について解説していきます。ハウリングは、マイクの入力音をスピーカーが出力し、さらにマイクがそれを拾うことで、音量が増幅され続ける仕組みになっています。

話し声が聞こえずノイズが入る

ハウリングによってどうなるのかというと、音が増幅され続けるわけですから、ミーティングを行っているメンバーや相手の声が聞こえなくなり、ノイズまで入ってしまうことになります。耳が痛くなるようなこともあり、正常に会話ができなくなります。

公式サイトとアプリ

Zoom 公式サイト

ここでZoomの公式サイトとアプリへのリンクを以下に記載しておきます。アプリのバージョンアップデートなどの際にリンクをタップすることですぐにアクセスできます。適宜活用ください。

Video Conferencing, Web Conferencing, Webinars, Screen Sharing - Zoom
‎「ZOOM Cloud Meetings」をApp Storeで
ZOOM Cloud Meetings - Google Play のアプリ
Thumb「Zoom」のアイコンの写真を変更できないときの解決方法!
この記事ではZoomのアプリでアイコンの写真を変更できないときの解決方法に焦点を当てて特集し...

【Zoom】マイクトラブルでハウリングが起きたときの対策

Zoomでミーティングをする際に、マイクがハウリングしてしまう仕組みについて説明してきました。マイクのハウリングはマイクの音(ノイズ)を増幅させてしまうので、聞こえ方が不快になる場合がほとんどです。

マイクハウリングの仕組みについて理解できましたところで、本題に入ります。Zoomのアプリでマイクトラブルが発生し、ハウリングが起きたときの対策を紹介していきます。

ハウリングを防ぐ方法

お使いのパソコンにインストールしたZoomのアプリでマイクのハウリングが起きた時への対策として、まずはハウリングそのものを防ぐ方法を紹介していきます。この記事では、全部で3つの対策についてピックアップします。

自身のパソコンで起きたことが無い方でも、今後のハウリング発生を想定して、以下のことを意識しながらZoomのミーティングをしていくことをおすすめします。

マイクをスピーカーに向けない

Zoomのアプリでミーティングをする際にマイクがトラブルを起こし、ハウリングが発生することを防ぐためにできる最初の方法として、マイクをスピーカーに向けないことが挙げられます。マイクとスピーカーの配置は重要なポイントになります。

限られたスペースでミーティングを行う場合には特に気を付ける項目になっています。相手に聞こえやすい環境を意識しながら機材を配置することが大切です。

マイクをミュートする

Zoom ミュート

Zoomのアプリでマイクのハウリングを防ぐ方法として次に紹介するのは、マイクのミュートです。自分が話していない時や、周りが騒がしい環境でミーティングを行っている場合は特に意識したいところです。

マイクのミュートボタンは画像のような位置にあります。ミュートを有効にしている間は、こちらの音声は聞こえません。

ヘッドセットを使用する

Zoomのアプリでハウリングを防ぐ方法として3つ目に紹介するのは、ヘッドセットの利用です。スピーカーを使用しないことで出力音をマイクが拾いにくくなるというメリットがあります。ヘッドセットは家電量販店で販売されています。

ThumbZoomで録画した動画の保存先はどこか解説!
この記事では、Zoomで録画した動画の保存先はどこなのかに焦点を当てて特集していきます。Zo...
ThumbZoomで「更新が必要」のエラーでミーティングに入れない原因/対策について解説!
この記事ではZoomで「更新が必要」のエラーが出てミーティングに入れない原因と対策に焦点を当...

【Zoom】マイクトラブルでハウリングが起きたときの設定

Zoomのアプリでマイクのハウリングを防ぐためにできることを紹介しました。原因と対策方法さえ理解できていれば、意図しないシチュエーションでハウリングが発生しても、落ち着いて対処することができます。理解できましたら次に移ります。

ここからは、Zoomのマイクトラブルでハウリングが起きたときの設定方法について解説していきます。

スピーカー/マイクの音量を調整する

Zoomのアプリでマイクのハウリングを防ぐために、原因と対策を理解できましたらスピーカーやマイクの音量を調整することで防いでいきます。Zoomのアプリがインストールされていれば、デスクトップアプリ、スマホアプリどちらからでも行えます。

Zoomを起動する

Zoom サインイン

早速対策方法を解説します。最初のステップはZoomのアプリの起動です。お使いのパソコンでZoomのアイコンをクリックして開きます。もしサインインがまだの場合は、メールアドレスとパスワードを入力してアカウントに入ります。

設定を開く

Zoom 設定アイコンクリック

Zoomのアプリを起動してサインインができましたら、次に自身のアイコンの下にある「設定アイコン」をクリックします。歯車のアイコンですので目印にしてください。

オーディオを選択する

Zoom オーディオ設定

Zoomの設定メニューを開きましたら、設定項目一覧の中から「オーディオ」を選択します。この部分では、マイクやスピーカーの入出力設定を行うことができます。

出力/入力レベルを下げる

Zoom 入出力調整

スピーカーとマイク、それぞれのレベルを操作することができますので、入出力のレベルを調整してください。ハウリングが起きそうな場合はレベルを下げる方向で操作します。

ミーティング中のオーディオエコー – Zoom ヘルプセンター
ThumbZoomの「ホストには進行中の別ミーティングがあります」について解説!
この記事では、Zoomの「ホストには進行中の別ミーティングがあります」について焦点を当てて特...

【Zoom】ハウリング対策におすすめのヘッドセットとは?

Zoomのアプリからマイクのハウリング対策をする方法について解説しました。基本的にオーディオ設定の部分で調整することができますので、覚えておくことをおすすめします。理解ができましたら最後のセクションに移ります。

ここからは、Zoomのアプリでマイクのハウリングを減らすことができるヘッドセットに関して説明をしていきます。ヘッドセットのメリットと、コネクタ部の違いなど基本的な特徴についての解説です。

ヘッドセットのメリット

まずはZoomでヘッドセットを使用することのメリットについて解説していきます。スピーカーやマイクの選定で迷っている場合はヘッドセットを用意してミーティングをすると上手くいきやすくなります。以下ではメリットを2つ紹介します。

イヤホンとマイクを別に用意せずに済む

Zoomでヘッドセットを利用することのメリットとして最初に紹介するのは、イヤホン(スピーカー)とマイクを別に用意せずに済むということです。ヘッドセット1つで両方の役割をする上に、音も漏れることはありませんのでハウリングは減らせます。

手頃な価格の製品が多い

Zoomでヘッドセットを使用することのメリットとして次に紹介するのは、手頃な価格の製品が多いということです。ヘッドセットは先ほども触れましたように家電量販店で購入することができます。気軽に導入することが可能な製品です。

コネクタ部の違い

次に紹介するのは、コネクタ部の違いになります。ヘッドセットには、複数のコネクタ部向けで販売されています。こちらの部分ではそれぞれのコネクタ部の違いをそれぞれピックアップします。

また、接続できるタイプはPC端末によって違いますので、こちらも踏まえた上で購入することがおすすめです。

マイク/イヤホン端子が分かれているタイプ

最初に紹介するコネクタ部は、マイク・イヤホン端子が分かれているタイプになります。これは端子の色ごとに分けて接続します。

USBタイプ

次に紹介するのは、USBタイプのヘッドセットになります。これはPCに搭載されているUSBに差し込んで使用します。専用のドライバーをダウンロードする場合もあります。

3.5mmミニプラグ

次に紹介するのは、3.5mmミニプラグのコネクタ部になります。これはスマホで有線イヤホンを利用する際によく見るタイプです。

変換が必要なケース

ヘッドセットのコネクタ部の違いについて説明しましたが、ここで変換が必要なケースについて触れておきます。変換が必要になるのは、ミニプラグをフォーンジャックに挿したい場合などが当てはまります。

合わせて読みたい!Zoomに関する記事一覧

ThumbZoomでミュートじゃないのに「マイクの音が入らない」問題について解説!
テレワーク時に企業の中でWeb会議ツールとして利用されているZoom。そのZoom利用中にミ...
ThumbZoomの「チャット」で改行する方法をくわしく解説!
この記事ではZoomの「チャット機能」で改行する方法に焦点を当てて特集していきます。Zoom...
ThumbZoomの「ミーティングパスワード」はどこを見れば分かるのか解説!
今記事ではZoomのミーテイングパスワードはどこを見れば分かるのかについてご紹介していきます...
Thumb「TimeRex」と「Zoom」連携!日程調整が自動で発行!
ミクステンドが日程調整自動化ツール「TimeRex」にビデオ会議サービス「Zoom」との連携...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
Rainfini