【Access Denied】特定ブラウザからのみの「エラー」問題の解決方法!

ブラウザで特定のサイトを見ようと開いたとき「Access Denied」と表示されることがあります。これはそのサイトからアクセスをブロックされている状況です。「Access Denied」が表示された際の解決法についてをこの記事で紹介していきます。

【Access Denied】特定ブラウザからのみの「エラー」問題の解決方法!のイメージ

目次

  1. 1【Access Denied】特定ブラウザからのみの「エラー」問題の解決方法
  2. 「Access Denied」エラー表示がでサイトが見れない時がある?
  3. 「Access Denied」とは?
  4. 「Access Denied」エラー表示問題の解決法
  5. 最後に

【Access Denied】特定ブラウザからのみの「エラー」問題の解決方法

Webサイトを閲覧していると、特定のブラウザからのみ「Access Denied」のエラーが表示される問題が生じることがあります。

「Access Denied」エラー表示がでサイトが見れない時がある?

真っ白い画面に「Access Denied」のエラーが表示されるのですが、このエラーが出ると、そのサイトを見ることができません。

特定のブラウザで特定のサイトにアクセスした時にでるエラー表示

「Access Denied」は、特定のサイトにアクセスした際に拒否されていると言うことを意味しています。基本的に、サイトの運営者側などからIPアドレスで拒否されている場合、そのIPアドレスでのアクセスすべてを遮断され、その場合もこの表示がされます。

また、サイトによってはWebサイトが存在しない場合にもエラーメッセージとして表示されることもあるようです。

そんな中、IPアドレスの拒否でもなく、サイトが存在しないわけでもないのに特定のブラウザでのみ特定のサイトにアクセスできない、ということもあります。

FirefoxやGoogleChromeで起こることがある

特定のブラウザでのみアクセスできない状況は、FirefoxやGoogle Chromeで起きることがあります。この場合、ページURLが正しいのにアクセスできない場合ほとんどで、ブラウザの履歴やCookie、キャッシュなどの影響ということが多いです。

「Access Denied」とは?

さらっと前述していますが、「Access Denied」は「アクセスが拒否されました」という意味を示しています。文字通り、そのサイトにアクセスしようとした際、サイト側から拒絶されている状況です。

意味は「アクセスが拒否されました」

「Access Denied」が表示された場合、Webサーバーがアクセスを拒否している状態ですので、サイトには接続できるもののWebページの取得ができません。

「You don't have permission to access "〇〇○(サイトURL)” on this server.」とそのサイトURLのサーバーへのアクセス権がないとその後に表示されています。

「Access Denied」エラー表示問題の解決法

なお、ブラウザのキャッシュなどが原因で「Access Denied」のエラーが表示される問題の解決法としては、主に2つ存在しています。

ブラウザを変えればサイトにアクセス可能

FirefoxやGoogle Chromeなどのブラウザが原因で「Access Denied」と表示されている場合は、ブラウザを変更することでサイトにアクセスすることが可能となる場合があります。

Microsoft EdgeやSafariなどFirefoxやGoogle Chromeではないブラウザで閲覧することで問題なく見ることができれば、ブラウザが原因の「Access Denied」ということになります。

そのままのブラウザでアクセスしたい場合はキャッシュやCookieのデーターを削除

なお、もし現在利用しているブラウザでアクセスしたい場合は、そのブラウザのキャッシュデータやCookieの削除を行うことが解決法となります。

「設定」をクリック(Windows、Androidの場合。iOS端末は「履歴」)

Google Chromeの場合、キャッシュデータやCookieの削除は、WindowsやAndroidであれば「設定」から、iOS端末であれば「履歴」から削除することとなります。

「閲覧履歴データの削除」を選択

「閲覧履歴データの削除」を選択します。

「Cookieと他のサイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れる

「Cookieと他のサイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れます。

「データを削除」押す

「データを削除」を押すことでキャッシュや履歴の削除ができます。

最後に

基本的にアクセス拒否されている際に表示される「Access Denied」のエラーですが、ブラウザのキャッシュデータなどの問題で拒否されてしまうことがあります。

この場合は前述した解決法で閲覧できるようになりますので、もしものときのために覚えておいて損はありません。

ただし、サイトの方からIPアドレスで拒否されている場合はブラウザを変えても閲覧することができませんので、そことの違いは理解しておきましょう。

Thumbフェイスブックの「何らかのエラーが発生しました」の対処法!
Facebook(フェイスブック)の「何らかのエラーが発生しました」の対処手段を「アップデー...
Thumb【Pledis(プレディス) 】公式サイトにアクセスできないエラーについて解説!
韓国の人気芸能事務所「Pledis(プレディス)」の公式サイトにアクセスできないエラーが発生...
Thumb【YouTube】「メッセージ送信中にエラーが発生しました」について解説!
YouTubeのチャット機能利用時に、「メッセージ送信中にエラーが発生しました」が表示されて...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ