【Android】「Google Play開発者サービス」とは何か解説!

Androidのスマホやタブレットのアプリ一覧を見ていて、「Google Play開発者サービス」とは何か気になった人も多いと思います。この記事では「Google Play開発者サービス」とは何か、一体何の役に立っているプログラムなのかを解説していきます。

【Android】「Google Play開発者サービス」とは何か解説!のイメージ

目次

  1. 1【Android】「Google Play開発者サービス」とは
  2. Google Play開発者サービスとは一体何か?
  3. Google Play開発者サービスの特徴
  4. 電池の消耗やデーターが消費される?
  5. Google Play開発者サービスに問題がある時の対処法
  6. 最後に

【Android】「Google Play開発者サービス」とは

Androidユーザーであれば、内蔵アプリの一覧として「Google Play開発者サービス」という名称を見かけた人は多いと思いますが、この「Google Play開発者サービス」とは何か知らず使っている人もまた多いと思います。

Google Play 開発者サービス
Google Play開発者サービス - Google Play のアプリ

Google Play開発者サービスとは一体何か?

メモリ使用量がそれなりに大きい

この「Google Play開発者サービス」は、システムに常駐しているプログラムで、メモリの使用量もそれなりに大きめです。

Googleのサービスに必要だということは分かっても、この「Google Play開発者サービス」が一体何に使われているのか分からず不安になっている人もいるでしょう。

他のアプリのためのサービスプログラム

「Google Play開発者サービス」はGoogleログインの他、Googleマップなどの他のGoogleサービスへアプリを接続するためのサービスプログラムです。

Android端末に登録してあるGoogleアカウントと他のアカウントを紐付けて利用しているもので、Android端末に必須の付属プログラムでもあります。

Androidから「Google Play開発者サービス」へ向けて呼び出しを行い、それをもとにクラウド上にあるGoogleのサービスデータを引っ張って来てアプリを利用しているというと分かりやすいでしょうか。

この「Google Play開発者サービス」がないと、Googleの各種サービスをAndroidスマホで利用できなくなります。「Google Play開発者サービス」に何らかの問題が生じた場合も同様です。

Google Play開発者サービスの特徴

さて、その「Google Play開発者サービス」には特徴があります。「Google Play開発者サービス」の特徴とは何かについての話に移りましょう。

必須のアプリなのでプリインストール済み

まず前述したとおり「Google Play開発者サービス」はAndroid端末にとって必須のアプリケーションです。必須のアプリケーションということは、それがなければ問題が生じる/使えないということでもあります。

そのため、「Google Play開発者サービス」はAndroid端末そのもののプリインストール済みアプリです。新規購入した後、わざわざGoogle Playストアからインストールする必要はありません。

削除やアンインストールは不可

無効化も強制停止もできない

そして、必須アプリであるがゆえに「Google Play開発者サービス」を削除したりアンインストールしたりすることはできません。これがないと動かないと言っているも同然なので当たり前ですよね。

「Google Play開発者サービス」はアンインストールできない上に、Androidに必須なものであるため無効にすることも強制停止にすることもできません

仮に無効化できたとしても、その時点でAndroid端末がかなり不安定になるので避けたほうが無難だということは明白です。

AndroidOSとは別に自動更新

Google Playストアで更新される

なお、Androidに付属している必須プログラムであるとは言っても、AndroidOSの更新(アップデート)と一緒に更新されているわけではありません。AndroidOSのアップデートは基本的にGoogleからメーカーを介して提供されます。

しかし、「Google Play開発者サービス」はそれとは別に自動更新されていて、基本的にはGoogleから直接アップグレートパッケージが提供――Google Playストアにて更新されます。

他のアプリ同様、Google Playストアでアップデートを行えば問題ありません。自動的に更新されているため、気がついたら最新バージョンになっていた、ということが多いため、あまり更新した記憶がない人も多いでしょう。

電池の消耗やデーターが消費される?

必須プログラムであるとは言っても、「Google Play開発者サービス」のメモリ使用量が多いのは事実です。メモリ使用量が多いのなら電池の消耗やデータの消費が大きいのでは、と不安になっている人も多いかと思います。

電池/バッテリーの消耗とは無関係

電池使用量はほとんどない

しかし、Googleが公式ヘルプで「Google Play開発者サービス」は電池/バッテリーの消耗とは無関係だとはっきり発表しています。実際、「Google Play開発者サービス」の電池消耗量を確認しても「0%」と表示されました。

流石に0%ということはないと思いますので、限りなく0%に近いという意味だと思われます。

モバイルデータプランは過度に使用されることもない

データ通信量は過度に多すぎるわけではない

また、モバイルデータプラン(モバイル通信)を過度に使用することも無いということも、Googleが公式ヘルプで言及しています。

だいたい3ヶ月で45MBと上記画像には表示されていますので、1日あたりに換算すれば0.25MB、1ヶ月で15MBほどです。1GB=1000MBということを考えると、この量は過度に使用しているとは言えないことは明白です。

確かに、他にあるメールアプリなどと比較してみると少々通信量は多めではあります。しかし、Googleアプリを繋ぐ役目を負っていることを考えると、この通信量はむしろ妥当と言えます。

1ヶ月で100MB使うような消費量ではないため、ひどく過敏になる必要はないでしょう。

Google Play開発者サービスに問題がある時の対処法

なお、「Google Play開発者サービス」に何か問題がある場合、Googleのサービスへの接続ができなくなる、Google Playストアが起動できないなどAndroidユーザーにとってはかなり困った状況になってしまいます。

そういった状況に直面した場合、「Google Play開発者サービス」を復旧させるために対処を行う必要があります。

最新の状態か確認

まず、Android端末の「Google Play開発者サービス」が最新バージョンかどうかを確認してください。下記リンク先が「Google Play開発者サービス」のGoogle Playストアのページですので、こちらへアクセスします。

Google Play開発者サービス - Google Play のアプリ
更新/インストールの場合は実行する

上記のようにGoogle Playストア上の表示が「無効化」になっているのであれば最新バージョンであることを示しています。

しかし、ここが「更新」もしくは「インストール」になっているのであれば最新バージョンではありませんので、アップデートをおこないましょう。

Google Play 開発者サービスからキャッシュとデータを削除

もし「更新」もしくは「インストール」でないにも関わらず、「Google Play開発者サービス」に何か不具合が残ったままなのであれば、キャッシュとデータの削除を行います。以下Android9.0の場合の操作方法です。他のOSの場合は参考にしておこなってみてください。

「アプリと通知」をタップ

まずはAndroidの設定アプリを開き、「アプリと通知」をタップしてください。

「〇〇このアプリをすべて表示」をタップ

「〇〇個のアプリをすべて表示」をタップします。

「Google Play開発者サービス」をタップ

「Google Play開発者サービス」をタップしましょう。

「ストレージ」をタップ

「ストレージ」をタップします。

「キャッシュを削除」をタップ

「キャッシュを削除」をタップしてキャッシュデータの削除を行ってください。

「容量を管理」をタップ

次に「容量を管理」をタップしてください。

「データを全て消去」をタップ

データを全て消去」をタップしてデータの消去を行いましょう。

更新/インストールの場合になっていないか確認

Google Playストアの「Google Play開発者サービス」のページを開き、更新/インストール表示がされるかどうか確認してみてください。

Play ストアのキャッシュとデータを削除

Google Playストアのキャッシュとデータを削除し、余分なデータがない状態になればプログラムが不具合を起こしている場合の対処となることがあります。以下もAndroid9.0の場合の操作方法です。他のOSの場合は参考にしておこなってみてください。

「アプリと通知」をタップする

設定アプリの「アプリと通知」をタップします。

「〇〇このアプリをすべて表示」をタップする

「〇〇個のアプリをすべて表示」をタップします。

「Google Playストア」をタップ

「Google Playストア」をタップしてください。

「ストレージ」をタップする

「ストレージ」をタップしましょう。

「キャッシュを削除」をタップする

「キャッシュを削除」をタップします。

「ストレージを消去」をタップする

次に「ストレージを消去」をタップしてください。

更新/インストールの場合になっていないか確認する

Google Playストアを再起動し、再度「Google Play開発者サービス」のインストール/更新表示がされるか確認してみましょう。

最後に

「Google Play開発者サービス」はAndroid端末に必須のプログラムだということが分かったと思います。さほど電池の消耗やデータ通信に大きく響くものではありませんので、そういう意味でも安心かと思います。

しかし、必須プログラムであるため、不具合が起きると他のGoogleサービスにも影響が出ますので、紹介した対処法を利用して解決できるようにしてみてください。

Thumb【GooglePlay開発者サービス】バッテリーの異常消費を防ぐ方法を解説!
スマートフォンにインストールされている「GooglePlay開発者サービス」のバッテリーの異...
Thumb google play 開発者サービス更新方法!できないときは?
皆さんGoogle Playの開発者サービスを最新版に更新・アップデートを行っていますか?ま...
ThumbPlayストアでアプリをダウンロードできない原因と対処法【Android】
Android端末を利用する上で欠かせないPlayストア(プレイストア)でアプリをダウンロー...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング
インステ