YouTubeをSafariで見る方法!再生できない時の対処法も解説

SafariでYouTubeを見るといつのまにかSafariブラウザでの視聴ではなくYouTubeのアプリになる、iPhoneユーザーの方は少し気になっているのではないでしょうか、そこでSafariでYouTubeを見る方法を説明していきます。

YouTubeをSafariで見る方法!再生できない時の対処法も解説のイメージ

目次

  1. 1YouTubeをiPhoneのSafariで再生したい
  2. 2YouTubeをiPhoneのSafariで見る方法〜アプリ削除〜
  3. 3YouTubeをiPhoneのSafariで見る方法〜検索窓〜
  4. 4iPhoneのSafariでYouTubeが見れない時の対処法

YouTubeをiPhoneのSafariで再生したい

Safari

日常の中でiPhoneでYouTubeを見るというのはもう生活に欠かせないものになっているといった方も多いのではないでしょうか。普段からこの人の動画をチェックしている。

関連動画でなにかあるかな?などを見るのもiPhoneでYouTubeをみれる手軽さに魅力があるからだと言えます。

YouTubeアイコン

しかしふと出先などで趣味についてなどSafariで検索しているとき、やり方やその趣味の成果などの動画がYouTubeにあることが多いです。それを開くと自動でYouTubeアプリが起動してしまいマルチタスクで何かしたいときに不便になってしまう。

SafariでYouTubeを開いてタブを開き気になったことをすぐ調べたい。そのようなときにどうすればSafariでYouTubeを開くことができるのかを説明していきます

YouTubeアプリだとできないこと/困ること

iPhoneホームのYouTubeアイコン

YouTubeをsafariではなくYouTubeアプリで開くとできないこととしてバックグラウンド再生があります。

マルチタスクでの作業に向いていないこともありますがPC版でしか使えない設定があるのでやり方を覚えてSafariでYouTubeを開くことはYouTubeを使うなら覚えておいて損はないテクニックになります

SafariでYouTubeを開くことの最大のメリットはバックグラウンドでの再生があげられます。

YouTubeを音楽を聴くために利用しているといった方にはSafariでYouTubeを開くことを覚えた後のYouTubeは頼もしいストリーミングサービスでありマルチタスクかされたiPhoneを生み出します。

自動でYouTubeアプリが起動してしまう

Safari検索

まず、iOSのバージョンにより仕様が違うのでこの記事ではiOSのバージョンが12以降であることを前提に説明していきます。

Safariの検索窓からYouTubeを検索をしそのまま出てきたYouTubeのワードを押してしまうとSafariでYouTubeを開くのではなくアプリのYouTubeが自動的に起動してしまいます

ThumbAndroidでYouTube動画をダウンロード保存するおすすめアプリ5選!
YouTubeの動画をお使いのAndroidスマホ端末にダウンロード保存できるアプリがあるの...

YouTubeをiPhoneのSafariで見る方法〜アプリ削除〜

初めに説明するSafariでYouTubeを見る方法は公式のYouTubeアプリを削除してしまうものです。

YouTubeアイコン削除

YouTubeアプリを削除する

削除決定画面

SafariでYouTubeを見る方法として最も手早くできるのは公式のYouTubeアプリを消してしまうことです。少しの時間さえあればYouTubeを見てるって人以外なら手軽にできる上にやり方もかなり簡単な方法になっています。

公式のYouTubeアプリを消してさえしまえば以降SafariでYouTubeを検索窓から検索しても自動的にYouTubeアプリを起動することがなくなりSafariでYouTubeを楽しむことができます。

アプリを削除する手順

YouTube削除1

SafariでYouTubeを起動するために公式のYouTubeアプリの削除をしていきます。まずYouTubeのアイコンをXマークがアイコン左上に出てくるまで長押しします。

この時のタップは押し込みすぎないように注意します。押し込みすぎると別の項目が起動してしまい削除ができなくなってしまいます。

YouTube削除2

長押ししてYouTubeのアイコンの左上側に画像のようなXマークがでたらXマークをタップしてYouTubeアプリを削除します。削除が終わったら画面右上の完了のボタンをタップしてください。

この完了のボタンをタップしないとYouTube以外のアプリも震えて左側にXマークが出ている状態になりあやまって削除してしまう可能性があります。

YouTubeアプリを消して完了のボタンをタップしたらもう作業完了です、SafariでYouTubeを検索したらSafariでYouTube開くことができるようになっています。

以降はお好みの設定や操作でYouTubeを楽しんでください。Safariでブラウザ表示にする設定などもありますのでぜひ活用してください。

Thumb YouTube動画の音声を録音する方法まとめ
今回の記事では、YouTube動画の音声を録音する方法を様々な角度から紹介してきました。Yo...

YouTubeをiPhoneのSafariで見る方法〜検索窓〜

Safari検索窓

SafariでYouTubeを見る方法2つ目はSafariで直接開いてしまう方法になります。普段からYouTubeをヘビーに利用していて少しの暇があればYouTubeを見てしまう!なんて方は公式のYouTubeアプリは欠かせないものだと思います。

そこでYouTubeアプリを削除せずにSafari検索窓からでYouTubeを開いていく方法を解説していきます。この直接Safariの検索窓にYouTubeのアドレスを入れて検索していく方法ですがこちらもバージョンによって表示などが変わっていくことがあります。

iOS12

この記事ではiOSのバージョンが12以上を前提として書いていますことをご了承ください。

Safariの検索窓に”youtube.com”と入力

Safari検索窓打ち込み

iPhoneでSafariを開きsafari検索窓にYouTube.comと打ち込みます、この際Safari検索窓に打ち込むようにしてくださいGoogleやyahooを開いてしまうと余計なページを一枚追加で作ることになるので動作が重くなりやすくなってしまいます。

Safari検索窓に打ち込むのはYouTubeではなくYouTube.comをしっかりと打ち込んでください。YouTubeと打ち込んでしまうと直接飛ぶことができずに自動的にYouTubeアプリを起動させてしまうことになります。

”Go”をタップ

Safari検索窓YouTube.com打ち込み

Safari検索窓にYouTube.comをしっかりと打ち込まれていることを確認します。

キーボード

Safari以外のページを開いてしまってもSafari検索窓に打ち込むようにYouTube.comと打ち込んでおけばYouTubeを直接開くことが可能です。Safariは完成度が高くiPhoneを使っているのであればSafariを使うことをお勧めします。

Safari検索窓がうまく使えないそもそもどこにあるの?となってしまったときは画面右下のタブを新規で作成するところをタップして+を押してSafariの初めの画面を開くことによりSafari検索窓が使えます。

Thumb最新バーチャルYouTuber人気ランキング!四天王など登録者トップを紹介
バーチャルYouTuber(VTuber)ランキングの発表です。バーチャルYouTuber(...

iPhoneのSafariでYouTubeが見れない時の対処法

YouTubeエラー画面

iPhoneやiPadを使ってマルチタスク作業がしたい。YouTubeを後ろで再生しながらマルチタスクでワードなどを使いたい、いろいろ試したけどなぜかできない。

自動的にYouTubeをひらいてしまうSafariで再生できない。などの疑問を解決させるために説明していきます。

ブラウザのキャッシュを削除する

Safariキャッシュ削除

Safariに限らずブラウザを使ってると増えるデータをキャッシュといいます。

一度開いたブログやホームページなどの画像やテキストを自動的に一時的に保存しておき同じサイトにアクセスしたときなどにもう一度ダウンロードすることをスルーすることで通信を節約できまた高速で開くことができます。

キャッシュはつかっていけばいくほどたまっていくのでストレージの圧迫につながります、圧迫していくと次に開く際にその大量のデータから目的のデータを取り出すための作業が入り結果的におもくなってしまうのです。

なので定期的にキャッシュを消してあげてあげてiPhoneを軽くしてあげることによりSafariでのYouTubeの視聴やマルチタスクでの作業を効率よく行わせてあげることができます。

端末/ブラウザを再起動する

iPhone電源オフ

自動的にYouTubeアプリをひらいてしまい再生してしまう原因に直接的な関係はないように感じると思いますが。

ブラウザを再起動するブラウザを一度とじてタスクキルを一度行いSafariを起動しなすことは一度ファイルの整理をiPhoneにさせてあげるようなことになります。

またiPhone自体の再起動はSafariに限らずiPhoneのシステム全体を一度整理して開きなおしてしまいます。これによりたくさん開かれたファイルの積み重ねで重くなっていたiPhoneがきれいに順序よくファイルを開き軽くなるといったようになります。

再起動をして大丈夫な状態のときはiPhoneの再起動をまずしてみるのが良いです。

他アプリを閉じる

iPhoneタスクキル

Safariが重くYouTubeを再生できない場合余計なタブを開いていたり、ほかのアプリが沢山開かれている場合があります。これらを閉じてあげることでSafariの動作が軽くなりYouTubeを開きしっかりと再生させてあげることができます。

iPhoneのメモリには限界があり、広げられる大きさにも限度があります。

Safari自体が軽く容量も多く取らないためSafariでいくつもタブを開きゲームアプリをバックグラウンドで開きYouTubeを見たりワードなどで資料を作ったりしていると次第にiPhoneのメモリの容量を超えてしまいます。

そうすると余った部分や他を少し押しのけて最低限のスペースだけを使い処理をしようとしてしまいます。そうすると自然と重くなってしまいます。バックグラウンドアプリやSafariのタブはこまめに消しておきましょう。

過去につかえた方法

困った顔でスマートフォンを見ている人

少し前にできたマルチタスクで開く方法やSafariブラウザ更新での方法などは現在使用できないです。

iOSのバージョンが12以下の場合はできるかもしれませんが、確実にできるといえず、またできないとも言えないので。マルチタスクでやる方法や更新でやる方法などは説明しません。上記2つの方法でできない場合の対処ほうも情報に確証がないので説明しません。

合わせて読みたい!YouTubeに関する記事一覧

ThumbYouTube Musicが日本上陸!無料版も?使い方を解説
動画の視聴ができるサイトやアプリとして有名なYouTube。YouTube Musicでは日...
Thumb【YouTube】あなたへのおすすめを削除して非表示にする方法
YouTubeでクリックしてしまいたくなるあなたへのおすすめ。でも、中にはなぜこれが?という...
ThumbYouTubeの「限定公開」と「非公開」の違いは?
YouTubeで限定公開と非公開の違いとは?限定公開と非公開の意味、公開範囲や制限の仕方をわ...
Thumb 【音楽アプリ】動画なし・YouTubeじゃない無料おすすめ音楽アプリを厳選
今回の記事では、【音楽アプリ】動画なし・YouTubeじゃない無料おすすめ音楽アプリを厳選に...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
zerune

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ