iMovie動画の書き出しと保存方法【MP4/MOV】

今回は動画編集ソフト「iMovie」からムービーデーターをMP4ファイル、MOVファイルとして書き出して保存してみましょう。書き出して保存したファイルは、「iMovie」で素材に使ったり、フォーマットを揃えて他のアプリケーションで使用することができます。

iMovie動画の書き出しと保存方法【MP4/MOV】のイメージ

目次

  1. 1iMovieの動画の書き出し方法
  2. 動画を書き出す手順
  3. 2iMovieの動画を書き出す前にプロジェクトを保存する方法
  4. プロジェクトの保存
  5. プロジェクトの複製/削除
  6. 3解像度で1080pが選択できないときの対処法
  7. 1080p動画を先頭に挿入する
  8. 4iMovieの動画をMP4/MOVで保存する方法
  9. MP4は品質の選択で「低・中・高」を選択する
  10. MOVは品質の選択で「最高(ProRes)」を選択する
  11. 5iPhoneのiMovieで動画を保存する方法
  12. 「共有」をタップ
  13. 「ビデオを保存」をタップ
  14. 解像度を選択
  15. 合わせて読みたい!アプリに関する記事一覧

iMovieの動画の書き出し方法

では、さっそくiMovieを起動してみましょう。

動画を書き出す手順

書き出しボタン

iMovieの画面右上の”共有ボタン”をクリックします。

「ファイル」をクリック

iMovieの共有のメニューから、ファイルを選択しクリックします。

ファイルボタンをクリック

フォーマットを選択

iMovieの共有メニュー→ファイルメニューの”フォーマット”を選択すると”ビデオとオーディオ”と”オーディオのみ”の選択肢がありますが、ここではフォーマットは”ビデオとオーディオ”を選択します。

フォーマットを選択

解像度を選択

iMovieのファイルメニューから動画書き出しの”解像度は540p、720p、1080pの中から選択できます。ここではデフォルトのファイル書き出しの解像度”1080pを選択します。

解像度の選択

品質を選択

iMovieファイルメニューの"品質"の選択肢では選び方で書き出しされるファイル形式が変わってきます。ここではデフォルトの””を選択します。低、中、高ならMP4。最高(ProRes)ならMOVで書き出しされます。

MP4で書き出しされたファイルなら様々な機器で再生出来るので汎用性が高いです。ここではとりあえずデフォルトの”高”を選択し次に進みます。

品質の選択2

圧縮を選択

ファイルメニューの”圧縮”の選択は”高速”と”品質優先”の2つがありますす。iMovieではどちらを選んでも画質に大きく影響しませんので、ここでは圧縮はデフォルトの”高速”を選択します。

圧縮を選択

動画の名前を入力

iMovieファイルメニューの右下の”次へ”ボタンを押してポップアップされた画面に書き出しされるファイルの名前を入力します。ここでは名前を”テスト動画1”に変更してみます。

動画の名前を入力

保存先を選択

”場所”の欄にはiMovieで書き出しされるファイルの保存先を選択します。”保存”をクリックすると動画の書き出し保存がはじまります。ここではデフォルトの”デスクトップ”を選んでおきます。

保存先を選択
Thumb 動画の画面サイズを変更(切り取り)するおすすめアプリを紹介
皆さん動画サイズを変更する・つまりトリミングするアプリがあるのをご存知ですか?InShot、...

iMovieの動画を書き出す前にプロジェクトを保存する方法

プロジェクトの保存1

プロジェクトの保存

プロジェクト名入力

iMovie画面左上に”プロジェクト”のボタンがあるのでクリックします。プロジェクト名を入力する画面が表示されます。”マイムービー1”と入力して”OK”ボタンをクリックし保存します。iMovieプロジェクト一覧に”マイムービー1”が書き出し保存されます。

プロジェクトの保存

プロジェクトの複製/削除

プロジェクトの複製

"プロジェクト名"の右横にマウスのカーソルを合わせると”○”のアイコンが表示されます。クリックするとメニューが表示されます。メニューの”プロジェクトを複製”をクリックするとiMovieプロジェクト”マイムービー1”が複製されます。

プロジェクト削除

メニューの”プロジェクトの削除”をクリックするとiMovieのプロジェクト”マイムービー1”が削除されます。

ThumbMacのスクリーンショットの撮り方!保存先や形式変更・ショートカットも解説
Macのスクリーンショットの撮り方はご存知でしょうか。MacはWindowsと違い「Prin...

解像度で1080pが選択できないときの対処法

1080pが選択できない

iMovieでせっかく作成した動画がですが、1080pのHDサイズで書き出し保存ができない場合があります。

1080p動画を先頭に挿入する

タイムライン先頭に1080pのHDサイズファイル配置

一旦、iMovieのタイムラインの先頭に1080pのHDサイズのファイルを配置します。

タイムライン先頭に1080pのHDサイズファイル配置

そしてiMovieのファイルの書き出しで解像度が”1080p”が選択できる事を確認します。確認ができたら先ほどタイムラインの先頭に挿入したファイルを削除します。
 

解像度1080pで書き出しができる

すると先ほどiMovieのファイルの解像度1080pで書き出しができなかった動画が1080pの解像度で書き出し保存ができるようになります。

ThumbMacで.movファイルを.mp4に変換する方法!ソフトやアプリで簡単変換!
Macを使ってMOVファイルをフリーソフトやアプリを使ってMP4に変換してみましょう。Mac...

iMovieの動画をMP4/MOVで保存する方法

共有ボタンをクリック

まず、iMovie画面右上の”共有ボタン”をクリックします。

ファイルを選択

”ファイルボタン”をクリックします。

MP4は品質の選択で「低・中・高」を選択する

MP4で書き出し

iMovieでファイルを書き出しする際、品質の選択肢は”低””中””高””最高(ProRes)””カスタム”の項目があります。品質”低””中””高”を選択するとファイルはMP4で書き出しされ保存されます。

MOVは品質の選択で「最高(ProRes)」を選択する

MOVで書き出し

iMovieで品質の選択肢で”最高(ProRes)”を選択するとファイルはMOVで書き出しされ保存されます。

Thumb【iOS12】iPhoneで動画保存できないときの原因と対処法!
iPhoneの便利機能のひとつである「画面録画」機能。スクショ動画を取れる機能ですが、動画を...

iPhoneのiMovieで動画を保存する方法

iPhone

「共有」をタップ

共有ボタンをタップ

iMovie画面下の”共有アイコン”をタップします。

「ビデオを保存」をタップ

ビデオを保存

ビデオを保存”アイコンをタップします。

解像度を選択

解像度を選択

必要に応じた解像度を選択し動画ファイルを保存します。いかがでしたでしょうか?ここで個々にiMovie書き出された動画ファイルは素材として利用できます。

ファイル形式、解像度、品質、圧縮などの選択できる項目はなるべく揃えておいた方がまとまった動画に編集する際、動画の画質劣化等をを防ぐことができます。

合わせて読みたい!アプリに関する記事一覧

ThumbiPhoneアプリ「6秒えいご漬け」が配信!DSソフトから13年、iOS版で再び
DSソフト「大人のDSトレーニング えいご漬け」から13年経ってついにiPhone向けアプリ...
Thumb 【iPhone】動画をダウンロード保存できるアプリおすすめ5選!
皆さんiPhoneの動画をダウンロード保存できるアプリを知っていますか?動画サイトの動画をダ...
ThumbiPhoneを画面分割するアプリ8選!2画面モードで作業効率アップ!
皆さんiPhoneを画面分割できるアプリをご存知ですか?画面分割とは2画面にしたりすることで...
Thumb【iOS11】iPhoneメモアプリで書類をスキャンする方法!
iPhoneのメモアプリがiOS11から書類をスキャン出来るようになりました。iPhoneの...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
magokoro.com
インステ