Keynoteで縦書きにする方法!伸ばし棒やカッコは?

Macに標準搭載されている無料で使えるプレゼンテーション資料作成アプリ「Keynote」 Keynoteで縦書きにする方法、縦書きでの伸ばし棒やカッコの作り方などのKeynoteの使い方、資料でよく使うでA4縦文書作成などのノウハウをまとめます。

 Keynoteで縦書きにする方法!伸ばし棒やカッコは?のイメージ

目次

  1. 1プレゼンソフトのKeynoteがおすすめ
  2. Keynoteとは
  3. 2Keynoteでテキストを縦書きにする方法
  4. 元々Keynoteに縦書き機能はない
  5. テキストボックスを縮めて縦書き表記にする
  6. 3Keynoteで伸ばし棒や句読点を縦書きにする方法
  7. 伸ばし棒や句読点を縦書きにする機能は無い
  8. テキストで個別に入力して回転機能を活用する
  9. カッコの縦書き対応
  10. 4資料でよく使うA4でKeynoteの縦型印刷資料を作る方法
  11. A4サイズに設定する
  12. PDFファイルに出力して確認
  13. 5Keynoteのメリット
  14. 美しいフォント表示
  15. 多彩なテンプレート
  16. 合わせて読みたい!Mac機能に関する記事一覧

プレゼンソフトのKeynoteがおすすめ

Apple社のKeynoteページ画像
Keynote - Apple(日本)

プレゼンツールとして人気の、Keynote。PowerPointほど機能はないですが、洗練されたアウトプットを簡単に作れて、iPhone・iPadなどでも利用できるため、多方面にプレゼン資料を利用可能なアプリです。

Thumb【Mac】Numbersの使い方!便利な使い方のコツまとめ
Macには「Numbers」というApple製の表計算表アプリが標準で付いています。Numb...

Keynoteとは

Keynote編集画面-テーマ:グラデーション

Keynoteは、Mac・iPhone・iPadで利用できるプレゼンテーション資料作成アプリです。

直感的な操作方法で洗練されたプレゼンテーションスライドを簡単に作成できます。

A4縦型の印刷資料も美しい資料が作成できます。

無料で使えるプレゼンテーション資料作成アプリ

Macにはプリインストールされていて、無料で利用できます。

Keynoteでテキストを縦書きにする方法

Keynote縦書きサンプル-テーマ:グラデーション

このように、Keynoteでも「縦書き」でのプレゼンテーション資料のスライドの作成ができます。どのような方法で縦書きが可能なのでしょうか?

ThumbMacでMicrosoft Officeは使えない?おすすめの代わりのソフトを紹介
Macのパソコンを利用している人でMicrosoft Officeを利用したいと思ったことは...

元々Keynoteに縦書き機能はない

日本に住んでいると、縦書きでプレゼンテーション資料を作りたい場合もあると思います。しかし、Keynoteには縦書きの機能はありません

テキストボックスを縮めて縦書き表記にする

テキストボックスの幅を狭める前

上記の図にあるように、テキストボックスを縮めて(幅を狭くして)改行が1文字ごとに行われるように調整して、Keynoteでも縦書き表記を可能にします。

テキストボックスの幅を狭めた後

上記の図のように縦書き表記が可能になりました。

Keynoteで伸ばし棒や句読点を縦書きにする方法

Keynoteで伸ばし棒や句読点を縦書きに

上記の図のように、工夫すれば縦書き機能のないKeynoteでも伸ばし棒や句読点を縦書き対応にすることができます

ThumbPDFをWord文書に綺麗に貼り付けたい!文章/画像/表の貼り付けを解説
PDFをWordに貼り付けた資料を作るとき、貼り付けたPDFの画像が荒かったり、貼り付けた部...

伸ばし棒や句読点を縦書きにする機能は無い

テキストボックスを縮めただけでは縦書き対応にならない

上記の入力画面のように普通に「キーノート。」と入力して、テキストボックをを縮めただけでは、伸ばし棒や句読点は縦書き対応になりません

縦書き機能がないので対応した編集がなされません。

テキストで個別に入力して回転機能を活用する

伸ばし棒、句読点を回転してはめ込む

伸ばし棒・句読点は上記の図のように個別に1文字ずつテキストボックスに入力して、テキストボックスを回転させてはめ込みます

回転

伸ばし棒や句読点の回転の方法は、テキストボックスを選んで、「配置」の「回転」で回転させます。

カッコの縦書き対応

カッコ

上記の図のように「括弧」と入力したテキストボックスに「(  )」と入力したテキストボックスを回転させてはめ込むことで、カッコの縦書き表現も可能です。

「括弧」のはめ込まれる側の文字列の行間を調整したり、カッコの「(」と「)」の間の空白などを微調整して、文章にフィットさせてください。

資料でよく使うA4でKeynoteの縦型印刷資料を作る方法

A4縦型

印刷資料でよく使う「A4サイズ縦型」の書類をKeynoteで作っておくと便利です。

Thumb【ファミマ/ローソン】ネットワークプリントで写真/PDFを印刷する方法
ローソンやファミマでできるネットワークプリントが便利だと注目されています。色々なサイズの写真...

A4サイズに設定する

A4縦型のサイズ

A4サイズ縦型の用紙サイズは「幅:210mm × 高さ:297mm」です。

このサイズにKeynote書類のサイズを設定すればA4縦型の書類ができまが、Keynoteは「mm」での書類サイズ指定ができず「pt(ポイント)」での指定になります。

1mm ≒ 2.835 pt」なので、「幅:595pt × 高さ:842pt」の書類サイズにします。

Google検索 - mm pt 変換

上記の図は、Google検索で「mm pt 変換」と検索した場合に表示される画面です。

「近似値を求めるには、長さの値に 2.835 を乗算」とあります。

A4サイズは「595pt×842pt」

幅・高さを設定

ツールバーの「書類」を押して、「スライドサイズ」で「カスタムのスライドサイズ」を選ぶと、ポップアップが出てくるので、「幅:595pt × 高さ:842pt」に設定します。

PDFファイルに出力して確認

PDFに書き出す

Keynoteから、A4縦型のスライドを印刷資料としてプリンタに直接プリントすると、横型の紙で縦に印刷されたり調整が面倒なので、PDFに出力してスライドを確認します。

メニューのファイル項目を使う

メニューから「ファイル」項目を選んで、「書き出す」を選んで「PDF...」を選んでPDFに出力します。

出力したPDFの確認

Acrobat Reader

出力したPDFファイルをAcrobat Readerで開く場合は「ファイル」の「マイコンピュータ」から開きます。

Keynoteのメリット

Keynoteのメリット

Keynoteのメリットは、Macの美しいフォントが利用できることと多彩なテンプレート(テーマ)が利用できることです。

美しいフォント表示

フォント

Macで利用できる美しいヒラノギフォントやその他多彩な美しいフォントが利用できるのがKeynoteの最大のメリットです。

多彩なテンプレート

テンプレート(テーマ)洗濯画面

Keynoteはテンプレート(テーマ)が多彩ですぐに無料で活用できることも大きなメリットです。

合わせて読みたい!Mac機能に関する記事一覧

Thumb【Mac】iCloudのサインアウト方法を解説
AppleにはMacやiPhoneで使用することができるiCloudというオンラインストレー...
Thumb【Mac】LaunchPadでアプリの削除とアイコンの並び替え
Macのアプリを管理をするのはLaunchPadと言います。AppStoreからダウンロード...
Thumb【簡単】Macのバッテリー交換を自分でする方法
Macパソコンを使っていると段々消耗されていくバッテリー。修理に持っていってバッテリー交換を...
Thumb【Mac】Safariで英文サイト翻訳する拡張機能「Translate」の使い方
ボタンひとつで読めない英文のサイトを翻訳できるようになるMac版Safariの拡張機能"Tr...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
テロメア
よろしくお願いいたします
インステ