「Amazonマーケットプレイス」の仕組みと安全性をくわしく解説!

皆さんは、Amazonマーケットプレイスをご存知でしょうか。今回の記事では、Amazonマーケットプレイスの仕組みや安全性をくわしく解説していきたいと思います。Amazonマーケットプレイスを知っていても、仕組みはイマイチ分からないという方等はご覧ください。

「Amazonマーケットプレイス」の仕組みと安全性をくわしく解説!のイメージ

目次

  1. 1Amazonマーケットプレイスとは
  2. Amazonが提供する商品売買プラットフォーム
  3. Amazonとは
  4. 実はAmazonとは無関係?!
  5. 2Amazonマーケットプレイスの仕組み~出品方法~
  6. 大口と小口
  7. 自己発送とFBA
  8. 個人と企業
  9. 配送料と手数料
  10. 3Amazonマーケットプレイスの仕組み~購入方法~
  11. Amazonと第三者の違い
  12. FBA出品者の見分け方
  13. 個人と企業の見分け方
  14. キャンセル方法
  15. 4Amazonマーケットプレイスの仕組み~商品の流れ~
  16. 自己発送の流れ
  17. FBAの流れ
  18. 5Amazonマーケットプレイスの仕組み~メリット~
  19. 出品者側のメリット
  20. 購入者側のメリット
  21. 6Amazonマーケットプレイスの仕組み~デメリット~
  22. 品質に幅がある
  23. 詐欺の可能性がある
  24. 7Amazonマーケットプレイスの安全性
  25. 詐欺の仕組み
  26. 詐欺の実害
  27. 8Amazonマーケットプレイスの安全性対策
  28. 出品者の情報を確認する
  29. 極端に価格差があるものは避ける
  30. Primeマークがあるものは比較的安心
  31. まとめ
  32. 合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧

Amazonマーケットプレイスとは

「Amazonマーケットプレイス」の仕組みと安全性・公式ページ/出品者登録紹介画面

皆さんは、「Amazonマーケットプレイス」をご存知でしょうか。実は、皆さんはAmazonで購入したものは、Amazon公式からではなく、Amazonマーケットプレイスを利用した別企業・個人が出品しているものかもしれません。

今回の記事では、Amazonマーケットプレイスについての情報をお伝えしていきます。「Amazonマーケットプレイスとは?」「どのような仕組みで回っているの?」「安全性は確かなの?」といった疑問を解消していきましょう。

まずは、Amazonマーケットプレイスとは一体何かを下記項目で紹介していきます。下記リンクはAmazonマーケットプレイスの公式ページになります。マーケットプレイスを利用したい時も公式ページから登録をおこなうようになるので、チェックしましょう。

Amazon出品サービス

Amazonが提供する商品売買プラットフォーム

Amazonマーケットプレイスとは何かという点をまずは確認していきましょう。Amazonマーケットプレイスとは、簡単に言ってしまえば”Amazon”が提供している、商品売買のプラットフォームになります。

要するに、Amazonサイトを利用して個人や企業も売買がおこなうことができるのです。

Amazon以外でも商品を出品できる

Amazon以外の企業はもちろん、個人でもAmazonサイトで商品を売ることが可能です。中古品などをこのAmazonマーケットプレイスを利用して出品する方も少なくはありません。

個人でも出品者として利用できるのがポイントです。Amazonマーケットプレイスを利用して出品された商品は、Amazonが販売している商品同様Amazonのサイト掲載されます。

Amazonとは

「Amazonマーケットプレイス」の仕組みと安全性・Amazonのアプリアイコン

Amazonマーケットプレイスというサービスを提供している”Amazon”とはどのような会社か。ほとんどの方がご存知かとは思いますが、下記でAmazonについての情報も確認してみましょう。

大手通販サイト

Amazonとは、皆さんもご存知のとおり”大手通販サイト”を運営している企業のこと。1994年に米国のワシントン州で設立され、今では規模は世界最大にまでなりました。

普段からちょっとした買い物から大きい買い物まで、Amazonで済ませているという方も少なくはないかと思います。今ではオンラインショップ以外にもさまざまなサービスを提供しています。

Amazonマーケットプレイスもそのサービスのひとつであり、Amazonがここまで大きい規模になった理由のひとつでもあるのでしょう。

実はAmazonとは無関係?!

Amazonが提供しているAmazonマーケットプレイスですが、実は”Amazon自体とは無関係”とされています。簡単に説明すると”イオンモール店に出品しているテナントのようなもの”といった形になります。

つまり、Amazonという店舗を提供しているものの、Amazon公式とはまた別。マーケットプレイスを利用している個人や企業とAmazonの関係性はないため、料金設定等はAmazonと異なるのです。

Amazon公式は基本的に新品を提供していますが、マーケットプレイスを利用している個人や企業は中古品を取り扱っていることも多いです。

知らぬ間にマーケットプレイスから買っていたことも

皆さんは普段Amazonを利用していて、商品を「Amazonから買っている」と思いこんでいるかもしれません。しかしそれは、もしかするとAmazon公式のものではない可能性があります。

知らぬ間に”Amazonマーケットプレイスを利用した個人・企業”から購入していることも多いのです。「Amazonの品質を信用して購入したら、なんだか残念な品物が来た…」という時は、出品者を確認した方が良いでしょう。

また、近頃ではAmazonマーケットプレイスを”詐欺”の目的で利用している出品者も居ます。詐欺については対策も必要となってくるので、後ほどの項目で詳しくお伝えします。

ThumbAmazonプライムビデオのダウンロード・オフライン再生方法と注意点
AmazonプライムビデオはAmazonが提供する動画配信サービスですね。Amazonプライ...

Amazonマーケットプレイスの仕組み~出品方法~

上記ではAmazonマーケットプレイスとは何かという点を説明しました。Amazonマーケットプレイスについての詳細は把握できたでしょうか?続いては、マーケットプレイスの”仕組み”を詳しく説明していきたいと思います。

Amazonマーケットプレイスを出品者として利用する場合の”出品方法”を確認していきましょう。一体どのような仕組みでAmazonマーケットプレイスは回っているのでしょうか?

今後Amazonマーケットプレイスを利用したいと思っている方も、ぜひ下記の内容を参考にしてみてください。

大口と小口

Amazonマーケットプレイスを利用して出品者となりたい場合、出品者は”大口”出品か”小口”出品かを選ぶ必要があります。大口か小口、どちらを利用した方が良いのか。また、これらの詳しい違いを下記で見ていきましょう。

副業なら小口

これまでAmazonマーケットプレイスを利用したことがない初心者という方や、ちょっとした副業目的でAmazonマーケットプレイスを利用したいという方は、”小口出品”がおすすめ。

小規模での出品なら小口ということを覚えておきましょう。大口にはある月額料が小口にはないので、初めての方には利用しやすい出品方法かと思います。

本格的なビジネスなら大口

企業などが本格的なビジネスでAmazonマーケットプレイスを利用したい場合は、”大口出品”が適しています。大口出品には月額4,900円がかかりますが、小口と違って商品1つにつき成約基本料100円を払う必要はありません。

企業でなくとも、個人でAmazonマーケットプレイスを利用して月に50品以上もの商品を売りたい!という方は大口出品の方がお得ではあります。

一定の額を払い、一定の量・額を売ればお得になる大口出品。小口を利用していた方も、売れ行きや規模次第では大口に切り替えることを検討しても良いかもしれません。

自己発送とFBA

Amazonマーケットプレイスの仕組みでおさえておきたいのは、”自己発送”と”FBA”です。自己発送とFBAの違いは、商品が”個人・企業から送られてくる”か、”Amazonから送られてくるか”という点になります。

Amazonマーケットプレイスを利用した別企業や個人から商品を買うと、公式ではないのに荷物がAmazonから届くことがあります。こお場合は、”FBA”の仕組みを利用して商品を発送していることになります。

FBAはAmazonから届くもの、自己発送はその企業や個人から届くものということになります。これらの違いもポイントとして押さえておきましょう。

個人と企業

また、Amazonマーケットプレイスを利用している出品者の中には、個人と企業があります。個人の場合は小口出品で、中古品を売り出していることがほとんど。

企業の場合はビジネスとして新品を売り出していることもあれば、中古品を売り出しているところもあります。企業の場合は販売元に企業名が分かりやすく記載されているので、区別はつきやすいかと思います。

上記でも述べた通り、個人なら小口企業なら大口と、規模にあった出品方法を選ぶのが吉です。

配送料と手数料

次に配送料や手数料についてです。Amazonマーケットプレイスを利用して出品者となる場合、料金設定は基本”送料込み”のことを考えて設定をおこなう必要があるでしょう。

また、自己発送をおこなう場合は特別手数料はかかりませんが、FBAを利用することで配送代行手数料が必要となります。そのため、個人や小口でのFBA利用はあまりおすすめできません。

他にも、FBAを利用する場合は倉庫利用の手数料も必要となるので、配送料とその他手数料は付き物として考えた方が良いでしょう。Amazonマーケットプレイスを利用しようとお考えの方は覚えておきましょう。

ThumbAmazonプライムビデオのアプリは2種類!違いと使い方を解説
Amazonプライムビデオのアプリは有名な動画視聴アプリですが皆さんはAmazonプライムビ...

Amazonマーケットプレイスの仕組み~購入方法~

上記ではAmazonマーケットプレイスの仕組み、出品方法についてを紹介しました。大口小口や配送料についてなど、出品者となるならば考慮しなければいけないポイントが多々あります。

続いては、Amazonマーケットプレイスを利用して出品された商品を購入者として買いたい場合、また避けたい場合のポイントを紹介していきます。

購入者となる場合はどのようにして、Amazonとそうでない企業(個人)の違いを見分けていけばよいのでしょうか。下記でポイントを確認していきましょう。

Amazonと第三者の違い

Amazonを購入者側で利用する場合、まずAmazonと第三者の違いを見分けることが重要となってきます。場合によっては、Amazonで開いた購入ページが企業もので、他の出品者一覧の中にAmazon公式が追いやられていることも。

Amazon公式から買いたいのであれば、きちんと”全出品者”を見ておく必要があるのです。

販売主がAmazonでない

Amazonの購入ページには、販売元が明確に記載されています。そこを見て、販売主がAmazonか、また別企業なのかを見分けることが可能です。購入者となる方は、まずはここを確認しましょう。

また、トップに出ている商品(企業)だけが購入できるという訳ではありません。同じ商品でも、いくつかの出品者がいる場合があります。その中に、Amazon公式が入っている場合もあります。

あるいは、別企業がさらに安値で商品を出品しているということもあるので、購入者となる方も考慮しておきたいポイントが多々あるのです。

FBA出品者の見分け方

また、Amazonマーケットプレイスを利用した企業から商品を購入する場合、”FBA出品者”の見分け方もしっかりと押さえておく必要があるでしょう。Amazonの倉庫から送られてくれば、発送遅れ等はそうありません。

自己発送に不安を覚えるのであれば、FBAの見分け方を抑えておきましょう。以下のポイントを見てください。

PrimeマークがあればFBA出品

「Amazonマーケットプレイス」の仕組みと安全性・Primeマークの紹介画像

FBA発送の見分け方は至って簡単です。商品ページにて、”Primeマーク”があるものはAmazonの倉庫から送られてくるものです。別企業の出品でも、倉庫を利用することでこのPrimeマークが表示されるのです。

新品中古問わず、このマークが表示されているものを選択すればAmazonの倉庫から送られてくるのは間違いありません自己発送に不安を覚える購入者はチェックしておきましょう。

個人と企業の見分け方

個人と企業の見分け方は、”出品者・販売主”を確認する他ありません。出品者の名を検索すると、企業の場合はその企業の情報が出てきたりするので案外簡単に見分けは付きます。

もし検索して、企業としての情報が出なかった時は個人のショップということになるでしょう。ちゃんとした日本にある企業であれば、それなりに安全性は高いかと思います。

購入者として、個人か企業の見分けもチェックしておきたいという方は実際に検索をおこなってみてください。これは詐欺対策にも有効な方法です。

キャンセル方法

Amazonのマーケットプレイスで購入しようとした商品は、発送されていなければキャンセルすることができます。しかし、キャンセルする場合は他に頼んだ商品の到着が遅れたりもするので注意が必要です。

キャンセル方法はAmazonのキャンセル方法と変わりありません。注文履歴のところからキャンセルを選択しましょう。キャンセルについての情報は、後ほどメールにて確認が可能です。

商品が発送されていた場合、注文履歴からキャンセルの報告はできなくなってしまいます。キャンセルする場合は、なるべく早めに対応するようにしましょう。

ThumbAmazonプライムビデオの画質が悪い!画質を変更する方法
映画などの動画の種類が豊富なAmazonプライムビデオ。せっかくならばAmazonプライムビ...

Amazonマーケットプレイスの仕組み~商品の流れ~

上記ではAmazonマーケットプレイスの仕組み、購入者側のポイントを紹介しました。次に確認したいのは、商品発送までの流れについてです。個人情報などはどのように扱われるのでしょうか?

Amazonマーケットプレイスの仕組み、商品の流れについてを下記項目で確認しましょう。自己発送とFBAによって、流れが異なります。

自己発送の流れ

自己発送の流れは【購入者が発注→入金→出品者に通知が行く→出品者が配送手配】といった流れになります。商品を出品者が発送することになるので、購入者の氏名と住所は把握されることになります。

安全性の面で皆さんも不安に思うポイントですが、きちんとした企業であればその後の個人情報の取り扱いはしっかりと配慮してくれるでしょう。(詐欺の常套手段でもあるので対策・注意は必要)

代金の支払いはAmazonを介するので、出品者にクレジットカードの情報等が行くことはありません。その点は安心できますね。

FBAの流れ

FBAを利用する場合の流れは、【購入者が商品を発注→入金→Amazonが発送】となります。PrimeマークがあるものはAmazonの倉庫に商品があるので、そのままAmazonから届くようになります。返品はキャンセル対応もAmazonです。

しかし、出品者は購入者の注文情報を確認することができます。そのため、”氏名と住所はどちにしろ把握される”可能性が高いです。

代金については上記同様、Amazonを介しておこなうことになるので支払い情報が出品者に漏れることはありません。その点は注意しましょう

Thumb【Amazon Music Unlimited】ダウンロード/オフライン再生する方法を解説!
「Amazon Music Unlimited」はAmazonが運営する音楽配信サービスです...
ThumbAmazon「Echo Input」日本発売、手持ちのスピーカーがAlexa対応可能に
Amazon(アマゾン)は3月28日、スピーカー非搭載型のスマートスピーカー「Echo In...

Amazonマーケットプレイスの仕組み~メリット~

上記では、Amazonマーケットプレイスの仕組みとして、商品発送までの流れを説明しました。発送方法それぞれの流れを確認しておきましょう。

続いては、Amazonマーケットプレイスを利用する”メリット”について説明していきたいと思います。Amazonマーケットプレイスには、出品者と購入者それぞれにメリットと言えるポイントが存在します。

下記でそのメリットを確認して、今後Amazonを利用する際の参考としてください。Amazonで商品を売りたいと考えている方も要チェックです。

出品者側のメリット

出品者は、ビジネスとしてAmazonマーケットプレイスを最大限に利用することができますし、個人であればフリーマーケットのような感覚で商品を売ることが可能です。

フリマアプリや自分でサイトを立ち上げるといった事も可能ですが、フリマアプリは詐欺やその他問題事が多く、安全性がAmazonよりも心配されることが多いです。サイトは立ち上げるまでにそれなりに費用と手間もかかります。

Amazonであれば、そういった手間は必要としません。また、Amazonという”知名度”が高いサービスを利用することで、商品を捌けられる可能性も高くなります。これらが出品者側のメリットとなります。

購入者側のメリット

Amazonマーケットプレイスは、購入者から見ると”商品選択の幅が広がる”というメリットがでてきます。また、中古品もあるので安全性の高い企業から買えば、目当ての商品をより安く購入することも可能。

料金設定や商品など、自分が求めているものがAmazonマーケットプレイスによって購入できるのです。詐欺やその他安全性はデメリットにもなりますが、きちんと対策をとればメリットが高いサービスと言えるでしょう。

Thumb【Amazonプライムデー】7月15日からのセール予告第5弾発表!体験イベントも開催
Amazonが7月15日から実施する今年で第5弾となる【Amazonプライムデー】セール予告...
Thumb【TVer】テレビアプリ公開でAmazon Fire TVとソニーブラビアで視聴可能に
【TVer(ティーバー)】がテレビアプリを公開!!テレビアプリ【TVer(ティーバー)】はA...

Amazonマーケットプレイスの仕組み~デメリット~

続いては、Amazonマーケットプレイスを利用する際の”デメリット”を確認していきます。メリットもありますが、デメリットとなるポイントももちろん出てきます。

デメリットとなるポイントは、主に”購入者側”に出てきます。購入者の方は、下記のデメリットをしっかりと覚えておきましょう。

品質に幅がある

Amazonマーケットプレイスを利用した企業から出品された商品は、品質に幅があることが多いです。特に中古品は気を付ける必要があるでしょう安いからといって安い中古品を購入すると、ボロボロの商品が届いてしまうかもしれません。

詐欺の可能性がある

また、デメリットとして一番気を付けなければならないのが、”詐欺”です。Amazonのマーケットプレイスを利用した詐欺の報告がいくつかされています。

「Amazonサイトで買ったから大丈夫!」と安心してはいけません。きちんと対策をとらないと、詐欺に遭ってしまう可能性も十分にあるのです。気を付けましょう。

Thumb【Suica・PASMO夏のコンビニキャンペーン】Amazonギフト券などが当たる!
JR東日本とPASMO協議会が交通系電子マネーの利用でAmazonギフト券や圧力鍋などが当た...
ThumbAmazonとGoogleが和解へ!YouTubeアプリがFire TVに/PrimeビデオがChromecastへ提供
長年のAmazonとGoogleの対立が和解することとなりました。長く続いていたAmazon...

Amazonマーケットプレイスの安全性

上記では、Amazonマーケットプレイスのデメリットについて紹介しました。マーケットプレイスを利用した”詐欺”の被害が実際にあること。また、それについては対策をとる必要があることは把握できましたでしょうか。

続いては、Amazonマーケットプレイスの”安全性”についてをもう少し詳しく説明していきたいと思います。一見安全性が高いように思えるAmazonは、マーケットプレイスによって必ずしも安全とは言えなくなりました。

下記で詐欺の仕組みを確認し、実例についてもチェックをおこなっておきましょう。

詐欺の仕組み

Amazonマーケットプレイスの仕組みに、”発送先の氏名や住所は把握される”ことを記載しました。これを利用した詐欺の被害が実際にでているのです。詐欺の流れとしては以下のとおりです。

【商品発注→商品が発送されない→問い合わせの結果「商品の到着遅れ」と説明される→その後もいつまで経っても発送されず、最終的に出品者のアカウントが削除される】

といった形です。一応、Amazonマーケットプレイス保証という制度があるため救済処置自体はありますが、その後抜き取られた個人情報を利用されるケースもあるようです。返金してもらえても、情報が洩れては困ったことになります。

詐欺の実害

抜き取られた個人情報を元に、勝手に出品者アカウントが作成されてしまうといった被害がでています。自分の名前と住所を使った出品者アカウントで、また詐欺行為を働かれることがあるのです。

詐欺アカウントはもちろん、Amazonからもう出品が出来ないようペナルティを食らうでしょう。しかし、個人情報を抜き取り別人としてアカウントを作られてしまったらそれまでです。

このようにして、Amazonのマーケットプレイスを利用した詐欺行為が繰り返し行われているとのことです。

Thumbau WALLETをAmazonで使う方法!残高をギフト券に交換する方法も解説!
auのプリペイドカードはMasterCardブランドです。クレジットカード代わりに利用できる...
Thumb【Amazon】Prime Nowアプリで食品スーパーライフの生鮮食品を購入&即配!
Amazonがプライム会員向けサービス「Prime Now」で食品スーパーライフの生鮮食品を...

Amazonマーケットプレイスの安全性対策

上記では、Amazonマーケットプレイスの仕組みを利用したことによる”詐欺被害”について説明をおこないました。マーケットプレイスの安全性は、高いとは言えません。対策を取らなければ自分が詐欺行為を働いていることになってしまうかもしれないのです。

最後に、Amazonマーケットプレイスの安全性対策を説明していきます。Amazonのマーケットプレイス詐欺は、ある程度こちらで対策事項を確認しておけば回避できるでしょう。

Amazonを安全に利用できるよう、下記で紹介する対策ポイントをしっかりと押さえておきましょう。

出品者の情報を確認する

まずは出品者の情報を確認することが大切です。まず出品者の企業名を検索してみると良いでしょう。〇〇マーケット等の名前は個人利用である可能性も高いです。

企業名として検索に出た場合は、企業自体の評判も調べておくと吉です。企業としては中古屋や電気ショップ等が多いですが、中古品の質や信頼性は確認しておきたいですね。

出品者の評価を確認

また、企業名の他にチェックしておきたいのは”評価”です。Amazonのマーケットプレイスには、出品者を評価する項目があります。これが極端に低かったり、まだ出品経歴が少なかったりする人は要注意です。

また、中には”自分で自分の商品を買って評価稼ぎをしている”業者も存在します。(主に中国の業者に多く見受けられます)その場合は評価もサクラである可能性が高いです。

出品している商品の”レビュー”を確認してみてください。サクラっぽいコメントが多くあれば、あまり信頼はできないでしょう。(日本語が怪しい・同じコメントがいくつかある等)

極端に価格差があるものは避ける

また、他の出品者と比べて極端に商品の価格差があるものについては、あまり信頼しない方が良いでしょう。対策のポイントとして覚えておきましょう。

安すぎるものは詐欺の可能性あり

中古品に多く見受けられますが、他と比べて”安すぎる”と思ったものは要注意です。数百円程度の差であれば問題ありませんが、数万円以上安かったりするものは詐欺の可能性があります。

また、詐欺でなくとも商品の品質が非常に悪い場合もあるので、安い値段に惹かれて購入しないよう注意してください。

Primeマークがあるものは比較的安心

安全性対策としておすすめするのは、”Primeマークがあるものを購入すること”です。Primeマークであれば、比較的商品として安心できるもの。新品・中古品共に、Primeマークのついている出品者から購入するように対策をとりましょう。

まとめ

今回の記事では、Amazonマーケットプレイスについての情報をお届けしました。マーケットプレイスの仕組みや安全性、また詐欺の対策についてしっかりと押さえておきましょう。

Amazonは多くのユーザーが支持しているオンラインショップです。記事を見ている方の多くも、Amazonを利用するでしょう。これまでは問題なかったかもしれませんが、詐欺はいつ被害に遭うか分かりません。

今からでも、しっかりとマーケットプレイスの仕組みを理解して、対策をとっておきましょう。

ThumbAmazonが「動物保護施設 支援プログラム」を開始!里親を待つ犬や猫を支援!
Amazonが里親となる新しい飼い主を待つ犬や猫の動物保護施設の支援プログラムを開始しました...

合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧

Thumb「Amazon Cash」開始!現金でAmazonギフト券のチャージが可能に!
「Amazon Cash」のサービス提供が開始されました。「Amazon Cash」開始によ...
Thumb【Amazon】3Dで原寸大表示する「ARビュー」新機能の提供開始
Amazonショッピングアプリが新機能としてスマホで家具を3D表示できる「ARビュー」サービ...
ThumbAmazonプライムビデオをPCにダウンロードする方法!保存方法は?
Amazonプライムビデオはたくさんの動画を楽しめ、動画のダウンロードも可能、オフライン視聴...
ThumbAmazonプライム無料期間の申し込み手順!自動更新しない方法は?
お得な特典が満載のAmazonプライム会員。無料期間で出来ればできるだけ楽しみたいという想い...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
夏石望央
よろしくお願いします
インステ