Twitterのリプとは?リプの意味や使い方を解説【リプライ】

Twitterにはさまざまな種類・意味の用語がありますね。その中でもリプライ(リプ)と呼ばれるものがあります。Twitterのリプライとは何かや、その派生語である空リプとは何かなど、その意味や使い方について説明しましょう。

Twitterのリプとは?リプの意味や使い方を解説【リプライ】のイメージ

目次

  1. 1Twitterのリプとは
  2. 2Twitterのリプライをする方法/仕方 【PC】
  3. 3Twitterのリプライをする方法/仕方 【Android】
  4. 4Twitterのリプライをする方法/仕方 【iPhone】
  5. 5Twitterのリプライができない時は
  6. 6Twitterのリプライの削除方法/やり方
  7. 7Twitterでリプライが表示されない・見れない原因
  8. 8Twitterでリプライが表示されない・見れない時の対処法

Twitterのリプとは

PCから、AndroidやiPhoneなどの携帯端末からと、今やTwitterは世界中で利用されています。

Twitterを利用していると、いろいろな種類や意味、使い方がされるTwitter用語が飛び交っていると感じる人も多いのではないでしょうか。なんとなく見ただけで意味を察することができるものもあれば、意味が分からず疑問符が浮かぶというものも多々あります。

その例の一つが『リプ』という言葉です。

リプ(リプライ)の意味

この『リプ』ですが、意味の前に何を示すかを説明しましょう。リプとはは『リプライ』の略称です。英語で表記するとすれば、『reply』になります。

「reply」の意味は下記のとおりです。

答える、返事をする、応答する、答弁する、(…に)答える、答辞を述べる、応じる、応酬する

最も近い意味を示すとすれば「返事や応答、返信」というものになります。

そして、その『reply』がリプライと読みのままカタカナになり、略称となったのが『リプ』です。

そして、Twitterにおけるリプ(リプライ)とは、基本的に@マークを付けてTwitterユーザーに向けてツイートを送る行為を意味します。端的に示せば返信ですね。

個人サイトなどでも、返信欄には「Re:」などと表示されている場合がありますが、ここでの使い方やその意味も「返信」です。

@マークを付けて、とありますが、この@マークから始まるものをTwitterでは「ユーザー名」と呼びます。

ユーザー名とは各Twitterユーザーごとに異なるもので、自分の好きなように変更(ただし人と被らない様に)することが可能です。使い方として、これを添えてツイートしするだけです。すると、そのTwitterユーザーにリプ(リプライ)が送られることになります。

Twitterでのリプ(リプライ)の使い方(送り方)としては3種類存在します。そのうち、@マークを付けた使い方(送り方)をするリプ(リプライ)の種類としては下記の2つになります。
 

  • ツイートに対して送る通常のリプ
  • 直接送るリプ(メンション)

それぞれがどんなものか、用語の意味と一緒に説明していきます。

リプ(リプライ)とは~通常のリプライの意味~

1種類目として挙げるのは、通常のリプライです。通常のリプライとは、自分もしくは他者のツイートに対してリプ(リプライ)を送ることを指します。その使い方(送り方)は分かっているという人も多い方法です。

特段の表記がない場合、Twitterのリプ(リプライ)という用語はこれを意味していると考えていいでしょう。文字通り誰かのツイートに対するの返信になりますね。

上記画像でいう赤枠で囲ってある部分が通常のリプ(リプライ)になります。

なお、通常のリプ(リプライ)には亜種ともいえる種類の用語もあります。

それが「ツリー」と呼ばれるものです。自分のツイートに対してリプライをして、ツイートの続きや補足を付け加えるリプ(リプライ)は、ツリーという種類の用語になります。

ツリーとは「tree」、つまり木を意味します。

木のように縦に連なったツイートなのでツリーという用語で呼ばれているようです。

自分で自分のツイートにリプしていることそのものをツリーともいうので、リプで繋げる、とは表現しますが、自分にリプする、と表現することはほとんどありません。

上のツリーはツイート時に番号を振ってありますが、ツリーだからといって番号を振らなければならないわけでもありません。

ツリーで続く場合に「続」や「→」などと入力している人もいます。そういった表記なしにツリーにしている人もいるので、自分のやりやすいように使えばよいと思います。

リプ(リプライ)とは~メンションの意味~

2種類目のリプ(リプライ)の用語・メンションとは、Twitterユーザーに向けて直接送信するリプ(リプライ)を意味します。基本的には、これに関してもTwitterのリプ(リプライ)と呼ぶ人が多いため、メンションという単語に聞き覚えがない方もいるかもしれません。

メンションとは、英語表記に直すと「mention」です。

(口頭または文書で話などのついでに)簡単に述べる、(…を)話に出す、(…に)言及する、(…を)ちょっと言う、ちょっと言う、(…と)ちょっと言っておく、(…の)名をあげる、(功績などをたたえて)(…の)名をあげる

意味としては上記の感じになりますが、いまいち分かりかねるという方もいるかもしれませんが、元も近いのは「名前をあげる」という意味でしょうか。

ツイートの最初でも途中でも最後でも、Twitterのユーザー名が挙げられている場合、それはメンションになります。

上記画像、左側は途中に、右側は最初にユーザー名が入力されていますよね。これ、どちらもメンションと呼ばれるリプ(リプライ)なのですよ。

エアリプ(空リプ)の意味

Twitterでは@マークを付けて送るものが基本的にはリプ(リプライ)になります。しかし、それだけがリプ(リプライ)というわけではありません。Twitterのリプ(リプライ)には、それ以外にももう1つ種類があります。

Twitterのリプ(リプライ)の中の一つに、「空リプ」と呼ばれるものがあります。これもTwitter用語で、エアリプと読むものです。

空リプ(エアリプ)とは『空中リプライ』の略で、空中を意味するAir(エアー)と組み合わせて読むTwitter用語であり略称です。

空リプ(エアリプ)とは、先ほども申し上げた通り、@マークのつかないリプライを意味するTwitter用語です。リプライなのに、空リプ(エアリプ)に@マークがつかないとはどういうことか、と思う方もいると思いますので、その意味についても説明しましょう。

上記画像は「SNS風メモ帳(iPhoneアプリ(App Store)、Androidアプリ(Google Play))」で作成した疑似的なTwitter画面です。(そのため、Twitterの画面とは少々異なります)

Twitterそのものというわけではないのですが、イメージとしてはこんな感じだと思ってください。

空リプ(エアリプ)でも、ツイート内に名前が入っていればそのTwitterユーザーに向けてのものだということは分かります。また、それまでのツイートの流れから、なんとなく察することができるような言葉を含めて、誰と特定しない形で送ることもあるでしょう。

宛名のない何気なさそうなツイートが実は空リプ(エアリプ)だった、ということももちろんあります。通常のリプ(リプライ)でもそうですが、話が弾むと空リプ(エアリプ)だけが重なっていってしまいますよね。

あまり空リプ(エアリプ)の頻度が多いと当事者ではないTwitterのフォロワーの人が嫌悪感を覚えることもあります。

空リプ(エアリプ)の特徴として、タイムライン上で会話が成立する、ということです。先ほどの例示画像の場合、一つの本の関係の感想がタイムラインに流れていますが、会話が成立しているのが分かりますよね。

これ、それぞれそれを意図してツイートしていることが多いです。しかし、それと分からない形で送られているので、片方のツイートしか見ていない人にはつじつまが合わないようなツイートをしている、と感じられるものでもあります。

パッと見ただけでは普通のツイートかどうかわからないため、ツイートの中に(えあ)などと記載して、あえて空リプ(エアリプ)だと主張している人もいますね。

何にせよ、空リプ(エアリプ)に関しては他のフォロワーの人のタイムラインの流れを早くする事にもつながります。複数のフォロワーさんと行っているとしても、それでも当事者以外にとっては空リプ(エアリプ)が煩わしいものとなる可能性は否めません。

他の種類のリプと異なり、空リプ(エアリプ)は、他のフォロワーさんにも迷惑をかける可能性は非常に高いです。自分はその相手のTwitterユーザーと相互フォローでも、自分のフォロワーが空リプ(エアリプ)の相手をフォローしていない場合はなおさらです。

空リプ(エアリプ)は周りへの影響を想定して、適度に利用するようにしてください。

リプ禁の意味

次にあげる用語は「リプ禁」です。リプ(リプライ)に禁がついている時点で、意味を察した人も多いかもしれませんね。

リプ禁とは、文字通りの意味です。「リプ(リプライ)を禁止すること」です。

リプ禁の意味としてまず真っ先に思い浮かぶのは、Twitterでリプを飛ばしてほしくないことを指すととらえる人もいると思います。

事実、Twitterを利用している人の中には、フォロー外の人からのリプを快く思わない方もいますからね。それを踏まえると「リプ禁」はTwitter用語だと思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、この「リプ禁」とは、Twitterで使われるものではありません。「リプ禁」は、ここまでに挙げてきた種類のTwitterでのリプ(リプライ)そのものにかかわるものではない、といったほうが分かりやすいかもしれないですね。

「リプ禁」はTwitterでというよりもツイキャスでよく聞かれる用語になります。ツイキャスとは、Twitterと連動することができる配信サービスです。

ツイキャスをしたことがない方には分かりにくい部分もあると思いますので、それを踏まえて簡単な説明をしていきますね。

ツイキャスでは、音声(動画を含む)を配信することができます。その際、配信者だけでなくリスナーと呼ばれる「ツイキャスを聞く側の人」もその配信中にコメントを送ることができます。

そこでTwitterで利用している@マーク付きでリプを飛ばすことがあるのです。

配信者に向けての質問や応答、応援のためのコメントなどその用途はさまざまですが、Twitterと連動しているため、Twitterのユーザー名をつけてコメントすれば、そのTwitterユーザーに向けてのリプライになります。

そして、そのコメント欄でリプ(リプライ)を送らないようにすることをリプ禁と言います。

もう少し分かりやすくすると、配信中の配信者に対しリプライを送ること、または配信枠内にいる別のTwitterユーザー(リスナー)に向けてリプライを送ることを禁止することがリプ禁の意味です。

どちらかというと、リプ禁の用途としては後者の方が主として使われている印象ですね。
 

ツイキャスであれ何であれ、配信者さんは基本的に飛んでくるコメントに反応したいものです。しかし、リプ(リプライ)とはTwitterを利用していれば分かると思いますが、意外と続くものです。ツイキャスでも同じです。

配信者宛てのものはさておき、リスナー同士で飛ばし合うリプ(リプライ)がコメント欄を圧迫すると、配信者側からコメントを確認・反応することが難しくなってしまいます。

また、コメントと配信とで続いていた話が途中で途切れてしまうということもあり得ますよね。送った側からすれば、そのリプ(リプライ)のせいで自分のコメントを確認してもらえない・反応してもらえないということにもなります。

もちろん、リスナー同士でリプを飛ばし合うことを容認する(リプ禁しない)配信者もいます。それがきっかけで仲良くなるリスナーもいるのが事実ですしね。

しかし、それは先ほどのデメリットありきな部分もあるのです。

リプ禁しないことでもめ事が起こる場合ももちろんあります。それを防ぐために、リプ禁にしている場合があるようです。

もしリプ禁と表記されている配信者さんのツイキャスを聞く場合は、マナーを守る(リプ禁する)ようにしてください。

Thumbツイキャスとは?どんなサービス?基本や特徴を解説
今回の記事では、ツイキャスとは?どんなサービス?基本や特徴を解説について紹介します。また、ツ...

Twitterのリプライをする方法/仕方 【PC】

では、Twitterでのリプ(リプライ)の使い方(送り方)について説明していきましょう。最初はPCでの送り方です。リプ(リプライ)とメンションの2種類のリプの送り方を解説します。

PCからTwitterを利用している場合は、ブラウザでの利用を前提に話していきますので、もしPC用のTwitterアプリなどを利用している人は注意してください。

通常のリプ(リプライ)の送り方

PCからのTwitterのリプ(リプライ)の使い方(送り方)として、まず上記の画像のような場合です。

ツイートの下に「返信をツイート」と表示されている部分があります。そこに返信(リプ、リプライ)で送りたい言葉を入力しましょう。

その後、右下にある「返信」ボタンを押せば、Twitterのリプ(リプライ)を送ることができます。

また、それ以外での送り方もあります。

「返信をツイート」の欄がなくても、Twitterのリプ(リプライ)を送りたいツイートの左下にある吹き出しマークをクリックすれば、返信するための入力欄(そこにも「返信をツイート」と記載されています)が表示されますので、そこから送ることも可能です。

メンションの送り方

PCからメンションを送る際は、基本的にはその送りたい相手のユーザー名を入力する必要があります。しかし、いちいち入力するのは面倒、という方もいるでしょう。

PCの場合、最も簡単に送ることができる使い方は、そのTwitterユーザーのプロフィール画面へ移動して、自己紹介欄の下にある「ツイート」ボタンをクリックすることです。@マークとTwitterユーザー名付きのツイート入力画面が表示されます。

また、普通のツイート入力欄でも、@マークを付けてTwitterのユーザー名から検索して行う送り方、Twitterのアカウント名を入力して検索して行う送り方もあります。

どちらも目当てのTwitterユーザーが検索されるかどうかは分かりませんし、そもそも検索の表示が出ない場合もあります。

Twitterのアカウント名の一部を入力した場合です。なお、漢字やカタカナなどで変換したものでも表示される場合があります。逆に、ひらがなで入力したからといって、上記のように表示されない場合もあります。

少なくとも、Chromeではツイート欄でのTwitterのアカウント名の検索はできませんでした。Firefoxではできましたので、利用しているブラウザが関係しているかもしれません。

Twitterのユーザー名での検索はおそらくどのブラウザでも可能です。

そのアルファベットが含まれるTwitterユーザーのうち一部が表示されます。基本的には自分がフォローしている人ですが、そうでない場合もあります。

この方法で直接リプを送る場合、入力してあるアルファベットが多いほどユーザーを絞ることができますので、アルファベット一つで探すよりも複数入力するのをお勧めします。

もちろん@マークから直接入力するという方法もありますが、間違う可能性がるのであまりお勧めはしません。

ThumbTwitterでバグかも?バグの原因と対処法まとめ
Twitterでバグかも?と思った時の原因と対処法をご紹介します。実はTwitterのバグで...

Twitterのリプライをする方法/仕方 【Android】

PCでのTwitterのリプ(リプライ)の使い方(送り方)の説明が終わったところで、今度はスマホアプリからの方法です。まずはAndroid端末での説明をします。

こちらでも、リプ(リプライ)とメンションの2種類のリプの送り方を解説します。

通常のリプ(リプライ)の送り方

Androidの場合も、ツイートを開くと、その下に「返信をツイート」と表示された部分があります。そこに返信したい文章を入力してください。(それが上記の図の状態です)

そのあと、右下にある「返信」ボタンをタップすることで返信を送ることができます。

また、PCの場合と同じく、Androidでもツイートの吹き出しマークをタップすることでリプライするためのツイート画面を開くことができます。

メンションの送り方

AndroidのTwitterアプリからメンションを送る際も、基本的にはその送りたい相手のTwitterのユーザー名を入力する必要があります。しかし、いちいち入力するのは面倒、という方もいるでしょう。

AndroidのTwitterアプリで場合も、簡単に送ることができる方法は、そのTwitterユーザーのプロフフィール画面へ移動して、画面右下にある「羽」のボタンをタップすることです。@マークとユーザー名付きのツイート入力画面が表示されます。

AndroidのTwitterアプリでも、Twitterのユーザー名での検索は可能です。

そのアルファベットが含まれるTwitterユーザーのうち一部が表示されます。基本的には自分がフォローしている人ですが、そうでない場合もあります。

この方法で直接リプを送る場合、入力してあるアルファベットが多いほどTwitterユーザーを絞ることができますので、アルファベット一つで探すよりも複数入力するのをお勧めします。

Twitterのリプライをする方法/仕方 【iPhone】

iPhone(Twitter公式アプリ)での使い方もAndroidとほぼ同じですが、説明していきます。こちらでも、リプ(リプライ)とメンションの2種類のリプの送り方を解説します。

通常のリプ(リプライ)の送り方

iPhoneのTwitterアプリから場合も、ツイートを開くと、その下に「返信をツイート」と表示された部分があります。そこに返信したい文章を入力してください。(それが上記の図の状態です)

そのあと、右下にある「返信」ボタンをタップすることで返信を送ることができます。

また、PCやAndroidの場合と同じく、iPhoneのTwitterアプリでもツイートの吹き出しマークをタップすることでリプライするためのツイート画面を開くことができます。

メンションの送り方

iPhoneのTwitterアプリからメンションを送る際も、基本的にはその送りたい相手のTwitterのユーザー名を入力する必要があります。しかし、いちいち入力するのは面倒、という方もいるでしょう。

iPhoneの場合も、簡単に送ることができる方法は、そのTwitterユーザーのプロフフィール画面へ移動して、画面右下にある「羽」のボタンをタップすることです。@マークとTwitterのユーザー名付きのツイート入力画面が表示されます。

iPhoneのTwitterアプリでも、Twitterのユーザー名での検索は可能です。

そのアルファベットが含まれるTwitterユーザーのうち一部が表示されます。基本的には自分がフォローしている人ですが、そうでない場合もあります。

この方法で直接リプを送る場合、入力してあるアルファベットが多いほどTwitterユーザーを絞ることができますので、アルファベット一つで探すよりも複数入力するのをお勧めします。

ThumbTwitterアカウント名(名前)とユーザー名の違いとは?
Twitterを利用しているといくつもの名前を見かけると思います。そのTwitterの名前の...

Twitterのリプライができない時は

場合によっては、リプ(リプライ)ができない場合もあります。これはPC、Android、iPhoneいずれの場合もあり得ることです。

原因

Twitterでリプ(リプライ)できない原因として考えられるのは以下の場合です。

ネット環境

Twitterはネット上で行うものです。そもそもネット環境が悪ければ、リプ(リプライ)を送ることはできませんよね。

返信ボタンから送っている

通常、返信ボタンでリプ(リプライ)を行うのですが、なぜかこのボタンを利用するとリプ(リプライ)できない不具合が起こる場合があるようです。

対処法

ネット環境

この場合は言わずもがな、ネット環境を改善するしかありません。Wi-Fiに異常はないか、モデムに異常はないか。キャリアの通信で利用している場合は、月の上限の通信量に達していないか。

それぞれ確認して、Wi-Fiやモデムなど自宅のネット環境そのものに不具合があるのであればその原因を探してください。不具合の原因はそれぞれの危機によりますが、場合によっては修理や買い替えの必要も出てきます。

なお、キャリアの通信で利用していて月の通信料の上限に達している場合は、使える通信料を(恒常的一次的を問わず)増やすか、月が明けるまで待つしかありません。

返信ボタンから送っている

これに関してはTwitter側の不具合ですのでどうしようもありません。

もしこういう不具合に遭遇してしまった場合は、メンションを利用して返信しましょう。リプ(リプライ)を送りたい方にその旨を伝えておくとよいかもしれません。

ThumbTwitter「ツイートを読み込めません」と表示される原因・対処法
SNSアプリのTwitterを利用していると、「ツイートを読み込めません」など、Twitte...

Twitterのリプライの削除方法/やり方

Twitterのリプライの削除方法ですが、通常のツイートの削除方法と同様です。PC、Android、iPhoneいずれも方法は同様です。

ツイートの右上にある下向き矢印を押すとメニューが表示されます。そこで「ツイートを削除」を選択し、表示されたポップアップの「削除」を選択することで、ツイートの削除が完了します。

ThumbTwitterリムるとは?意味や使い方を解説【リムる】
Twitterなどで使われる「リムる」とは、どんな言葉の意味をご存知ですか?Twitterで...

Twitterでリプライが表示されない・見れない原因

Twitterでリプライが表示されなかったり見ることができなかったりすることもあります。それぞれいろいろな原因がありますので、それぞれ見ていくことにしましょう。

主に下記の5種類の原因が考えられます。いずれも、PC、Android、iPhoneに共通する原因です。

片方がフォローしていない

これはTwitterでのフォローフォロワー関係を原因とするものです。片方がフォローしていないとはどういうことか、と思う方もいると思いますので、図式化してみました。

この状況で、AさんがBさんに対しリプ(リプライ)を送ったとしましょう。

これも先ほどと同じくあくまでイメージでしかありませんのでご注意ください。(SNS風メモ帳アプリで作ったものです)

例示としては上記のようなツイート(これも上記と同じくSNS風メモ帳アプリで作ったもので、そこに少々加工してあります)になるわけですが、それぞれのタイムラインでの表示形式は下記の画像のような感じになります。

Dさんからは、AさんがBさんに送ったリプライがタイムライン上に表示されていません。それもそのはず、DさんはAさんをフォローしていません。

フォローしていない人のツイートはタイムラインに表示されていませんので、Bさんのツイートを見ることができても、Aさんがそのツイートに送信したリプ(リプライ)はタイムラインに表示されないのです。

ただし、タイムラインで閲覧できないだけで、ツイートを開けば鍵垢でない限り閲覧することは可能です。

つまり、片方しかフォローしていない場合は、リプライがタイムラインに表示されない、ということですね。

Twitterに何かしらの不具合

また、リプ(リプライ)を送ることができない場合と同じで、Twitterの何らかの不具合で見ることができない場合もあります

クオリティフィルター

Twitterにはクオリティフィルターというものがあることをご存知でしょうか?

これは、同じTwitterアカウントから送信された同じ内容のツイートや、botなどによって自動生成されたツイート、不快だと思わせるようなツイート、品質の低いツイートなどを、通知上で非表示にする機能になります。

このフィルターの基準は、アカウントのツイート傾向なども含まれていますが、自分がフォローしているアカウント、リプ(リプライ)を送ったアカウントのツイートは、その対象外となります。

このクオリティフィルターがONになっていると、通知されないリプ(リプライ)が存在するということがままあります。これに引っかかっているフォロー外のリプ(リプライ)は表示されないことがあります。

相手が「鍵垢」

原因の説明の前に、簡単に鍵垢とは何か説明しましょう。鍵垢とは鍵アカウントのことを指します。そして鍵アカウントとはツイートを非公開にしているユーザーアカウントを指します。

ツイートの吹き出しマーク、つまりリプ(リプライ)のマークのところに数字がついている、という経験がある方もいるのではないでしょうか。

ツイートを開いても詳細を確認することができない、という場合は、そのリプライを送ってきた相手が鍵アカウントということになります。この場合は、自分がフォローしていない限り、内容を確認することはできません

ミュートしている

Twitterでは、アカウントやキーワードに対し、自分のタイムラインに表示されないように設定するミュート機能というものがあります。ミュートとは、タイムラインに表示されないようにすることを指します。

そのミュートに引っかかるTwitterユーザーやキーワード付きのリプ(リプライ)だと、タイムラインに表示されない場合があります。

ThumbTwitterが見れない!見れない時の原因・対処法まとめ
Twitterがスマホやパソコンで見れない。Twitterは開けてもツイートが見れない。画像...

Twitterでリプライが表示されない・見れない時の対処法

では、その原因に対して対処法はあるのでしょうか。5種類の原因それぞれに関する対処法もまた、PC、Android、iPhoneに共通しますので、ご自分の原因に当てはまるものを確認してみてください。

片方がフォローしていない

片方のユーザーをフォローしていない場合ですが、もし今後もその人のツイートを見たい、というのであれば、解決策としてできるのはそのユーザーをフォローすることです。

ただし、その場合通常のツイートも表示されることになりますので、その点は理解しておいてください。

また、片方しかフォローしていないとリプ(リプライ)が届かないとは言いましたが、例外としてメンションはフォロー外の人相手のものでもタイムライン上に表示されます

Twitterに何かしらの不具合

Twitterに不具合がある場合は、自分では基本的にどうこうすることはできません。その場合、Twitter側から何かしら通知がある(Twitterの公式アカウントのツイートで)と思います。

不具合の解消を待つか、別のTwitterクライアントを利用するか、といったところになります。

クオリティフィルター

クオリティフィルターのせいで見れない場合は、その設定をOFFにしましょう。

まず、Twitterのメニューを開いて[設定とプライバシー]を押します。

その後、左側に表示されるメニューのうち、[通知]を選択してください。

すると、通知のフィルターの関係の選択になります。詳細設定のクオリティフィルターについているレ点を外してください。

その後、PCの場合は[変更を保存]を押すことで完了します。AndroidやiPhoneの場合は、左上にあるやじる牛を押せば変更内容が確定されます。

相手が「鍵垢」

相手が鍵アカウントである場合も、片方しかフォローしていない場合と同様フォローするしか閲覧する方法はありません。

ただし、相手が鍵アカウントの場合は、そのTwitterユーザーがフォローを承認しない限り閲覧することはできません。もし拒否された場合は、諦めるのが賢明です。

とはいえ、リプライを送られても内容を見ることができないのは気持ち悪い、という場合は、そのユーザーにキャプションを送ってみましょう。

フォロー外からでも、相手が鍵アカウントであれブロックされていない限りリプ(リプライ)を送信することはできます。使い方(送り方)は通常の公開アカウントであれ鍵アカウントであれ同様です。

相手のプロフィールページから送るもよし、ユーザー名を入力して送るもよしです。

ミュートしている

ミュートしている場合は、ミュートを解除することで表示されるようになります。

ただし、ミュートを解除すると、ミュートしていたキーワードやアカウントが再度表示されることになりますので、その点は注意してください。

ミュートの設定解除は、やはり[設定とプライバシー]から行います。

リプ(リプライ)とは何か、それから派生したメンショントは、空リプとは、リプ禁とは何かをその意味・用法を含めて理解いただけましたでしょうか。

PC、Android、iPhoneいずれでTwitterを活用する場合であっても、コミュニケーションするためにリプ(リプライ)というのは大変重要です。いくつもの種類があることも理解して頂けたと思います。

リプライできない、見れないなどということもありますが、原因や対策例を参考にして解決できる部分は解決して、楽しく交流していってください。

ThumbTwitterで相手にミュートされているか確認/調べる/特定する方法【2018年最新版】
Twitterを利用している上で、ミュートという名称を聞いたことがある人もいると思います。T...
ThumbTwitterの返信と@ツイートの使い方を解説
世界中で人気のSNSアプリ、Twitterの機能の返信(リプライ)や@ツイートの使い方をスマ...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ