Twitter「ツイートを読み込めません」と表示される原因・対処法

SNSアプリのTwitterを利用していると、「ツイートを読み込めません」など、Twitterで自分のツイートなどが読み込めない不具合の原因と、この「ツイートを読み込めません」の表示の読み込めないときの対処法をご紹介します!

Twitter「ツイートを読み込めません」と表示される原因・対処法のイメージ

目次

  1. 1Twitter「ツイートを読み込めません」と表示され読み込めない原因・理由
  2. 通信環境が悪い
  3. Twitterの不具合・障害
  4. Twitterアプリの不具合
  5. ユーザーの凍結・ブロック
  6. スマホまたはPC等の端末の不具合
  7. その他の不具合

Twitter「ツイートを読み込めません」と表示され読み込めない原因・理由

世界中から利用されているSNSアプリのTwitter。写真や動画のツイート、つぶやきツイートなどを共有してコミュニケーションを楽しむために、Twitterを利用している方も多いかと思います。

ですが、Twitterを利用していてある日、「ツイートを読み込めません」など、Twitterに投稿されたツイートや自分が投稿したツイートが読み込めない状態になり、ツイートが表示されない不具合に遭遇したことはありませんか?

今回は、Twitterのスマホ版で起こる「ツイートを読み込めません」などの、Twitterで自分が投稿したツイートや他のアカウントのツイートが読み込めない表示の不具合の原因と、対処法をご紹介します。

通信環境が悪い

Twitterで、自分が投稿したツイートや、他のアカウントのツイートが読み込めない不具合が発生する原因として考えられるのは、インターネット環境が正常に接続されているでしょうか?

Twitterにログインして、「ツイートを読み込めません」のツイートの表示が出たときは、自分のスマホの1か月に使えるデータ通信量が超えていないか、確認が必要です。

データ通信量が超えていると、ネットへの通信速度が極度に落ちるので、Twitterの画像や動画、ツイートを読み込めない状態になりやすいです。

通信量が超えて通信の速度制限がかかった場合は、Wi-Fiに切り替えるか、追加で通信量を購入するしかありません。

自宅や外出先でWi-Fiの通信環境を利用してTwitterのツイートを楽しんでいる方もいらっしゃるかと思います。

モバイルWi-Fiも、1か月に使えるデータ通信量が決められていることが多いので、動画を観過ぎると通信量オーバーになり、Twitterでツイートを読み込めません。Wi-Fi通信にしているのに、Twitterのツイートが読み込めないときは、Wi-Fi環境を確認しましょう。

ネットに繋がらない状況でしたら、1度スマホやPCの本体を再起動させると、Twitterに投稿されているツイートが読み込めない不具合が改善されることがあります。

本体を再起動後、Twitterにログインして「ツイートを読み込めません」のツイートの表示が出なくなったか確認してみましょう。

Twitterの不具合・障害

通信環境は特に問題ないのに、Twitterにログインしても「ツイートを読み込めません」の表示が出たり、表示が出なくてもツイートを読み込めない場合は、Twitter側に起こっていてツイートが表示されない不具合の可能性があります。

2018年の4月にツイートが読み込めないTwitter側の不具合が発生していました。ツイートを読み込める人と読み込めない人と別れたり、スマホのiPhoneを中心にツイートが読み込めない不具合が起こったりしていました。

自分で作成した別のTwitterアカウントでは、ログインもできてツイートも表示されたり、又はどちらも「ツイートを読み込めません」の表示が出たり、ツイートの不具合の症状が様々です。

今後も起こらないとは限らない不具合なので、もしTwitterに不具合が発生しても慌てず、1度Twitterのアプリを再起動させるか、ブラウザ版(web版)でTwitterにログインできてツイートが表示されるか、確認してみましょう。

ブラウザでTwitterにログインできて、「ツイートを読み込めません」の表示もなく、通常通りにツイートが表示されていたら、アプリ側に問題が発生している可能性があります。

Twitterの問題でツイートが読み込めない状態になっても、Twitterの運営側の改善を待ちましょう。

Twitterアプリの不具合

Twitterで「ツイートを読み込めません」と表示されるツイートの不具合は、Twitterのアプリに原因があるのかもしれません。

TwitterなどのSNSは、何か問題が起こったり、機能を追加するときなどにアップデートが必要になります。Twitter内でツイートを使って予告があっても、アプリのアップデート予定を把握している方は、多くないかと思います。

このアップデートが行われていないと、Twitterでツイートが読み込めない、Twitterにログインができないことがあります。

Twitterを起動させて「ツイートを読み込めません」のツイート表示が出たら、Twitterのアップデートがあるのか1度確認して再起動させてから、Twitterに再ログインしてみてください。

「ツイートを読み込めません」のツイート表示が出ず通常通りにツイートが表示されれば、アップデートが必要だったことが伺えます。

Twitterをアップデートして再起動させて、「ツイートを読み込めません」の表示が出なくなったか確認してみても、まだ「ツイートを読み込めません」の表示が出て、いつも通りのTwitterのツイートが読み込めない場合は別の原因の可能性があります。

ユーザーの凍結・ブロック

Twitterには、アカウントをブロックする機能があります。例えば、攻撃的な内容のツイートを投稿しているアカウントや、不愉快なツイートやDMを送ってくるアカウントを一切自分自身で見ることができなくなる機能です。

ブロックされたアカウントのツイートは実質読み込めない状態になります。

ブロックされたアカウントは、一定数ブロックされるとTwitter側から有害なアカウントだと認識され、凍結されます。凍結されていると「ツイートを読み込めません」の表示がでる場合があります。

短期間でフォローやフォロー数が一気に増えると、有害なサイトに誘導しているとみなされて凍結させられます。つまり、誰かにとって迷惑行為をしているアカウントは凍結させられます。

現在もなお、TwitterなどのSNSのアカウントの乗っ取りの被害があります。Twitterに連携させるアプリを利用して、有害サイトへ誘導する宣伝役として、自分のTwitterのアカウントが使われるようになります。

これは、完全なTwitterのアカウントの乗っ取りではなく、ツイートやリツイートを自分の意思とは別に投稿する乗っ取りもあります。

しばらくTwitterにログインしていなかった、Twitterのセキュリティがメールアドレスとパスワードだけの設定にしている方は、乗っ取りの被害に遭って、Twitter側から有害ツイートをするアカウントと認識されて凍結させられているかもしれません。

今までTwitterでツイートが正常に表示していたのに、突然「ツイートを読み込めません」のツイート表示が出たら、身に覚えのないことでアカウントが乗っ取られ、凍結しているかもしれません。

この凍結の対処法は、Twitterに問い合わせすることで凍結解除してもらえます。

乗っ取りの被害に遭った場合は、ログインのメールアドレス、パスワード変更や、Twitterのセキュリティ対策のために、電話番号を登録するなど対策が必要です。

自分のTwitterのアイコンやヘッダー画像に、年齢制限がかかる内容の画像だと、Twitterの規約違反になるので凍結される可能性があることも覚えておきましょう。

スマホまたはPC等の端末の不具合

Twitterのアプリもアップデートをしているのに、Twitterにログインしても「ツイートを読み込めません」とツイートの不具合が改善されない原因は、スマホやPCにあるかもしれません。

TwitterなどのSNSのアップデートがあると、そのアップデートが求めるOSが最新のOSでなければ、Twitterに投稿されたツイートや、自分が投稿したツイートが読み込めないことがあります。

スマホやPCを使うと、最新のOSへアップデートできますなどの表示が出る方が多いと思います。スマホやPC本体のOSの更新は、ネット環境などでアップデート時間に差が出ます。

中には、スマホやPCのOSの更新を後回しにしている方もいらっしゃるかと思います。

TwitterなどのSNSアプリを頻繁に利用している方は、しっかりスマホやPCのOSのアップデートも忘れないように確認しましょう。

スマホやPCのOSをアップデートには、データ通信量はかなり使います。OSのアップデートには、Wi-Fiに切り替えて更新することをおすすめします。

更新できても、残りのデータ通信量が少なく、1か月に使えるデータ通信量を超えてしまっては、Twitterで「ツイートを読み込めません」の表示が出てツイートが見れません。

データ通信量を温存させたい場合の対処法としては、Wi-Fiに切り替えることをおすすめします。ですが、外出先に必ずしも備えてあるわけではありませんし、自分でWi-Fiを持つにもネット環境を整えるには、費用がかかります。

その他の不具合

Twitterで「ツイートを読み込めません」などの表示が出て、自分の投稿したツイートやフォローしているアカウントのツイートが読み込めない不具合が発生しても、原因が特定できないこともあります。

TwitterのアプリもスマホやPCのOSもアップデートして最新の状態で、Twitter側でツイート表示の不具合も発生していないのに、「ツイートを読み込めません」の表示が出る場合の対処法は、1度Twitterのアプリを再起動させるか、スマホやPCを再起動させてみましょう。

再起動させると、Twitterのツイート表示が通常通りに戻ることもあります。再起動しても改善されない場合は、少し放置してみるか、もう1度ネット環境を確認してTwitterを起動させるしかありません。

待ってみたらツイートの表示が改善されることもあるので、何をしても改善されない場合は待ってみて、しばらくしてからTwitterにログインしてツイートが表示されるか見てましょう。

いかがでしたか?

Twitterをいつも通りに利用していても、突然「ツイートを読み込めません」の表示が出たり、このツイートが読み込めないなどの不具合は発生します。

不具合が発生しても焦らず、Twitterを利用するための自分のネット環境は整っているか、データ通信量は残っているか、Wi-Fiに繋がっているか確認してみましょう。

ネット環境に問題がなければ、Twitter側に不具合が発生していないか、Twitterのアプリで「ツイートを読み込めません」の表示が出たら、ブラウザ(web版)のTwitterで、ログインして表示されるか、Twitter側で不具合が起こっていないか確認しましょう。

ネットも整っている、Twitter側で何も問題は起こっていない場合は、Twitterのアプリが最新の状態になっているか、自分のスマホやPCのOSが最新の状態か確認しましょう。

注意点は、OSのアップデートもデータ通信量をかなり使うことを覚えておきましょう。せっかく本体を最新の状態にしても、データ通信量が残っておらず、Twitterにログインしても「ツイートを読み込めません」の表示が出る可能性があります。

OSのアップデートはWi-Fiに繋いで実行することをおすすめします。

Twitterのアプリの再起動も、「ツイートを読み込めません」の表示を改善させるために有効な対処法です。

Twitterのアプリを再起動してもツイートが読み込めない場合は、スマホやPCの本体を再起動させてみて、Twitterにログインして、「ツイートを読み込めません」の表示が出なくなったか確認しましょう。

Twitterから凍結されていないかも確認しましょう。「ツイートを読み込めません」の表示が出て、再ログインしようとしたら、ログインできないなど、Twitterにログインできないときは、アカウントを凍結されているかもしれないことを覚えておきましょう。

アカウント凍結はTwitterへと問い合わせで改善されます。

いろんな対処法を試したけど、「ツイートを読み込めません」の表示が出る不具合が改善されない場合は、スマホやPC、またはTwitterで処理が間に合っていないこともあるので、待つことも大切な対処法かと思います。

Twitterのツイートの不具合は、バグの可能性もあるので、Twitterの不具合の最新情報やバグの対処法、また凍結されてしまっていたときの、問い合わせ方法をまとめた記事が下のリンク先になっています。

Twitterのツイート以外の機能も紹介されているので、ぜひご覧ください!

ThumbTwitterの不具合の確認方法と対処法まとめ
Twitterで不具合はなぜ起こるのでしょうか?良く報告されている不具合や、Twitterの...
ThumbTwitterでバグかも?バグの原因と対処法まとめ
Twitterでバグかも?と思った時の原因と対処法をご紹介します。実はTwitterのバグで...
ThumbTwitterの問い合わせ方法まとめ!問い合わせ電話番号窓口やメールアドレスは?
Twitterの問い合わせ窓口があるってみなさん知っていますか?!Twitterで困ったこと...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
海兎くらげ
よろしくお願いします

人気の記事

人気のあるまとめランキング
インステ