「LightPDF」の使い方をくわしく解説!

PDFファイルを編集/変換しようとしたときに利用できるソフトウェアが「LightPDF」です。この「LightPDF」はオンラインで利用できるほか、ダウンロードして利用することもできます。この記事では「LightPDF」の使い方について説明していきます。

「LightPDF」の使い方をくわしく解説!のイメージ

目次

  1. 1「LightPDF」の使い方
  2. LightPDFでできること
  3. LightPDFのダウンロード方法
  4. LightPDFの基本操作
  5. LightPDFの応用機能の操作手順
  6. 最後に

「LightPDF」の使い方

基本的に、PDFファイルは編集できず、大抵は閲覧するためのファイル形式だと思っている人も多いでしょう。実際、PCなどのデフォルトの機能では編集操作などはできず、ビューワーとしての役割が主です。

PDFファイルの編集をしたいと思った時、便利なツールとして「LightPDF」があります。

LightPDFでできること

「LightPDF」とはどういったものなのか、知らない人も多くいると思うので、まずは「LightPDF」でできることについて紹介していきます。

PDFをオンラインで編集

まず第一にPDFをオンラインで編集することができるという点です。大抵PDFソフトの編集をしようと思うと専用のツールが必要ですが、ちょっと編集したいと考える場合には「LightPDF」が手軽に利用できます。

Webツールですのでネット環境さえあれば端末を選ばず編集することが可能です。ただし、機密書類などに関しては一度ネット上にアップロードする形式ということもあり利用はおすすめしません。流出しても問題ないようなPDFファイルの編集に利用してください。

PDFを様々なフォーマットに変換

また、「LightPDF」ではPDF形式のファイルを様々なフォーマットへ変換することもできます。変換できるのはWordやExcelファイルの他、pngやjpg、pptなどもあり、PDFからの変換のほかPDFへの変換も可能です。

オンラインOCR

また、OCRと呼ばれる文書を読み取ってデジタルの文字に置き換えることも可能です。手書き文書をPDFに落とすことができるため、手書き文書をデジタル化するのが面倒だと考えている人にも便利な機能があるツールと言えます。

LightPDFのダウンロード方法

なお、「LightPDF」は「PDF編集ソフト」と「PDF変換ソフト」がそれぞれダウンロード可能です。ソフトのダウンロードは下記リンク先へアクセスして行います。

LightPDF – PDFファイルをオンラインで無料で編集・変換する
「PDF編集ソフトをダウンロード」と「PDF変換ソフをダウンロード」からダウンロード

「PDF編集ソフトをダウンロード」と「PDF変換ソフをダウンロード」があります。ここでは無料版のダウンロードですが、有料版もダウンロード可能です。

「今すぐインストール」をクリック

exeファイルがありますので、それを起動するとインストール画面が開きます。「インストール」をすれば無料のLightPDFのダウンロード完了です。なお、以降説明しているのはオンライン版の基本的な使い方ですので、ダウンロードはしてもしなくても問題ありません。

LightPDFの基本操作

利用したいものをクリック

さて、LightPDFの基本的な操作方法の説明からしていきます。トップページに表示されている中から、利用したいツールを選択します。

「ご利用はこちらから」をクリック

PDF編集の場合は「ご利用はこちらから」を選択しましょう。

「PDFファイルを開く」からPDFファイルをアップロード

「PDFファイルを開く」から編集したいPDFファイルをアップロードします。ドラッグアンドドロップでの追加はできるものとできないものがあるので注意してください。

ファイルアップロードが行われる

アップロードが完了すれば編集することができるようになります。

LightPDFの応用機能の操作手順

なお、LightPDFでは変換なども可能です。

PDFから変換

PDFからの変換

LightPDFでPDFからは、Word、PNG、JPG、PPT、TXT、Excelファイルへの変換ができます。

PDFに変換

PDFへの変換

逆にPDFへ変換することができるのもWord、PNG、JPG、PPT、TXT、Excelファイルです。

OCRで文字認識

OCRの利用

なお、OCRからは画像つきのPDFや画像を編集可能な形式へ変換することが可能です。手書きの文字の画像を読み込んだりするときに使えます。

他のPDFツール

PDFに透かし(ウォーターマーク)を追加

その他にもPDF関連のツールがLightPDFの機能に存在しています。PDFに透かし(ウォーターマーク)を追加したり、PDFファイルの結合・分割・圧縮・回転もできます。

署名の追加

PDFへの署名を行うことも可能です。他にもPDFへパスワードを入れて保護したり、逆にパスワードの解除を行うこともできます。

最後に

LightPDFではPDFファイルの編集のほか、別のファイルへの変換や別のファイルからの変換なども行えます。機密ファイルの編集には向きませんが、気軽に利用できるようなPDFファイルの編集などに利用してみてください。

Thumb【Evernote】PDFファイルの取り込み/管理する方法を解説!
PDFは広く用いられているファイル形式ですが、その管理に悩んでおられる方も多いでしょう。そこ...
Thumb『Adobe Scan』で紙の文書をPDF(電子書類)化して管理しよう
捨てられなくて困っていた紙資料はAdobe Scanで電子化しましょう。カメラで撮影するだけ...
ThumbWEBページをPDFファイルとして保存する方法まとめ
WEBページをオフラインでも見れるようにしておきたい…という方は、PDFファイルとして保存す...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ