【タイムツリー】退出(共有解除)のやり方をくわしく解説!

TimeTree(タイムツリー)の退出(共有解除)のやり方をくわしく解説していきます。TimeTree(タイムツリー)で特定の相手を解除させるやり方や個別に退出(共有解除)する方法も解説します。また、タイムツリーの使い方や便利な使い方を初心者向けに紹介します。

【タイムツリー】退出(共有解除)のやり方をくわしく解説!のイメージ

目次

  1. 1. 【タイムツリー(TimeTree)】退出のやり方
  2. 1-1. カレンダーから退出するやり方
  3. 1-2. 個別の予定から退出するやり方
  4. 2. 【タイムツリー】共有解除のやり方
  5. 2-1. 特定の相手を解除させるやり方
  6. 3. 【タイムツリー】退出(共有解除)のやり方の注意点
  7. 3-1. メンバーの共有解除ができない時は?
  8. 3-2. 作成者が退出してしまった場合は?
  9. 4. 【タイムツリー】退会のやり方
  10. 4-1. 退会時の注意点
  11. 4-2. アカウントを削除して退会する方法
  12. 5. 【タイムツリー】初心者向け/便利な使い方
  13. 5-1. 初心者向けの使い方
  14. 5-2. 便利な使い方
  15. 5-3. まとめ
  16. 5-4. 合わせて読みたい!TimeTreeに関する記事一覧

【タイムツリー(TimeTree)】退出のやり方

タイムツリー(TimeTree)から自分が退出する方法や、相手の共有を個別・特定で解除する操作方法を知りたい人、共有/解除時の注意点/できない時の対処方法や、便利な使い方を初心者向けに知りたい人に向け、退出(共有解除)のやり方をくわしく解説します。

まずは、タイムツリー(TimeTree)の基本的な退出のやり方について探っていきたいと思います。タイムツリー(TimeTree)のカレンダーから退出する、あるいは個別の予定から退出するやり方について解説をしていきたいと思います。

タイムツリー(TimeTree)の基本的な退出のやり方を抑えておけば、共有解除できないといったことを回避できるかもしれませんので、カレンダーと個別の予定から退出させるやり方を理解しておいてください。

カレンダーから退出するやり方

それでは、タイムツリー(TimeTree)のカレンダーから退出するやり方についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。

メニューを開く

メニューを開く

まずは、タイムツリー(TimeTree)アプリを起動させてカレンダーの左上にある「三本線(メニュー)」をタップして操作を行っていきます。

カレンダーを選択する

カレンダーを選択する

つづいて、メンバーを退出させるカレンダーを選択していきます。

その他タブから設定を開く

その他タブから設定を開く

メンバーを退出させるカレンダーに切り替えましたら「その他」をタップして進んでいきます。

ユーザー設定タブを選択する

ユーザー設定タブを選択する

カレンダーを選択から「ユーザー設定タブ」を選択して操作を進めていきます。

「カレンダーから退出する」をタップする

「カレンダーから退出する」をタップする

下の方にある「カレンダーから退出する」をタップして、退出していきます。そうしますと「本当にカレンダーから退出しますか?」という警告メッセージが表示されますので「Ok」をタップしていきます。

個別の予定から退出するやり方

つづきましては、個別の予定から退出するやり方を初心者向けに説明していきたいと思います。

マンスリータブを選択する

マンスリータブを選択する

個別の予定から退出するする場合は、左にある「マンスリータブを選択」して個別の予定をタップしていきます。

予定を選択する

予定を選択する

そうしますと、個別の予定の画面が表示されますので「予定を選択」して操作を進めていきます。

メニューから編集を選択する

メニューから編集を選択する

左上の「三本線(メニュー)」をタップして「編集」を選択て操作を行っていきます。

参加者のチェックを外す

参加者のチェックを外す

下の方にあるメンバーのアイコンをタップして「参加者のチェックを外す」ようにしてください。これで個別にメンバーを退出することができます。

関連記事
【TimeTree】機種変更の引き継ぎ方法を解説!

【タイムツリー】共有解除のやり方

つづきましては、タイムツリー(TimeTree)の共有解除のやり方を初心者向けにくわしく解説していきたいと思います。タイムツリー(TimeTree)の共有解除のやり方として「特定の相手を解除させるやり方」にフォーカスして説明をしていきたいと思います。

予定のメンバー全員を退出させるのではなく、1人だけ解除したい場合はこれから紹介をする「特定の相手を解除させるやり方」を参考にして行ってください。

特定の相手を解除させるやり方

それでは、タイムツリー(TimeTree)で特定の相手を解除させるやり方を行っていきたいと思います。

メニューを開く

メニューを開きます

特定の相手を解除させる場合は、タイムツリー(TimeTree)アプリを起動させてカレンダーから左上にある「三本線(メニュー)」をタップして操作を行っていきます。

カレンダーを選択する

カレンダーを選択します

メニューが表示されますので「カレンダーを選択」していきます。カレンダーは特定の相手が登録されているカレンダーを選んでください。

その他タブを選択する

その他タブを選択します

つづきましては、マンスリー画面の右下の方にある「その他のタブ」をタップして操作を進めていきます。

ユーザーアイコンをスワイプする

ユーザーアイコンをスワイプする

その他から、ユーザーアイコンを左の方にスワイプをすると「削除」ボタンが表示されます。ここで特定のメンバーを選択して「削除」をタップすることで解除することができます。

関連記事
TimeTreeのおすすめの使い方!使って分かった効果も紹介!

【タイムツリー】退出(共有解除)のやり方の注意点

ここからは、タイムツリー(TimeTree)の退出(共有解除)のやり方の注意点について、初心者に向けて解説をしていきたいと思います。タイムツリー(TimeTree)の退出(共有解除)を行っていて、解除することができない場合もあるかと思われます。

そういった場合、タイムツリー(TimeTree)の基本的な仕様を理解していない場合が考えられます。退出(共有解除)のやり方は合っているはずなのになぜか共有解除することができない場合は、これから紹介をする、注意点に要注目をしてください。

それでは、タイムツリー(TimeTree)の退出(共有解除)の重要な注意点を一つ一つ説明していきたいと思います。

メンバーの共有解除ができない時は?

タイムツリー(TimeTree)でメンバーの共有解除ができない場合について、フォーカスして説明をしていきたいと思います。

メンバーの共有解除ができない場合は、カレンダーの作成者でない可能性が考えられます。つまりカレンダーの作成者のみ共有解除をすることができるのです。

作成者の確認方法

作成者の確認方法は、その他タブのユーザーアイコンに作成者表示がつきます。ですので、メンバーの共有解除ができない際は、カレンダーの作成者であるのか確認をする必要があります。

作成者が退出してしまった場合は?

もし、作成者が退出してしまった場合はどうなるのか疑問に思うでしょう。作成者が退出すると、残ったメンバーで最も古い参加者が自動的に作成者となります。

関連記事
【TimeTree】Googleカレンダーとの同期方法!

【タイムツリー】退会のやり方

つづきましては、タイムツリー(TimeTree)の退会のやり方について注目をしていきたいと思います。タイムツリー(TimeTree)をもう使わなくなった場合は、毎日スマートフォンに来る通知などが邪魔になって仕方がないと思いますので、退会するべきです。

タイムツリー(TimeTree)の退会の注意点についても紹介していきますので、退会する方法と合わせてお読みになってください。

退会時の注意点

タイムツリー(TimeTree)の退会をする際の注意点としては「アカウントを削除すると復元はできない」ことがあげられます。タイムツリー(TimeTree)の退会してしまうと、いままでの予定が全て消えてしまいますので、重要な予定がある場合は気を付けるべきです。

これからの予定などを他のカレンダー管理アプリに移す、バックアップをとってから退会することをおすすめします。

アカウントを削除して退会する方法

それでは、タイムツリー(TimeTree)のアカウントを削除して退会を行う方法を手順を追って説明をしていきますので、参考にしてください。

メニューを開く

まずは、タイムツリー(TimeTree)アプリを起動して、マンスリー画面から左上にある「三本線(メニュー)」をタップして操作を進めていきます。

プロフィール画面を開く

メニューが表示されますので、自分のアカウントのアイコンをタップして「プロフィール画面」を開いていきます。

「退会してアカウント削除」を選択する

「退会してアカウント削除」を選択する

つづきましては、プロフィール編集画面から「退会してアカウント削除」をタップして操作を行っていきます。

理由を選択する

理由を選択する

退会する画面に切り替わりますので「退会する理由」を選択していきます。退会する理由は、何でも良いので一番近い理由を選択して進めていきます。

アンインストールを行う

退会が完了しましたら、スマートフォンのホーム画面からタイムツリー(TimeTree)を長押しして「アンインストール」を行って行きます。

【タイムツリー】初心者向け/便利な使い方

つづきましては、タイムツリー(TimeTreee)の初心者向け/便利な使い方についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。これからタイムツリー(TimeTree)を使いたいという初心者向けに便利な使い方を紹介していきます。

タイムツリー(TimeTree)は、さまざまな便利な使い方がありますので覚えておけば、カレンダーの予定を一目瞭然にスムーズに把握をすることができますので、使い方をマスターしておくといいでしょう。

初心者向けの使い方

それでは、タイムツリー(TimeTreee)の初心者向けの使い方を3つの手順で解説をしていきたいと思います。

カレンダーを作成する

タイムツリー(TimeTree)でカレンダーを作成する場合は、マンスリー画面からメニュー→新しいカレンダーを作る→テーマ選択→画像/タイトル/色選択をすることで、カレンダーを作成することが可能です。

予定を作成する

つづいては、タイムツリー(TimeTree)で予定を作成する際は、マンスリー画面からメニュー→カレンダー選択→+を選択→タイトル/日時/参加者/ラベルを選択することで、予定が作成できます。

ラベルの色をカスタムすることもできますので、予定に合った色を選択することでカレンダーを後で検索する場合に、分かりやすくすることができます。

相手を招待する

そして、タイムツリー(TimeTree)で相手を招待する場合は相手は、マンスリー画面からその他→招待→招待方法を選択→メッセージを送信で招待をすることが可能です。

便利な使い方

つづきましては、タイムツリー(TimeTree)の便利な使い方についてくわしく紹介をしていきたいと思います。便利な使い方を覚えておくことで、幅広い使い方ができますので覚えておいて損はないと思われます。

複数のカレンダーを表示する

タイムツリー(TimeTree)には複数のカレンダーを表示する機能があります。複数のカレンダーを表示する場合は、マンスリー画面からメニュー→すべてのカレンダーを選択から複数のカレンダーを作成したり、切り替えたりできます。

ビジネス用のカレンダーやプライベート用のカレンダーなど使い分けることができます。

メモ機能を使う

タイムツリー(TimeTree)をメモ機能として使うこともできます。「メモ」タブを選択することで、未定の予定を保存できます。

まとめ

以上が、【タイムツリー】退出(共有解除)のやり方をくわしく解説!の記事でした。タイムツリー(TimeTree)で、退出(共有解除)できない場合は基本的なやり方とカレンダーの作成者であるのか確認して行っていくと確実に退出することができるはずです。

合わせて読みたい!TimeTreeに関する記事一覧

関連記事
【Timetree】カレンダー内容が更新されない/反映されないときの解決方法!
関連記事
【Timetree】「ラベル」機能とは?使いこなすには?
関連記事
【Timetree】アプリの通知が表示されない/受信できないときの解決方法!
関連記事
TimeTreeの使い方!登録方法と良い点・悪い点も解説!

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
KENERO

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ