【AnyFix】iMobieのiOS/iPadOSのデバイス修復ソフトを紹介!

iPadやiPhoneのデバイスOSを修復できるソフトに「AnyFix」というものがあります。この記事では、iOS端末のOSに何らかの不具合がある場合や、OS関係で修復したい部分(ダウングレードなど)がある場合に便利な「AnyFix」の紹介をしていきます。

【AnyFix】iMobieのiOS/iPadOSのデバイス修復ソフトを紹介!のイメージ

目次

  1. 1「AnyFix」とは
  2. 特長
  3. AnyFixでできること
  4. 無料版と有料版の違い
  5. 2「AnyFix」の使い方
  6. ダウンロード/インストール方法
  7. 基本的な使い方と設定
  8. システム修復方法
  9. iOS/iPadOSのアップデート/ダウングレード方法
  10. リカバリーモードに入るまたは解除方法
  11. iTunes同期エラーや不具合を修復する方法
  12. デバイスをリセットする方法
  13. 最後に

「AnyFix」とは

iPhoneやiPadが起動しない、動かないなど何かしらの不具合がある場合、大抵はAppleストアへ修理依頼に行くでしょう。しかし、Appleストアへ行く時間のない人や、修理に出していると困るためすぐに解決しないと困る人もいるでしょう。

特長

そんなときに便利なソフトが「AnyFix」です。「AnyFix」はiPhoneやiPad、iPodやAppleTVの不具合を修復できるという特長を持っています。

「AnyFix」はWindows、Macどちらにも対応しているソフトですので、「AnyFix」があれば修理に出すことなく自宅でiPhoneなどの不具合修復が可能です。

AnyFixでできること

上記の特長から「AnyFix」に興味を持った人もいるでしょう。まずは「AnyFix」では何ができるのかを簡単に紹介していきます。

システムの不具合を修復

まずは前述したとおり、iPhoneなどのシステムの不具合を修復することができます。充電できなくなった、起動しなくなった、タッチスクリーンが動作しないなどの不具合を「AnyFix」1つで修復することができます。

こちらの機能は有料版でのみの利用が可能なものですので、利用したい場合は有料版の購入を行ってください。

iOS/iPadOSのアップデート/ダウングレード

iOS/iPadOS端末のOSのアップデートを「AnyFix」で行うこともできます。OSのアップデートで不具合が生じたり、アプリが使えなくなったりした場合のダウングレード(有料版のみ)にも対応しています。

リカバリーモードの切り替え

リカバリーモードというのは、分かりやすく言うと強制的に初期化して商品出荷時の状態に戻すモードです。何かが原因となりiOSに不具合が起きた場合などに生じることがあります。

「AnyFix」はこのリカバリーモードの切り替えができ、有料版であればリカバリーモードの解除をすることも可能です。

iTunes同期エラーや不具合を修復

現在は別の機能に分割されているため利用している人は少ないかもしれませんが、iTunesの同期エラーや不具合を修復することもできます。iTunesを介して色々とできていたため、iTunesの同期エラーや不具合が修復できる「AnyFix」は大変頼もしい存在です。

パスワードなしでiPhone/iPadをリセット

昔利用していて存在を忘れてしまったiPhoneなどが見つかった人の中には、デバイスのロックを解除するためのパスワードを忘れてしまった人もいるでしょう。

「AnyFix」では、通常パスワードを入力しなければならないのを飛ばしてiPhoneやiPadをリセット(初期化)することができます。内容が消えてしまうため、見つけたそのデバイスを売ったり処分したりしたい人向けの機能と言えます。

なお、パスワードを忘れてしまっている状態でリセットする場合は有料版の利用が必要となります。

無料版と有料版の違い

無料版と有料版の違い

さて、「AnyFix」には無料版と有料版があるのですが、それぞれ違いがあります。それぞれ下記の比較表に示していますので、その違いを把握しておきましょう。
 

AnyFixの無料版・有料版の比較
  無料版 有料版
Windows プラン Mac
料金 無料 5980円/月 月間
(1デバイス)
6980円/月
8980円/年 年間
(1デバイス)
9980円/月
11980円/永久 ライフタイム
(5デバイス)
12980円/月
変動 マルチユーザー 変動
※全プランほぼ常に割引セール実施(時間制限あり)
システム修復 不可
リカバリー
モード接続
リカバリー
モード解除
不可
OSアップグレード
OSダウングレード
強制リセット 不可
1-クリックリセット
iTunes修復 不可

Thumb【iPhone】修理より機種変更が安くなる条件を解説!
iPhoneを破損してしまったときに、修理に出すか機種変更をするかどちらお得で安くなるのか気...

「AnyFix」の使い方

ここからは「AnyFix」の使い方の説明をしていきます。

ダウンロード/インストール方法

まずは「AnyFix」のインストールを行いましょう。下記リンク先へアクセスしてください。

[公式]AnyFix - iOSシステム修復& iTunes修復
「無料ダウンロード」をクリック

「無料ダウンロード」をクリックしてください。

「インストール」をクリック

ダウンロードしたインストーラーを起動します。ユーザーアカウント制御画面が表示されたら「はい」を押し、上記画面で「インストール」をクリックしましょう。

インストールが完了するとAnyFixが起動する

インストールが完了したら「AnyFix」が起動します。

基本的な使い方と設定

「AnyFix」は、修復したいiPhoneやiPadをパソコンと繋げて利用します。接続後、「AnyFix」の画面にある利用したい項目をクリックし、その中から利用したいものをワンクリックすればその機能を利用できます。

システム修復方法

「システム修復」をクリック

システムの修復は、「システム修復」ボタンから行います。

修復対象を選択して「今すぐ修復」をクリック

修復対象を選択して「今すぐ修復」をクリックしてください。

「次へ」を押してから画面の指示に従って進める

USBで端末を接続し、「次へ」をクリックしましょう。そこから先は画面に表示される指示に合わせて動作を行ってください。なお、このシステム修復は無料版では利用できないため、利用したい場合は有料版への登録が必要です。

iOS/iPadOSのアップデート/ダウングレード方法

「iOS/iPadOSのアップグレード・ダウングレード」をクリック

iOSやiPadOSのアップデートやダウングレードは「iOS/iPadOSのアップグレード・ダウングレード」から行います。

OSのアップデート/ダウングレード

無料版はアップデートしか利用できません。ダウングレードしたい場合は有料版を購入しましょう。

リカバリーモードに入るまたは解除方法

「リカバリーモードの切替」をクリック

「リカバリーモードの切替」では、リカバリーモードに入るもしくは解除を行うことができます。

リカバリーモードの接続/解除

無料版の場合はリカバリーモードに入ることしかできません。リカバリーモードを解除したい場合は有料版の購入が必要です。

iTunes同期エラーや不具合を修復する方法

「iTunes修復」をクリック

iTunesの同期エラーなどを修復したい場合は「iTunes修復」をクリックします。

修復できるiTunesのエラー

iTunes修復で修復できるエラーは200種類以上に登ります。

修復内容を選択して「スキャン」(もしくは「今すぐ修復」をクリック

対象のデバイスを選択し、「スキャン」ボタン(「iTunes同期/CDBのエラー」は「今すぐ修復」)をクリックすれば実行されます。なお、iTunesの修復も有料版でしか利用できません

デバイスをリセットする方法

「デバイスリセット」をクリック

デバイスをリセットする場合は「デバイスをリセット」をクリックします。

強制リセット

リセットには「強制リセット」と1-クリックリセット」があります。「強制リセット」はロック解除のパスワードが分からない場合、強制的に端末をリセットするものです。無料版では利用できませんので注意してください。

1-クリックリセット

「1-クリックリセット」はパスワードを覚えている場合に利用できるリセット方法です。いずれのリセットの場合も、デバイスにサポートされている最新のOSバージョンへアップデートされます。

なお、「iPhoneを探す」がオンになっている場合は、リセットした後アクティベーションロックがかかっていますのでApple IDとパスワードの入力が必要となりますので注意が必要です。

最後に

「AnyFix」は、iPhoneやiPadなどの修復が自宅でできる便利なソフトウェアです。無料版でできることは制限が多いため、制限されている機能を利用したいという人は、ほぼ常に半額割引が実施されているため、是非有料版の購入を検討してみてください。

Thumb【iPhone】リンゴループの対処法まとめ!自力での直し方や修理料金も解説
iPhoneがリンゴループになってしまったときに自力でできる対処法をご紹介します。リンゴルー...
ThumbiPhone画面が真っ暗で歯車がくるくるのままフリーズした時の対処法
iPhoneを使っている時に、画面が真っ暗になって歯車がくるくる・ぐるぐる回った状態になるこ...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ