MediaMonkeyの使い方!Windows10でのダウンロード・設定方法を解説!

無料で利用できる音楽プレーヤーを探している人におすすめなソフトがMediaMonkey(メディアモンキー)です。この記事では、MediaMonkey(メディアモンキー)のダウンロード方法や設定方法/使い方について説明します。

MediaMonkeyの使い方!Windows10でのダウンロード・設定方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1【Windows10】MediaMonkey/メディアモンキーの使い方
  2. MediaMonkeyとは?
  3. ダウンロード/インストール方法
  4. セットアップ/設定方法
  5. 使い方
  6. 最後に

【Windows10】MediaMonkey/メディアモンキーの使い方

Windows10で利用できる音楽プレーヤーに「MediaMonkey(メディアモンキー)」というものがあります。

MediaMonkey(メディアモンキー)は、日本語表記に設定可能で利用しやすいこともあり、多くの人に利用されている無料の音楽再生ソフトです。

MediaMonkeyとは?

このMediaMonkey(メディアモンキー)とは、高機能なライブラリも備えた、音楽再生だけでなくリッピングなども可能なオールインワンタイプの音楽プレーヤーです。

リッピングやタグ情報編集音楽プレーヤー

MediaMonkey(メディアモンキー)は音楽ファイルの拡張子のほとんどに対応しているほか、リッピングやCD作成などもできるようになっています。

また、MediaMonkey(メディアモンキー)はMP3のタグの編集に利用するのにも使いやすいメディアソフトですので、歌手名やジャケット画像などのタグ情報を編集したいという人にも用いられています。

イコライザなども本格的なため、通常の音楽再生ソフトでは物足りないと思っている人にはMediaMonkey(メディアモンキー)が特におすすめです。

有料・無料の違い

なお、MediaMonkey(メディアモンキー)には有料版の「GOLD」と無料版の「FREE」とがあります。

MediaMonkey(メディアモンキー)を利用しようにも、有料版じゃないと機能が色々制限されるのでは無いかと不安に思っている人もいるでしょうが、制限はほとんどありません。

有料版のMediaMonkey(メディアモンキー)の場合はリッピングやエンコードの機能が無料版より拡張されていると言うだけなので、無料版での利用で十分であるということがほとんどです。

ダウンロード/インストール方法

ではMediaMonkey(メディアモンキー)をダウンロード/インストールしましょう。元から日本語対応しているソフトなので、日本語で無いなら使いづらい、などということもありませんので安心してください。

「Download MediaMonkey」をクリック

MediaMonkey(メディアモンキー)のインストーラーは下記サイトからダウンロードしてください。「Download MediaMonkey」をクリックすることで無料版のインストーラーをダウンロードできます。

MediaMonkey ダウンロードページ
インストーラーを起動

ダウンロードしたMediaMonkey(メディアモンキー)のインストーラーを起動してください。ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」をクリックしましょう。

言語を確認して「OK」をクリック

インストーラーが起動したら、セットアップの画面になります。言語の選択画面が表示されますので「日本語」を選択して「OK」をクリックしましょう。

セットアップウィザードが開いたら「次へ」をクリック

セットアップウィザードに沿ってインストールしましょう。「次へ」をクリックします。

「同意する」を選択

使用許諾契約書へ同意しましょう。「同意する」を選択してください。

同意したら「次へ」をクリック

「次へ」をクリックします。

インストール版利用の場合は内容はそのままで「次へ」をクリック

インストール先の選択画面になります。Windows10にインストールするだけであればそのままで問題ありません。

ポータブル版利用の場合は「ポータブル版インストール」にチェックを入れて「次へ」

なお、レジストリの変更をしてMediaMonkey(メディアモンキー)のインストールをおこないたくないのであれば、この画面で「ポータブル版インストール」を選択しましょう。

「次へ」をクリック

インストールを選択するとスタートメニューへのショートカット作成の選択ができます。そのまま「次へ」をクリックしましょう。

不要なものはチェックを外す

デスクトップアイコンの選択(インストール版のみ)とフルスキンの設定画面になります。スキンというのは画面の見た目のことです。

「次へ」をクリックする

後でも変更は可能なので、ここはそのままでも問題ありません。「次へ」をクリックしましょう。(ポータブル版はこの時点で実行ファイルがダウンロードされます)

「インストール」をクリックしてインストール開始

「インストール」をクリックすればインストールが開始されます。

MediaMonkeyのインストール完了

上記の画面になればインストール完了です。

セットアップ/設定方法

ここからはWindows10でのMediaMonkey(メディアモンキー)の設定方法の説明をしていきます。

初期セットアップ

ようこそ画面で「次へ」をクリック

MediaMonkey(メディアモンキー)を起動すると、最初に「MediaMonkeyへようこそ!」画面が表示されます。「次へ」を押しましょう。

無料利用の場合はライセンスキーは入力せず「次へ」

有料版のMediaMonkey(メディアモンキー)を利用するためのライセンスキーの入力画面です。無料で利用する場合は設定の必要はないため「次へ」で進めましょう。

「次へ」をクリックして進む

「OS統合」では右クリックで表示されるメニューにMediaMonkey(メディアモンキー)関連のものを追加したり、ファイルの関連付けをしたりすることができます。

取り込むファイルを選択して「次へ」進む

「メディアファイルのスキャン」ではMediaMonkey(メディアモンキー)へ追加したい音楽ファイルを選択できます。MediaMonkey(メディアモンキー)に追加したいWindows10のフォルダーを選択してください。

共有が不要ならチェックを外す

「メディアの共有化」ではネットワークデバイスとの共有設定ができますが、ここは利用するしないがMediaMonkey(メディアモンキー)の利用に影響しないため、不要であればチェックを外してしまって問題ありません。

「完了」をクリック

「完了」をクリックするとMediaMonkey(メディアモンキー)初期セットアップ完了となります。

「ツール」から「オプション」を開く

更に詳細な設定をする場合はMediaMonkey(メディアモンキー)のツールメニューから「オプション」を開きましょう。

一般

「一般」の項目

「一般」の項目では言語設定やアップデートの確認のチェック、ショートカットキーの設定やパフォーマンスの設定など、MediaMonkey(メディアモンキー)全体の設定をおこなうことができます。

プレイヤー

「プレイヤー」の項目

「プレイヤー」では、音楽プレイヤーとしてのMediaMonkey(メディアモンキー)の設定ができます。ダブルクリック時の挙動の外、再生ルールやプラグイン関係の設定もここで可能です。

ダウンロード/ポッドキャスト

ポッドキャスト関連

ダウンロード/ポッドキャストではポッドキャストの保存場所や、その他ポッドキャスト全般の設定ができます。

ライブラリ

ライブラリの項目

ライブラリは、MediaMonkey(メディアモンキー)のライブラリにファイルを追加するときの動作や再スキャン後のタグを元としたトラック情報の更新の設定などが可能です。

携帯デバイスとの同期

「携帯デバイスとの同期」の項目

携帯デバイスとの同期は、MediaMonkey(メディアモンキー)とiPodなどとの同期設定ができます。プラグインを追加すれば他のデバイスと同期することもできます。

スキン

「スキン」の項目

スキンはMediaMonkey(メディアモンキー)の背景色などの設定変更ができます。スキンの内容をWindows10のものに合わせることもできますし、好きなスキンに設定することもできますので、色々触ってみてスキンの編集をしてみましょう。

使い方

オプションなどで使いやすいように設定ができたらMediaMonkey(メディアモンキー)を使ってみましょう。

曲の再生方法

「音楽」をクリック

MediaMonkey(メディアモンキー)で曲を再生したい場合の選曲方法ですが、左側のメニューにある「音楽」をクリックします。

利用したい分類を選択

ジャンルや場所、作曲者などで曲を探すことができます。

ダブルクリックして再生

再生したい曲をダブルクリックしましょう。

再生が開始される

楽曲の再生が始まります。

再生/停止/戻る/進むなどの動作が可能

MediaMonkey(メディアモンキー)の画面左下にある再生ボタンで、再生/停止/戻る/進むなどの動作が可能です。

再生位置の選択も可能

シークバーでは再生時点を指定することもできます。

楽曲のオプション画面でタグの設定が可能

余談ですが、楽曲のタグを手動で編集するような場合は曲を右クリックして「オプション」を選択すれば簡単にタグの編集ができます。歌詞の埋め込みなども手動で可能なので、タグ編集をしたい場合はそちらから編集してください。

CDの作成方法

「ツール」から「CD/DVD/BDの作成」を開く

MediaMonkey(メディアモンキー)を利用してCDを作成したい場合、「ツール」メニューから「CD/DVD/BDの作成」をクリックしてください。

「音楽CD作成」を選択して「次へ」

MediaMonkey(メディアモンキー)のディスク作成ウィザードが開きます。「音楽CD(通常プレーヤー用)」「データディスク(その他のプレーヤー用)」「ディスクのデータ削除」がありますが、「音楽CD作成」で問題ありません。

CDに書き込む楽曲を選択する

曲の選択をおこない、確認画面で確認した後は作成するCDの設定などをして「書き込み」をクリックして音楽CDの作成を実行しましょう。

最後に

MediaMonkey(メディアモンキー)は音楽の再生から音楽CDの作成まで、様々な音楽メディアに関することを実行できます。

日本語にも対応していて利用しやすく、機能性も無料とは思えないものなので、音楽プレーヤーを探していたという人はぜひMediaMonkey(メディアモンキー)を利用してみてください。

ThumbEAC(Exact Audio Copy)のインストールと日本語化・使い方を解説
EAC(Extract Audio Copy)を使ってCDをリッピングしたことがありますか?...
Thumb【DVD Flick】日本語化パッチの設定方法とダウンロードについて解説
皆さんDVD Flickの日本語化パッチの設定方法を知っていますか?このDVD Flickの...
Thumb 【2019年】Windows10にムービーメーカー(日本語版)をダウンロードする方法!
Windows10でデフォルトでは搭載されなくなったムービーメーカーを2019年にWindo...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ