BuzzVideo(バズビデオ)アプリは危険?YouTubeより稼げるって本当?

最近、いろいろなところで広告を目にするようになったbuzzvideo(バズビデオ)。そんなbuzzvideo(バズビデオ)アプリの危険性や運営会社、収益についてご紹介します。世界的に大人気の動画サービス「YouTube」との違い等もご紹介します。

BuzzVideo(バズビデオ)アプリは危険?YouTubeより稼げるって本当?のイメージ

目次

  1. 1BuzzVideo/バズビデオとは
  2. 2BuzzVideo/バズビデオの危険性・運営会社は?
  3. 3BuzzVideo/バズビデオの始め方
  4. 4BuzzVideo/バズビデオとYouTubeの違い
  5. 5BuzzVideo/バズビデオの評判は?
  6. 6BuzzVideo/バズビデオは稼げるのか?
  7. 7BuzzVideo/バズビデオのルール違反動画動画
  8. 8BuzzVideo/バズビデオの儲け方
  9. 9BuzzVideo/バズビデオを利用する際の注意点

BuzzVideo/バズビデオとは

日本で老若男女に人気な動画サービスと言えばやはりYouTubeではないでしょうか。そんなYouTubeに似たサービスであり、中国のBytedanceが運営会社の動画アプリ、それがbuzzvideo(バズビデオ)です。

日本でも利用者が増え続け、人気を博しているbuzzvideoは稼げるアプリとしても知られていますが、中には、buzzvideoは危険だという評判も多くあります。

当記事では、そんなbuzzvideoの評判や本当に稼げるのか、YouTubeとの収益性の違い、運営会社についてなどをご紹介していきます。

BuzzVideo/バズビデオの危険性・運営会社は?

巷では、buzzvideoはYouTubeと同様に広告収益が稼げると言われていますが、その反面、危険だという評判も多くあります。では、それは一体何故なのでしょうか。そして、buzzvideoの運営会社・Bytedanceとは一体どういった企業なのでしょうか。

危険性

中国のみならず、日本でも利用者が多いbuzzvideoは、何故、危険だと言われているのでしょうか。

それは、実際にアプリをインストールしてみると分かるのですが、buzzvideoをインストールする際に求められる情報がかなり多いことから、このアプリは危険ではないだろうかと言われています。

通話履歴まで求めてくるAndroidアプリ

Androidスマホにbuzzvideoをインストールする際に、通話状況やWi-Fi接続情報、位置情報とこれでもかと言わんばかりに個人情報を提示する必要があります。

動画アプリだというのに、ここまで個人情報を求められるとさすがに不安になってきます。

iPhoneアプリをインストールだと

Android版のアプリではかなり個人情報を求められましたが、iPhoneの場合はAndroid版と違い、個人情報を求められることはありませんでした

その点、iPhoneユーザーの方は、Androidユーザーの方に比べて、気軽にアプリをインストールできるのではないでしょうか。

運営会社について

buzzvideoの運営会社は上記で上げました、中国のBytedance株式会社という企業になります。こちらの企業ですが、実は映画「君の名は。」の映像を無断で使用した加工アプリを配信して、著作権問題を起こした企業でもあります。

そういった点からも、buzzvideoに悪い評判があります。しかし、その一方、若者に大人気のTikTokの運営会社でもあり、いろいろなところに広告を打ちまくっている、かなりお金持ちの有名企業でもあります。

そのため、buzzvideoの動画投稿者への広告収益がしっかりとしており、稼げるアプリとしても知られています。

BuzzVideo/バズビデオの始め方

buzzvideoは危険なアプリだと言われていますが、今のところアプリを利用したことで問題が起こるといったことはありませんので、とりあえずは安心してbuzzvideoを利用することはできます。それでは、buzzvideoの始め方をご紹介します。

buzzvideoはログインなしでも利用することはできますが、動画を投稿するのであればログインする必要が出てきます。稼げると聞いて広告収益目的で始める方はアカウントを作ってログインしましょう。視聴するだけであればアカウントは必要ありません。

ダウンロードと設定手順/ログイン方法

Android、iPhone、PCそれぞれのデバイスからログインするには、まずTopBuzzのアカウントを取得します。buzzvideoのログインにTopBuzzのアカウントを利用するためです。

まずは、TopBuzzの公式サイトにアクセスし、アカウントを取得します。TwitterやLINE、メールアドレスなど複数の方法があるので、お好きな方法でアカウントを取得して下さい。お好きな方法を選択したら、後は画面の指示に従いアカウントを取得します。

AndroidとiPhoneはアプリからログインするだけで違いはほとんどありませんが、PCはスマホとは少し違いがあるので注意が必要です。

Android

Androidスマホをお使いの方は、Google Playストアよりbuzzvideoアプリをインストールします。インストールしたアプリを開き、ログインボタンより、先ほど作ったアカウントでログインします。

iPhone

iPhoneをお使いの方は、App Storeよりbuzzvideoアプリをインストールします。インストール後はAndroidとの違いはほとんどなく、ログインボタンより、先ほど作ったアカウントでログインします。

PC

PCの場合はアプリのインストールは必要なく、ブラウザよりTopBuzz公式サイトを開き、ログインするだけです。

SNS連携について

SNSと連携する場合は、ログインのところから、お好きなSNSを選択すれば、SNS連携ができます。

BuzzVideo/バズビデオとYouTubeの違い

次に、buzzvideoとYouTubeの違いについてご紹介します。

広告

buzzvideoでは動画再生時に広告が流れることはありませんが、YouTubeの場合は、動画再生時にも広告が流れます。この点が大きな違いの一つでもあります。

収益性

buzzvideoはこれまでに動画投稿をしたことがない方でも簡単に投稿できるシステムになっています。簡単に動画が投稿できて収益も発生するということで、今では多くの方が動画を投稿されています。

しかし、それが故に現在では昔ほど簡単に稼げる状況ではなくなっています。とはいえ、上手いことバズる動画を作れるようになれば、収益を上げていくこともできます。

YouTubeは収益化(アドセンス)の審査が年々と厳しくなっています。しかし、YouTuberと呼ばれる動画投稿で生計を立てている人もおり、子供の憧れの職業として上位にランクインするほどで、人気が出ればかなりの額を稼ぐことができます。

BuzzVideo/バズビデオの評判は?

危険なアプリではないかと言われてはいますが、buzzvideoの口コミを見ていると、思いのほか良い評判を多く見かけます。

基本的に1動画あたりの再生時間が短いことから、休み時間や寝る前のちょっとした時間にでも見ることができるため、ちょうどいい暇つぶしになるといった意見が多くあります。

良い評判

「YouTubeとはまた違った面白さがある」「短い時間で楽しめる」「簡単な動画編集だけど笑える動画が多い」などの評判が多く見られます。短い時間で楽しめるので、中毒性の高いアプリだと言えます。

動画投稿者の収益面としてはbuzzvideoの運営会社が中国で成功した一流企業でもあるため、収益の振り込みも問題なくおこなれており、問題はなさそうです。

悪い評判

「Androidでアプリをインストールしようとしたらいろいろと個人情報を求められた」「掲載されている広告が危なそう」「著作権などは大丈夫なのだろうか?」などの評判が多く見られます。

悪い評判の多くは、動画の質に関することではなく、アプリ自体の在り方を問うものが多くあります。今後、大きな問題が起こってしまう前に運営会社にはちゃんとした対策をしてもらいたいところです。

BuzzVideo/バズビデオは稼げるのか?

稼げると評判のbuzzvideoですが、では、どれくらいの額を稼ぐことができるのでしょうか。収益面に関して言えば、稼げる、稼げない、と断定することは難しいです。

しかし、稼いでいる人は各々が戦略を立て、動画投稿をしています。動画投稿を続けていく中で、どういった動画が視聴数が多いかを考え、視聴数を上げられるように動画制作を工夫する必要があります。

ただ単に動画を投稿するだけで稼げるほど甘い世界ではないので、buzzvideoで稼ごうと思っている方は、しっかりと頭を使う必要がありそうです。

年々稼ぎづらくなっている?

以前は動画をバズらせることができれば、稼ぐことができていました。しかし、最近では1再生あたりの単価がめちゃくちゃ下げられて稼げなくなった、という声を聞くようになりました。

これまでは1再生あたりの単価が0.2円~だったところ、いきなり0.03円以下になった、など大きく単価が下げられるケースが発生しているようです。しかし、このように大きな単価の下げは、動画自体に問題があるアカウントに多く見られます。

そのため、質の低い動画をなくしていこうとする運営会社の働きかけのように思えます。そして、しっかりとオリジナルの動画を投稿している投稿者には高い単価を上げているので、運営会社がbuzzvideoをより良いアプリにしようとしているのではないでしょうか。

BuzzVideo/バズビデオのルール違反動画動画

buzzvideoでは、動画を投稿する際にルール違反となる動画があります。ルールを破るとペナルティー等もありますので、これから動画を投稿して広告収益を得ようと考えている方はルール違反になる動画は投稿しないようにしましょう。

嫌がらせ

誰かに嫌がらせをする動画は、嫌がらせをされた人が不快になるし、それを観た人も不快になるので、動画のネタだからといって、嫌がらせをするのはやめましょう。

差別的なコンテンツ

人種差別や身体差別、宗教差別はもちろん、性別や年齢などの違いを差別的に扱った動画も違反となります。誰しもが利用できる動画アプリだからこそ、誰が見ても問題ない動画を制作するように心掛けましょう。

なりすまし

有名人の誰かになりすまして動画を投稿することで、なりすまされた方が被害を受けて訴えを起こした場合、アカウント停止どころの話では済まなくなります。もちろん、有名人のみならず、身近な人になりすました場合でも同じことが言えます。

脅迫

誰かを脅迫する動画を上げたら、脅迫罪として訴えられる可能性があります。誰でも利用できる動画アプリでそのような動画を投稿すれば、まず間違いなく言い逃れすることは不可能です。

児童を危険にさらす行為

未成年者を対象とした暴力的、性的な描写がある動画の投稿をすると、すぐに運営からアカウントを停止されます。動画投稿のみならず、そういったコメントなどもアカウント停止の対象となります。

ヌードおよび性的なコンテンツ

露出度が高い動画は基本的に違反コンテンツとして扱われています。しかし、教育や芸術作品などの場合は、過激でなければ許されることもあります。

暴力的で生々しいコンテンツ

殴る、蹴るはもちろん、暴力的だと感じられるコンテンツも違反となります。

有害で危険なコンテンツ

少しでも有害・危険だと感じられる動画の投稿は自粛するようにしましょう。誰が見ても問題のない動画を基本として、動画制作をするようにすれば、有害コンテンツを配信するといったことはなくなるでしょう。

著作権侵害

著作権を守ることは作品を作る上で当たり前のことです。他人の著作権を侵害するような動画は著作権侵害で訴えられる可能性もありますので、オリジナルのコンテンツを配信するように心掛けましょう。

商標権侵害

著作権と同様に、商標権を侵害するコンテンツももちろん禁止されています。

スパム、詐欺

スパム行為や詐欺も違反コンテンツとされています。当たり前ですが、詐欺はダメです。

BuzzVideo/バズビデオの儲け方

buzzvideoでは動画を投稿して広告収益を得ることができる仕組みになっています。

1再生どれくらいのカネになる?

buzzvideoでは1再生あたり0.02円程度の人もいれば、0.2円~の人もいます。何故、人によって単価にここまでの差が出てしまっているのでしょうか。それは、動画の内容によって単価が大きく左右されるためです。

というのも、転載ばかりのアカウントでは、まず単価が0.1円以上になることはありません。そのため、転載ばかりしているといくら再生数を稼げてもお金を稼ぐことが難しくなります。

ですので、稼ぐことを目的とするのであれば、オリジナルコンテンツを配信していくのが一番の近道と言えます。オリジナルコンテンツであれば、単価が0.2円~まで上げることは難しくありません。

YouTubeより条件悪くない?

YouTubeでは、まず広告収益を得るための審査が厳しく、審査に通るのにかなり時間を取られてしまいます。しかし、buzzvideoでは動画投稿を始めたその日から収益が発生するので、その点、YouTubeよりも断然稼ぎやすいと言えます。

お金はどう受け取るの?

buzzvideoで発生した収益の受け取り方は2通りあります。「銀行振込」と「PayPal」の2通りです。TopBuzzの収益設定からお好きな方を選び、設定します。

収益の受け取り手順は、収益が5,000円以上になると出金の手続きができるようになります。しかし、手続きができるのが、毎月2~6日の間のみとなっているので注意が必要です。

どんな動画が再生されるのか?

いくら動画の質が高くても、動画をクリックして再生してもらわなければ意味がありません。では、動画をクリックしてもらうために何が重要かと言えば、サムネイルとタイトルの2点になります。

逆を言えば、どんなに動画が面白くてもサムネイルとタイトルに魅力がなければ再生されることはありません。このサムネイルとタイトルをどれだけ面白くするかで、再生数が劇的に変わってきます。

動画投稿を始めて間もない場合は難しいですが、次第に画像編集の技術を高めて面白いサムネイルを作り、ユーザーがついついクリックしたくなるようなタイトルが考えられるようになれば、再生数を多く稼げるようになります。

BuzzVideo/バズビデオを利用する際の注意点

今のところ、buzzvideoを利用することで、何か大きな問題が起きたといったことはありません。収益面に関しても支払いが行われないといったこともないようです。

むしろ、日々サービスが向上されているので、今後はYouTubeと肩を並べる大きな動画アプリになる可能性も十分にあります。

とはいえ、まだまだYouTubeとは違い、不安点も多くあるので今後に期待の動画アプリです。

ThumbMacでAviUtl動画編集ソフトを使う方法!拡張編集プラグイン/EasyWineの導入から解説
ThumbTwitter動画を保存できるアプリまとめ【iPhone/Android】
ThumbAndroidの動画再生アプリおすすめ11選!
Androidスマホで動画を再生するには、必ず動画再生アプリが必要となります。Android...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
小林

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ