【iOS11】Safariでプライベートブラウズに瞬時に切り替える方法

Safariのプライベートブラウズを利用したことはありますか。iOS11からSafariのプライベートブラウズの切り替え方法が変わりました。なのでここではiOS11のプライベートブラウズの切り替え方法や新機能について紹介します。

【iOS11】Safariでプライベートブラウズに瞬時に切り替える方法のイメージ

目次

  1. 1【iOS11】Safari のプライベートブラウズとは
  2. 2【iOS11】Safari のプライベートブラウズか見分ける方法
  3. 3【iOS11の新機能】Safariのプライベートブラウズへの切り替え方法が増えた
  4. 4【iOS11】Safari の「プライベート」ボタンがない時の対処法

【iOS11】Safari のプライベートブラウズとは

Safari ダウンロード画面

みなさんはSafariのプライベートブラウズという機能を知っていますか。Safariのプライベートブラウズは、ネットサーフィンをしたと気や自分の検索履歴等のプライバシーを守るのようにとても有効的な機能です。

またSafariのプライベートブラウズは、標準のブラウズとプライベートブラウズで切り替えることができます。ここではプライベートブラウズの切り替え方法を含めて紹介するので、是非参考にしてみてください。

検索履歴や閲覧履歴が残らない

検索履歴画面

まずSiriのプライベートブラウズの特徴について紹介します。Safariのプライベートブラウズ大きな特徴は、3つあります。

まず1つ目はSafariのプライベートブラウズを利用すれば、検索履歴や閲覧履歴が残りません。なのでほかの人にiPhoneを貸しても。Safariの検索履歴を見られることはありません。

なのでプライバシーを守るのにとても最適なのが、Safariのプライベートブラウズになります。

パスワードが保存されない

2つ目のSafariのプライベートブラウズの特徴は、Safari内で入力したパスワードやIDが保存されない特徴があります。

最近では色んなサイトでログインするために、個人情報やパスワードを入力する機会が多くあるかと思います。しかしパスワードをSafariに保存されてしまうと、もしiPhoneを落としたときに悪用されてしまいます。

なのでそんなときのためにSafariのプライベートブラウズに切り替えをしていると、保存されないので安心です。

ウェブサイトから検索履歴を追跡されない

検索履歴確認画面

そして3つ目のSafariのプライベートブラウズの特徴は、ウェブサイトから検索履歴を追跡されないという点があります。ウェブサイトで色んなサイトに移動するとその履歴がSafariに残ってしまいます。

そんなときにSafariのプライベートブラウズに切り替えておくと、自分が検索した履歴を追跡されないようにデータが残らないので安心です。

Safariのプライベートブラウズは、個人のプライバシーを守るのに良く利用されますので、もし困っている人がいれば活用することをおすすめします。

Thumb【iPhone】Safariでページを翻訳したい!Microsoft Translatorで翻訳しよう
iPhoneのブラウザでSafariを使っているけれど、英語のページが翻訳できなくて困る。そ...

【iOS11】Safari のプライベートブラウズか見分ける方法

プライベートブラウズ確認画面

それでは次にSafariのプライベートブラウズを見分ける方法について紹介します。自分のiPhoneがSafariのプライベートブラウズに切り替えているかを確認するポイントについて紹介します。

またiOSのバージョンによっては、Safariのプライベートブラウズの背景やタブが異なるので、注意してください。ここではiOS11の場合のSafariのプライベートブラウズの見分け方について紹介します。

プライベートブラウズは背景が黒くなる

プライベートブラウズ背景確認画面

Safariのプライベートブラウズに切り替えていると、Safariのタブや背景が黒色になります。通常のSafariのタブや背景は、白色です。

なのでiPhoneを起動して、Safariのタブや背景の色を確認するとプライベートブラウズに切り替えているかが判断することができます。

気になる人は自分のiPhoneで確認してみてください。

Thumb【iPhone】Safariのキャッシュをクリア(削除)して軽くする方法
iPhoneのブラウザSafariのキャッシュクリア(削除)する方法をご紹介します。Safa...

【iOS11の新機能】Safariのプライベートブラウズへの切り替え方法が増えた

プライベートブラウズ設定画面

次にiiOS11でSafariのプライベートブラウズに切り替えている人向けに新機能について紹介します。iOSのバージョンアップさせると色んな新機能を利用することができるようになります。

なので定期的にiOSのバージョンアップをすることをおススメします。Safariのプライベートブラウズ以外にも色んなアプリの新機能が増えるので、是非iOSのバージョンアップをしてみてください。

【iOS11】簡単にSafariの新規プライベートタブを表示する方法

まずiOS11でSafariのプライベートブラウズの新機能として、簡単にSafariの新規プライベートタブを表示する方法について紹介します。
 

新規タブタップ画面

①Safariのアプリを起動します

②新規タブをタップします

「プライベート」をタップ画面

③「プライベート」をタップ
上記の方法で簡単に新規のプライベートブラウズを表示することができます。

プライベートブラウズの解除の仕方

プライベートブラウズ解除画面

次にSafariのプライベートブラウズに切り替えた後にプライベートブラウズの解除する方法について紹介します。プライベートブラウズに切り替えると黒色になっているので、まず色を確認しましょう。

①Safariを起動して、新規タブをタップ

②白塗りの「プライベート」をタップ

上記の方法でプライベートブラウズに切り替えた後に、プライベートブラウズに解除することができます。必要に応じてSafariのプライベートブラウズにしたり、解除して上手く活用してみてください。

プライベートブラウズ解除確認画面
ThumbAndroidでSafariブラウザを使う方法は?
Safariをご存知でしょうか?iPhoneにデフォルトで搭載されているブラウザアプリです。...

【iOS11】Safari の「プライベート」ボタンがない時の対処法

最後にSafariのプライベートブラウズに切り替えようとしたけご、プライベートブラウズに切り替えることができないときの対処方法について紹介します。

Safariのプライベートブラウズに切り替えるには、設定やバージョンによって対処方法が異なるので注意してください。

Webコンテンツの機能制限を確認

まずSafariのプライベートブラウズに切り替えることができない場合は、Webコンテンツの機能制限を確認してみてください。

Safariのプライベートブラウズに切り替えることができない時の一番の原因が、「Webコンテンツの機能制限」です。あまり意識しないと設定を変更しないと思うので、ここでは確認方法を紹介します。

iOS12以降の場合

まずiOS12の場合のWebコンテンツの機能制限を確認方法です。

①[設定]から[スクリーンタイム]を選択。

スクリーンタイムのタップ画面

②[コンテンツとプライバシーの制限]を選択。

※[コンテンツとプライバシーの制限]のスイッチをオンにすると、[許可されたApp]がアクティブになるので選択。

[コンテンツとプライバシーの制限]を選択画面

③アプリのスイッチをオフにすることでホーム画面から消すことができる。

[コンテンツとプライバシーの制限]無効化確認画面

iOS11以前の場合

次はiOS11のWebコンテンツの機能制限を確認方法です。

①設定アプリを起動します

一般のタップ画面

②「一般」をタップします

「機能制限」のタップ画面

③「機能制限」をタップ

それでも解決しない場合は?

もしSafariのプライベートブラウズに切り替えることができない原因が、Webコンテンツの機能制限を確認しても解決しない場合の対処方法について紹介します。

プライベートブラウズに切り替えることができないと、Safariのプライベートブラウズの機能は利用できないので、まずはiPhoneの設定を確認することをおすすめします。

iPhone/iPadの設定をリセットする手順

Safariのプライベートブラウズに切り替えることができない場合の最終手段として、iPhoneやiPadの設定を全てリセットすることで解決できる場合があります。

①「設定」>「リセット」を選択

リセットをタップ画面

②パスコードを入力

パスワードを入力画面

③「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択

「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択画面

④「iPhoneを消去」を選択(1回目)

「iPhoneを消去」を選択画面

⑤「iPhoneを消去」を選択(2回目)

Apple IDのパスワードを入力画面

⑥Apple IDのパスワードを入力して、「消去」を選択

Safarでプライベートブラウズに瞬時に切り替える方法についてわかって頂けましたでしょうか。Safariのプライベートブラウズに切り替えるとネットの検索履歴やパスワードなどプライバシーを守ることができます。

またiPhone端末の設定によっては、Safariのプライベートブラウズに切り替えることができないことがあるので、設定アプリからiPhoneの設定を確認してみてください。

併せて読みたい!Safariに関する記事一覧

ThumbSafariブラウザの使い方!iOSの規定なのは何故?
iPhoneなどに搭載されているSafariのアプリ。ブラウザとしても快適に使うことができま...
Thumb【iPhone】Safariのキャッシュをクリア(削除)して軽くする方法
iPhoneのブラウザSafariのキャッシュクリア(削除)する方法をご紹介します。Safa...
Thumb【iPhone】Safariの閲覧/検索履歴を表示・削除(消去)する方法
iPhoneでSafariを使ってインターネットを閲覧すると検索履歴が残ります。Safari...
Thumb【iPhone】Safariでページを翻訳したい!Microsoft Translatorで翻訳しよう
iPhoneのブラウザでSafariを使っているけれど、英語のページが翻訳できなくて困る。そ...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
柴吉
よろしくお願いいたします。

新着一覧

最近公開されたまとめ