iPhoneのバーストモードの解除方法を詳しく解説!

高速連写した写真からベストショットを選んでくれるiPhoneのカメラアプリの「バースト」機能。iPhoneのバーストは便利なのですが、高速連写してしまうので解除したい時もあります。iPhoneのバーストを解除する方法・設定を詳しくご説明します。

iPhoneのバーストモードの解除方法を詳しく解説!のイメージ

目次

  1. 1iPhoneのバーストモードとは
  2. 2iPhoneのバーストモードの使用方法
  3. 3iPhoneのバーストモードを解除する方法
  4. 4iPhoneのバーストモードを解除するメリット
  5. 5iPhoneのバーストモードを解除するデメリット

iPhoneのバーストモードとは

バーストモードで撮影したものが保存されている

iPhone5S以降ではバーストモードが利用可能です。バーストモードとは、iPhoneの写真撮影画面で使う事が可能で毎秒10枚もの写真が撮影出来ます。

高速連写した写真からベストショットを選んでくれるカメラ機能

iPhoneでバーストモードを使う意味とは?子供や動物が動いている時の撮影や、自撮りなどでバースト撮影をした場合、高速連写した写真の中からベストショットを選んでくれるのです。バーストした画像を自分で選ぶことも出来ますよ。

Thumb自撮りアプリSODA(ソーダ)の使い方を解説
近年SNSが発達し、自撮りを撮る機会が増えてきました。 その中でも人気な「SODA」とはどん...

iPhoneのバーストモードの使用方法

iPhoneでのバーストモードの使用方法とは?iPhone5S以降の機種であれば、バーストが使用可能です。

シャッターボタンの長押し

白のシャッターボタンを長押しで連写

iPhoneでバーストモードを使うには、白のシャッターボタンを長押しするだけです。押している間は高速連写が続きます。ずっと押しっぱなしだと999枚写真がバーストで撮れてしまいますのでご注意ください。

iPhoneのバーストモードを解除する方法

iPhoneのバーストモードは便利な一方、うっかり長押しすると高速のシャッター音が鳴ってしまう・大量の写真が撮れてしまう場合があります。高速連写をしたくない時、iPhoneのバーストモードを解除する方法を解説します。

AssistiveTouchを有効にする

iPhoneのバーストモードを解除するために、AssistiveTouchを有効にします。

AssistiveTouchとは?

AssistiveTouchとはそもそも何?AssistiveTouchはホームボタンが壊れてしまった場合や、障がいがある方にもiPhoneを使いやすくする機能です。操作を画面タッチだけで行ったり、設定により複雑な操作をショートカットする事が出来ます。

「設定」アプリを使用する

「設定」をタップ

iPhoneの「設定」をタップします。

「一般」をタップ

「一般」をタップします。

「アクセシビリティ」をタップ

「アクセシビリティ」をタップします。

「AssistiveTouch」をタップ

「AssistiveTouch」をタップします。

「AssistiveTouch」をオン

「AssistiveTouch」をオン(緑色)にします。

シャッター操作を登録する

シャッターを押した時の動作を登録します。

「新規ジェスチャを作成」を選択

「新規ジェスチャを作成」をタップ

「新規ジェスチャを作成」をタップします。「AssistiveTouch」や「新規ジェスチャを作成」など聞きなれませんが、難しい事はありません。

ジェスチャ名を付けて保存

画面内をタップ

画面内をタップします。

「保存」をタップ

右上の「保存」をタップします。

ジェスチャ名をつけて保存

新規ジェスチャ名を付けます。ジェスチャ名は自分が分かりやすいもので構いません。ジェスチャ名を入力したら、保存をタップします。

写真アプリで設定する

実際にカメラで「新規ジェスチャを作成」したジェスチャを設定します。「カスタム」から行います。

「カスタム」から登録した「シャッター」を選択

カメラを起動

「カメラ」アプリをタップして起動し、「AssistiveTouch」の黒い丸をタップします。

「カスタム」をタップ

☆マークの「カスタム」をタップします。

ジェスチャをタップで選択

先ほど名前を付けたジェスチャをタップで選択し、カスタムします。

画面に黒い丸アイコンが表示されたら完了

カスタムの設定まで問題がなければ、画面に黒い丸のアイコンが表示されます。この黒い丸が出れば完了です。シャッターボタンを長押ししてもバーストモードは解除されているので、連写されません。

ThumbFoodieカメラアプリの使い方とおすすめフィルターを紹介!食べ物撮影だけじゃない?
食べ物の撮影専用の無料カメラアプリ「Foodie」をご紹介します。iPhone・Androi...
Thumb顔交換・顔入れ替えカメラアプリおすすめ人気ランキング11選
1人〜大人数で楽しめる顔交換・顔入れ替え無料カメラアプリが話題になっています。人だけじゃなく...

iPhoneのバーストモードを解除するメリット

iPhoneのバーストモードを解除するメリットとは何でしょうか?

iPhoneの容量を節約

iPhoneのバーストモードも大量の写真を撮ると、写真アプリに保存されるためiPhoneの容量を切迫してしまいます。iPhoneの容量を少しでも節約したい方はバーストを解除しておくと安心ですね。

iPhoneのバーストモードを解除するデメリット

iPhoneのバーストモードを解除するデメリットとは何でしょうか?

常にAssistiveTouchが表示される

iPhoneのバーストモードを解除すると、設定上AssistiveTouchが常に表示される事になります。AssistiveTouchがオンの時はiPhone場に常に黒い丸が表示されます。こだわっているiPhoneの壁紙がある場合など、デメリットなってしまうでしょう。

最後にバースト解除する?しない?

iPhoneを使う状況によりますが、お子さんにiPhoneを使わせることがある親御さんはバーストモードを解除しておくのがおすすめです。誰かにiPhoneで写真撮影をしてもらう際も、バースト解除しておいた方が連写される事がなく安心でしょう。

合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

ThumbiPhoneのカメラで連写する方法を詳しく解説!
iPhoneの標準カメラアプリは使いやすくデフォルトでiPhoneに入っているため多くの人が...
Thumb【iPhoneX/8/7】カメラのタイマー撮影方法!
iPhoneX・iPhone8・iPhone7のカメラタイマー機能を利用したことはありますか...
ThumbiPhoneの標準カメラでのQRコードの読み取り方と使い方!
読み取りの機会が多いQRコード。今まではアプリを使っていたQRコードの読み取りが、iOS11...
ThumbiPhoneのカメラが真っ暗で撮影できない原因と対処法!
iPhoneのカメラはもはや日常には欠かせないアイテムになっています。iPhoneのカメラを...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
コヤナギ
転勤族で専業主婦をしております。

人気の記事

人気のあるまとめランキング