「dTV」のダウンロード機能の使い方!注意点や保存先の変更方法も解説!

dTVとは、NTTdocomoが提供している月額制の映像配信サービスです。この記事では、dTVのダウンロード機能の使い方について解説します。また、ダウンロード機能のメリットやデメリット、便利な使い方についてもご紹介します。

「dTV」のダウンロード機能の使い方!注意点や保存先の変更方法も解説!のイメージ

目次

  1. 1「dTV」とは
  2. 概要
  3. dアカウント取得
  4. 2「dTV」のダウンロード機能の使い方~ダウンロード方法~
  5. スマホ/タブレットの動画ダウンロード手順
  6. パソコンの動画ダウンロード手順
  7. 3「dTV」のダウンロード機能の使い方~動画保存先~
  8. Android
  9. iPhone
  10. 保存動画の確認方法
  11. 4「dTV」のダウンロード機能の使い方~動画保存先の変更方法~
  12. Androidのみ変更可能
  13. 保存先変更手順
  14. 5「dTV」のダウンロード機能の使い方~注意点~
  15. 保存先
  16. ネットワーク
  17. 容量不足
  18. ダウンロードできない動画もある
  19. 退会後はダウンロード再生不可
  20. 6「dTV」のダウンロード機能の使い方~容量不足の対処法~
  21. コンテンツ削除
  22. 端末内データ削除
  23. 画質を落とす
  24. 7「dTV」のダウンロード機能の使い方~オフライン再生~
  25. オフライン再生のメリット
  26. 合わせて読みたい!dTVに関する記事一覧

「dTV」とは

「dTV」とは、NTTドコモが提供している月額制の映像配信サービスです。インターネットを使用して、国内外の映画やドラマ、アニメなど好きな番組をいつでもどこでも楽しむことができます。

ドコモ提供ですがドコモ契約者だけでなく、誰でも加入することができますので、今や国内最大級の動画配信サービスとなっています。初めてdTVに加入する場合は、「31日間無料おためし」を利用できます。

動画を見るならdTV -公式サイト

概要

dTVは、基本的に月額500円の定額制の使い方の動画配信サービスで、他のHuluやU-NEXTなどの動画配信サービスと比較して最も安い料金となっています。一部個別課金作品(レンタル)という使い方があり、1作品ごとに追加料金が必要です。

その場合、番組を選択する際に「¥マーク」がついているかどうかで見分けることができますので、知らないうちに課金されることはありません。

ドラマやアニメはもちろん、将棋や釣りなどの趣味番組も含め見放題の作品数は12万作品と、多彩なコンテンツがラインナップしています。

特別な機器などは必要なく、dTVアプリをインストールするだけでスマホやタブレットでも気軽に視聴することができます。

自分に合ったおすすめの番組をチェックすることができる番組タイムライン機能や、気になる番組をクリップしておくと番組が始まる前に通知してくれる番組クリップ機能もあります。

たとえ、見逃してしまったとしても過去2週間分の番組は、見逃し配信機能により番組を視聴する便利な使い方ができます。

dアカウント取得

dTVの使い方として必要なことは、dTVの公式サイトにアクセスし、dアカウントでログインすることです。もし、dアカウントを持っていなければ新規に発行する必要があります。

dアカウントでログインする

dTV公式サイトのホーム画面の右上の「dアカウント」をクリックします。

dアカウントIDを発行する

dアカウントを新規で発行する場合は「dアカウントを発行する」をクリックします。

メールアドレスを登録する

次の画面で使用するメールアドレスを登録します。

任意のdアカウントIDを登録する

ログインする際に使用するdアカウントのIDを登録します。自動で表示されたIDをそのまま登録するか、好きなIDを入力して登録してもOKです。

登録に必要な事項を入力する

次に、登録するパスワードや氏名、生年月日などの必要事項を入力します。

「規約に同意してつぎへ」をクリックする

入力した内容の確認画面が表示されます。内容に間違いがなければ、下の方にある「dアカウント規約」と「dポイントクラブ規約」をクリックして、規約にひと通り目を通します。その後「規約に同意して次へ」をクリックします。

dアカウント発行完了画面を確認する

無事にdアカウントが発行されたら、「dアカウント発行完了」画面が表示されます。その後、「サービスへ戻る」タブをクリックすると、dTVホーム画面に移行します。

「31日間無料おためし」タブをクリックする

dTVホーム画面に戻ったら「31日間無料おためし」タブをクリックします。dTVにdアカウントを登録することにより、見放題作品のコンテンツを視聴することができます。

ThumbdTVに会員登録する方法!dアカウントを作成してdTVに登録しよう
NTTドコモが運営する動画配信サービスdTVに新規会員登録するにはdアカウントの作成や31日...

「dTV」のダウンロード機能の使い方~ダウンロード方法~

dTVでは、見放題作品の豊富なジャンルの中から自分が気に入ったコンテンツを選択して視聴することができますが、データ使用量が発生します。それで、気に入った作品をダウンロードして視聴する方法がおすすめです。

スマホ/タブレットの動画ダウンロード手順

dTVのダウンロード機能の使い方として、まずスマホやタブレットにdTVアプリをインストールしておく必要があります。

Android

dTVアプリをインストールする

Android端末の場合は、Google Play Storeで「dTV」アプリを検索してインストールします。

使用しているデバイスを設定する

インストール後、dTVアプリを起動させ、音声などの許可を求める画面や規約に同意する画面などを確認します。そして、使用しているデバイスの種類の設定をします。

ダウンロードしたい番組を選択する

豊富なジャンルがラインナップされていますので、その中から自分がダウンロードしたいコンテンツを選択します。

「DL」アイコンをクリックする

ダウンロードしたいコンテンツを選択したら、動画再生画面下に並んでいるアイコンの中の「DL」と書かれている「ダウンロード」アイコンをタップします。

1話ずつ選択してダウンロードする

ドラマやアニメなどシリーズの動画の場合は、1話ごとに選択してダウンロードアイコンをタップする必要があります。

設定を開く

「DL」アイコンをタップすると、初回の場合は、ダウンロード時の画質を選択する必要を知らせる画面が表示されますので、「設定を開く」をタップします。

画質を選択する

「ダウンロード設定」画面で画質を選択して「OK」をタップすると、ダウンロードが開始されます。画面左下のメニューボタンをタップして、その中の「ダウンロードリスト」をタップすると、ダウンロード状況を確認することができます。

ダウンロードが終了したら、動画の横にある再生ボタンをタップするとダウンロードした動画を再生します。ダウンロードしたdTVの動画は、dTVアプリ内に保存されます。

dTVチャンネル - Google Play のアプリ

iPhone

iOS端末のiPhoneやiPadの場合は、App Storeで「dTV」アプリを検索してインストールします。その後のダウンロードの手順は、Android端末の場合とほぼ同じ手順です。画質の選択は「HD」「すごくきれい」「きれい」の3種類あります。

「毎回確認」チェックを入れる

画質が良いほど、データ通信量や速度が関係してきますので、通信環境や端末の空き容量を考えて選択します。毎回画質を設定することもできます。その場合は、「ダウンロード設定」画面で「毎回確認」にチェックを入れます。

再生画面下のダウンロードボタンをタップすることにより、ダウンロードを開始することができますが、もしもダウンロードボタンがない場合は、その作品自体がダウンロード対象作品ではないため、ダウンロードすることができません。

また残念ながら、プレイリストやライブ映像などの音楽コンテンツはダウンロードすることができません

‎「dTV」をApp Storeで

パソコンの動画ダウンロード手順

基本的には、パソコンにdTVの動画をダウンロードする機能は搭載されていません。しかし、PCを使用してAndroidのみのスマホやタブレットにダウンロードする使い方は可能です。残念ながら、iOS端末のiPhoneやiPadには対応していません。

Android端末指定

dTVの動画をPC操作により、Android端末指定でダウンロードする方法があります。

dTVにログインする

まず最初にパソコンでdTVのサイトにアクセスし、dアカウントIDとパスワードを入力してログインします。同時に、Android端末でもdTVアプリを起動させます。

「その他」アイコンをタップする

Android端末のデバイスで「その他」アイコンをタップします。

「設定」をタップする

「設定」をタップし、プッシュ通知設定にチェックを入れます。

「デバイス管理」をクリックする

その後「アカウント」画面の「デバイス管理」をタップし「PCからのダウンロードを許可する」にチェックを入れます。

ダウンロードしたい動画を選択する

その後、PCのdTVサイトでダウンロードしたい作品を選択し、「ダウンロード」をクリックします。ダウンロード先をAndroid端末に指定し、画質や字幕を選択したら「ダウンロードを開始する」をクリックします。

ダウンロードが完了すると、Android端末に通知が届きますので確認します。

Thumb【dTV】動画/番組の録画方法!保存できないときの対処法も解説!
本記事では、dTVにおける動画や番組の録画方法、保存できない時の対処法を中心に紹介します。d...

「dTV」のダウンロード機能の使い方~動画保存先~

dTVの動画をダウンロードした場合の保存先は、デバイスにより若干の違いがあります。

Android

Android端末の場合は、端末本体に保存する方法と、SDカードに保存する方法の2種類があります。Androidのみ、「アカウント」を開いて「ダウンロード保存先変更」からどちらに保存するかを選択する使い方ができます。

SDカード

「アカウント」をクリックする

使用しているAndroid端末により異なりますが、SDカードを挿入することができる端末であれば、ダウンロードしたメディアの保存先として「SDカード」の選択肢があります。

SDカードに保存しておけば、端末本体のストレージ容量を確保しておくことができます。また、デバイスの機種変更をした場合も、SDカードを抜いて新しいデバイスに挿入してダウンロードした動画を再生することができるというメリットがあります。

端末本体

SDカードの挿入ができない端末や、ストレージ容量をあまり気にしなくてもいいデバイスであれば、端末本体を保存先に指定することができます。

iPhone

iPhoneやiPadなどのiOS端末の場合は、そもそもSDカード挿入がありませんので、必然的に端末本体にダウンロードした動画が保存されることになります。

端末本体

端末本体のみの保存になりますので、ストレージの空き容量が確保されているかを時折確認することが必要です。

動画のダウンロードは、ストレージを使用しますので、以前ダウンロードしたもののあまり視聴しなくなっているような動画を定期的に削除することをおすすめします。

保存動画の確認方法

dTVでダウンロードした保存動画を確認する方法は、簡単です。

dTVアプリ内ダウンロードリスト

dTVでダウンロードしたコンテンツを確認するためには、スマホやタブレットでdTVアプリを起動させます。

「マイリスト」をタップする

dTVアプリの画面下部に「マイリスト」アイコンがありますので、そこをタップします。

「ダウンロードリスト」をタップする

「マイリスト」画面の「ダウンロードリスト」をタップします。

保存動画を確認する

ダウンロードリスト」画面で、dTVでダウンロードした保存動画がある場合は、一覧になって表示されますので確認することができます。

「dTV」のダウンロード機能の使い方~動画保存先の変更方法~

dTVでダウンロードした保存動画の保存先を変更することも可能です。

Androidのみ変更可能

保存動画の保存先を変更する使い方が可能なのは、現段階ではAndroidのみとなっています。スマホ・タブレットのどちらであってもAndroidのみなので確認が必要です。

本体⇔SDカード

Androidのみの対応ですが、デバイス本体かSDカードのどちらに保存するかを選択することができますし、途中で変更することも可能です。ただし、注意点としてはAndroidのみではあるものの、Android5.0以前は未対応となっていますので確認が必要です。

保存先変更手順

保存先を変更したい場合は、dTVアプリを起動させて、メニューを開き「アカウント」を選択します。そして「ダウンロード保存先変更」をタップして保存先の設定を変更することができます。

「dTV」のダウンロード機能の使い方~注意点~

dTVで動画のダウンロード機能の使い方は、簡単で便利ですが、幾つかの注意点もあります。

保存先

先程も述べましたように、dTVでダウンロードした動画の保存先は、デバイスにより違いがあります。

PCへの保存は不可

iPhoneやiPadなどのiOS版のデバイスでダウンロードした保存動画は、端末本体に保存されます。Androidのみ、本体かSDカードに保存先を指定することができます。dTVサイトからPCへのダウンロード保存は不可となっています。

PCからの端末指定はAndroidのみ

PCのdTVサイトからの操作により、Androidのみ端末を指定してダウンロードすることができる機能が搭載されています。事前にAndroidのデバイスにdTVアプリをインストールしておきます。そして、プッシュ通知をオンにしておきます。

その後、PCでdTVサイトより気に入った動画をダウンロードすることができます。保存先を選択する項目がありますが、Androidのみですので注意が必要です。

ネットワーク

注意点として、dTVで動画をダウンロードする際に必ず必要なのは、ネットワークです。PCでもスマホやタブレットでも、インターネットがつながっていなければダウンロードすることができません。

データ通信量がかかる

インターネットにつながっているデバイスからダウンロードする際の別の注意点としては、データ通信量に気を付けていなければならないということです。動画をダウンロードするのは、結構なデータ通信量を使用します。

もし、モバイルデータ通信でダウンロードを始めてしまうと、データ通信量の消費量の多さによりデータ通信量の速度制限がかかってしまう可能性もあります。

WiFi接続必要

データ通信量やダウンロードの速度を考えると、WiFi接続が必須条件だと言えます。最近は、コンビニなどでも公共の無料WiFiを提供している場所も増えていますので、もし自宅にWiFiがない場合は、公共の無料WiFiを上手に活用することができます。

容量不足

別の注意点としては、あまりにもたくさんの動画をダウンロードして保存してしまうと、デバイスのストレージの空き容量が不足してしまうということです。

ストレージの空き容量が不足してしまうと、デバイスの動きが遅くなったり、固まってしまったりします。ですから、定期的にデバイスのストレージ容量を確認して、あまり見なくなった作品は削除することが必要です。

空容量の確認

デバイスの空き容量を確認するには、デバイス本体の設定画面を開きます。そして、「ストレージ」という項目でどのくらい使用しているのか、あとどのくらいの空き容量があるかを確認することができます。

ファイルマネージャーのようなアプリもあり、そのようなアプリを用いてダウンロード動画など大きなファイルがどの程度ストレージ容量を使用しているかを確認することもできます。そのアプリ上で削除することもできます。

画質容量の確認

画質のデータ容量を確認する

ダウンロードする際の画質のデータ容量を確認することも、ストレージの容量不足を避けるうえで必要です。dTVアプリの「ダウンロード設定」画面で、3種類の画質が1時間当たりどれくらいデータ容量を使用するかが記載されています。

もちろん、動画は綺麗な画質で視聴したいですが、ストレージ容量を考慮に入れて画質のデータ容量を確認する必要があります。

ダウンロードできない動画もある

dTVでは、見放題作品が豊富なジャンルで用意されており、ほとんどがダウンロード可能ですが、中にはダウンロードができないものもあります。配信期限や著作権などの権利の関係で、ダウンロードすることが許可されていない場合です。

その場合は、動画の画面にいつもある「DL(ダウンロード)」アイコンがありませんので、ストリーミングのみで視聴する必要があります。

また、個別課金のレンタル作品の場合は、ダウンロード可能の作品であっても、支払いが完了していない場合はダウンロードできませんので注意が必要です。

退会後はダウンロード再生不可

dTVでダウンロードした動画は、基本的にdTVアプリ内に保存されますので、dTVを退会した場合は、ダウンロードを再生することは不可となっています。

「31日間の無料おためし」期間中であっても、その期間の途中で退会手続きをした場合はその時点で終了となります。

ThumbdTVが見れない・通信エラーの時の対処法まとめ【iPhone/Android/PC】
dTVが通信エラーで何かしらの接触不良や不具合で見れない・繋がらないことがあります。dTVが...

「dTV」のダウンロード機能の使い方~容量不足の対処法~

dTVで気に入った作品を見つけていざダウンロードを開始しようとした場合に、デバイスの空き容量がないと警告画面が表示されます。その場合は、ストレージ容量を確保するためにすぐに対処する必要があります。

コンテンツ削除

ストレージの容量不足の警告が表示された場合の対処法は、コンテンツを削除することです。ダウンロードしたコンテンツを削除する方法は簡単です。

ダウンロードリストより削除

dTVアプリを起動して「マイリスト」アイコンをクリックして、「ダウンロードリスト」を表示します。

「ゴミ箱」アイコンをクリックする

「ダウンロードリスト」画面で保存動画の一覧が表示されます。その一覧の右端に「ゴミ箱」アイコンがありますので、削除してもよい動画の横の「ゴミ箱」アイコンをクリックします。すると、そのコンテンツは削除されます。

端末内データ削除

端末本体内のデータを削除する方法もあります。いつの間にか、沢山のアプリをインストールしていたり、写真が溜まっていたりすることがあります。今は使用していない不要なアプリやいらない写真を削除できます。

Androidのみの使い方ですが、写真など削除したくない場合は、SDカードに保存することができます。

画質を落とす

先にも述べましたように、画質も高画質でダウンロードするほど、データ容量とデータ通信量を使用します。それで、画質を落とすことによってもストレージ容量を確保することができます。

設定メニューより変更

dTVアプリを起動したら、設定メニューを開きます。「ダウンロード設定」画面で、画質を3種類の中で変更することができます。スマホならば「きれい」でも十分綺麗な画質で視聴できます。

ダウンロード前に画質を選択

初回設定の場合のみ、自動で画質の設定画面が表示されますが、「毎回確認」にチェックを入れておくことにより、毎回のダウンロード前に画質を選択する設定を行うことができます。

動画によっては、画質にこだわらなくてもいい動画もありますし、その逆もありますので毎回設定できるのは便利です。

「dTV」のダウンロード機能の使い方~オフライン再生~

dTVでダウンロードした動画は、基本的にオフラインで再生することが可能です。ただし注意点として、dTVアプリの起動時にログインやライセンスの確認などを行う場合は、データ通信を行う必要がありますのでインターネットに接続していることが必要です。

dTVアプリにログインする

dTVアプリを起動してログインが終了したら、オフラインで動画を再生することができます。

オフライン再生のメリット

dTVのダウンロードした動画をオフラインで再生する使い方には、幾つかのメリットがあります。

データ通信量が気にならない

オフライン再生の使い方の最大のメリットは、データ通信量を気にせずに、好きな時間動画を視聴することができるということです。どんなに長い動画であってもデータ通信量に関しては、全く大丈夫です。

移動中でも視聴ができる

dTVアプリ起動の際だけインターネットが必要ですが、ログイン後はネットをオフラインにして移動中などスキマ時間にいつでもどこでも視聴することができます。

再生が途切れない

ネット環境があまり良くない場所で動画をストリーミング再生していると、途中で途切れてしまったり、画質が悪くなってしまうことがあります。

しかし、ダウンロードしている動画は、ネット環境を気にせずに最後まで動画が途切れることなく、気持ちよく視聴することができます。

保存期限がない

dTVの見放題作品でダウンロードしたコンテンツは、dTVを退会しない限りいつでも再生することができます。つまり、動画の保存期限がないということです。

一つ注意点は、レンタル作品や配信期限がある作品の場合は、ダウンロードした後に配信終了してしまった作品は視聴することができません。

オフライン再生に関する注意点

オフライン再生のメリットはいつくかありますが、注意点に留意してdTVを楽しむことができます。例えば、dTVアプリの起動時には必ずネット接続が必要ですので、飛行機の機内など全くネットが接続できない場所ではオフライン再生をすることができません。

また、動画を視聴し始めてから48時間経つと再びログインが必要になり、ネット接続が必要になりますので、その点も注意が必要です。

この記事で取り上げたダウンロード機能の使い方をマスターして、データ通信量などの注意点に気を付けて、dTVをいつでもどこでも楽しむことができます。

合わせて読みたい!dTVに関する記事一覧

Thumb「dTV」のアニメは少ないはウソ?ラインナップ/おすすめ作品も紹介!
dTVのアニメのラインナップは少ないと言われています。しかし、キッズに定番の人気タイトルから...
Thumb「dTVチャンネル」の無料期間とは?確実に無料で利用する方法!
皆さんはdTVチャンネルを利用したことはありますか?dTVチャンネルは無料で利用することもで...
Thumb【dTV】複数端末でログインする方法!できないときの対処法も解説!
本記事では、dTVにおいて複数端末でログインする方法やできないときの対処法も解説しています。...
Thumb「dTV」と「dアニメストア」の違いをくわしく解説!
「dTV」と「dアニメストア」を皆さんはご存知でしょうか。今回は「dTV」と「dアニメストア...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
kittiko
新しい事にチャレンジすることが好きです。
インステ