「マックデリバリー」の注文方法をくわしく解説!

マクドナルドにはマックデリバリーという注文方法があります。名前からも推測できる通り、宅配してもらえるサービス内容がウリです。店頭支払いの場合との支払い料金の違いやメニュー、配達できる店舗や地域など、マックデリバリーの注文方法についてまとめました。

「マックデリバリー」の注文方法をくわしく解説!のイメージ

目次

  1. 1「マックデリバリー」とは
  2. マクドナルドが届く宅配サービス
  3. 2「マックデリバリー」の注文方法
  4. 利用方法
  5. 注意点
  6. 3「マックデリバリー」の注文方法~Uber Eats~
  7. 利用方法
  8. 注意点
  9. 4「マックデリバリー」の注文方法~比較~
  10. 配達員
  11. 支払い方法
  12. 配達時間
  13. 5「マックデリバリー」の注文方法~メリット~
  14. メリット
  15. 6「マックデリバリー」の注文方法~デメリット~
  16. デメリット
  17. 合わせて読みたい!デリバリーに関する記事一覧

「マックデリバリー」とは

マックデリバリーと呼ばれるサービスがマクドナルドにはあります。自宅や会社など指定した住所に配達してくれるサービスとなっており、店頭に行かずともマクドナルドを更に手軽に味わえるのがマックデリバリーの醍醐味です。

Home Page

マクドナルドが届く宅配サービス

このページではマックデリバリーの注文方法や、店頭での注文をする場合との違い、宅配料金や配達できない地域があること、またメニューなどをまとめました。まずはマクドナルドの宅配事情についてです。

マクドナルドの配達サービスは大きく分けて2種類に分けられます。以下のマックデリバリーとウーバーイーツとなります。

マックデリバリー

マックデリバリーはその名の通りマクドナルドの配達サービスです。マックデリバリーはマクドナルドによって運営されているため、マクドナルドの店舗から直接配達されます。全国どこでも配達できるわけではなく、配達できない地域もあります。

Uber Eats

2種類目はウーバーイーツです。マックデリバリーとは異なり、こちらはウーバーイーツにマクドナルドが登録していることが関係しています。マクドナルドで調理はしますが、配達員はウーバーイーツの従業員となります。

厳密にはマックデリバリーとウーバーイーツは異なる配達サービスとなっています。そのため、支払い料金の比較も念頭に入れておく必要があります。こちらも配達できない地域があります。

Thumb「Uber Eats」と「マックデリバリー」の違いをくわしく解説!
マクドナルドのメニューを注文するには「Uber Eats(ウーバーイーツ)」と「マックデリバ...

「マックデリバリー」の注文方法

マクドナルドの宅配サービスであるマックデリバリーですが、それとは別にウーバーイーツもあることが分かりました。対応店舗や注文、配達できない地域の違いなどの比較は後に回し、ここでは先にメインとなるマックデリバリーの注文方法をまとめました。

マックデリバリー - Google Play のアプリ
‎「マックデリバリー」をApp Storeで

利用方法

マックデリバリー ログイン

マックデリバリーの注文方法は比較的簡単で、他の配達サービスを利用したことがある人であれば大体の流れが掴める仕様となっています。アプリでメンバー登録をし、ウェブを通して注文、最後に料金支払いという流れになっています。

アプリ/ウェブサイトでメンバー登録

まずは注文の前にマックデリバリーのアプリ、もしくはウェブサイトにアクセスしメンバー登録を済ませます。メンバー登録は1度すれば後はしなくてよいため、最初だけ面倒でも登録しておくことをおすすめします。

アプリ/デリバリー専用サイトからメニューを選択

次にアプリ、もしくはマックデリバリーのサイトからメニューを選択し注文します。マックデリバリー利用時にしか注文できないメニューもあるため、支払い料金と合わせて店頭での注文と比較することをおすすめします。

商品の受け取りと支払い

注文が終わったら商品の受け取りと料金支払いに移ります。宅配時に料金を支払うこともできますが、クレジットカードが使えるならばアプリ利用時に登録しておくことで宅配時は受け取るだけでOKです。

注意点

メンバー登録、メニュー注文、支払いと受け取りとマックデリバリーの注文方法は比較的シンプルで分かりやすいものです。しかし、マックデリバリーを注文するときは以下のような注意点にも目を通しておくことが大事です。

営業時間/7時から23時

マックデリバリーの注文方法に関連して最初に気をつけるべきポイントとして、営業時間が7時から23時までに定められていることです。店頭では24時間営業している店舗もありますが、そういった店でもマックデリバリーの対応時間は23時までとなっています。

最低注文金額/1,500円

次にマックデリバリーの注文に最低注文金額があることです。最低注文ラインは1,500円となっており、これを下回る金額ではオーダーができません。最低1,500円分は頼むことを考えると、複数人数でのマックデリバリー利用が妥当と考えられます。

なお朝マックの注文の場合は最低注文金額が1,000円となります。これらを比較して店頭まで出向くか決めるのも1つの方法です。

デリバリー料金/300円

続いてデリバリー料金として一律300円がマックデリバリーの注文には上乗せされる点にも要注意です。最低注文金額とデリバリー料金が入ることで、店頭での注文よりもマックデリバリーの注文の方が制限が多く高いことが分かります。

クーポンの使用不可

最後に気をつけるべきは、マックデリバリーの注文にはクーポン利用ができない点です。クーポン利用ができないことで、キャンペーン中のクーポン対応メニューであっても本来の値段で注文しなければならないこともあります。

割引メニューやキャンペーンサービスがある

マックデリバリーでは「2人向けおすすめセットメニュー」や「1回目2回目でホットアップルパイ、3回目でナゲット5つサービス」などのキャンペーンがあるのも特徴です。

ただ割り増しになるだけではなく、少しのボーナスがつくのも店頭注文と比較するべき点になります。

Thumb「マックデリバリー」のメニュー/価格をくわしく解説!
皆さんはマックデリバリーメニューの価格などはご存知でしょうか。マックデリバリーのメニューには...

「マックデリバリー」の注文方法~Uber Eats~

マックデリバリーの注文では最低注文金額や宅配料金、クーポンが利用できないなどマイナスの面も知ることとなりました。続いてウーバーイーツの注文方法についてのまとめです。

Uber Eats: 地元で人気の料理をお届け - Google Play のアプリ
‎「Uber Eats のお料理配達」をApp Storeで

利用方法

ウーバーイーツの注文方法はマックデリバリーと少し異なります。最終的には「どちらの注文方法をとるか」という違いになるため、比較した上で自分に合った注文方法を取るのがおすすめです。

Uber Eatsアプリをダウンロードする

ウーバーイーツの注文方法の最初のステップは、ウーバーイーツのアプリをダウンロードすることです。マックデリバリーの注文では直接マクドナルドの宅配アプリをダウンロードする必要がありましたが、ウーバーイーツの場合は必要ありません。

近くのマクドナルドを選択

次にウーバーイーツのアプリから近所のマクドナルドを選択します。注文する際にはウーバーイーツからすることになるのは、マクドナルド以外の注文でも変わりません。宅配してもらう店舗を指定し、メニューの選択に移っていきます。

メニューから商品を選択

続いて店舗メニューから商品を選択していきます。こちらはウーバーイーツの場合でもマックデリバリーの注文と違いはありません。自分の地域が配達可能な地域かどうか、事前に確認することをおすすめします。

支払い完了後受け取り可能

最後に料金の支払いを済ませ、商品を受け取ります。こちらもマックデリバリーの注文方法と同じです。

ウーバーイーツではマクドナルド以外の店舗でも注文ができること、ウーバーイーツのクレジットポイントは対応店舗全店の支払いで使えることが違いとしてあげられます。

注意点

ウーバーイーツの注文方法を選ぶ場合、注意点もいくつか出てきます。マックデリバリーの注文方法とは少し変わってくるため、こちらも見逃せません。

営業時間/9時から24時

ウーバーイーツの注文は9時から24時までの営業時間内にする必要があります。マックデリバリーの注文が7時から23時までだったことと比較すると、マックデリバリーでは宅配できない時間、ウーバーイーツでは宅配できない時間がそれぞれ出てきます。

最低注文金額/指定なし

ウーバーイーツの注文では、最低注文金額に指定がないのも特徴です。こちらはウーバーイーツを選ぶ1つのメリットと言えます。

極端な話ポテト1つやシェイク1つなどでも注文を受け付けてくれます。1,500円の最低注文金額が必要なマックデリバリーとの大きな違いです。

デリバリー料金/場所や時間によって異なる

ウーバーイーツでは宅配料金は場所、時間帯によって差が出てきます。一律300円だったマックデリバリーの注文に比べ、ウーバーイーツではバラつきが出てしまいます。それでも大体は数百円に収まる範囲となっています。

支払いはクレジットカードのみ

ウーバーイーツの支払いはクレジットカードのみで、他の決済方法を選ぶことができないのも特徴です。クレジットカードがない人はそもそもウーバーイーツを利用したマクドナルドの注文ができないため、ここも比較対象となるかもしれません。

注文出来ないメニューがある

マックデリバリーの注文と比較する更なるポイントとして、ウーバーイーツ利用時には注文できないメニューがあります。前述のマックデリバリー注文時のキャンペーンサービスなどはありません。

「マックデリバリー」の注文方法~比較~

次はマックデリバリーとウーバーイーツ、それぞれの注文方法について比較するべきポイントをまとめました。目立つ違いは以下のようなものになります。

配達員

マックデリバリーとウーバーイーツはそれぞれの注文方法で配達員が異なります。マックデリバリーの注文では店舗でのメニュー受付から配達まで、マクドナルドの公式がサービスをしています。

Uber Eatsは一般人の配達員

一方マックデリバリーの注文とは違い、ウーバーイーツの注文では配達は一般人が行っています。ウーバーイーツの配達員は店頭で商品を受け取り、指定された地域まで配達します。配達員はマクドナルドとは関係のない人員です。

支払い方法

支払い方法についても違いがあります。マックデリバリーの注文の場合現金やクレジットカード、マックカードから選ぶことができるのに対し、ウーバーイーツではクレジットカードしか対応していません。

配達時間

配達時間についても少しの違いが見られます。ウーバーイーツでは配達員と注文者の間で使えるGPS機能が採用されています。今配達員がどの地域にいるか、どのルートを通っているかなどを常に注文者は見ることができます。

Uber Eatsの方が平均的に早く届く

マックデリバリーの注文と比べると、ウーバーイーツの方が少し早く届くという風に報告している人もいます。

店頭での受け取りから指定された地域への配達まで、ウーバーイーツの配達員は行動が評価に直結します。よくも悪くも配達員にかかる比重が大きいのが特徴です。

Thumb「メルペイ」あと払いで70%ポイント還元!マック/吉野家/コンビニ!
メルペイでのあと払い決済でを70%ポイント還元を行うというキャンペーンが開始されました。メル...

「マックデリバリー」の注文方法~メリット~

マックデリバリー 限定注文

マックデリバリーを選ぶことによって複数のメリットを享受することができるのも見逃せないポイントです。店舗に直接出向くよりも、宅配サービスの方が結果的にはメリットが多いこともあります。

メリット

マックデリバリーのメリットとしてはおおざっぱに分けて3つあります。「マックデリバリーが絶対にいい!これ一択!」というようなものではなく、場合と状況に合わせて選択するのが賢いマックデリバリーの使い方です。

時間を有効に活用出来る

マックデリバリーの最初のメリットとして時間を有効に利用できることがあげられます。注文して待つだけでよいため、仕事の合間やパーティーの催し物など、より自分のために時間を割けるのが特徴です。

注文人数に応じて使い分ける

店舗での注文と比べるとマックデリバリーとウーバーイーツ、どちらも割高になってしまうのは事実です。1人分のお昼ごはんを買いに行くときは店舗まで直接買い付けに、大人数で楽しむときはマックデリバリーにと分けるのが賢い使い方です。

体調不良や天候が悪い時に大活躍

他にも、体調不良のときや悪天候のときに宅配サービスは役に立ちます。特にウーバーイーツの場合はマクドナルド以外の店舗からも同じように注文することが可能です。

体調不良だからといってマクドナルドしかデリバリーを頼めないわけではないのもメリットです。

「マックデリバリー」の注文方法~デメリット~

メリットの一方で、マックデリバリーの注文にはデメリットも存在します。メリットとデメリットの双方を比較して、自分の好みに合う方を選択するのがおすすめです。

デメリット

デメリットの多くは宅配サービスに対する問題です。料金や手続きに関するものが多く、店頭に行けばすぐに解決する問題であることが傾向としてあげられます。

商品の料金が店頭価格より少し高い

マックデリバリーで注文する場合、商品にかかる最終的な値段が店頭で注文したときよりも高くなってしまうことがデメリットとして目立ちます。どのようなメニューの選び方をしても絶対に店頭での注文より高くなってしまいます。

マクドナルドの魅力は安さだと考えている人にとってはマックデリバリーは扱いが難しいサービスと言えるかもしれません。

地域によってデリバリー不可

またマックデリバリー、ウーバーイーツ共に地域によってはデリバリーできないことがデメリットとしてあげられます。

しかしこちらは「デリバリーサービスがない分他店舗より安い、営業時間が長い」というものでもないため、必ずしもデリバリーのデメリットではありません。単純にその店舗のデメリットとも言えます。

店舗によって電話注文不可

また、マックデリバリーは店舗によっては電話での注文が不可能です。基本的にはアプリを通してメニューの注文から支払い手続きまでを済ませることが求められます。何らかの事情で電話での注文にこだわる必要がある人は注意です。

配達に時間がかかる

マックデリバリーやウーバーイーツは店頭での注文に比べて、配達に時間がかかるのも特徴です。出来立てを温かいうちに食べたいなど、配達にかかる時間は特に冬の時期に深刻になってきます。

クーポン使用不可

マックデリバリーの注文ではクーポンの利用ができません。そのため「クーポンを手に入れたから久しぶりにマクドナルドでも食べよう」と考えている人にとっては不向きなサービスと言えます。

クーポンが使えないこと、宅配料金が追加でかかることは見逃せないポイントです。安さを求める人より便利さを求める人の方が、マックデリバリーには向いていると言えます。

合わせて読みたい!デリバリーに関する記事一覧

Thumb【楽天デリバリー】アプリが起動しない/ログインできないときの解決策!
今回の記事では、楽天デリバリーアプリが起動しない/ログインできないときの対象法を紹介します。...
Thumb「マックデリバリー」のメニュー/価格をくわしく解説!
皆さんはマックデリバリーメニューの価格などはご存知でしょうか。マックデリバリーのメニューには...
Thumb「楽天デリバリー」の使い方!特徴/レビューも紹介!
「楽天デリバリー」は指定した日時・場所に注文したフードや派遣サービス(水回りトラブルなど)を...
Thumb「dデリバリー」の使い方!クーポンで安くする方法も解説!
docomoが運営するdデリバリーという出前ができるサイトがあります。出前を割引クーポンなど...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
Daisuke.U
インステ