AndroidスマホでiTunesの曲を聴く方法!Appleアプリが使える?

皆さんiTunesは何で使っていますか。ほとんどの人がiPhoneだと答えると思います。しかし、今のiTunesはAndroidでも使用することができるようになっています。本記事では、そんなAndroid版iTunesの使い方をご紹介します。

 AndroidスマホでiTunesの曲を聴く方法!Appleアプリが使える?のイメージ

目次

  1. 1AndroidスマホでiTunesの曲を聴くには
  2. 2AndroidスマホでiTunesを取り込む方法
  3. 3AndroidスマホでiTunes楽曲を同期する方法
  4. 4iTunesのプレイリストをAndroid端末に引っ越しするシンプルな方法(フォルダーによる移行)
  5. 5AndroidでiTunesを使う情報のまとめ

AndroidスマホでiTunesの曲を聴くには

AndroidとiPhoneでは、使用しているメディアプレーヤーのアプリが大きく異なってきます。それは、最初から付属してるかや、そもそもどちらかの機種に対応していないかなどの要因があります。

なので、人それぞれ使いやすく慣れ親しんだメディアプレーヤーを使用していると思います。そんなメディアプレーヤーの1つにiTunesというApple社が開発及び配布している無料ソフトがあります。

このiTunesは主にMacやiPhoneで使用されているので、Androidスマホを使っている人には聞きなれない人もいるかもしれません。しかし、このiTunesはとても便利なため、Androidスマホを使用している人も、Android版iTunesを使うことをオススメします。

このiTunesはどのようなメディアプレーヤーなのかご紹介していきます。まずiTunesには主に2つの機能があります。

1つ目は、音楽を再生する機能です。これはほとんど全てのメディアプレーヤについている機能で、プレイリストの作成、他デバイスとの同期など標準的な音楽プレイヤーの機能は全てついています。

2つ目は、音楽をダウンロード購入する機能です。これは付いているメディアプレーヤーとついていないメディアプレーヤーに分かれます。このiTunesはこのダウンロード購入ができ、購入した音楽をそのまま聴くことができます。

そんなとても便利なiTunesですが、Androidスマホでの利用は以前までできませんでした。そのため、AndroidスマホでiTunesをどう対応されているのか、まだあまり知られていないことが多いと思います。

しかし、Androidにも対応されるようになり、iTunesとの楽曲やプレイリストの同期が可能になる等、Androidでも問題なく、使えるようになっています。

今からは、そんなAndroid版iTunesがどうAndroidスマホに対応されているのかをご紹介していきます。

Android版Apple純正アプリが対応

まずAndroid版iTunesはあるといっても、誰が提供しているのか分からず危ないと思っている人がいるのではないでしょうか。

そのような方はご安心ください。Android版iTunesはApple純正アプリがAndroidに対応したというものになっていますので、怪しいソフトではありません。

この純正アプリを使用することで、iTunesにある楽曲を安心して、Androidで聴く事ができます。そして、このAndroid版iTunesはApple Musicにて無料で使用可能になっています。

Apple MusicでiTunes matchのプレイリストが同期できるようになった

そして、Apple MusicとiTunes matchのプレイリストの同期も可能になりました。

Apple MusicとiTunes matchはどちらも音楽プレーヤーですが、少しずつ機能も違うので、使い分けることもできます。

iTunes matchにあったプレイリストの音楽を楽しんでいた方は、Androidにそのプレイリストを同期することで、AndroidでiTunes matchのプレイリストを楽しむことができます。

Apple MusicとiTunes matchは少し機能が違うといいましたが、どう違うのかご紹介させて頂きます。

Apple Musicは音楽を購入すると、自分のiPhone本体に音楽データが保存される仕組みでした。そのため、iPhoneでよく音楽を聴くという人は、音楽で多くの容量が占有されていたと思います。なので、容量が大きく使用されると不便さがあったと思います。

しかし、iTunesはその音楽データをクラウド保存しているので、音楽データを通信して取得している。そのため、このiTunes matchは通信量の増加に繋がってしまうというデメリットはありますが、容量の問題は解決してくれるものになっています。

なので、iTunesにもiTunes matchにもメリット・デメリットが存在しており、そのためiTunesとiTunes matchの両方を使っているという人もいるかと思います。

iTunesとiTunes matchは使用する場面が違うため、場合を分けて使用している人もいるかもしれませんが、音楽の趣味はそこまで変わらないという方も多いと思います。そのため、中に入っている楽曲が似ているプレイリストを多く作ってはいませんでしょうか。

そんな時に、iTunesとiTunes matchのプレイリストを同期したいとが思うかと思います。このiTunesとiTunes matchの同期はAndroidでもすることができます。しかしApple Musicの有料会員にならないとできないという制限があります。

ThumbiTunes Matchの使い方や登録方法について解説
今回の記事では、iTunes Matchの使い方や登録方法について解説について紹介します。ま...

AndroidスマホでiTunesを取り込む方法

今までの記事でiTunesはどのようにAndroidに対応したかをご紹介してきました。

しかし、パソコンがMacで、スマホはAndroidなどの時、iTunesをどちらのデバイスでも使用したくなります。その時、またiTunesで音楽を購入するというのはお金がもったいないところです。

今からは、そんな場合使用するAndroid版iTunesを取り組む方法についてご紹介していきます。

Google Playストアで「Apple Music」と検索

まずは、Androidにアプリを入れなければ、いくらiTunesの楽曲を聴く事ができるといってもアプリ無しでは聴くことはできません。

なので、AndroidにiTunesの楽曲を聴くためのアプリを導入していきたいと思います。Androidでアプリをダウンロードする方法はたくさんあると思います。

しかし、今回はAndroidスマホで一番のアプリ入手先となっているGoogle Play ストアから入手していきたいと思います。またAppleが出している純正アプリもGoogle Play ストアにあります。

AndroidでGoogle Playストアを開いてください。そこで、Apple Musicと検索します。そのアプリのストア画面は上図のようになっています。iTunesではなく、Apple Musicと検索するので、ご注意ください。

上図の画面からインストールを押すと、ダウンロード開始画面に移行できますので、ここからAndroid版Apple Musicのインストールをすることができます。

Apple Musicのダウンロード自体は無料なため、アプリを購入する時の残高の確認などの細かな操作は必要なく、インストールを押し、何ステップかボタンを押すと、すぐにダウンロードを開始します。

ダウンロードする

先ほどの動作でGoogle Play ストアでApple Musicを見つけ、インストールボタンを見つけたところまでいったと思います。

ここで、本当にApple社が提供しているApple Musicなのかをまず確認する必要があります。同じ名前、同じようなトップ画で偽アプリがあるかもしれないからです。

Google Play ストアでも審査はありますが、それでも偽アプリやウイルスアプリ等の被害があとを絶っていません。そのような被害に合わないためにも、やりすぎな程注意してください。

まずは、先述しました会社名がしっかりとApple Inc.になっていることを確認してください。Apple純正のアプリがAndroidに対応しているため、Apple以外の会社が提供している場合はより厳重な注意が必要です。

次に利用規約と、使用権限を見てください。利用規約におかしいところはないか、使用権限で必要のない権限まで要求されていることはないかを見ます。もしウイルスアプリなら、その権限から個人情報が流出することもあります。

これらのことを複合的に見て、本物のアプリだと判断してから、ダウンロードを行ってください。Androidスマホにアプリを入れる場合は全てに行う必要がありますか、有名アプリの場合偽アプリが多くなるため、さらに厳重に行う必要があります。

開いてアカウントを作成する

先ほどまでの操作で、AndroidスマホにApple Musicのインストールが行われたと思います。インストール終了まで少し待って頂き、インストール終了後、Apple Musicのアイコンをタップし、Apple Musicを起動すると、上図のような画面が出てきます。

既にApple Musicを使用している方は上図の赤枠のサインインを選択してください。そうすると、AppleIDとパスワードの入力が求められます。自分が設定しているAppleIDとパスワードを入力し、Apple Musicへログインしてください。

Apple Musicを利用したことがない方は上図の下部にある【無料で始めよう】を選択し、Apple Musicを使用するため無料登録を行う画面に移行します。

また、執筆現在(2018/12/9)では、3ヶ月間無料でApple Musicを利用できるキャンペーンがやっています。このキャンペーンがいつまで行われるのか分からないため、試したい方は早めの利用をオススメします。

ここで新規登録をしてAndroidでiTunesを使ってみようという方がいれば、この無料キャンペーン中に是非使ってみて、どのような利用方法なのか、使いやすさなのかを体験して、今後も続けていくか決めても遅くはないと思います。

この無料登録でもApple IDとパスワードが必要となります。新規登録をする方は、Apple IDを持っていないと思いますので、AppleIDとパスワードの作成を行ってください。先述の【無料で始めよう】からAppleIDの作成が行えます。

AndroidスマホでiTunes楽曲を同期する方法

ここまでAndroidにApple Musicをインストールする方法をご紹介してきました。AndroidではiTunesは使用できないと思い、利用してこなかったは是非この機会にAndroid版iTunesを利用してみてください。

しかし、以前までiTunesを使用していた方は、Apple Musicが起動できても、iTunesでダウンロードした音楽がないという方もいると思います。

そこで、今からはAndroidにiTunesの楽曲を同期する方法についてご紹介していきます。

AndroidをPCと繋げる

まずはデータのやり取りする環境を整えていきます。その第一歩としてAndroidスマホとパソコンをデータ送信用ケーブルでつなぎます。

このデータ送信用ケーブルはAndroidスマホに差し込みができる端子と、USBに差し込めるデータ転送専用のケーブルまたは、充電と併用できるケーブルを使用してください。普段スマホを充電する際に使用するケーブルでもデータ転送できる可能性があります。

しかし、ケーブルの中には充電専用のケーブルである場合もあります。この場合、今回のようなデータ転送に用いることはできません。

そのため、事前に製品のパッケージ等を見て確認するか、パソコンとAndroidスマホを繋げてみて、データ転送できるか確認してから、次の動作を行って下さい。

もし、パソコンとAndroidスマホを繋いで、自動的にウィンドウが開かない場合は、先述したデータ転送用ケーブルの違いか接続モードの違いの原因が高いです。

Androidスマホの設定内にあるUSB接続設定を外部メモリーモードにしたことを確認して、もう一度Androidスマホにデータ転送用ケーブルを差し込んでください。

データ転送用ケーブルの種類、接続モードどちらも記述した通りでも動かない場合は、パソコンのデバイス画面から直接接続しているAndroidスマホのファイルを開いてください。もしない場合はケーブルが故障している可能性が高いです。

iSyncr を起動させる

次にiSyncrというソフトを起動させ、iTunesのプレイリストをAndoroidスマホに同期または転送するための準備を行います。

iSyncrとは、AndroidスマホにiTunesの音楽を同期させるためのアプリケーション名で、iTunesの音楽を同期するのに使うアプリです。これがない場合でも後述の方法がありますが、特別な理由がない限りこちらの方法で行ったほうがいいと思います。

もしまだ、iSyncrというソフトをAndroidスマホにダウンロードしていない場合は、JRT Studioというところからダウンロードしてインストールしておいてください。

先ほどの操作でAndroidスマホのファイル内のソフトが見れるようになったと思います。そのファイル内のどこかにSDカードというファイルがあり、その中に、【iSyncr.exe】というアイコンがあるので、クリックしてください。

これでiSyncr.exeが起動します。それと同時にiTunesも起動したと思います。これでiTunesの音楽を同期する準備が整いました。

同期させるプレイリストを選択

先ほどまでの動作でiTunesを起動できたと思います。このiSyncrが、iTunesでダウンロード購入した音楽等を自動で読み込んで表示してくれます。

このiTunesに表示されているプレイリストの中で、Androidスマホと同期させたいものにチェックを入れていってください。

しかし、この状態で転送を行うと音楽だけが、Androidスマホに導入されます。iTunesに保存されているアルバムアートは転送されます。なので、次はアルバムアートを転送するため、アルバムアートの転送設定をしたいと思います。

アルバムアートの転送設定をする

先述した通り、アルバムアートの転送設定をしていきたいと思います。

アルバムアートの転送設定を変更する方法は、まずiSyncrの設定を開き、【iTunesアルバムアートのシンク(ゆっくり)】にチェックを入れて、完了を押すと、アルバムアートの同期もすることができるようになります。

この状態で、同期を押すと、AndroidスマホにiTunesの曲が同期されていきます。同期したい曲の数にもよりますが、しばらく時間がかかるので待ってください。画面にシンク終了と表示されたら、同期の終了となります。

同期終了後、AndroidとPCの接続を解除

同期が終わったということでAndroidスマホとパソコンがつながっているケーブルをそのまま抜くことはやらないでください。SDカードのメモルが消える等、故障の原因にもなります。

コンピューターのリムーバブル記憶域のあるデバイスを開いて、そこから取り出しを選択してください。そうすることで、安全にAndroidスマホとパソコンの接続解除が行われます。

Thumb【Windows】iTunesで音楽が再生できない時の対処法
Mac関係のOSの端末でだけでなく、Windowsでも利用できる音楽再生ソフト・iTunes...

iTunesのプレイリストをAndroid端末に引っ越しするシンプルな方法(フォルダーによる移行)

先ほどの章で、AndroidスマホでiTunesの曲を同期する方法をご紹介しました。

しかし、操作がややこしく、もっと手っ取り早く分かりやすい方法はないかと考える人は多いと思います。実際、パソコンとAndroidスマホを接続させるだけでも、よく分からなくなる人もいるかと思います。

そこで今からご紹介する方法は、他のソフトをダウンロードしたり、起動したりする必要はなく、無料かつ簡単な方法で楽曲をAndroidに移行する方法をご紹介します。

しかし注意点として、この方法はiTunesで購入した楽曲に限る方法です。もしiTunesで購入しダウンロードした楽曲を移行したい場合は、先述の方法を行ってください。

プレイリストごとのフォルダーを作って移行する方法

まずはiTunesで移行させたいプレイリストを選択してください。これは、iSyncrを使った方法でも同じです。Ctrl+Aキーなどで全選択もできるので、ショートカットキーを上手く活用すると、すぐに選択できると思います。

次にこの楽曲をコピーするためフォルダを作成し、その中にiTunesからドラッグしてコピーしてください。ドラッグせずにCtrl+Cでコピーしたあと、Ctrl+Vで貼りつけることも可能です。

これらの移行し終わった後、このフォルダをAndroidスマホか、SDカードのどこかにあるmusicsという名前のフォルダにコピーします。これだけ移行作業は終了となります。とても簡単ですが、先述した通りできない楽曲もあるのでご注意ください。

ThumbAndroidスマホにiTunesの曲を移行/同期する方法
PCのiTunesの音楽データをAndroidスマホに移行や同期できるのは知っていましたか?...

AndroidでiTunesを使う情報のまとめ

ここまでの記事でAndroid版iTunesはどのように使えるのか、そしてどのようにして使うのかをご紹介してきました。

Android版iTunesであってもとても便利なサービスであることが分かったかと思います。しかし、様々なことをご紹介してきたため、どのようなことができるのかが分かりにくくなった方もいると思います。

そこで、今からの記事では、これまでご紹介してきたAndroid版iTunesを使う時の注意点や情報をまとめましたので、ご覧ください。

AndroidでiTunesの楽曲は聴けるのか

AndroidでiTunesの楽曲を聴くことは可能です。Appleの純正アプリがAndroidに対応されたため、AndroidでもiTunesを使えるようになりました。

また、iTunesで購入ダウンロードした曲なども同期できる機能が備わっている等、メディアプレーヤーとして、とても便利なアプリとなっています。

Google Play ストアでは「iTunes」ではなく「Apple Music」と検索しよう

Android版iTunesをインストールしたい場合は、Google Playストアで【Apple Music】と検索してください。Google Playで【iTunes】と検索しても、アプリは存在しません。

Apple Musicは無料でダウンロードすることができますが、無料トライアルを除き、月額課金になっていますので、実質無料では使用できません。そのため、実質アプリを月額課金で購入しているようにな形になります。

AndroidでiTunesのプレイリスト(音楽)は同期(転送)できる?

AndroidでiTunesのプレイリストまたは音楽は、Androidスマホに転送・同期をすることはできます。

方法は【AndroidスマホでiTunes楽曲を同期する方法】で2通りの方法をご紹介させて頂きました。どちらかの方法でAndroidにiTunesの楽曲を同期させることができます。

以下に、そのご紹介した2通りの方法の概要についてまとめます。

iSyncrを使用する方法

こちらは、iSyncrを使用した方法です。

この方法では主に、iSyncrを使用して、パソコンとAndroidスマホを楽曲を同期させます。そのためには、パソコンとAndroidスマホをデータ通信用ケーブルで接続する必要があります。充電用のケーブルも存在するので、間違わないようご注意ください。

また、接続方法によっては、ケーブルもアプリも正常に動作していても、動かない場合があります。この場合はAndroidスマホの接続モードを外部メモリーモードにしているか、ご確認下さい。

フォルダ移行で同期する方法

こちらは複雑な方法を用いず、フォルダ移動だけで、同期させる方法です。この方法も先述したデータ転送用ケーブルが必要となり、パソコンとAndroidスマホを繋ぐので、接続モードに注意しなければなりません。

この方法では主に、パソコンとAndroidスマホをデータ転送用ケーブルで接続して、プレイリストの楽曲をフォルダにまとめ、そのフォルダを直接Androidに転送することで、同期を行う方法でした。

注意点として、この方法はiTunesで購入した楽曲に限ります。それ以外の楽曲も同期したい場合は残念ながら、この方法では同期できないため、先ほどのiSyncrを使用した方法で行い、Androidスマホに同期を行ってください。
 

AndroidでiTunes matchのプレイリストを同期するのは無料でできる?

AndroidでiTunes matchのプレイリストを同期するはApple Musicの無料会員はできないようです。これはiPhoneのユーザーでも同じことです。

もしAndroidでiTunes matchのプレイリストを同期したいなら、Apple Musicの有料会員の登録が必要となります。しかし、先述したように3ヶ月間無料でApple Musicを利用できる期間があります。

これを利用することで、iTUnes matchのプレイリストを同期できる可能性がありますが、3ヶ月間で終わってしまうため、最初から有料会員になると決めた時にiTunes matchのプレイリストと同期した方がいいように思います。

AndroidにiTunes matchの音楽をダウンロードすることはできる?

AndroidにiTunesの音楽をダウンロードすることは可能です。しかし、このiTunesの音楽とはクラウドにアップロードしたものに限ります。

このダウンロード先はAndroidのSDカードにも対応しているため、SDカードに音楽のデータを保存し、容量の圧迫を回避することができます。

AndroidでiTunesの音楽を購入することはできる?

AndroidでiTunesの音楽を購入することはできません。これは、Android版iTunesであるApple Musicで音楽の購入メニューがないためです。

iPhoneの場合でも、Apple Musicで音楽の購入は不可能で、iTunes Storeから音楽を購入しています。なので、Android版だからや、無料Apple Musicを使用しているからというわけでないようです。

iTunes/オフラインの音楽データをAndroidに同期できる?

パソコンの中にあるiTunesをの音楽を、Androidに同期することはできないようです。

これは、クラウド上にあるiTunesの楽曲なら先ほどご紹介した方法で移行できるのですが、パソコンの中にあるiTunesの楽曲を、AndroidスマホとPCを直接ケーブルで繋いで同期する方法はありません。

なので、AndroidでiTunesの楽曲を使用できるのは、iTunesの楽曲がクラウド上にアップロードされたものであった場合のみで、それ以外の楽曲はAndroidで利用することはできません。

いかがでしたでしょうか。Androidを普段使っている人は、メディアプレーヤーを普段意識いていなかったり、Google Play Musicを使っているかもしれません。しかしApple Musicもとても使いやすいメディアプレーヤーですので、一度使ってみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
tomohiko
よろしくお願い致します

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ