AndroidとiPhoneの違いを徹底比較!

AndroidとiPhone、どちらを使うかで悩む方は多いです。AndroidとiPhoneではどう違いがあるのか。Android(アンドロイド)とiPhoneの違いを比較し、Android(アンドロイド)とiPhoneそれぞれの情報をお伝えします。

AndroidとiPhoneの違いを徹底比較!のイメージ

目次

  1. 1AndroidとiPhoneの違いとは~プランで比較~
  2. 2AndroidとiPhoneに性能/機能差はある?
  3. 3Androidを選ぶメリット
  4. 4Androidを選ぶデメリット
  5. 5iPhoneを選ぶメリット
  6. 6iPhoneを選ぶデメリット

AndroidとiPhoneの違いとは~プランで比較~

今では多くの方がスマートフォンを使っている時代です。その際、Android(アンドロイド)とiPhone、どちらにするかで悩む方は多いと思います。AndroidとiPhoneでは、どのような違いがあるのか。自分に合ったのはどちらなのか。

実際に機種を選ぶ時、人それぞれで何を重視するかが変わると思います。スマホカバーなど、アクセサリーが豊富な機種が良い。使い勝手がいい、便利なものがいい。

中には、使用できるアプリや防水性などを考えて選びたいという方もいらっしゃるかもしれません。今回の記事では、AndroidとiPhoneの違いを比較していきます。

AndroidとiPhoneを比較していけば、自分にあったスマートフォン選びができるはずです。皆さんは、どういった点を重視してスマートフォンを選びますか?

比較する内容は、プランや性能。使う際のメリットやデメリットになります。スマートフォン選びに悩んでいるという方は、ぜひご参考下さい。

現在月額プランはどちらも統一!キャリアでの違いのみに!

Android(アンドロイド)とiPhone、どちらのプランがよりお得になるのか。プランで決めようと考えている方もいらっしゃると思いますが、実際のところ月額プランはほぼ統一されています。

違いがあるとすれば、それはau・ドコモ・ソフトバンクなどの、キャリアの違いになります。キャリアでは割り引きなどの違いがでてきますし、元々使用しているキャリアがあるのであれば然程気にならないポイントかと思います。

Android(アンドロイド)とiPhone、どちらを使用するかの判断材料としてはプランではなく、別のポイントを見た方が良いかもしれません。

本体代で違いがでる

Android(アンドロイド)とiPhoneでは、プランによる料金差はあまりありませんが、本体料金に違いがでてきます。iPhoneは基本的に機種が一通りですので、古い型と新しい型などでの違いはもちろんありますが基本的に統一されています。

それと比較すると、Android(アンドロイド)は様々な機種のスマートフォンが発売されており、本体代も様々です。本体代がより安いものを選びたいのであれば、Android(アンドロイド)からなら希望する値段のものが見つかるかもしれません。

では、本体料金にはどれほどの違いがでてくるのか。具体的にご紹介したいと思います。まず、iPhoneだと本体料金は基本的に10万程度です。

それと比較すると、Android(アンドロイド)はさらに最安値から購入することができます。安いものだと、本体料金が2、3万から始まります。

もちろん、本体料金が安い分、性能面は下がるかもしれません。しかし、自分に見合った性能・料金のものを選ぶのであれば、iPhoneよりもAndroid(アンドロイド)の方が幅があり、選びやすいといえます。

月額料金のプランや、本体料金の比較は以上になります。料金押さえるためのお得になるプランは非常に気になるところかとは思います。しかし実際のところ、比較すると違いがあるのは本体料金程度になります。

自分の中で、この程度の性能・料金のものと定めてスマホを探してみると、Android(アンドロイド)の中から自分の希望する料金で、想定していた性能のものがあるかもしれません。

プランや料金以外のものを重視するのであれば、性能や防水加工といった点があげられると思います。続いては、Android(アンドロイド)とiPhoneの性能面の比較を行っていきます。

AndroidとiPhoneに性能/機能差はある?

プランや本体料金の違いよりも、性能を重視したいという方も多いかと思います。より便利な機能が備わっているのはAndroid(アンドロイド)とiPhone、どちらなのか。性能といっても、様々な機能がありますので一概には伝えられません。

どういった機能、性能がより優れているのかを、細かく見ていきたいと思います。

性能面ではiPhoneに軍配

プランや本体料金など、金額面に関しては少し高めのiPhone。しかし、性能面では、iPhoneの方が便利だといわれています。確かに、iPhoneはその使い方に慣れてしまえば性能はよく、スマホ初心者から玄人まで多くの人が長く扱えるスマートフォンです。

バッテリーの持ちや、使えるアプリの優秀さ。そのほか、Macとの同期が簡単にできるといった使い勝手のよさが、iPhoneにはあります。

特に、カメラ機能の性能はiPhoneの方が評価が高く、使い勝手が良いという声が多いです。スマホでよく扱う機能といえば、電話やメール、そしてカメラです。よく使う機能の性能が良いのは、スマホを選ぶ際に強みになるポイントかと思います。

また、iPhoneは初心者でも直感的に操作することができるといわれています。Android(アンドロイド)からiPhoneに変えた人の、iPhoneの使用感に一度慣れてしまうと、もうAndroid(アンドロイド)に戻ることができないという声もよく聞きます。

iPhoneとAndroid(アンドロイド)を比較する上で、初心者でも操作が簡単かどうかという点は大きな違いになるかと思います。

どちらの方が使いやすいか、操作が簡単かという点は人それぞれかとは思いますが、比較するとiPhoneの方が楽という声が多いようです。

機能面には微妙だけど大きな違いが

機能面はiPhoneより劣ると思われがちのAndroid(アンドロイド)ですが、大きな違いがでてきます。例えば、Google関連サービスとの連携がされているのはAndroid(アンドロイド)の方です。

Googleをよく使用している方であればこちらの方が使い勝手が良い、という声もあります。Google関連のサービスが、すでに機能として組み込まれている点は大きな違いかと思います。

また、他にもAndroid(アンドロイド)には、iPhoneにはない使い勝手のいい性能・機能が搭載されています。具体的に、どのような機能があるのか。内容は以下の通りになります。

おサイフケータイならAndroidの方が対応が多い

現代ではスマホで買い物の会計ができてしまう時代です。「おサイフケータイ」という言葉を聞いたことはありますか?その名の通り、ケータイがお財布になるという機能のことです。

会計のときに、スマホを機械に当てるだけで支払いができてしまうのです。おサイフケータイの機能を使いたい場合は、Android(アンドロイド)の方が対応が多いといわれています。

おサイフケータイ機能を使いたいのであれば、Android(アンドロイド)の機種を選ぶのが良いかもしれません。

防水はどちらも対応!ただしAndroidの方が防水性能が高い

スマホでよく重視されるポイントは「防水加工」です。雨の中でも使えたり、お風呂でも使える防水加工は今スマートフォンを製造する上では必須条件ともいえます。

精密機器ですので、濡らすことは故障につながりやすいスマートフォン。しかし、最近のスマートフォンは、お風呂に落としても問題ないというものが多くなっています。

防水加工の技術が、大きく進歩しているのです。進歩した上で、Android(アンドロイド)とiPhoneでは、どちらの方が防水性能がいいのでしょうか。防水性能についての比較をしていきます。

防水加工は、今ではスマートフォンの必須条件です。そのため、Android(アンドロイド)とiPhone、どちらも防水には対応しています。しかし、その防水の性能はAndroid(アンドロイド)の方が勝っているといわれています。

Android(アンドロイド)の場合、機種にもよりますが、湯船などにスマホを落としても大丈夫といったような製品が多いです。お風呂にスマホを持ち込むことが多いという方は、Android(アンドロイド)の方が安心かもしれません。

iPhoneの場合、防水加工はしてあるものの、水に付けるなどのことはやはり推奨されていません。Android(アンドロイド)でも推奨はされていませんが、iPhoneの場合は特に故障の危険性があるとされています。

防水性能で選ぶのであれば、iPhoneよりもAndroid(アンドロイド)の方が安心度が高いです。しかし、Android(アンドロイド)はメーカーによる違いもでてきます。

防水性の高いAndroid(アンドロイド)スマホを選ぶ場合は、メーカーによる違いもしっかり調べた上で購入する必要があります。

事前に、Android(アンドロイド)スマホでどのメーカーがより防水性能が高いのをリサーチしておくことをおすすめします。

ワンセグはAndroidのみ

ワンセグとは、スマホでもテレビが見れる機能のことです。このワンセグの機能は、Android(アンドロイド)のスマホのみに対応しています。

ワンセグの機能があるからiPhoneではなく、Android(アンドロイド)を使用しているというユーザーも少なくはないようです。

普段テレビをみることがすきで、スマホでもワンセグ機能を使ってテレビを見たい!という方であれば、ワンセグ機能が備わっているAndroid(アンドロイド)がおすすめです。

Androidを選ぶメリット

備わっている機能性はiPhoneに劣るといわれているAndroid(アンドロイド)ですが、Android(アンドロイド)を使用する上でのメリットも多くあります。

上記でも、Android(アンドロイド)をおすすめするポイントをお伝えしていきましたが、他にはどういったメリットが出てくるのか、その逆に、使用する上でのデメリットはあるのか。

まずはAndroid(アンドロイド)を使用する上でのメリットについてを、具体的に紹介していきます。

カスタマイズ性の高さがAndroidのメリット

Androidのホーム画面

Android(アンドロイド)は、iPhoneに比べるとカスタマイズ性が高く、場合によってはiPhoneよりも使い勝手がいいという声もあります。ホーム画面でも、アプリをフォルダごとに分けられたり、グリッド幅を決めることが出来たりと自由度が高いです。

アプリをフォルダごとに分けるのはiPhoneでも可能ですが、グリッド幅を決めて、アプリアイコンをいくつ配置するかを決められたりする自由度の高さはAndroid(アンドロイド)の方が勝っています。

iPhoneを使っていて、少し不便に思う点としてひとつあげられるのが、アプリアイコンの配置です。待ちうけ画面を設定しても、画像の上にアプリアイコンが被ってしまうなどの点を不便に思う方も多いようです。

Android(アンドロイド)の場合、アプリアイコンをホーム画面に表示させないことも可能ですので、iPhoneに比べるとホーム画面をすっきりときれいにまとめることができます。

もちろん、アプリ一覧が別にありますので、ホーム画面になくてもアプリの起動は簡単です。きれいにアプリの整頓をしたい!という方は、Android(アンドロイド)のカスタマイズ性の高さはきっと気に入るかと思います。

iPhoneをAndroid(アンドロイド)の最大の違いはこのカスタマイズ性です。ホーム画面をすっきりとさせたい方、自分の好きなようにホーム画面をカスタマイズしたい方には大きいメリットになります。

些細な違いと思う方もいるかもしれませんが、ホーム画面のカスタマイズは思ったよりも多くの方に需要のある機能です。

iPhoneとAndroid(アンドロイド)、どちらにするかで悩む方はぜひ、このカスタマイズ性の違いを気にしてみてください。

アプリの豊富さならAndroid

Playストアの画面

Android(アンドロイド)を使用するにあたってのメリットとして、アプリの豊富さもあげられます。特にAndroid(アンドロイド)は、カメラアプリが豊富なようです。

iPhoneの方がアプリが豊富という声もありますが、実際のところは似たようなものといえるかと思います。なぜAndroid(アンドロイド)の方が豊富という声があるのかというと、審査時間がGoogle Playの方が短いことが理由としてあげられると思います。

アプリの審査時間と、審査基準がGoogle Playの方が若干甘めのようです。それが理由なのか、Android(アンドロイド)にはメジャーなものからマイナーなアプリまで、幅広くリリースされています。

しかし、Android(アンドロイド)のみで使えるアプリも存在すれば、iPhoneのみで仕えるアプリも存在します。メジャーなアプリは双方で使用することができますし、実際のところ豊富さに違いはないように思います。

ひとつ言えるとするならば、使えるアプリに確かに違いはありますが、Android(アンドロイド)のアプリの豊富さは決してiPhoneに劣っているわけではないということです。

アプリでスマホを選びたい時は、Android(アンドロイド)とiPhoneのみで使用できるアプリをそれぞれ調べて、どちらがより使い勝手がよさそうかなどを調べてみると良いかもしれません。

Androidを選ぶデメリット

Android(アンドロイド)のメリットを上記であげましたが、デメリットは存在するのでしょうか。極端なデメリットというのは存在しませんが、人によっては使い勝手が悪いと感じたり、気に入らない面もあるかと思います。

続いては、Android(アンドロイド)のデメリットといえる点を紹介していきたいと思います。このデメリットを許せるか否かで、スマホの判断基準が分かってくるかと思います。

メーカーを変えるとガラっと変わる

上記でもお伝えしたように、Android(アンドロイド)のスマホは様々なメーカーが開発しています。そのため、Android(アンドロイド)と言っても種類はひとつだけではありません。

様々なAndroid(アンドロイド)スマホが発売されており、同じ機種のものを使い続ければそこまで違和感はないものの、メーカーを変えるとガラッとその使用感が変わってきます。この点は、iPhoneとの大きな違いになります。

こちらの機種の方が、性能がいい。料金が安い。そういった理由でメーカーを変えることもあるかと思いますが、その場合は新しいメーカーに慣れることができる順応力が求められるかもしれません。

カスタマイズで重くなる事も

上記でお伝えしたメリットの中に、カスタマイズ性が高いという点をあげました。しかし、そのカスタマイズ性のよさが逆にデメリットとなってしまうこともあります。

Android(アンドロイド)は、カスタマイズをするためにアプリを使用することがあります。多くのカスタマイズアプリを入れていたら、内部ストレージが圧迫されスマホが重くなってしまったということも。

また、カスタマイズで手を加えすぎることで重くなるケースもあるようです。メリットとなるカスタマイズ性のよさが、デメリットになる場合もあるのでこちらは注意が必要です。

また、Android(アンドロイド)にはroot化をして、さらに自由度をあげることができるといった裏技が存在します。root化をすることで、通常のAndroid(アンドロイド)ではできなかったことが可能になったりするのです。

そういった難易度の高いカスタマイズを行ったことで、Android(アンドロイド)スマホが動かなくなってしまったという事態になることもあります。

Android(アンドロイド)をより使いやすくしようとして、壊してしまった事例も少なくはありません。また、root化したAndroid(アンドロイド)スマホは、修理などの対応を受け付けていないことも。

メリットを活かそうとして失敗してしまい、結局修理もできず処分するほかなくなってしまった…といったことも多いAndroid(アンドロイド)は、もちろん中古にも出すことができません。

損をしてしまうことにもなるので、カスタマイズを行う際は「最低限」のカスタマイズを行うことをおすすめします。もちろん、そういった面に強い方であれば逆にAndroid(アンドロイド)スマホはおすすめです。

機種ごとにアクセサリーがバラバラ

人によっては、ここが一番のデメリットになるかもしれません。Android(アンドロイド)は、メーカーが多く存在します。そも分だけ機種も存在するのですが、それが原因でスマホケースなどのアクセサリーがばらばらです。

iPhoneの場合は、ほぼ機種が統一されているのでこのアクセサリーが欲しいけど自分の機種に対応していない!ということはあまりありません。

しかし、Android(アンドロイド)のスマホを使用していると、このアクセサリーが欲しいけど自分の使っているスマホに合うものはない…といったケースが非常に多いです。

ケースなどのアクセサリーを選ぶことも、スマホを使用するにあたっての楽しみのひとつです。機能性を重視する方はあまり気にならない点かもしれませんが、アクセサリーを重視する方は非常に多いかと思います。

場合によっては、Android(アンドロイド)最大のデメリットといえるかもしれません。スマホケース選びを楽しみたい方は、iPhoneを使用した方がいいかもしれません。

iPhoneを選ぶメリット

上記では、Androidのメリット・デメリットをお伝えしました。続いては、iPhoneのメリット・デメリットについてをご紹介したいと思います。

性能が高いといわれるiPhoneですが、具体的にはどのようなメリットがあるのか。まずはメリットをあげていきたいと思います。

最新機種にしても使い勝手が変わらない

iPhoneは、基本的に機種というものは統一されています。もちろん、新しい型は登場していきますが、メーカー自体は統一されているので使用感は変わりません。

使い勝手が変わらないので、慣れた操作や仕様が一気に変わるのは厳しいという方に、iPhoneは適していると思います。

最新機種でも使用感、操作感が変わらないので、スマホ初心者の方などはぜひ、iPhoneを試しに使用してみてください。

神アプリはiPhone限定のものも?

Android(アンドロイド)もアプリの豊富さは負けていませんが、神アプリと呼ばれるアプリがiPhoneのみで使える場合もあります。

Android(アンドロイド)でも似たようなアプリはあるかもしれませんが、使い勝手の良い神アプリがiPhone限定だった!ということはよくあるようです。

審査が厳しい分、本当に使い勝手の良いアプリがリリースされているのかもしれません。アプリで使用するスマホを選びたい方は、神アプリと呼ばれる存在についても要チェックです。

長い間使いやすい

iPhoneは、上記でもお伝えしたように、最新機種にしても使用感がずっと続くことから、長年iPhoneだという方は多いです。また、バッテリーに関してもバッテリー交換が可能なため、古い型でもずっと使い続けているという方も少なくないようです。

Android(アンドロイド)よりも故障数が少なく、買い替えずに済むという点は大きな違いであり、iPhoneの強みです。なるべく、買い換えることなくひとつの機種を長く使いたいという方は、iPhoneがおすすめです。

アクセサリー類の種類が豊富

iPhoneを使用する上でのメリットは、なんと言ってもアクセサリーの種類が豊富であることです。可愛い、かっこいいスマホケースが欲しいからiPhoneに変えたという声も多いほどです。

また、市販で売られているiPhoneケースの種類も豊富ですが、自分でケースを製作するという時も、iPhoneの方が対応している場合が多いです。

今では自分でも、イラストや写真を用いてスマホケースが作れる時代です。しかし、製作所で対応しているのはやはり、形が統一されているiPhoneのみであることが多いようです。

イラストレーターやデザイナーが、自分でデザインしたiPhoneケースを通販で発売することも多く、Android(アンドロイド)ユーザーが対応しているから買えない…と、悲しむ声はよく聞きます。

自分が使いたいケースを使用することができるのは、やはり最大のメリットになるようです。ケースのデザイン面を重視する方は、iPhoneの使用をおすすめします。

iPhoneを選ぶデメリット

では、メリットが多いように思うiPhoneですが、その反対にデメリットは存在するのでしょうか?上記でもお伝えした防水性能の低さや、カスタマイズ性の低さは確かにデメリットといえます。しかし、機能面に関しては優秀なものです。

機能性のデメリットがあまりないように思えるiPhoneにも、実はデメリットといえる欠点はあります。

対応していない機能がある

iPhoneには、Android(アンドロイド)に対応している機能がない場合が多いです。上記でも説明した、おサイフケータイ機能やワンセグ機能もそのひとつです。

他にもAndroid(アンドロイド)でできて、iPhoneでできないことはいくつかあります。外部アプリなどをインストールできるAndroid(アンドロイド)に比べて、iPhoneは完全にApp storeのもののみになります。

性能は高いものの、対応していない機能があり、物足りなさを覚えるユーザーもいるようです。機能の少なさは、Android(アンドロイド)との大きな違いかと思います。

他にもデメリットといえることがいくつかあり、よくあげられるデメリットは「画面の割れやすさ」です。これは意見が分かれており、長年使っていても画面を割ったことがないという方もいれば、すぐに割れてしまうという方もいらっしゃいます。

しかし、実際に使用しているユーザーの声を聞くと、「iPhoneは割れやすい」という声の方が多いです。耐久性はAndroid(アンドロイド)の方が高いのかもしれません。

使用している保護フィルムなどの違いはあるとは思いますが、耐久度の高さで選ぶのであればAndroid(アンドロイド)の方が強いかと思います。

また、iPhoneを使っていると「スクリーンショットの音」が気になるという方もいらっしゃいます。基本的に、Android(アンドロイド)でスクリーンショットをとる際、機種にもよりますが音は鳴りません。

しかし、iPhoneでスクリーンショットを撮る場合、非常に多きな音が鳴ります。スクリーンショットを撮りたいのに、場所的に今は撮ることができない…など、そういった問題もあるようです。

スクリーンショットで音が消せないのは、盗撮防止などの意味もあるのですが、場所を選ぶことになるのはネックとなるようです。

細かい点でデメリットがあげられるiPhoneですが、画面の強度などは丁重に扱っていれば問題はないですし、スクリーンショットの音も普段使わない機能であれば、気になる点ではありません。

iPhoneも、これらのデメリットを許せるかどうかという点で使用するかどうかが変わります。Android(アンドロイド)とiPhoneの違いを、メリットを重視するかデメリットを重視するかでも考え方は変わってきそうです。

Android(アンドロイド)とiPhoneの違いについては以上になります。如何でしたか?自分にとって、より使い勝手が良さそうなスマートフォンはどちらだったでしょうか。

同じスマートフォンでも、Android(アンドロイド)とiPhoneでは大きな違いがいくつかあります。そのため、初めて購入する場合や買い換えるという場合でも、しっかりその違いを把握して選ぶことが大切になります。

今後、はじめてスマホにするという方。また、買い換える予定があるという方は、この記事を参考にして、Android(アンドロイド)とiPhone、どちらを使用するかを決めてみてください。

合わせて読みたい!比較に関する記事一覧

ThumbiPhoneの絵文字がAndroidで正しく表示されない?見え方を比較!
iPhoneからAndroidへ絵文字を送ると正しく表示されないことがあります。OSによって...
Thumb「Apple Music」と「Spotify」を徹底比較!どっちがおすすめ?
今回の記事では、「Apple Music」と「Spotify」を徹底比較!どっちがおすすめ?...
Thumb音楽聴き放題アプリ12社を比較!おすすめの有料定額音楽配信アプリは?
有料、無料プランや邦楽、洋楽、曲数を重視して音楽聴き放題アプリを比較しながら各音楽アプリにつ...
ThumbAndroidからiPhoneに乗り換えて後悔しない?メリット・デメリットを解説!
今回の記事では、AndroidからiPhoneに乗り換えて後悔しない?メリット・デメリットを...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
zk(ざき)
よろしくお願いします!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ