Safariとは?基本と使い方の基礎を初心者向けに解説

iPhoneやMacで使えるブラウザアプリのSafari。今回はまだSafariを使い慣れていないという方のために、Safaritとは何なのかから基本の使い方までをご紹介します。これを機に、ブックマークとは何かなど、新しい使い方を学んじゃいましょう!

Safariとは?基本と使い方の基礎を初心者向けに解説のイメージ

目次

  1. 1Safariとは?
  2. Apple製品に標準でインストールされているブラウザ
  3. 2Mac/iPhoneのSafariの基本的な使い方
  4. 検索をする
  5. タブを複数開く
  6. 3Mac/iPhoneのSafariの便利な使い方
  7. Webページをブックマークする
  8. リーティングリストを使ってオフラインでページを読む
  9. リーダー表示
  10. 4Mac/iPhoneのSafariの設定
  11. Safariの環境設定を開く方法
  12. 設定画面での操作
  13. おわりに
  14. 合わせて読みたい!Safariに関する記事一覧

Safariとは?

Safariとは何か

まずは基本の基本から。そもそもSafariとはなんなのでしょうか?どういう時に使うべきものなのでしょうか?

Apple製品に標準でインストールされているブラウザ

SafariとはApple製品に標準でインストールされているブラウザ

Safariとは、Webページを見るために使うブラウザアプリの1つです。FirefoxやGoogle Chromeなど、ブラウザアプリにはいくつかの種類がありますが、その中でもSafariはApple製品に標準でインストールされているブラウザとなっています。

つまりSafariとは、iPhoneやMacなどのApple製品における最も基本的なブラウザアプリ、と言えます。もちろん他のブラウザアプリを使用することもできますが、Safariはインストールの手間なく使える点が特徴です。

なお、SafariをApple製品ではなくAndroidで使う方法もあります。詳しくはこちらをご参照ください。

ThumbAndroidでSafariブラウザを使う方法は?
Safariをご存知でしょうか?iPhoneにデフォルトで搭載されているブラウザアプリです。...

Mac/iPhoneのSafariの基本的な使い方

Mac/iPhoneのSafariの基本的な使い方

それでは次に、iPhoneやMacにおけるSafariの基本的な使い方を見ていきましょう。基本的な使い方は知っているよ!という方は、次の「Mac/iPhoneのSafariの便利な使い方」までお進みください。

検索をする

SafariはWebページを見るために使うブラウザアプリですので、当然ながらWebページ検索をするのが最も基本的な使い方となります。調べ物をする際に使用したことがある方も多いことでしょう。

MacでのSafariの検索方法

Macですと画面一番上のこの部分、

iPhoneでのSafariの検索方法

iPhoneですと画面一番上のこの部分に検索したいキーワードを入力することで、簡単にWebページの検索ができます。もちろんキーワードではなく、閲覧したいWebページのURLでも大丈夫ですよ。

タブを複数開く

Safariのタブを複数開く

またSafariでは、複数のタブを同時に開くことができます。ちなみにタブとは、開いている1つ1つのページのことを指します。つまり、Safariのようなブラウザアプリでは、複数のWebページを同時に開くことができるんですね。

MacでSafariのタブを複数開くには

Macですと画面一番上のこのプラスマークの部分、

iPhoneでSafariのタブを複数開くには1

iPhoneですと画面一番下のこの四角の部分を押したあと、

iPhoneでSafariのタブを複数開くには2

画面一番下のこのプラスの部分を押すことで、新しいタブを開くことができます。複数のタブを並行して閲覧できるので、複雑な作業や調べ物をする際に便利です。

Mac/iPhoneのSafariの便利な使い方

Mac/iPhoneのSafariの便利な使い方紹介

さて、ここまではSafariとは何なのかから最も基本的なSafariの使い方まででしたが、ここからはもっと便利なSafariの使い方をご紹介します。Safariに詳しいあなたにも、意外と知らない機能があるかも?

Webページをブックマークする

気に入ったWebページをブックマークすることで、あとから簡単にそのWebページを開くことができるようになります。「ブクマ」と略すこともあるようです。

SafariでWebページをブックマークする手順1

Macですと、画面右上のこのボタンを押したあと、

SafariでWebページをブックマークする手順2

表示されるメニューの中から「ブックマークに追加」を選択して、

SafariでWebページをブックマークする手順3

好きな保存場所とWebページ登録名を決めてから「追加」を押せば、Webページのブックマークが完了します。ブックマークツールバーに登録すれば、画面上にブックマークしたページへのリンクを表示させることもできます。

なお、この記事はブラウザアプリの中でもSafariについてのご紹介ですが、SafariではなくGoogle Chromeでのブックマークのやり方も知りたい、という方はこちらの記事も参照してみてください。

リーティングリストを使ってオフラインでページを読む

Safariのリーディングリストとは

Safariでは、リーディングリストというものを使うことで、オフラインでもWebページを読むことができます。リーディングリストとは、簡単にいうとWebページを保存する機能、と理解すれば良いでしょう。

あとで読みたいと思ったWebページをリーディングリストに保存しておけば、メモ等を読むのと同じようにオフライン環境でもWebページが読めますし、読み終わったら削除することもできます。

Safariのリーディングリスト手順1

Macでは、画面左上のこのプラスマークを押すことでWebページをリーディングリストに追加することができ、

Safariのリーディングリスト手順2

この部分を押すことでリーディングリストの一覧を見ることができます。

リーディングリストに登録したサイトを、オフラインでも読めるように保存するには、リーディングリストのうち保存したいサイトのタイトルを、Controlキーを押しながらクリックしてください。

なお、この手順がなくても自動でオフライン用に保存する機能もありますが、こちらは後ほど「Mac/iPhoneのSafariの設定」にて詳しくご紹介します。

リーダー表示

Safariのリーダー表示とは

リーダー表示とは、ページ内の文字を読むのに特化したSafariの機能です。Webページの文字が小さくて読みにくい、広告のバナーなどがたくさん表示されて鬱陶しい……そんな時には、リーダー表示を使えば快適にWebページを読めるようになりますよ。

Safariのリーダー表示手順1

Macでは、タブの検索窓左側についている4本線をクリックすることでリーダー表示に切り替えることができますし、

Safariのリーダー表示手順2

リーダー表示後は検索窓の右側にあるAのボタンを押すことで、表示するフォントを調整することができます。

なお、Safariをずっと使っているとキャッシュ(履歴)が溜まってしまい、動作が遅くなるなどの問題が発生する場合があります。このような場合は、こちらの記事も合わせてお読みください。

Thumb【iPhone】Safariのキャッシュをクリア(削除)して軽くする方法
iPhoneのブラウザSafariのキャッシュクリア(削除)する方法をご紹介します。Safa...
ThumbGoogle Chromeのブックマークの保存場所はどこ?
快適動作で人気のWEBブラウザ、Google Chrome。乗り換えたばかりでお気に入り場所...

Mac/iPhoneのSafariの設定

Mac/iPhoneのSafariの設定

Safariとは何か、そしてSafariの便利な機能を使うにはどうすればいいか、お分りいただけましたでしょうか。ここからは、Safariを自分好みにカスタマイズするため、Safariの設定画面を使いこなす方法をご紹介します。

Safariの環境設定を開く方法

Safariの環境設定を開くには

まずはSafariの環境設定の開き方からです。Macでは一番上のバーから「Safari」を選択し、その中から「環境設定」を選んで押してください。

設定画面での操作

Safariの設定画面

設定画面では様々な操作を行うことができますが、ここでは

  • 一般
  • ブックマーク
  • 自動入力
  • セキュリティ
  • 詳細
の5つをご紹介します。

一般

Safariの設定「一般」

「一般」では、新しいタブを開いた際に開くWebページの設定や、ダウンロードしたファイルの保存先などを選ぶことができます。新しいタブを開いた際に開くWebページを新たに設定したい時には、「ホームページ」の横にそのページのURLを入力してください。

ブックマーク

Safariの設定「ブックマーク」

「ブックマーク」では、ブックマークの方法をカスタマイズすることができます。色々なカスタマイズ方法があるので、実際に試して自分に合うものを選択してください。

自動入力

Safariの設定「自動入力」

「自動入力」では、Webフォームなどに定型の情報を入力する際、自動で入力してほしい内容を選択できます。自動入力をオンにすれば入力の手間が省けて便利ですが、万が一の際のセキュリティが甘くなりやすいので、お気をつけください!

セキュリティ

Safariの設定「セキュリティ」

「セキュリティ」では、タブで開いているWebページが危険なサイトと判断された際に警告を出すか、およびJavaScriptを有効にするかを選択できます。ご自身の利用シーンに合わせて設定してください。

詳細

Safariの設定「詳細」

「詳細」では、言語設定など様々な設定をいじることができます。アクセシビリティなどもここで設定することが可能です。

特に「リーディングリスト」の「記事をオフラインで読むために自動的に保存」をオンにすれば、リーディングリストに登録したWebサイトがなにもしなくてもオフラインで読めるようになって便利ですよ!

おわりに

説明の終わり

いかがでしたか?この記事では、Safariとは何か、ブックマークやリーディングリストといった便利機能をどうやって使うか、そしてどうやってSafariの環境設定を変更するか、をご説明しました。

Apple製品ユーザーにとっては便利で欠かせないSafari。色々な機能を試して、ぜひ有効に活用してみてください!

合わせて読みたい!Safariに関する記事一覧

Thumb【iPhone】Safariでブックマーク(お気に入り)を追加・削除する方法
iPhoneユーザーが多い中でSafariは欠かせないアプリですよね。皆さんはお使いのiPh...
Thumb【iOS11】Safariでプライベートブラウズに瞬時に切り替える方法
Safariのプライベートブラウズを利用したことはありますか。iOS11からSafariのプ...
Thumb 【iPhone】Safariの広告ブロック「コンテンツブロッカー」の使い方!
Safariの邪魔な広告はコンテンツブロッカーでブロックできます。おすすめの広告ブロックのた...
Thumb【iPhone】Safariの閲覧/検索履歴を表示・削除(消去)する方法
iPhoneでSafariを使ってインターネットを閲覧すると検索履歴が残ります。Safari...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
キノピオ
インステ