Googleマップでストリートビューが見れない/表示されない時の対処法

Googleマップでストリートビューが表示されない不具合や見れない時の対処法を説明していきます。Googleマップのストリートビューが使えないバグが発生したり、アプリで見れないという現象が起きることがあるので、その対処法も説明していきます。

Googleマップでストリートビューが見れない/表示されない時の対処法のイメージ

目次

  1. 1Googleマップのストリートビューとは
  2. 世界中の風景のパノラマ写真を見ることができる
  3. 時々見れない/表示されないことがある
  4. 2Googleマップでストリートビューが見れないときの対処法〜PC版〜
  5. 使用しているOS・ブラウザを確認する
  6. セキュリティソフトをチェックする
  7. ブラウザのキャッシュ・cookieを削除する
  8. PCを再起動する
  9. 3Googleマップでストリートビューが見れないときの対処法〜スマホ(iPhone/Android)版〜
  10. アプリを最新版にアップデートする
  11. 位置情報サービス(GPS)をオンにする
  12. アプリを再起動する
  13. スマホ端末を再起動する
  14. 他のアプリを終了して動作を軽くする
  15. 4Googleマップのストリートビューで見れない場所がある場合
  16. 誰かが表示されないように申請した可能性がある
  17. 国によってはストリートビューが禁止/非表示になっていることも
  18. 5Googleマップではない「ストリートビューアプリ」を使う方法も

Googleマップのストリートビューとは

Googleマップのストリートビューとは、Googleが提供している「インターネット上である場所を実際に歩いているような体験ができる」サービスです。

実際にその場所に行ったことがなくても、その場所の土地勘などをつけることもできます。

事前にGoogleマップのストリートビューを見ておくことで、その場所へ行ったときに迷わずにたどり着くことができるので、非常に便利な機能になっています。

世界中の風景のパノラマ写真を見ることができる

Googleマップのストリートビューは、日本に限らず世界中の風景のパノラマを見ることができます。

例えば、こちらはオーストラリアのエアーズロックをGoogleマップのストリートビューで見てみます。

このようにわざわざ旅行に行かなくても、その場所に行ったような気持ちになれます。
実際に行けない人にとっては、非常に嬉しいサービスです。

時々見れない/表示されないことがある

Googleマップのストリートビューは、非常に優秀なインターネットサービスになっています。

ですが、Googleマップのストリートビューが不具合やバグなどにより、表示されないことで使えないという現象が起きています。

Googleマップが不具合やバグで閲覧できないときの対処法を説明していきます。

Googleマップでストリートビューが見れないときの対処法〜PC版〜

パソコンでGoogleマップのストリートビューが不具合やバグなどで閲覧できず、使えないときの対処法を説明します。

4つほど対処法があるので、一つずつ設枚していきます。

使用しているOS・ブラウザを確認する

まずは、自分が使用しているパソコンのOSとブラウザを確認していきます。

OS古いものであったり、普段使っているブラウザとの相性が悪いと、Googleマップのストリートビューが使えないことがあります。

まずはOSの確認方法です。
「Windowsキー」を押しながら、「Rキー」を押します。
ファイル名を指定して実行が表示されるので、「winver」と入力して、「OK」をクリックします。

表示されたダイヤログボックス内に、自分のパソコンのバージョンが表示されるので、確認することができます。

次に、使っているブラウザの確認ですが、主にInternet Explorerを使っている人に不具合が起きて表示されないことが多いようです。

ブラウザを新しいものにするか、Googleクロームに変更してください。

GoogleマップはGoogle社が提供しているサービスなので、Googleクロームで閲覧することをオススメします。

セキュリティソフトをチェックする

次に、お使いのセキュリティソフトを確認します。

使っているセキュリティソフトの影響で、Googleマップのストリートビューが使えない不具合やバグが起きている可能性があります。

セキュリティソフトによるブロックを解除してから、ブラウザを最新版にアップデートすることで、Googleマップのストリートビューが閲覧できるようになることがあります。

それでも解消されない場合は、セキュリティソフトを止めるか、違うセキュリティソフトを使うようにしてください。

ブラウザのキャッシュ・cookieを削除する

ブラウザのキャッシュ・cookieにより、Googleマップのストリートビューが閲覧できない不具合やバグが起きることがあります。
なので、ブラウザのキャッシュ・cookieを削除する方法を説明していきます。

今回は、Googleクロームでキャッシュ・cookieを削除する方法を説明します。

まずはGoogleクロームを起動します。
クロームのブラウザが開いたら、キーボードで「Ctrlキー」と「Hキー」を同時に押して、履歴ウィンドウを開きます。

履歴を開いたら、左側にある「閲覧履歴データを消去」を選択します。

閲覧データを消去する、という画面になります。

期間を決めて、「キャッシュされた画像とファイル」にチェックが入っていることを確認して、「データを消去」を選択します。

これで、ブラウザのキャッシュが消去されました。

PCを再起動する

上記の方法を試しても、まだGoogleマップのストリートビューが使えない不具合やバグが起きる場合は、パソコンを再起動します。

再起動したら、Googleマップのストリートビューが使えるか確認してください。

Googleマップでストリートビューが見れないときの対処法〜スマホ(iPhone/Android)版〜

今までは、パソコンのGoogleマップでストリートビューが使えないときの対処法をお伝えしてきました。

Googleマップのストリートビューは、スマホアプリでも見ることができます。
なので、Googleマップのストリートビューがスマホで使えないときの対処法を説明していきます。

アプリを最新版にアップデートする

Googleマップのストリートビューが見れない原因として、Googleマップのアプリが最新版にアップデートされていないと、表示されないことがあります。

なので、アプリは最新版にアップデートするようにしましょう。

iPhoneの場合は、まずApp storeを開きます。
App storeを開いたら、右下側にある「アップデート」を選択します。

最新版にアップデートされていないと、アップデートの保留中の一覧に表示されます。
アップデートを選択して、最新版にアップデートしてください。

アップデート保留中の欄に、Googleマップがなければ、Googleマップは最新版にアップデートされているので、何もする必要はありません。

位置情報サービス(GPS)をオンにする

Googleマップのストリートビューは、位置情報サービス(GPS)をオンにしていないと、表示されないことがあります。

なので、Googleマップの位置情報サービスをオンにしましょう。

iPhoneの場合は、設定アプリを開きます。

設定のメニュー一覧になるので、「プライバシー」を選択します。

プライバシーの画面になるので、「位置情報サービス」を選択します。

下の方にアプリの一覧が表示されますので、「Googleマップ」を選択します。

Googleマップを選択したら、「許可しない」、「このAppの使用中のみ許可」、「常に許可」の3つを選ぶことができます。

「このAppの使用中のみ許可」か「常に許可」のどちらを選んでください。
これで、Googleマップの位置情報サービスがオンになりました。

Androidの場合は、ホーム画面から「通知パネル」を開いて、「位置情報サービス」をオンにします。

そして、ホーム画面から「設定アプリ」を開いて、「位置情報サービス(GPS)をオンにします。

アプリを再起動する

Googleマップアプリを再起動する方法を説明します。

iPhoneの場合は、ホームボタンを2回押します。
起動しているアプリが表示されるので、Googleマップアプリを上にスワイプして、アプリの起動を止めます。

そうしてもう一度、アプリを起動させてみてください。

Androidの場合は、ホーム画面の「□(画面の右下)」を選択します。

マルチタスク画面から、Googleマップアプリの動作を停止させます。
その後、アプリを再起動させてください。

スマホ端末を再起動する

先ほど、アプリを再起動させる方法を説明しましたが、スマホ端末自体を再起動する方法を説明します。

iPhoneの場合は、「電源ボタン(スリープボタン)」を長押します。
「スライドで電源オフ」と表示されるので、スライドさせて電源を切ります。

その後、また「電源ボタン(スリープボタン)」を押して、スマホを起動させてください。

Androidの場合は、「電源ボタン(スリープボタン)」と「ホームボタン」を同時に押して、スマホ端末を再起動させてください。

他のアプリを終了して動作を軽くする

Googleマップアプリではなく、他に起動しているアプリがあると、それが原因でうまく表示されないことがあります。

なので、他に起動しているアプリがあれば、アプリを終了して動作を軽くしてください。

iPhoneの場合は、ホームボタンを2回押します。
起動しているアプリが表示されるので、Googleマップアプリ以外をすべて上にスワイプして、アプリを終了させます。

Androidの場合は、ホーム画面の「□(画面の右下)」を選択します。
マルチタスク画面から、Googleマップアプリ以外に起動しているアプリをすべて終了させます。

Googleマップのストリートビューで見れない場所がある場合

Googleマップのストリートビューは、見れない場所があります。
2つの原因がありますので、それぞれ説明していきます。

誰かが表示されないように申請した可能性がある

Googleマップのストリートビューでは、他人に家を見られたく人という方に向けて、表示されないように申請を出すことができます。

表示されないように申請をしているために、Googleマップのストリートビューが表示されない可能性があります。

国によってはストリートビューが禁止/非表示になっていることも

Googleマップのストリートビューが禁止や非表示になっている国があります。

「インド」では、ストリートビューが禁止になっていて閲覧することができません。

その他、「アラスカ」、「ブラジル・ボリビアの一部」、「オセアニア諸国」、「ベトナム」、「韓国」、「中国」、「北朝鮮」、「ミャンマー」、「南アフリカとボツナワ以外のアフリカ」、「ドイツ一部」

これらが挙げられます。

Googleマップではない「ストリートビューアプリ」を使う方法も

現在は、Googleマップ以外にも、ストリートビューを見ることができるアプリがあります。

「ストリートビュープラス street&view 地図」などが使いやすいようです。

Googleマップでストリートビューが見れない場合は、他のアプリを使うのも良い方法です。

Googleマップでストリートビューが見れないときの対処法を説明してきました。
システム上、バグや不具合が起こることがありますが、焦らずに対処していきましょう。

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
麻倉千聖

人気の記事

人気のあるまとめランキング
インステ