【WeChat】LINEとの共通点と違いをくわしく解説!

WeChatとは「中国版LINE」とも言われており、コミュニケーションツールとして使われております。では、WeChatとLINEには、どんな共通点があり違いがあるのでしょうか。メッセージや機能、無料かどうか?などすべてのことを比較していきたいと思います。

【WeChat】LINEとの共通点と違いをくわしく解説!のイメージ

目次

  1. 1WeChatとLINEの概要
  2. 運営会社
  3. 利用しているユーザー数
  4. 2WeChatとLINEの共通点
  5. メッセージのやりとり
  6. 通話
  7. 近況の投稿
  8. 友達検索
  9. スマホを振って連絡先交換
  10. 多言語に対応
  11. 企業のPRに活用できる
  12. 3WeChatとLINEの違い〜機能〜
  13. 既読機能
  14. 無料のスタンプ
  15. 近くにいる人を検索
  16. メッセージボトル
  17. コミュニケーション機能
  18. 4WeChatとLINEの違い〜決済サービス〜
  19. WeChat Payの利用状況
  20. LINE Payの利用状況
  21. まとめ
  22. 合わせて読みたい!LINEに関する記事一覧

WeChatとLINEの概要

WeChat

WeChatとは、中国で生まれた中国最大のコミュニケーションツールです。「微信=WeChat」「支付=支払い」という中国語を日本の町でも見かけるようになりましたが、実はこれWeChatで支払うことができるという単語なのです。

このように、中国からの観光客が日本の町でWeChatを使っている姿を多く見かけるようになりました。WeChatは、中国を中心とした中華圏で使われていますが、最近では世界で使われるようになっており、人気のコミュニケーションアプリなのです。

そんなWeChatですが、あの「LINE」と似ていると一部で話題なのです。WeChatは「中国版LINE」とも呼ばれており、無料で使うことができます。そんな中国版LINEと言われている、WeChatを詳しく紹介していきたいと思います。

WeChat - Free messaging and calling app
コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

運営会社

WeChatの運営会社は「大手IT企業テンセント(中国語:騰訊)」が製作した無料インスタントメッセンジャーアプリです。

中国版WeChatは「Tencent Holdings Limited」が提供会社となっています。

利用しているユーザー数

WeChatの利用者数(ユーザー数)は、全世界10.825億人(MAU)となっています。WeChatのユーザー数は世界でもトップクラスのユーザー数です。多言語に対応をしていますので、WeChatのユーザー数は多いのは当然です。

あのLINEのユーザー数は、1億6,800万人となっております。LINEのユーザー数と比較すると、いかにWeChatのユーザー数が凄いということがよく分かります。

ThumbLINE MUSICは無料期間の後は自動課金される?料金プランや機能・有料プランについて解説
LINE MUSICの3ヶ月間の無料体験期間があります。無料期間が過ぎた後は自動的に有料プラ...

WeChatとLINEの共通点

LINE Pay

WeChatとLINEの共通点の表


機能

WeChatとLINEの共通点
メッセージ チャットでメッセージのやり取りができる
グループチャットの設定もあり、写真やスタンプの送信・受信可能
相手をブロックする機能がある

通話

インターネットの回線を使って音声、ビデオ通話が可能

モーメンツ

LINEでいうタイムラインと同様の機能で、近況や告知などアップすることができる

友達検索

QRコードやIDで検索ができる

シェイク

LINEの「ふるふる」機能と同様のもので、近くにいる人と同時にスマホを振ると連絡先の交換などが可能

メッセージのやりとり

WeChatとLINEは、どちらもメッセージのやり取りでコミュニケーションをとることができます。グループチャットやスタンプなどもWeChatとLINEは利用可能ですので、違いはありません。

メッセージ機能の共通点は、ほぼ同じだと思ってもいいでしょう。

通話

WeChatとLINEの続いての共通点は、通話です。WiFiやモバイルデータ通信を使って音声、ビデオ通話に対応しております。電話でのコミュニケーションの違いはなく、音声電話とビデオ通話を楽しむことができます。

近況の投稿

近況の投稿という機能もWeChatとLINEどちらも共通点の機能です。WeChatではモーメンツと言う機能で、近況や告知などを公開することができます。

友達検索

つづいてのWeChatとLINEの共通点は、どちらも友達検索に対応しています。QRコードやIDで友達を検索することができます。

スマホを振って連絡先交換

また、連絡先交換手段もWeChatとLINEに共通点があるのです。それは、LINEの「ふるふる」機能と似たような機能がWeChatにもあるのです。お互いにスマートフォンを振るだけで、連絡先を交換できるという優れた機能が搭載しています。

多言語に対応

WeChatとLINEが世界中で使われている理由である「多言語」に対応しているという共通点があります。

WeChatの多言語の内容は、中国語はもちろん、英語、日本語、スペイン語、韓国語、イタリア語などの約20言語に対応しています。

LINEも、多言語に対応しており日本語、英語、中国語、アラビア語、イタリア語などの全17言語に対応しており、どちらも多言語対応しております。

企業のPRに活用できる

そして、WeChatとLINEは「企業のPRに活用できる」という共通点があります。

WeChatのビジネスアカウントでは、ユーザーにメッセージを送信したり、企業がオリジナルのメニューを作成・設置し、自社のコンテンツに効果的に誘導することが可能です。さらに、自社アプリとの連結もできるアカウントもあります。

LINEでは、「LINE@」と「LINE公式アカウント」という企業のPRに活用できるアカウントがあります。

ThumbLINEでブロックを解除して友達リストに復活(再追加)する方法!ブロック解除するとトーク履歴や通知でバレる?
LINEでブロックを解除して友達リストに復活(再追加)する方法はあるのでしょうか。また、LI...

WeChatとLINEの違い〜機能〜

WeChatとLINEの機能の違いの比較表


機能

WeChatとLINEの違い

既読機能

WeChatには既読機能は搭載していない

スタンプ

LINEに比べて無料のスタンプが豊富

近くにいる人

位置情報をONにすることで近くにいる人(他人)をリアルタイム検索できる

メッセージボトル

「海にメッセージを入れた瓶を流す」という仕組みで知らない人のメッセージを拾ったり、送ることができる出会いの機能

既読機能

LINEには、既読機能がありますが、WeChatには既読機能はありません。

無料のスタンプ

LINEは、有料のスタンプが多い傾向がありますが、WeChatは無料で使えるスタンプが豊富で楽しいです。

近くにいる人を検索

位置情報をONにすることで近くにいる人を検索できるという機能がWeChatにはあります。

メッセージボトル

海にメッセージを入れた瓶を流すというコンセプトをとっているメッセージボトルと言う機能がWeChatにはあります。知らない人のメッセージを拾ったり、送ることができる出会いの機能です。

コミュニケーション機能

WeChatには、まだまだ機能が存在します。WeChatにだけしかない機能を2つ紹介していきます。

お年玉を贈る

WeChatには「お年玉を贈る」という機能があります。中国ではWeChatを使ったてお年玉を贈るという文化があります。個人でもグループチャットでもお年玉を贈ることができます

シェイク機能

シェイク機能とは、スマートフォンをシェイクするのです。丁度同じタイミングでシェイクした人とユーザー情報がお互いに送信されるという面白い機能です。興味を持った相手であれば連絡を取り合うことが可能となります。

ThumbLINEアルバムの削除方法!写真を削除すると相手も消える?復元は?通知についても解説
LINEには、アルバムという写真を共有できる機能があります。そんなLINEアルバムの削除には...

WeChatとLINEの違い〜決済サービス〜

最後に、WeChatとLINEの違いについて比較するのは「決済サービス」です。WeChatとLINEは、決済サービスにも対応しています。

お互い「WeChat Pay」と「LINE Pay」という決済サービスがありますので、説明をしていきたいと思います。

WeChat Payの利用状況

中国国内では、WeChat Payを利用できる店舗が最近急激に増えており、都市であればほとんどの店舗で支払いを済ますことが可能です。

そして、一部の大型スーパーなどでは、WeChat Pay対応モバイル決済専用のレジが大半を占めています。また、日本国内でも使えるお店が増えてきました。

LINE Payの利用状況

LINE Payは、WeChat Payと比べると使用できるお店が少ない傾向があります。日本国内でも使えるお店がまだ少ないのが現状です。

まとめ

以上が、【WeChat】LINEとの共通点と違いをくわしく解説!の記事でした。WeChatとLINEは多言語、無料、機能などさまざまな共通点がありましたが、WeChatにしかない機能もありますので、要チェックです。

それでは、この記事を参考にしてWeChatを日本でも使ってみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!LINEに関する記事一覧

Thumb【LINE CONOMI】レビュー投稿でLINE Pay残高1,000円がもらえる!
グルメサービス「LINE CONOMI」が、レビュー投稿でLINE Pay残高1,000円が...
Thumb
Thumb【LINE Pay】オンライン決済方法!支払いできるお店も紹介!
LINEのオンライン決済サービス「LINE Pay」とは、国内で3,000万人以上がダウンロ...
Thumb「LINE WORKS」の料金プランと支払い方法を解説!
LINE WORKSの料金プランと支払い方法をご存知ですか。月額プランや年額プランにも特徴が...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
KENERO
インステ