ツイフィールの作り方やリンクURLの貼り方/載せ方は?

ツイッターのプロフィール欄の文字数だけでは物足りない、もう少し自己紹介を書きたいと思う方は多いのではないでしょうか。そんな時に役立つサービスがツイフィールです。今回はそのツイフィールの作り方やリンクURLの貼り方・載せ方をくわしく解説していきます。

ツイフィールの作り方やリンクURLの貼り方/載せ方は?のイメージ

目次

  1. 1ツイフィールとは?
  2. 2ツイフィールの作り方
  3. 3ツイフィールの各所設定
  4. 4ツイフィールは安全なの?

ツイフィールとは?

ツイッターのプロフィール欄だけでは文字数が少ない、もう少し長く自己紹介を載せて同じ趣味の友達を探せるようにしたいと思っているユーザーのために生まれたのがツイフィールです。

今回はそんなツイフィールの作り方やプロフィールの書き方、そしてリンクURLの貼り方・載せ方まで解説していきます。

Twitter専用プロフィール

ツイフィールはツイッター専用のプロフィールです。ツイッターのプロフィール欄の文字数は160文字までしか載せられませんが、ツイフィールの文字数はなんと1万文字です。

ツイッターのプロフィールだけでは載せきれない自己紹介をツイフィールに載せるユーザーが増えています。

Twitterのプロフより多く情報を載せられる

ツイフィールについて解説する前に、まずツイッターのプロフィール欄といえばこのような感じです。

プロフィール欄に載せられる文字数は160文字なので、自己紹介としては少し物足りないという人が多いのではないでしょうか。

ツイフィールの文字数は1万文字が書き込めますので、プロフィールとしての情報量が抜群に増えるというメリットがあります。ツイフィールで自己紹介を事細かに書いて自分を知ってもらい、友達を増やせるというメリットもあります。

ThumbTwitterアイコンの画像サイズを最適に変更/作成する方法【Twitterプロフィール】
Twitterとは世界中で利用されているSNSアプリです。そんなアプリだからこそ、アイコンや...

ツイフィールの作り方

ではさっそくツイフィールを作っていきましょう。ツイフィールの作り方・書き方、リンクURLの貼り方・載せ方はとても簡単ですので、気になった方はぜひメリットがたくさんあるツイフィールを作ってみるといいでしょう。

ブラウザで公式ページへいく

ツイフィールの作り方としては、まずブラウザからツイフィールの公式ページを開きます。「ツイフィール」と検索するか、http://twpf.jp/account/createとURLを入力することでツイフィールの公式ページにアクセスできます。

プロフィール作成をタップ

では、ツイフィールを作っていきます。ツイフィールの公式ページに辿り着いたら、「プロフィールを作成」をタップします。

Sign in with Twitterとタップ

ツイフィールの公式サイトで「プロフィールを作成」に進むとこのような画面になります。

ツイフィールでプロフィールを作成するにはまずこの「Sign in with Twitter」をタップしてご自分のツイッターアカウントにログインしてください。

そうすると次に「連携アプリを認証する」という旨のボタンが出てきますので、認証してツイフィールを使えるようにしてください。

ログインしプロフィールを作成をタップ

ツイフィールの連携を認証できたら、改めて「プロフィールを作成」をタップして、これでいよいよツイフィール作成の準備は完了です。ツイフィールの大きなテキストボックスが表示されますので、そこに文字数1万文字以内でお好きなように自己紹介を書けます。

ツイフィールのこのテキストの書き方は自由ですので、見やすいように工夫をしながら自分なりのツイフィールを作っていきましょう。

ツイフィールの作り方・書き方は自由なので、1万文字という長文が掲載できるメリットを活かして自己紹介を書いてご自分をアピールしましょう。

ツイフィールの書き方としては基本的には名前(HN)、好きなものや趣味、好きな作品名、漫画やアニメなどが好きな方であれば好きなキャラクターなどについて書くといいのではないでしょうか。ツイフィールのメリットはそうした好きなものをたくさん書けることにあります。

ツイフィールの作り方・書き方はいくらでも自由に考えられると思いますので、文字数が多いメリット、好きなものを紹介できるメリットを活用して、同じ趣味の仲間を探したり、ツイフィールを有効に使っていきましょう。

ツイフィールで自己紹介を入力したら、「設定を保存」をタップすることも忘れないでください。

ツイフィールの各所設定

ツイフィールでは「もっと自己紹介」という先ほどご紹介した文字数1万文字が入力できるテキストボックスの他にもタグを設定することで他のユーザーのツイフィールを検索したりして友達を増やせるというメリットがあります。

文字数が多いだけではなく、ツイフィールではこうしたタグがとても便利に使えますので、ツイフィールを作ったらツイフィールのタグを活用することをおすすめします。

タグの設定

こちらではツイフィールのタグの書き方について解説していきます。ツイフィールのタグの書き方もとても簡単なものです。

パーソナルタグ

まずこちらはツイフィールのパーソナルタグです。

ツイフィールのパーソナルタグというのはご自分を簡単に表す単語です。性別や年齢・年代、血液型、職業、居住地や性格、見た目など、短い単語で表現できるものを自由に入力してください。

ツイフィールではパーソナルタグから同じタグを書いている人を検索できますので、こちらは設定しておくと便利です。

好きなものタグ

続いてツイフィールの好きなものタグです。こちらは趣味や食べ物、人物、場所や好きな作品名などを入力してみましょう。

ツイフィールを作成するユーザーはこうした趣味などを紹介する方が多いですし、ツイフィールでこのタグを設定することで仲間を見つけることや、逆に誰かに見つけてもらうことができるようになります。

苦手なものタグ

ツイフィールの苦手なものタグは設定しておくと似た感覚の持ち主のユーザーを探せるのではないでしょうか。ツイフィールを作成したら、好きなものだけではなく、こちらも入力しておくと便利です。

フリータグ

最後にツイフィールのフリータグです。

説明の通り、ツイフィールのパーソナルタグや好きなものタグに書く程でもないキーワードをこちらで設定できます。意外なキーワードを入力することで、ツイフィールで気の合うユーザーが見つかることもあるのではないでしょうか。

プロフィール検索

ツイフィールでは他にツイフィールを利用しているユーザーを検索することもできます。趣味が合いそうなユーザーを見つけたら、ツイフィールの中の「ユーザー名」からツイッターのリンクへアクセスしてフォローするなどして仲良くなることも可能です。

ツイフィールのメニューから「プロフィール検索」をタップして上のような画面が出てきたら、検索対象からタグの項目を選択し、検索ワードにタグを入力して検索してください。これで他のユーザーのツイフィールを検索できます。

ツイフィールの編集方法

一度作成したツイフィールを編集したい場合はツイフィールにログインして、「プロフィール設定」のところをご覧ください。

ツイフィールのそれぞれの項目が編集できるようになっています。「もっと自己紹介」が1万文字のフリースペース、タグはそれぞれのタグの編集画面になっています。ツイフィールの編集はこちらで行ってください。

そして、ツイフィールが完成したら肝心なことはツイッターのプロフィール欄にリンクURLを貼ることです。ツイフィールのリンクURLの貼り方・載せ方についても解説します。

まずご自分のツイッターアカウントにログインして、プロフィールの編集画面を開きます。

ツイフィールのリンクURLの貼り方・載せ方ですが、ツイッターのプロフィールの編集画面に「ウェブサイト」という項目があります。ここにツイフィールのご自分のURLを入力してください。

ツイフィールのURLは「http://twpf.jp/○○○」というものですが、この○の部分にはご自分のツイッターアカウントのIDが入ります。

ツイフィールを編集する際に「プロフィールを確認」という項目をタップするとご自分のツイフィールが表示されますが、そこでURLが確認できます。このツイフィールのURLをツイッターのプロフィール欄に貼り付けるだけです。

ウェブサイトの項目ではなく、プロフィールのフリースペースにリンクURLを貼り付けてもリンクが反映されます。ツイフィールのリンクURLの貼り方・載せ方についてはこれだけなのでとても簡単です。

ツイフィールのおすすめテンプレ

ツイフィールでは表示されるデザインをいくつかのテンプレートから選択できます。ツイフィール公式のデザインはデフォルト、デザインA~Eの6種類のテンプレートです。

これはPC版ツイフィールでしか使用できませんが、PCからツイフィールにログインし、「オプション設定」の中にある「デザインの設定」からツイフィールのテンプレートを設定できます。

ThumbTwitterプロフィールに自分のInstagramアカウントのURLリンクを貼る方法
今回の記事では、Twitterプロフィールに自分のInstagram のリンクを貼る方法、ブ...

ツイフィールは安全なの?

ツイフィールは安全に使えるかどうかということは心配な点になります。ツイフィールの安全性について解説します。

アプリ連携認証をしないと使えないので心配

ツイフィールはツイッター専用のプロフィールサービスであり、アプリの連携認証をしないと作成ができないようになっています。ツイッターアカウントを持っている人なら誰でもツイフィールを作成できますが、それ以外の人はツイフィールを使えません。

しかし、アプリの連携認証自体が心配、という方も多いでしょう。アカウント乗っ取りなどの悪質なアプリもあるためですが、ツイフィールはどうなのでしょうか。

安全なので大丈夫

ツイフィールの連携を認証したことでアカウントの乗っ取り被害やスパム広告がツイートされてしまう被害などの報告は特に上がっていないので、ツイフィールの連携を認証しても安全だと言えます。

ツイフィールはとても簡単に、また自由にプロフィールを作成できますし、リンクURLの貼り方・載せ方もとても簡単です。安心してツイフィールを利用してください。

ツイフィールを装ったサイトには注意

今のところ見かけてはいませんが、ツイフィールを装ったサイトやツイフィールへのログインなどを求めるようなメールやツイートにはご注意ください。

多くのサイトにあるようないわゆるフィッシング詐欺が横行しています。ツイフィールの場合も例外ではないので、ツイフィールを装ったものには注意しましょう。

ツイフィールにログインする際はご自分でブックマークしたものや、直接URLを入力するなどして、ツイフィールのサイトであることを確認してからログインしてください。

今回は便利なサービス・ツイフィールについて解説しました。ツイフィールはとても便利に使えるプロフィールですので、ぜひ活用してツイッターで友達や仲間を見つけてください。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ゆい
よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ