Mac版Audacityでの音楽編集方法!インストールからMP3/WAV書き出しまで徹底解説

Mac版Audacityのダウンロード/インストール方法や、MP3/AAC/WAV形式での書き出し方法について解説します。また、Mac版Audacityを使用した音声ファイルの編集方法やファイル分割/合成作業など、様々な点をまとめてチェックしていきましょう。

Mac版Audacityでの音楽編集方法!インストールからMP3/WAV書き出しまで徹底解説のイメージ

目次

  1. 1Audacityとは?
  2. 2Mac版Audacityの導入方法
  3. 3Mac版AudacityでMP3/AAC/WAV書き出しできるようにする方法
  4. 4Mac版Audacityの使い方

Audacityとは?

MacにはQuickTimePlayerという音声録音ソフトが最初から入っていますが、編集作業やファイル形式を変更しての書き出し作業はやや複雑な手順が必要です。

Audacity(オーダシティ)を活用することで、音声ファイルの音声波形を確認しながらの編集作業ファイルの分割/合成作業様々なファイル形式での書き出しができるようになります。

今回の記事では、Macでの使用を想定したMac版Audacityについて、ダウンロード/インストールの方法から、MP3/AAC/WAVファイルへの書き出し方法、音声編集方法について解説していきます。

無料の音声編集ソフト

Audacity(オーダシティ)とは、Macで使用できる無料の音声編集ソフトです。単純な音楽ファイルの録音・編集だけでなく、エフェクト操作やノイズ除去といった編集作業も音声波形を見ながら直感的に行うことができます

様々なファイル形式に変換できる

Audacityはプラグインを追加することで、様々なファイル形式(MP3/WAV/AACなど)に変換して書き出しできるようになることも魅力的です。

ThumbAudacityでプロジェクトを.aupファイルで保存する方法
Audacityは無料ソフトですが、音声編集ができるので社会人にも学生にも人気です。プロジェ...

Mac版Audacityの導入方法

Mac版Audacityのダウンロードからインストールまでの手順について解説していきます。

ダウンロード

Audacity公式サイトのトップ画面

公式サイトにアクセスして、最新のMac版Audacityをダウンロードします。

ダウンロードサイト

Audacity公式サイトのOS選択画面

OS選択画面でMacを選択します。

Audacity公式サイトのダウンロードページのMacのインストール用dmgファイルを選択

Macのインストール用dmgファイルを選択してダウンロードします。
 ※スクリーンショットの時点ではバージョン2.3.1

Audacity公式サイトのダウンロードページの一覧から、「macOS DMG」の項をクリック

一覧から、「macOS DMG」の項をクリックすることで、Macのインストール用dmgファイルがダウンロードされます。

インストール

Audacityのダウンロードファイル

ダウンロードしたフォルダにある、Macのインストール用dmgファイルをダブルクリックします。

Audacityインストール時のMacのアプリケーションインストール用ウィンドウ

Macのアプリケーションインストール用ウィンドウが立ち上がったら指示の通り左側にある「Audacity.app」アイコンを右の「Applications」アイコンまでドラッグします。

Audacityインストール時のMacのアプリケーションフォルダ

Macのアプリケーションフォルダに「Audacity.app」が追加されます。追加された「Audacity.app」をダブルクリックしてください。

Audacityインストール時のMacのアプリケーションの起動確認画面

Macのアプリケーションの起動確認画面が表示されますので、「開く」をクリックします。アプリケーションが起動すれば、インストール完了です。

ThumbAudacityでMP3変換して書き出し・保存する方法!AAC/WAVの書き出しも解説
Audacityで音声ファイルをMP3に変換して、書き出しや保存する方法についてご説明します...

Mac版AudacityでMP3/AAC/WAV書き出しできるようにする方法

Audacityはファイル形式を変換できるプラグインを追加することで、様々なファイル形式(MP3/WAV/AACなど)に変換して書き出しを行うことができるようになります
ここでは、代表的なMP3/AAC/WAV形式に変換して書き出す方法を解説していきます。

MP3書き出しできるようにする手順

Mac版Audacityでは、ファイル形式をMP3に変換する際にLAMEというプログラムを使用します。一度Mac版Audacityを終了し(Commandキー + Q)、LAMEの設定を行いましょう。

LAMEのインストール

LAMEのダウンロードサイト

LAMEのダウンロードサイトにアクセスします

ダウンロードサイト

LAMEのダウンロードサイトのFmpeg and LAME on macOS / Mac OS X

Mac用のファイル一覧が「Fmpeg and LAME on macOS / Mac OS X」に用意されていますので、その中から「lame_64bit_osx.pkg」をダウンロードします。ダウンロードが完了したら、「lame_64bit_osx.pkg」をダブルクリックで実行します。

LAMEのインストールのlame_64bit_osxインストーラ

Macのインストーラが表示されますので、内容を確認しながら「続ける」→「インストール」→「ソフトウェアをインストール」と進めます。途中で管理者権限のパスワードを聞かれますので、間違わないように気をつけて入力をしてください。

LAMEのインストールのインストール完了

インストール完了のメッセージが表示されたら、「閉じる」を押してウィンドウを閉じて下さい。

MP3書き出し

MP3書き出しの音声ファイル読み込み

Mac版Audacityを起動し、変換を行いたい音声ファイルを読み込みます。
メニューの「ファイル」→「開く」を押し、編集を行いたいファイルを選択して「開く」を選択します。

MP3書き出しのMP3として書き出し

メニューから「ファイル」→「書き出し」→「MP3として書き出し」を選択します。

MP3書き出しの音声の書き出し

ファイルの名前、場所(Macの保存先)などを選択して、「保存」を選択します。

MP3書き出しのファイル設定情報入力

書き出すファイルに設定したい情報を入力し、「OK」を選択すると、Macの指定した場所にmp3形式に変換された音声ファイルが出力されます。

AAC/WAV書き出しできるようにする手順

次に、Mac版AudacityでAAC形式やWAV形式に変換して書き出す方法について説明します。変換する際にはFFmpegというプログラムを使用します。一度Mac版Audacityを終了し(Commandキー + Q)、FFmpegの設定を行いましょう。

FFmpegのインストール

FFmpegのダウンロードサイト

FFmpegのダウンロードサイトにアクセスします
 ※前項のLAMEのダウンロードサイトと同一です

ダウンロードサイト

FFmpegのダウンロードサイトのffmpegダウンロード場所

Mac用のファイル一覧が「Fmpeg and LAME on macOS / Mac OS X」に用意されていますので、その中から「ffmpeg_64bit_osx.pkg」をダウンロードします。ダウンロードが完了したら、「ffmpeg_64bit_osx.pkg」をダブルクリックで実行します。

FFmpegのインストールのffmpeg_64bit_osxインストーラ

Macのインストーラが表示されますので、内容を確認しながら「続ける」→「インストール」→「ソフトウェアをインストール」と進めます。途中で管理者権限のパスワードを聞かれますので、間違わないように気をつけて入力をしてください。

FFmpegのインストールのffmpegインストール完了

インストール完了のメッセージが表示されたら、「閉じる」を押してウィンドウを閉じて下さい。

AAC書き出し

AAC書き出しの音声ファイル読み込み

Mac版Audacityを起動し、変換を行いたい音声ファイルを読み込みます。
メニューの「ファイル」→「開く」を押し、編集を行いたいファイルを選択して「開く」を選択します。

AAC書き出しの音声の書き出し

メニューから「ファイル」→「書き出し」→「音声の書き出し」を選択します

AAC書き出しのM4A(AAC)ファイル(FFmpeg)選択

ファイルの種類で「M4A(AAC)ファイル(FFmpeg)」を選択します。また、ファイルの名前、場所(Macの保存先)などを選択して、「保存」を選択します。

AAC書き出しのファイル設定情報入力

書き出すファイルに設定したい情報を入力し、「OK」を選択すると、Macの指定した場所にAAC形式に変換された音声ファイルが出力されます

WAV書き出し

WAV書き出しの音声ファイル読み込み

Mac版Audacityを起動し、変換を行いたい音声ファイルを読み込みます。メニューの「ファイル」→「開く」を押し、編集を行いたいファイルを選択して「開く」を選択します。

WAV書き出しのWAVとして書き出し

メニューから「ファイル」→「書き出し」→「WAVとして書き出し」を選択します。

WAV書き出しのWAV音声書き出し設定

ファイルの名前、場所(Macの保存先)などを選択して、「保存」を選択します。

WAV書き出しのファイル設定情報入力

書き出すファイルに設定したい情報を入力し、「OK」を選択すると、Macの指定した場所にWAV形式に変換された音声ファイルが出力されます

Thumb【初心者】Audacityの使い方を基本操作からわかりやすく解説
音声編集ソフトAudacityの使い方とはどんなものかご存知でしょうか?Audacityのダ...

Mac版Audacityの使い方

Mac版Audacityには、音声ファイルの様々な編集機能が用意されています。ここでは、代表的な操作として、編集画面での操作、音声の分割/合成方法、音声の書き出し方法について解説します。

編集画面での操作

Mac版Audacityの音声ファイルの編集画面での操作を解説します。

編集画面の説明

編集画面の操作の音声ファイル読み込み

Mac版Audacityを起動し、変換を行いたい音声ファイルを読み込みます。
メニューの「ファイル」→「開く」を押し、編集を行いたいファイルを選択して「開く」を選択します。

編集画面の操作の編集画面

データに対応した、音声波形が表示されます。音声波形はクリックすることで位置を指定したり、ドラッグすることで範囲を指定することができます。細かい範囲指定は、メニューから「表示」→「拡大率」で音声波形の縮尺を変更すると指定がしやすくなります。

編集画面の操作の編集画面ボタン説明

左上の編集画面ボタンを使うことで、音声ファイルの確認や編集をスムーズに行うことができます。編集位置を特定する際などに活用して下さい。
 

一時停止 再生している音声を一時的に止める
再生 指定された位置から音声を再生する
停止 再生している音声を止める
初期位置に戻る 音声の先頭を指定する
終わりまで進む 音声の末尾を指定する
録音 マイクを使用して音声を録音する

編集画面の操作のカット部分説明

不要な部分をカット/結合したい場合は、ドラッグで編集したい箇所を選択し、メニューの「編集」タブから行いたい操作をクリックして下さい。
 

切り取り 指定した範囲のデータを一時領域に保管し、削除する
削除 指定した範囲のデータを削除する
コピー 指定した範囲のデータを一時領域に保管する
ペースト 指定した位置に、一時領域に保管したデータを貼り付ける
複製 指定した範囲のデータを別の作業領域に複写する

音声の分割/合成

1つの音声ファイルを複数のファイルに分割したり、複数の音声ファイルを1つに合成する方法を説明します。

1つの音声ファイルを複数のファイルに分割

音声ファイルの分割の音声ファイル入力

Mac版Audacityを起動し、変換を行いたい音声ファイルを読み込みます。
メニューの「ファイル」→「開く」を押し、編集を行いたいファイルを選択して「開く」を選択します。

音声ファイルの分割の分割範囲指定

分割したい箇所の音声波形をドラッグで選択すると、下部の時間枠に切り出す範囲時間が設定されます。
 

  • 左:再生時の現在時間
  • 中:スタート時間
  • 右:エンド時間

音声ファイルの分割のラベルトラックの追加

範囲時間の設定後、「Command + B」ボタンを押すと、下にラベルトラックが追加され、範囲時間が可視化されます。丸と矢印をそれぞれドラッグすることで、範囲時間の微調整を行うことができます

音声ファイルの分割の複数ファイルの書き出し

すべての範囲時間の設定が完了したら、「ファイル」→「書き出し」→「複数ファイルの書き出し」を選択します。

音声ファイルの分割の複数ファイルの書き出し形式指定

フォルダ(保存先)やフォーマットなどを選択して、「書き出し」を選択します。

音声ファイルの分割のファイル設定情報入力

分割するファイルごとに設定したい情報を入力し、「OK」を選択すると、Macの指定した場所に指定した形式に変換された音声ファイルがすべて出力されます

複数の音声ファイルを1つに合成

音声ファイルの合成の音声ファイル読み込み

Mac版Audacityを起動し、メニューの「ファイル」→「開く」を押し、最初の合成を行いたい音声ファイルを選択して「開く」を選択します。

音声ファイルの合成の音声の取り込み

メニューの「ファイル」→「取り込み」→「音声の取り込み」を選択し、追加で読み込みたい音声ファイルを選択して「開く」を選択します。

音声ファイルの合成のファイルの全体選択方法

追加で読み込んだ音声ファイルの左下「▲」の上の空白部をクリックすると音声波形全体が選択されるので、その状態でメニューから「編集」→「コピー」を選択します。

音声ファイルの合成のファイルの最後をクリック

1件目のデータの最後をクリックし、メニューから「編集」→「ペースト」を選択することで、1件目の最後に続けて2件目のデータが合成されます。追加で読み込んだ音声ファイルは左上の「×」を押して閉じて下さい。

他にも合成したい音声ファイルがある場合は、同様の手順で合成を繰り返して下さい
すべての合成が完了したら、次の「音声の書き出し方法」で書き出しを行って下さい

音声の書き出し方法

Mac版Audacityの一般的な音声の書き出し方法を解説します。
MP3/AAC/WAV書き出しなどのプラグインを追加して書き出す方法については、
Mac版AudacityでMP3/AAC/WAV書き出しできるようにする方法」を確認
して下さい。

音声の書き出しの音声ファイル読み込み

Mac版Audacityを起動し、メニューの「ファイル」→「開く」を押し、書き出しを行いたい音声ファイルを選択して「開く」を選択します。

音声の書き出しの音声の書き出し

メニューから「ファイル」→「書き出し」→「音声の書き出し」を選択します。

音声の書き出しの変換したい形式の指定

ファイルの種類で変換したい形式を選択します。また、ファイルの名前、場所(Macの保存先)などを選択して、「保存」を選択します。指定した形式よっては、追加でプラグインのインストールが必要な場合がありますので、ご注意下さい。

音声の書き出しのファイル設定情報入力

書き出すファイルに設定したい情報を入力し、「OK」を選択すると、Macの指定した場所に指定した形式に変換された音声ファイルが出力されます。

Mac版Audacityのできることについて、代表的な機能に絞って紹介しました。今回紹介したもの以外にも便利な編集機能が多数ありますので、メニューの各項目の内容を確認して、快適な音声ファイルの編集を行って下さい。

合わせて読みたい!Macに関する記事一覧

ThumbMacでエクセルやワードを使う方法!費用やWindowsとの違いは?
MacでWord(ワード)やExcel for Mac(エクセル)を使う方法は簡単です。ここ...
ThumbMacノートの選び方は?スペック・違いを比較!【2019】
薄型で持ち運びのしやすいMacのノートパソコンですが、Macのノートパソコンにも種類がありま...
ThumbDocker for Macのインストール方法を詳しく解説!
Docker for Macとは?どういものなのか知っていますか?本日はDocker for...
Thumb【Mac】Office365 soloのインストール方法を解説!
Macユーザーの皆さん、Office365がMacでも使用可能なことはご存知でしたか?Off...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
HaTa
わかりやすい記事作成を心がけます。よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング