「Slack」と「LINE WORKS(ラインワークス)」の機能を比較!

SlackやLINE WORKS(ラインワークス)といった無料のビジネスチャットは知っていますか?SlackとLINE WORKS(ラインワークス)とは何か?ビジネスチャットをするには、どっちが機能が優れているか?など価格などを比較して選び方を探して行きます。

「Slack」と「LINE WORKS(ラインワークス)」の機能を比較!のイメージ

目次

  1. 1SlackやLINE WORKSなどのビジネスチャットとは?
  2. 2ビジネスチャットの選び方
  3. 3SlackやLINE WORKSの特徴
  4. 4SlackやLINE WORKSの評価や口コミ
  5. 5SlackやLINE WORKSの機能
  6. 6SlackとLINE WORKSの機能や価格を比較
  7. 7SlackとLINE WORKSに共通する機能/特徴
  8. 8SlackやLINE WORKSがおすすめな人や会社は?

SlackやLINE WORKSなどのビジネスチャットとは?

Slack(スラック)やLINE WORKS(ラインワークス)とは聞いたことはありますでしょうか?最近は、Slack(スラック)やLINE WORKS(ラインワークス)のようなビジネスチャットというコミュニケーションツールが多くの企業で利用されているのです。

もしかしたらあなたの社内のパソコンにもSlack(スラック)やLINE WORKS(ラインワークス)といったビジネスチャットを使っているかもしれませんよ。ではなぜSlackやLINE WORKS(ラインワークス)のビジネスチャットを使う企業が増えていきたのでしょう。

それは、SlackやLINE WORKS(ラインワークス)の機能が特徴的で使いやすかったりするんです。本日はそんなビジネスチャットの選び方のコツを紹介します。機能・価格(無料)・口コミなどを比較して、選び方を行っていきましょう。

ビジネス上のチャット用のツールやサービス

ビジネス上のチャット用のツールやサービス

そもそもビジネスチャットとは?SlackやLINE WORKS(ラインワークス)とは?と知らないひとがいるかもしれませんので説明をしていきます。SlackやLINE WORKS(ラインワークス)とは、ビジネス上のチャット用のツールやサービスです。

SlackやLINE WORKS(ラインワークス)を利用する様々なメリットがあります。SlackやLINE WORKSは、ビジネスチャット用チャットアプリなので、ビジネスシーンにおいて大きいメリットがあるのです。ですからビジネスに特化した機能を搭載しているのです。

とは言え、SlackやLINE WORKS(ラインワークス)はどのようなビジネスコミュニケーションの特徴的な機能があるの?そしてどっちが機能的に優れていているのか比較しないと分からないと言うひとに向けて、この記事の最後にしっかりと比較をしていきます。

ビジネスコミュニケーションのための利用が想定されている

SlackとLINE WORKS(ラインワークス)は、パソコンやスマホでSlackアプやLINE WORKS(ラインワークス)を使うことができるので、どこでもSlackとLINE WORKSの機能を使いビジネスコミュニケーションに役に立てるような環境を作ってくれるでしょう。

このようなビジネスチャットの利用は、社内の連絡ツールとして最近は日常的に使うようになりました。iPhone/Androidスマホ・パソコンといった一般的に普及をしている端末で、Slackアプリにログインして機能を使うことができます。

端末によって使えないということがまず、ないというのが使いやすいのです。ビジネスコミュニケーションを目的とした機能が豊富なので、SlackとLINE WORKS(ラインワークス)どっちを使っても基本的に困ることはありません。

柔軟なグループの細分化/メンバー管理や権限の存在/セキュア性などの要素がある

ビジネスチャットの特徴的な機能の中には、柔軟なグループの細分化・メンバー管理や権限の存在・セキュア性などのビジネスシーンで役に立つような要素が詰まっています。このような要素は、一番重要視する機能なので比較する場合は重視していきましょう。

このような特徴を生かしていけば、複数人が参加するグループチャットを簡単に作成。コミュニケーションをとることができます。グループチャットにより、特定のメンバー間でメッセージの送信や返信ができます。リアルタイムで情報共有をすることが可能です。

このように、SlackとLINE WORKSの特徴的な機能を理解しておいて、お互い比較しあい口コミなどを参考にしていけば、どっちが社内の雰囲気に合うかどうかが判断できるのです。それではビジネスチャットの選び方について深堀していきます。

Thumb iTunesでAppが表示されない!iTunes12.7でアプリ表示が消えてなくなった時の対処法
iTunes12.7でアプリが表示されないことが話題となりました。iTunesでアプリが表示...

ビジネスチャットの選び方

SlackとLINE WORKSなどのビジネスチャットをまだ利用したことが無いひとならば。どっちがいいかどれがいいか?検討していると思います。あなたの企業の環境によってSlackとLINE WORKSなどのビジネスチャットどれにするかが重要です。

これからSlackとLINE WORKSなどのビジネスチャットを導入するのなら、社内の環境や利用企人数からそのビジネスチャットは無料なのか?価格も大事ですよ。初期費用が少ない(無料)のであれば、コストもかかることがないのです。

このような環境・特徴的な機能・価格は無料なのか?を重点に置いて選んでいきましょう。最終的には、これらを比較してどっちがいいか?などを考えていくといいですよ。

作業は社内or社外?

プロダクトマネージャー・プログラマー・デザイナー・ライターなどが多い企業ですと、基本的に外出することがなく、顧客と会うこともほとんどないと思います。そのため、社内で作業をすることがほとんどです。ですから社内に焦点を当てに行くといいですよ。

その場合、社内だけで使うことに長けたビジネスチャットを選んでいくのをおすすめします。そして、営業・店舗販売・運送などのスタッフが多い企業の場合、社内と社外向け双方に使えるビジネスチャットの特徴を生かした方が便利でしょう。

社内スタッフとのコミュニケーションも必要になりますし、お客様とコミュニケーションを取ることも必要になりますので、連絡をスピーディーに取ることが重要視される業務は後者を使うことによりフル活用することができますね。選び方は重要です。

利用企人数はどれぐらいか?

SlackとLINE WORKSなどのビジネスチャットを導入する時に、どれくらいの社内人数規模で使っていくのかをあらかじめ想定しておくとかなり便利になりますよ。ビジネスチャットの有料コンテンツは、基本的に社内の人数規模に左右されてしまいます。

このように規模によりセキュリティ面や、プロジェクト管理などの仕方が変化していきますので、ビジネスチャットの特徴をつかんだうえで、人数規模での選び方をしていくことが大切です。

価格が完全無料のビジネスチャットでしたら気にすることはあまりありませんが、どっちにしろセキュリティ面が不安になってきますので、しっかりとビジネスチャットの特徴を理解して選び方をしていきましょう。

無料トライアルはあるか?

ビジネスチャットの選び方を迷っていて、どうしようもない場合は無料トライアルがあるものを選択するといいでしょう。とりあえずビジネスチャットの口コミを信じられないというひともいるかもしれませんので、実際に使ってみて判断することも大切です。

無料トライアルがあれば、価格を気にすることなくそのビジネスチャットを使いこなすことができると予想できます。どっちがいいか迷ってしまった場合は、無料トライアルを利用して一度考えてみるのもおすすめですよ。

ThumbMacにデフラグは不要?デフラグのおすすめアプリ/ソフトややり方を解説【2018年最新版】
今回の記事では、Macにデフラグは不要?デフラグのおすすめアプリ/ソフトややり方を解説【20...

SlackやLINE WORKSの特徴

それでは、SlackとLINE WORKSをどっちがいいか選び方で迷っているひとは知っておかなければならないことがあります。それは、SlackとLINE WORKSのそれぞれの特徴を理解したうえで、どっちが良いか選び方は考えるべきです。

ですからここからは、SlackとLINE WORKSのそれぞれの特徴を紹介させていただきます。ご自分の社内の環境を考えながら、どっちの特徴を生かしたいか?を考えながら見ていきましょう。

Slackの特徴とは?

Slackの特徴とは?

Slackの特徴としてが、全ワークスペースの通知を受け取れることができます。Slackアプリでは1つのメールアドレスで複数のワークスペースに所属することができるのです。

そして、次のSlackの特徴は各ワークスペースに同時にログインが可能というところです。同時にログインができますので、ますますビジネスが捗ることでしょう。いちいちログインする作業が無くなるため効率も良くなりますよね。

Slackは、カスタマイズの自由度が高く、どれぐらいの頻度で個人メッセージを使っているかどうか、アクティブに使っているかが分かる解析機能を使うことができたり、絵文字が使えるなどとても自由度があることが魅力的な特徴だと思います。

LINE WORKSの特徴とは?

LINE WORKSの特徴とは?

LINE WORKSの特徴とは、タスクを管理する機能がサポートされています。LINE WORKSのカレンダー機能に連動する形で、タスク管理ができるようになっています。あのLINEと同じ操作画面であることから誰でもすぐに使えるというのがポイントです。

このようにLINE WORKSはLINEと同じ特徴があるんです。それは、LINEのように既読・未読にも対応しています。複数メンバーが参加しているグループチャットでは、部署名や個人名で検索すると、誰が既読で誰が未読なのかを確認することも可能です。

LINE WORKSのメール機能も同様で、相手がメールを読んだ場合には、「既読」として表示されます。ですから、きちんとメールを読まれたかを知りたい。読まれない心配をなくしたいということを防ぐことができるので便利です。

LINEとどう違う?

LINEとどう違う?

LINEでは友だちと「グループ」と呼ばれる単位をつくることができますが、LINE WORKSの場合は一つの組織としてアカウントを作成することができます。ですからつながる相手を管理者が詳細にコントロールすることが可能になります。

その他、LINE WORKSでは、予定を一発で把握できるカレンダーや社内イベントやプロダクト改善に使えるアンケート、送信取り消しも可能でセキュアなメール機能などを搭載しており、LINEとは比べ物にならないほど高機能を持っています。

完全にLINE WORKSとLINEは別物だと考えておいてください。一応言っておきますが、LINEをビジネスチャットにするなど考えない方がいいですよ。それでは、SlackやLINE WORKSの評価や口コミに移っていきましょう。

ThumbAppleがiTunesアフィリエイトからアプリを削除!iOS/Macアプリはアフィリエイト停止に
AppleがiTunesアフィリエイトからアプリを削除!iOS/Macアプリはアフィリエイト...

SlackやLINE WORKSの評価や口コミ

それでは、実際にSlackやLINE WORKSを利用したことのあるひとの評価や口コミを参考にして導入をするか判断してみたい。ということもあるでしょう。口コミや評価も選び方としては重要なポイントになるでしょう。

こういったSlackやLINE WORKSの口コミには、価格・機能など総合的なものが書かれているので、とても重要な意見です。やはり実際に使ってみないと分からないものもありますから、口コミは大事なのです。

Slackの評価や口コミ

AさんのSlackの評価や口コミ

チームのコミュニケーションツールの決定版。 他のサービスとの連携がものすごかったり、かゆいところに手が届くUIは毎日使うツールとしてはありがたい。 チャットのタイトルに日本語名を入れられない以外は不満はありません。

BさんのSlackの評価や口コミ

エンジニア向けのチャットツールなので、デザイナーやマネージャークラスが使用するとなると 導入の障壁が大きいと思うが、使い始めると大変使いやすいと思う。 導入後は細かい設定が変更でき、チームに合ったカスタムができる点は大変恩恵を受けている。

LINE WORKSの評価や口コミ

AさんのLINE WORKSの評価や口コミ

社内でのコミュニケーションが非常に円滑になった。対面以外にも、チャット、無料通話、ビデオなどコミュニケーションの幅が広がったので、内容とタイミングに合わせて最適なものを選択できる。社員間のストレスも軽減したようです。

BさんのLINE WORKSの評価や口コミ

当社ではこのサービス製品を社内でコミュニケーションを円滑に図るツールとして利用しています。また手軽に社員間で利用できるツールとして社内で導入を奨励していますね。セキュリティもかなりしっかりしているので社内ではとても評判です。

ThumbXperiaのLINEアプリで「LINEが停止しました」「繰り返し停止しています」と表示される原因・対処法【Androidスマホ】
XperiaのLINEアプリで「LINEが停止しました」「LINEが繰り返し停止しています」...

SlackやLINE WORKSの機能

さて、SlackやLINE WORKSの機能を簡単にご説明させていただきます。SlackやLINE WORKSの機能は便利ですが、実際に使ってみないとなかなか分からないと思います。ですからSlackとLINE WORKSの機能をあらかじめ簡単に理解しておきましょう。

Slackの機能

Slackは、ワークスペース単位で自分の好きなようにUIをカスタマイズできます。そしてプログラムコードを共有できます。ソースコードを簡単にメンバー間で共有することが可能なSlackは、IT企業などにとっては、必須な機能なので重要視されていますよ。

その仕事、Slack で。 | Slack

LINE WORKSの機能

LINE WORKSは、タスクを管理する機能があります。メッセージやメールの既読・未読に対応していますので、誰が既読で誰が未読なのかを確認することができるというメリットがあります。

注意点ですが、LINE WORKSのベーシックプラン以上で、この機能が使えるようになります。

LINEとつながる唯一のビジネスチャット - LINE WORKS
ThumbGmailの同期とは?AndroidでGmailアプリとGoogleアカウントを同期する方法を解説!
Androidのアプリ「Gmail」を使用する際に必要な設定となる「同期」とは何か、Goog...

SlackとLINE WORKSの機能や価格を比較

SlackとLINE WORKSの機能や価格を比較して行きましょう。そうすれば、どちらを利用すればいいのか一目瞭然になりますよね。

機能を比較

SlackとLINE WORKS共通する機能は、トーク・メンション・ビデオ通話・チャットBotなどのAPI・共有フォルダ・管理者機能などです。

異なる機能は、タスク管理・LINEユーザーとの会話・既読確認・画面共有・チャット内ノート・掲示板・カレンダー・アンケートなどです。SlackとLINE WORKSの機能はこう見ると全く違うものですね。

無料版を比較

SlackとLINE WORKSは無料版というものがどちらも存在します。Slackの無料版では、タスク管理・チャットBotなどのAPI・ログ・翻訳機能機能に制限があります。

LINE WORKSは、タスク管理・LINEユーザーとの会話やビデオ通話などに制限があり一対一でしかできません。

月額利用料を比較

Slackの月額料金はスタンダードは850円。プラスが1600円となっています。

LINE WORKSの月額料金は、ライト360円。ベーシック600円。プレミアム1200円。となっています。SlackとLINE WORKSの月額プランは価格によって、機能の制限がありますので価格が高いほど使える機能が増えるようになります。

SlackとLINE WORKSの機能/価格比較早見表

SlackとLINE WORKSの機能/価格比較早見表です。

  Slack(有料プラン LINE WORKS(有料プランのみ Slackの無料プラン LINE WORKSの無料トライアル
価格 「スタンダードプラン」は月額960円(税別)「プラスプラン」は月額1,800円(税別) 「ライトプラン」は月額360円(税別)、「ベーシックプラン」は月額600円(税別)「プレミアムプラン」は月額1,200円(税別) 無料 無料
機能制限 制限なし 制限なし 「アクセス10,000件まで」「ファイルストレージは5GBまで」 30日間まで制限なしで使用可

 

SlackとLINE WORKSどっちがおすすめ?

SlackとLINE WORKSの特徴や機能はお分かりになられましたか?

ITに関する記述が高く、社内にITエンジニアを抱えて主に開発をしている会社はSlackを選ぶと良いでしょう。LINEとの親和性が高く、誰でも簡単に使えるビジネスチャットツールを導入したい会社はLINE WORKSを導入するのをおすすめです。

Thumb画像/写真を左右反転させる方法!おすすめアプリを厳選【iPhone/Android/パソコン】
今回は、画像/写真を左右反転させる方法などおすすめアプリを紹介します。画像/写真を左右反転さ...

SlackとLINE WORKSに共通する機能/特徴

SlackとLINE WORKSに共通する機能と特徴を再確認していきましょう。

簡単にグループチャットができる

簡単にグループチャットができるという機能は共通しています。基本的なコミュニケーションはグループチャットを通して行うと便利ですよ。

ファイル共有機能が使える

仕事で必要な書類やプログラムコードなどを共有できるということは、どちらも共通していますので安心して使えますね。

豊富な連携ツールや外部サービスが利用可能

連携ツールや外部サービスが利用可能なのは、拡張性があり役に立つでしょう。他のツールと連携できることにより、従来よりも効率的に仕事が進められるようになるでしょう。

マルチデバイスで利用できる

複数のデバイスで同時にログインができるという共通したメリットがあります。いちいちログインするのは大変ですからね。

ThumbAndroidのファイルマネージャーのおすすめアプリは?ファイル管理を便利に【2018年最新版】
ファイルマネージャーがなかったり、試用版ファイルマネージャーしかなかったりするAndroid...

SlackやLINE WORKSがおすすめな人や会社は?

SlackやLINE WORKSがおすすめな人や会社は、どういったところなのでしょうか?自分の会社に合ったものなのか判断していきましょう。

Slackがおすすめな人や会社

Slackがおすすめな人や会社は、こういったタイプです。

ITエンジニアが多い会社

社内にITエンジニアを抱えて主に開発をしている会社にピッタリ合うことが予想できます。

自分らしくカスタマイズして使いたい人

自分の好きなようにカスタマイズできるUIが特徴的です。自分の好きなデザインにアレンジして気分を変えるのも良いでしょう。

LINE WORKSがおすすめな人や会社

LINE WORKSがおすすめな人や会社のタイプはどういったものなのでしょう?見ていきましょう。

簡単に使えるビジネスチャットツールを導入したい会社

簡単に誰でも使えるビジネスチャットツールを導入したいという目的が明確にしているのであれば、LINE WORKSをおすすめします。

「既読」を確認しながら仕事を進めたい人

仕事が遅れることのないよう、既読を確認しながら効率的に仕事を進めたいということを重点においているひとは、LINE WORKSしかこの既読機能は無いのでおすすめです。

まとめ

以上が、「Slack」と「LINE WORKS(ラインワークス)」の機能を比較!の記事でした。SlackとLINE WORKSどっちが自分の会社に合うか判断はできましたか?この記事を参考にして、SlackやLINE WORKSの特徴を理解して比較をしていきましょう。

合わせて読みたい!Slackに関する記事一覧

ThumbSlackの使い方!始め方・登録方法から基本操作まで完全ガイド!
Slack(スラック)をご存知でしょうか?Slack(スラック)とはビジネスにおいてとても心...
Thumb【Slack】メッセージの引用方法!共有との違いも解説!
会社がSlackを導入している場合、仕事のやりとりをSlackで行うことになります。ビジネス...
Thumb【Slack】アプリで使うメリットを詳しく解説!
Slackというアプリを使うとあらゆるメリットを受けられます。Slackアプリはブラウザでさ...
ThumbSlackアプリの使い方!基本設定や登録方法を解説!
ビジネスにも利用されているSlack(スラック)というアプリはご存知でしょうか?チームのコミ...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
KENERO

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ