「バンドルカード」をコンビニで使う方法を解説!

バンドルカードとは、誰でもカード払いが出来るカードとなっています。バンドルカードは基本的に、VISA加盟店であればコンビニでも使うことができ、リアルカードを発行することでコンビニで支払いが出来るようになります。コンビニでの使い方やチャージの方法をご紹介します。

「バンドルカード」をコンビニで使う方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1「バンドルカード」とは?
  2. 2「バンドルカード」をコンビニで使う際の事前準備
  3. 3「バンドルカード」にコンビニでチャージする方法
  4. 4「バンドルカード」をコンビニで使う方法
  5. 5「バンドルカード」が使えないときの対処法

「バンドルカード」とは?

バンドルカードとは、審査が不要となっているので誰でも作れるカードとなっています。スマートフォンアプリと連携してリアルカードも作れるとても便利なバンドルカードです。

クレジットカード決済やスマートフォン決済サービス以外のキャッシュレスとしてもとても優秀だといわれています。コンビニで使えるのも人気の一つです。

VISA加盟店で決済できるプリペイドカード

バンドルカードとは誰でも使うことができるVISAのプリペイドカードです。登録も簡単に出来て、バンドルカードのアプリでネットショッピング用の架空のバーチャルカードが作れます。

このバーチャルカードを作ると、チャージをするだけですぐにネットショッピングが出来るようになります。実物のカードを作ることも可能になっていて、実物のバンドルカードを作っておくと実際の店舗での買い物も出来ます。

このバンドルカードを使うには、実際の店舗でもコンビニでもVISAの加盟店でしか使えないので注意が必要です。

VANDLE CARD[バンドルカード] - 1分でカードを作って、3分でお買い物。
Thumbバンドルカードとは?特徴をくわしく解説!
バンドルカードとは、誰でも簡単に作れるVisaプリペイドカードです。今回はそんなバンドルカー...

「バンドルカード」をコンビニで使う際の事前準備

バンドルカード払いは、コンビニで利用できるバンドルカードの種類もありますが、コンビニがVISA加盟店であってもコンビニでは利用できないバンドルカードもあります。

バンドルカードには、バーチャルカード・リアルカード・リアル+カードの3種類があります。3種類のカードは、年会費も要らず無料で使うことも出来ますが、カード払いに対しての上限が違ったり発行手数料が違います。

リアルカードの発行方法

バンドルカードを起動

リアルカードの発行の仕方は簡単です。バンドルカードアプリを起動します。

カードタブをタップ

バンドルカードのメイン画面にあるカードのタブをタップします。

リアルカード発行をタップ

カードのタブを開くと、少し下の方にリアルカード発行という項目があるのでタップします。

カードの種類を選択

リアルカード発行をタップすると、カードの種類の選択が出てきます。通常のリアルカードは、発行手数料が300円からとなっています。下のバンドルカードリアルを選ぶをタップして進めていきます。

リアルカード+は600円から

リアル+カードは発行手数料が600円からとなっていて、チャージ金額の上限がリアルカードより高くなっています。更に海外でも使えるようになります。カード払いの上限を高くしたいのであればこちらを選ぶといいかもしれません。

カードのデザイン

カードの種類を選んだら、カードのデザインを決めていきます。ベーシックホワイトは300円・バンドルホワイト400円・バンドルイエロー400円となっています。デザインを決めたら下のタブをタップします。

カードの発行手数料

次にバンドルカードの発行手数料を支払います。バンドルカードに残高がない場合は、ポチっとチャージという機能ですぐに入金することが出来ます。

送付先の登録をタップ

発行手数料をチャージしたら、送付先の登録をタップします。

送付先の入力

氏名・郵便番号・都道府県などの送付先の情報を入力して決定をタップします。

注意事項の確認をタップ

送付先を入力し終わったら、注意事項の確認をタップします。

注意事項をよく読んでおく

注意事項では、バンドルカードのリアルカードを発行するにあたっての注意事項が書かれているのでよく読んでおくと良いです。

発行するボタンをタップ

発行手数料と送付先・注意事項のチェック欄が緑色になれば発行するボタンが押せるようになるので、発行するをタップして発行申請が完了します。バンドルカードのリアルカードは、だいたい数日から1週間程度で入力した送付先に郵送されます。

リアルカードとバーチャルカードの違い

バンドルカードのカード払いをするに当たって、バーチャルカードとリアルカードの違いとどちらがコンビニで使えるのかをご紹介します。

実店舗はリアルカード

バンドルカードのリアルカードとは、バンドルカードアプリから発行出来ます。発行手数料は、カードの種類やデザインによっても変わってきますが、300円から700円までとなっています。

1回のチャージ金額は、上限が3万円となっていて1ヵ月の上限は12万円となっています。リアルカードが使える店舗は、国内の実際の店舗のVISA加盟店海外のオンラインVISA加盟店となっています。

国内だとVISA加盟店の実際の店舗でも使うことができ、コンビニでもカード払いが出来るようになっています。

オンライン決済はバーチャルカード

バーチャルカードとは、バンドルカードをインストールしてアカウントを作ると発行できるアプリのカードの事です。発行手数料も無料で基本的に無料で使うことが出来ます。

1回のチャージ金額の上限が3万円で1ヵ月の上限は12万円となっています。金額の上限は、リアルカードと同じです。

バーチャルカードの使える店舗とは、国内のVISA加盟店と海外のVISA加盟店のオンラインショップのみとなっています。なのでバーチャルカードでコンビニでカード払いはできません。

インストール

iPhone版のバンドルカード

iPhone版のバンドルカードは、APPstoreからインストール出来ます。

‎「バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ」をApp Storeで
Android版のバンドルカード

Android版のバンドルカードは、Googleplaystoreからインストール出来ます。

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ - Google Play のアプリ

「バンドルカード」にコンビニでチャージする方法

コンビニで使えるバンドルカードのリアルカードに、コンビニで現金を使ってチャージする方法をご紹介します。

現金でチャージできるコンビニ

バンドルカードのチャージ方法は、様々なものがあります。コンビニやATM・ビットコイン・ネット銀行・docomo払いなどでもチャージが出来ます。

このチャージ方法は、クレジットカード決済や携帯の料金と一緒に請求されるものであって、現金でチャージはできません。しかし現金でチャージをしたいのであればコンビニに行けば出来ます。

対応しているコンビニは、ファミリーマート・ミニストップ・ローソンのLoppi設置店舗・サークルKサンクス・セイコーマートのコンビニとなっています。

唯一コンビニで現金でチャージできないのは、セブンイレブンとなっています。現金でのチャージは行えませんが、セブン銀行のATMならチャージが出来ます。

チャージ手順

コンビニでバンドルカードにチャージする手順をご紹介していきます。

チャージをタップ

バンドルカードのアプリの中にあるチャージのタブをタップします。

コンビニをタップ

チャージのタブの中かから、コンビニをタップします。

リクエスト作成をタップ

コンビニをタップすると、コンビニでのチャージの手順が書いてあります。その下のリクエスト作成をタップします。

コンビニを選んでチャージをタップ

リクエストの作成をタップすると、どのコンビニでチャージをするのか選択できます。チャージしたいコンビニを選んで、下にある選択したコンビニでチャージをタップします。

金額を入力して決定をタップ

チャージしたいコンビニを選ぶと、次にチャージ金額の入力が出てきます。チャージしたい金額を入力して決定をタップします。

バーコードを表示させる

ここではファミリーマートを選択しているので、ファミリーマートでのチャージ方法となっています。ファミリーマートでのチャージでは、アプリ上に出てくるバーコードを使ってレジで読み取ってチャージするといったとても便利な方法となっています。

ファミリーマート以外のコンビニでは、コンビニに設置してある発券機を使ってレジで支払いをしてコンビニでチャージが完了するような仕組みとなっています。

Thumb「バンドルカード」のポチッとチャージについてくわしく解説!
バンドルカードの後払い決済サービス「ポチッとチャージ」とは支払い期限以内に払うことで先に電子...
Thumb 「バンドルカード」のチャージ方法!選び方/手数料も解説!
未成年でも簡単に利用できるカードとして話題のバンドルカードのチャージ方法を紹介します。また、...

「バンドルカード」をコンビニで使う方法

バンドルカードをコンビニでチャージ出来たら、コンビニで支払う方法をご紹介していきます。

カード払いをする手順

バンドルカードはプリペイドカードと同じですが、クレジットカード決済と同じように使うことが出来るようになっています。

コンビニで支払う時には、カードの種類を言うのではなく支払いの方法を言いましょう。バンドルカードは、プリペイドカードなのでい、一括払にしか対応していません。様々なコンビニのバンドルカードでの支払い方法をご紹介します。

セブンイレブンで使う場合

セブンイレブンでバンドルカードを使うことは出来ます。他のコンビニでは、現金のチャージが出来ますが、こちらのコンビニでは現金でのチャージはできません

そして現金やクレジットカード・nanaco・電子マネーなどとの併用も出来ないので注意が必要です。バンドルカードを使ってのnanacoへのチャージも不可となっています。

ファミリーマートで使う場合

大手コンビニであるファミリーマートでもバンドルカードを使うことが出来ます。こちらのコンビニもファミマTカードとの併用・現金やクレジットカード決済・電子マネーとの併用は出来ないので注意が必要です。

決済機能が付いていないTポイントカードとの併用は出来ます。Tポイントカードでポイントを貯めている人は、バンドルカードでカード払いをしたときに一緒にTポイントカードを提示するとポイントが付くのでお得です。

ローソンで使う場合

バンドルカードはローソンでも使うことが出来ます。他のコンビニと同じく、現金・電子マネー・クレジットカードとの併用はできません。

しかし決済機能の付いていないポイントカードであれば併用してポイントが貯められます。バンドルカードと共に、ポンタカードやDポイントカードを見せることでポイントが貯められてお得です。

ミニストップで使う場合

ミニストップでもバンドルカードでカード払いが出来ます。他のコンビニと同様に現金・クレジットカード・電子マネーと併用はできませんので注意が必要です。

バンドルカードで支払いをする前に、WAONポイントカードを見せることでWAONポイントが貯まるのでお得になっています。

デイリーヤマザキで使う場合

デイリーヤマザキでもバンドルカードは使えます。こちらのコンビニも他のコンビニと同じように、現金とクレジットカード・電子マネーとの併用は不可となってますので注意が必要です。

支払いをする前に楽天ポイントカードを持っていれば、提示することで楽天スーパーポイントが貯まるようになっているのでお得にポイントを貯めることも出来ます。

セイコーマートで使う場合

セイコーマートのコンビニでもバンドルカードで支払いが出来ます。こちらのコンビニもVISA加盟店となっています。他のコンビニと同様に、現金とクレジットカード・電子マネーとの併用は出来ないので注意が必要です。

Thumb【バンドルカード】コンビニで使う方法!支払いの流れを解説!
クレジットカードのように使えるVisaのプリペイドカード「バンドルカード」をご存知ですか?今...

「バンドルカード」が使えないときの対処法

バンドルカードで支払いが出来ない時は、どうしたらいいのか対処法をご紹介します。

主な対処法

オンラインショップでバーチャルカードが使えない時やコンビニでリアルカードが使えない時とは、どうしたらいいのか詳しくご紹介します。

残高が不足している

コンビニなどでバンドルカードで支払いが出来ないと困った時には、まず残高が不足していないか確認するといいかもしれません。バンドルカードに限らず電子マネーでも言えることなのでまずは残高の確認をしておきます。

バンドルカードはアプリで決済をするバーチャルカードと、クレジットカードやプリペイドカードと同じように決済が出来るリアルカードがあります。

バーチャルカードの場合は、アプリを開くと残高がすぐに確認できるようになっていますが、リアルカードの場合は、すぐに残高の確認が出来ません。なのでいざ、カード払いをしようと思ったときに残高不足によるエラーになることもあります。

有効期限が消えている

バンドルカードが使えない原因には、有効期限が切れていることも考えられます。有効期限は、バーチャルカードでも表示されていて、リアルカードにもきちんと表示がされています。

例えばバンドルカードの有効期限の部分に08/22のように表記されているときは、月/年なので有効期限が2022年8月末までとなっています。

なかなか有効期限が切れるようなものでもないですが、間違って有効期限が切れたバンドルカードを出してしまったときなどエラーが出たら確認してみるのも良いかもしれません。

対象外の商品を購入しようとしている

コンビニの商品やコンビニのサービスの中には、バンドルカードで支払いが出来ないものがあります。

コンビニでよく支払いをするような、公共料金や切手・ハガキ・年賀状・クオカード・iTunesカード・Amazonカード・収納代行票・ビール券・ギフトカードなどがバンドルカードでの支払いが出来ない対象の商品となっています。

他にもコンビニで地区指定のごみ袋やごみ処理券などを購入するときでも、バンドルカードは使えないので注意が必要です。

まとめ

バンドルカードとは、アプリで支払いが出来る便利なカードとなっています。実際の店舗やコンビニのVISA加盟店で使うのであればリアルカードを発行すると使うことも出来ます。

コンビニで使う時には、リアルカードの発行が必要になりますが、年会費が無料となっていて簡単に発行することが出来ます。コンビニでのバンドルカードへのチャージ方法も簡単になっています。是非参考にしてバンドルカードをコンビニで使ってみて下さい。

Thumb「バンドルカード」の危険性についてくわしく解説!
最近大人気のバンドルカードの危険性について解説します。通常のクレジットカードを持っていない学...
ThumbバンドルカードでのAmazonギフト券の買い方を解説!
バンドルカードはバンドルカードではAmazonギフト券を購入することが可能です。しかし、どう...

合わせて読みたい!バンドルカードに関する記事一覧

Thumb【バンドルカード】Amazonで決済できないときの解決法!問い合わせはどこ?
バンドルカードでAmazon決済できないときの解決法としてAmazonで正しいチャージの手順...
Thumb「バンドルカード」の申請/通らない理由を解説!
バンドルカードのポチっとチャージ申請の審査が通らない理由をご存知ですか?期限内での支払いや利...
Thumb「バンドルカード」のCMのベッキーの評判(好感/不快)を紹介!
バンドルカードのCMのベッキーの評判(好感/不快)を今回はまとめてご紹介していきたいと思いま...
Thumb【バンドルカード】Amazonで使う方法をくわしく解説!
本記事では、バンドルカードをAmazonで使う方法を中心に解説しています。また、バンドルカー...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
にゃん
よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ