YouTubeサムネイルの作り方と無料編集ツール【スマホ/PC】 YouTubeサムネイルの作り方と無料編集ツール【スマホ/PC】

Youtubeの動画には必ず設定されているサムネイルの作り方の説明を行います。Youtubeの動画にとってアクセス数を伸ばすのに効果的なYoutubeのサムネイルを作成するために、簡単にスマホやPCで利用できる編集ツールでのサムネイルの作り方をご紹介します。

YouTubeサムネイルの作り方と無料編集ツール【スマホ/PC】	YouTubeサムネイルの作り方と無料編集ツール【スマホ/PC】のイメージ

目次

  1. 1. YouTubeのサムネイルとは?
  2. 1-1. 動画の内容を簡単に伝える画像
  3. 1-2. YouTubeが自動生成したものでも使える
  4. 1-3. 動画の再生数に関わる
  5. 1-4. YouTubeサムネイルの設定方法
  6. 2. YouTubeサムネイルの作り方のテクニック
  7. 2-1. テクニック①素材を切り抜く
  8. 2-2. テクニック②背景を決め素材と合成
  9. 2-3. テクニック③文字やエフェクトをつける
  10. 3. YouTubeサムネイル作成におすすめ無料ツール〜PC〜
  11. 3-1. Photoshop
  12. 3-2. GIMP
  13. 3-3. Graphic
  14. 4. YouTubeサムネイル作成におすすめ無料ツール〜スマホ〜
  15. 4-1. Canva(Webツール)
  16. 4-2. Fotor
  17. 4-3. PicsArt

YouTubeのサムネイルとは?

Youtubeのサムネイルとは、実際にYouTubeの動画を視聴しなくても動画の内容を簡単に分かるように縮小画像で表すものです。

↑の画像の赤枠の部分がYoutubeのサムネイルになります。

このサムネイルはYoutubeで再生回数を増加させるのに重要な役割を担っています。

動画の内容を簡単に伝える画像

Youtubeのサムネイル画像には実際のYoutube動画の中で行っている内容を簡単に伝えることができる画像を設定しましょう。

Youtubeで人気のYoutuberの方のサムネイルを見てみると、サムネイルでどんな内容のYoutube動画なのかわかりやすくなっています。

YouTubeが自動生成したものでも使える

YoutubeにはYoutubeのサムネイルを自動で生成してくれるアルゴリズムが搭載されています。

GoogleはYoutubeで再生されやすいYoutubeのサムネイルを自動で生成するために、人口ニューラルネットワークの視覚的解析技術を応用した『ディープニューラルネットワーク(DNN)』というアルゴリズムを開発しました。

このアルゴリズムでは、被写体が動いてぶれていないか、画像内に収まっているか、構図はどうなのか、といった部分をスコアにして数値化して最もスコアが高い一万を選び出し、それをYoutubeの動画のサムネイルとして表示する方法です。

動画の再生数に関わる

Youtubeのサムネイルは動画の再生数に大きく関わっています。

なぜなら、Youtubeの動画の視聴者のほとんどは直感で判断して動画を再生するからです。また、Youtubeの動画説明欄も動画を視聴する判断材料になりえますが、Youtubeの説明欄を詳しく読んでからYoutubeの動画を見るひとはほとんどいないと考えられます。

すなわち、視聴者が直感的に『見たい!』と思うようなYoutubeのサムネイル画像にすることで、動画が自然と再生されます。

YouTubeサムネイルの設定方法

Youtubeのカスタムサムネイルの設定方法を説明します。

アップロードされたYoutube動画の編集画面を表示させます。(アップロード中の動画にもカスタムサムネイルの設定が行えます。)

画面上側の『サムネイル』タブをクリックします。さらに、画面右側の『画像ファイルを選択』から自分がYoutubeのサムネイルに設定したい画像を選択します。

これでYoutubeのカスタムサムネイル設定が完了しました。

関連記事
YouTube動画をリピート再生する方法!繰り返し(ループ)スマホ・パソコンで再生しよう

YouTubeサムネイルの作り方のテクニック

印象的なYouTubeのサムネイルの作り方のテクニックの方法を説明します。

オリジナルのYoutubeサムネイルを作成するには、画像編集ツールが必要になります。画像編集ソフトの紹介は記事の後半でスマホ/PCそれぞれについてご紹介します。
 

テクニック①素材を切り抜く

Youtubeのサムネイルに設定したい画像の切り抜くテクニックです。例えば、人物と背景が映っている画像であれば人物だけを切り抜きます。

これにより画像の合成ができるようになるため、元の画像から人物を切り抜き別の背景にしたりすることができます。

テクニック②背景を決め素材と合成

画像の切り抜きが完了したら、背景を挿入するテクニックにより雰囲気を演出できます。

下記の画像のHIKAKINさんのYoutubeのサムネイルのように背景をリビング、ローソンの画像を使うことでシュチュエーションを演出できます。

また、下記の画像のカズさんのようにYoutubeのサムネイル画像を青1色にしたりすることで、シンプルなサムネイルでより見やすくなっています。

テクニック③文字やエフェクトをつける

Youtubeのオリジナルサムネイルに必須である文字の挿入と文字のエフェクトのテクニックです。

サムネイルに挿入する文字はより大きく太いほうがインパクトがでます。

※下記画像:カズさんのYoutubeのサムネイルではこのテクニックにより大きく端的に文字が入れてあるためYoutubeの動画の内容がわかりやすくなっています。

また、文字には『フォント』があり文字の書体を変えることでYoutubeのサムネイルの雰囲気を変えることができます。さらに、文字が背景と同化してしまわないように文字に枠線を付けることでより文字をはっきり読みやすいようにすることができます。

PCだけでなく、スマホでYoutubeを見ている方にとってはYoutubeのサムネイルの文字が小さいと書いてある文字が読めなくなってしまう場合があるため、Youtubeのサムネイルの文字は大きく設定することをお勧めします。
 

これらのようにYoutubeのサムネイルには基本的に

・画像を切り抜く
・背景を入れる
・文字やエフェクトを入れる

の3つで構成されています。

関連記事
YouTube「エラーが発生しました」で再生できない原因・対処法

YouTubeサムネイル作成におすすめ無料ツール〜PC〜

PCでYoutubeのサムネイル作成のテクニックを実現するために、画像編集ツールを利用する方法があります。

画像編集ツール(無料/有料)にはPCのブラウザ(Google Chrome や Internet Explorer)上で利用する方法やPCにダウンロード&インストールして使う方法もあります。

※Youtubeのサムネイルの作り方は上記見出し:YouTubeサムネイルの作り方のテクニックを参考にしてください。

Photoshop

Youtubeのサムネイル作成にお勧めツール:Photoshop

Photoshopは世界で最も有名な画像編集ツールです。綺麗なグラフィックを作成したり写真を合成・加工したり様々なことができます。

また、PhotoshopはAdobe(アドビ)というアメリカの会社によって提供されており、日本語にも対応していて、Photoshopの使用方法は日本語でも多く見つけることができます。

※Photoshopは有料ツールであるため、無料では利用できません。
※Youtubeのサムネイルの作り方は上記見出し:YouTubeサムネイルの作り方のテクニックを参考にしてください。

Photoshop:写真加工

Photoshopの写真加工機能について説明します。

・写真を映画風に加工する
→写真の切り抜き、明るさの調整から映画風に加工することができます。
・写真に雪を降らせる
→写真に雪を加えて幻想的な雰囲気にすることもできます。
・多重露光(写真を2枚重ねる)で幻想的にする
→写真を2枚重ねる(多重露光)の技術より幻想的な写真を作ることができます。
・傾きの補正
→傾いて撮影した写真を補正して水平にすることができます。
・写真をイラスト風に加工
撮影した写真を鉛筆で描いたようなイラスト風に加工することができます。

・美白肌に補正
TV、雑誌などで利用されているようなフォトショテクニックで肌荒れ補正も簡単にできます。
・写真の一部を削除
→写真の一部を簡単に消すことができます。
・写真の一部を移動させる
→写真の一部を上下左右に動かすことができます。
・写真の一部の色を置き換える

Photoshop:グラフィック

Photoshopのグラフィック機能について説明します。

・空想の世界のような写真を作成する
→複数の写真を合成することで、草生的な世界を作ることができます。
・ポリゴン風のグラフィックを作成する
→写真を基本としてポリゴン風の写真を作成することができます。
・CGらしい表現の写真を作成する
→先進感のあるグラフィックを作成することができます。
・多数のブラシを利用する
→Photoshopにはブラシ素材を追加する機能が搭載されており、インターネット上には多くのブラシ素材が配布されています。そのため、それを利用することで多様な表現を行うことができます。

GIMP

Youtubeのサムネイル作成にお勧めツール:GIMP

GIMPの機能を説明します。

・鉛筆、エアブラシ、スタンプなどの描画ツールを搭載している
・タイル式のメモリー管理のため、ディスク容量のみに扱える画像のサイズが制限される
・すべての描画ツールにサブピクセルサンプリングが採用されアンチエイリアスを実現できる
・スクリプトに対応(TinyScheme,Python,Perl,Ruby,C#)
・多段階取り消し/やり直し可能
・扱えるファイル形式は多数(GIF,JPEG,PNG,XPM,TIFF,TGA,PS,PDF,PCX,BMPなど)
・選択ツールも多数存在(矩形、楕円形など)

一般的にプロのクリエイターが利用していAdobe Photoshopと比較しても大差ないと考えられます。さらに、Photoshopは有料であるのに対してGIMPは無料で利用できます。

さらに、GIMPは幅広いプラットフォームで利用されています。(Linux,Apple Mac等々)

※Youtubeのサムネイルの作り方は上記見出し:YouTubeサムネイルの作り方のテクニックを参考にしてください。

Graphic

Youtubeのサムネイル作成にお勧めツール:Graphic

Autodesk GraphicはMAX OS Xに最適化された描画ツールです。Macだけでなく、iPhone,iPadでも利用できます。さらに、Photoshopとは違い月額課金制ではなく3600円(2018/11/08)の買い切り制であるため、趣味で利用するには便利なツールであると言えます。

※Youtubeのサムネイルの作り方は上記見出し:YouTubeサムネイルの作り方のテクニックを参考にしてください。

Graphicの機能

・読み込み/書き出し
→SVG、PDF、EPS、Photoshop PSD ファイルの読み込みができます。
 作成したデザインをSVG,PDF,PNG,PSD,JPEG、GIF、TIFF ファイルで書き出しができます。
 さらに、レイヤーとタグ付オブジェクトを個別のファイルとして自動で書き出します。

・ドローイングツール
→フル機能搭載のベジェペンツールによりカスタムシェイプを作成します。
 滑らかな描画とスケッチ用にブラシと鉛筆ツールを搭載。
 パスの結合、接続、接続解除、マルチポイント選択、編集。
 回転、拡大/縮小、シアー変形ツール。
 アンカーツールの変換/消しゴム/はさみ/寸法ツール。

・レイヤースタイル
→複数のストロークの適用、塗りつぶし、オブジェクトへのエフェクト。
 インナーシャドウ、ドロップシャドウの適用、オブジェクトへのエフェクト。
 ドラッグ&ドロップによる塗りつぶし、ストロークエフェクトの順序変更。
 レイヤー、シェイプ、塗りつぶし、ストローク、シャドウ、グローエフェクトにブレンドモードを設置できる。


今回挙げた機能以外にも様々な機能が搭載されています。さらに、iPad版でもMac版と比較しても大差ない機能を利用できます。

関連記事
YouTube動画からGIFアニメを作成する方法まとめ!変換サイトと使い方を紹介

YouTubeサムネイル作成におすすめ無料ツール〜スマホ〜

Youtubeのサムネイル作成のテクニックを実現するための画像編集方法について、PCを持っていなくてもスマホだけで利用できる無料ツールもあります。

※Youtubeのサムネイルの作り方は上記見出し:YouTubeサムネイルの作り方のテクニックを参考にしてください。

Canva(Webツール)

Youtubeのサムネイル作成にお勧めツール:Canva

Canvaは2017年5月に日本版がリリースされたデザインツールです。Canvaは無料で利用できる上にパソコン、スマホ(iPhone,Android),iPadからも利用できます。

さらに、同じアカウントでログインすることでどの端末からでもデータが自動で同期されるため、スマホで作業していたデータの続きをパソコンで行うこともできます。

また、作成したデータは画像形式でスマホに保存でき、ポスターやチラシデザインであればコンビニなどで画像印刷もできます。その他にも、スマホアプリから直接Twitter,インスタグラム、Facebookに画像を投稿することもできます。

※Youtubeのサムネイルの作り方は上記見出し:YouTubeサムネイルの作り方のテクニックを参考にしてください。

Canvaで作成できるデザイン

・インスタグラム用画像、Facebookカバー画像
・ロゴ、ポスター、チラシ
・写真コラージュ
・ツイッターのヘッダー画像
・Youtubeのサムネイル
・プレゼンスライド
・アルバムジャケット

Fotor

Youtubeのサムネイル作成にお勧めツール:Fortor

Fotorはブラウザ版、アプリ版がありPC、スマホで利用できます。また、ほとんどの機能を無料で利用できる画像編集ツールです。Photoshopなどは高くて買えないという方には、簡単に画像加工や写真編集行え、無料で利用できるためお勧めです。

さらに、FortorはHTML5技術により画像編集機能とデザイン機能を採用しているため、処理速度、性能が高いです。ほかにも、アカウント同期により異なる端末であっても一つの作品を編集することができます。

※Youtubeのサムネイルの作り方は上記見出し:YouTubeサムネイルの作り方のテクニックを参考にしてください。

Fortorの機能

・基本編集
→写真の色、サイズ、明るさなどの基本調整をオンラインで簡単に行えます。さらにHDR機能も搭載しています。
・フィルター
→Fotot専属のクリエイターによって作成されたオリジナルフィルターです。
・美顔機能
→Fotorブラウザ版の美顔機能に搭載されているメイク、ハイライトなどのツールにより簡単な操作で綺麗にできます。

 

・イメージシェイプ
→ドラッグ&ドロップだけで、選んだ写真をデザインの中に組み込むことができます。
・豊富なフォント、ステッカー
→多様なフォントがありデザインの幅を広げることができます。
・デザインツール
→ドロップシャドウ、整列、分布、透明度、複製 等々の各種実用的なツールにより効率的な作業ができます。
 

PicsArt

Youtubeのサムネイル作成にお勧めツール:PicsArt

PicsArtは画像編集ツールとしての機能だけでなく、利用しているユーザーからクリエイティブな画像が投稿され、シェアする方法性を持っています。さらに、無料ですべての機能を利用することができます。

※Youtubeのサムネイルの作り方は上記見出し:YouTubeサムネイルの作り方のテクニックを参考にしてください。

PicsArtの機能

PicsArtの主な機能を説明します。

・編集
→カメラまたはアルバムから画像を加工する。
・コラージュ
→複数の画像を組み合わせて一枚の画像にする。
・ペイント
→フリーハンドでお絵かきする。
・カメラ
→エフェクトをかけながら撮影する『掛け撮り』を行う。

・編集機能の詳細
→切り抜き,図形クロップ,コピースタンプ,ゆがみ,選択,修正

など様々な画像編集を行うことができます。また、マジック機能、エフェクト機能(ぼかし、歪み、色 等々)も多くの種類が存在しています。

関連記事
YouTubeにログインできない原因・対処法を徹底解説!

関連するまとめ

Original
この記事のライター
野見山大誠

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ