Googleマップの方角方位をスマホの向きに合わせる方法

Googleマップは画面上では北が上になっているため、移動しながら見ると分かりづらく、目的地の方角方位がどちらなのか把握できないことがあります。実はGoogleマップには北を上にするだけでなく、マップの方角・方位がスマホの向きに合わせて動く機能があります。

Googleマップの方角方位をスマホの向きに合わせる方法のイメージ

目次

  1. 1. Googleマップの方角方位をスマホの向きに合わせる方法
  2. 1-1. 方向音痴にとっての救世主・・・
  3. 1-2. 今自分がどちらを向いているのか?
  4. 2. Googleマップの方角方位を自分の歩いている向きに合わせるには?
  5. 2-1. 方向精度が高い時はビームが絞って表示される
  6. 2-2. 自分の向いている方向がわかる「コンパスモード」に切り替えてみよう!
  7. 2-3. 「コンパスモード」の切り替え方
  8. 2-4. 「コンパスモード」で表示される方位磁石の見方
  9. 3. Googleマップの方角方位を北に合わせる方法
  10. 3-1. Googleマップの北はどっち?
  11. 3-2. Googleマップの方角方位を北に固定するには?
  12. 4. Googleマップには他にもこんな裏技がある!
  13. 4-1. 画面を大きく表示して見やすくする方法

Googleマップの方角方位をスマホの向きに合わせる方法

Googleマップは徒歩や車、電車など全ての経路検索を行う事ができる便利なアプリです。Googleマップを使っていてたまに方角方位が合わない時があると思います。Googleマップの方角方位をスマホの向きに合わせる方法を紹介していきたいと思います。

方向音痴にとっての救世主・・・

Googleマップは今や徒歩移動だけではなく、スマホを車載ホルダーなどで固定してカーナビ代わりに使う人も多く、道が分からない場所へ行く時などには大変便利です。

しかし、地図を見るのが苦手な方にとって、北が画面の上、と固定表示になっていると、道を進んでいくうちに目的地の方角方位が分からなくなってしまいます。またカーナビ代わりに使う場合、北が上向きに固定表示されてしまうと進行方向が分かりにくくなります。

今自分がどちらを向いているのか?

Googleマップにはそんな方向音痴な方の救世主としての便利機能があります。今自分がどちらを向いているのか、スマホの向きによって地図の方角方位が自動的に変更され、進行方向が分かりやすくなるのです。

固定表示では途中で地図の見方が分からなくなってしまう、という方には大変助かる機能です。

関連記事
Googleマップのルート(経路)検索の使い方!基本操作から経由地の追加方法まで!

Googleマップの方角方位を自分の歩いている向きに合わせるには?

Googleマップを使っていて自分の向いている方向と方角方位があっているのか疑問に思う事があると思います。今回は、Googleマップの方角方位を自分の歩いている向きに合わせる方法を紹介していきます。

方向精度が高い時はビームが絞って表示される

Googleマップは位置情報の精度を変更することによって、表示されるビームの幅が狭くなり、自分がどちらを向いているのか方角が分かりやすくなります。

位置情報の精度はAndroidでは三段階で、「高精度・電池節約・端末のみ」があります。アプリ一覧から「設定」を開き、「セキュリティと現在地情報」を選択し、「プライバシー」という項目から「位置情報」をタップします。まずは位置情報がONになっているかを確認します。

ONにしたら、「モード」をタップします。そうすると「高精度・電池節約・端末のみ」が選択できます。高精度にすると当然精度は一番高くなりますが、その分通信に時間がかかったり、電池の消費は大きくなります。

精度が上がるにつれてGoogleマップの地図上のビームも範囲が狭くなっていきます。より分かりやすくするには高精度を選ぶといいです。

ビームの示す範囲が狭くなれば、どの方向を向いているのか分かりやすくなります。また、この現在地を示す青い点をタップしてもコンパスの精度を調整できます。

青い点をタップすると「コンパスの調整」という項目が表示されますので、そこをタップすると端末を8の字に3回傾けて動かすようにという説明が表示されますので、その通りに動かします。そうすると精度が上がります。

自分の向いている方向がわかる「コンパスモード」に切り替えてみよう!

これで自分がどの方角を向いているのかは分かりやすくなりました。次はGoogleマップをコンパスモードに変更して、進行方向も分かりやすくします。

「コンパスモード」の切り替え方

まずはGoogleマップの右下の下から二番目に表示されている現在地アイコンをタップします。丸に突起が四つある形のアイコンです。そうするとアイコンが方位磁針のマークに変わります。

現在地アイコンが方位磁針の形のアイコンに変わりました。これでGoogleマップがコンパスモードに変わりました。

「コンパスモード」で表示される方位磁石の見方

Googleマップをコンパスモードにすると右下のアイコンが方位磁針に変わりますが、もうひとつ方位磁針が表示されます。

スマホの向いている方向が変わるとその方位磁針も向きが変わります。どちらが北か分かるように、北側は赤になっています。これで方位を掴めます。

Googleマップの方角方位を北に合わせる方法

Googleマップを使っていて東西南北あっているのか疑問に思う事があるかと思います。今回はGoogleマップの方角方位を北に合わせる方法を紹介していきたいと思います。

Googleマップの北はどっち?

Googleマップをコンパスモードから北向きに戻すには、画面右下にあるコンパスのアイコンか、北側が赤になっている方位磁針のアイコンをタップします。

そうすると方位磁針のアイコンが「N」と赤い矢印の表示に変わり、これでコンパスモードから画面の上側が北、というデフォルトの設定に変更されます。

Googleマップの方角方位を北に固定するには?

Googleマップの方角方位を北向きに固定するには、マップの画面左上の「三」のようなマークをタップしてメニューを表示させます。

メニューから「設定」を開きます。

設定メニューの中から「ナビの設定」を開きます。

「地図を北向きに固定」をONにすると、画面の上側が北に固定されます。

これでGoogleマップの方角方位を北向きに固定できました。

関連記事
Googleマップの使い方・便利機能20選!意外と知らない見方を解説!

Googleマップには他にもこんな裏技がある!

Googleマップで方角方位を合わせる方法を紹介してきました。他にもGoogleマップを使う上での裏技があります。それら裏技を本日は紹介していきたいと思います。

画面を大きく表示して見やすくする方法

地図の拡大には二本の指でピンチアウトする、または画面をダブルタップする、という方法が一般的ですが、もうひとつは拡大したい箇所でダブルタップし、その指を画面から離さずに下にすーっと動かすというやり方です。

これですと拡大したい縮尺を調整しやすいです。反対に、縮小させるにはダブルタップして画面に指をつけたまま上に指をスライドさせます。

地図を見るのが苦手な人は自分が進んでいる方向を掴むのが苦手という場合が多いです。ご紹介したような方法で進行方向が分かればとても便利です。こういった便利な機能を使いこなして、目的地にスマートにたどり着きたいものです。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ゆい
よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ