Facebookメッセンジャーに「デスクトップ」アプリWindows/Mac版が登場!

Facebookがサービス提供を行っているメッセンジャーに「デスクトップ」アプリWindows/Mac版が登場しました。Windows/Mac版「デスクトップ」アプリがリリースされたFacebookメッセンジャーの特徴や背景についてご紹介します。

Facebookメッセンジャーに「デスクトップ」アプリWindows/Mac版が登場!のイメージ

目次

  1. 1. Facebookがサービス提供を行っているメッセンジャーに「デスクトップ」アプリWindows/Mac版をリリース
  2. 2. メッセンジャーアプリの「デスクトップ」版となるWindows/Mac版を公開した背景について
  3. 3. メッセンジャーアプリの「デスクトップ」版となるWindows/Mac版の特徴について
  4. 4. 「ビデオ通話」サービスを利用しているユーザーについて
  5. 5. Facebookでは
  6. 5-1. 合わせて読みたい!Facebookに関する記事一覧

Facebookがサービス提供を行っているメッセンジャーに「デスクトップ」アプリWindows/Mac版をリリース

現地時間の4月2日、Facebookがサービス提供を行っているメッセンジャーにて「デスクトップ」アプリWindows/Mac版をリリースしたことを発表しました。

Facebookが公開を開始した「Facebook Messenger」のWindowsおよびMac向けアプリは、それぞれのアプリストアからインストールすることが可能となっています。

なお、この「Facebook Messenger」のデスクトップ版WindowsおよびMac向けアプリでは、無制限の複数人ビデオ通話ができ、家族や友人に連絡を取る際や、仕事での会議などに活用ができるほか、オンラインの飲み会も楽しむことができます。

関連記事
LINEのアカウント登録でのFacebookログインを終了!

メッセンジャーアプリの「デスクトップ」版となるWindows/Mac版を公開した背景について

メッセンジャーアプリの「デスクトップ」版となるWindows/Mac版を公開した背景については、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、仕事では、在宅勤務やテレワークが推奨され、外出自粛を要請する自治体も多くなっています。

Facebook Messengerは、今まで、Webブラウザを利用することで、Facebookを起動することが可能となっていました。

そんな中、メッセンジャー通話にデスクトップブラウザを使用するユーザーが100%以上増加しており、今回の「デスクトップ」版となるWindows/Mac版を公開により、「メッセンジャー」の利便性を向上させる目的が公開の背景にあるとされています。

今後は、Windows/Mac版の単体アプリが利用できるようになることで、ブラウザでタブを探したりする必要がなくなるため、より効率的に利用することが可能となります。

‎「Messenger」をMac App Storeで
Messenger を入手 - Microsoft Store ja-JP

メッセンジャーアプリの「デスクトップ」版となるWindows/Mac版の特徴について

メッセンジャーアプリの「デスクトップ」版となるWindows/Mac版は、他のビデオ会議ツールと比較してみると、Facebookの友達全員が利用可能となっているため、会議や打ち合わせなどを行う際に、簡単に利用することができる点が特徴といえます。

ですが、現段階では、ビデオ通話でコミュニケーションを取ることが可能となっているものの、PCの画面共有機能には、対応していないため、本格的なリモートワークへの活用には向いていません。

また、iPhoneやAndroidのスマホ端末よりも、大きい画面でビデオチャットを行うことが可能となっています。なお、Facebook Messengerのビデオチャットに1度に参加できる人数は50人までに設定されています。

そのほかにも、「デスクトップ」版となるWindows/Mac版では、ダークモードに設定することも可能となっており、GIFについてもサポートしています。

関連記事
【Facebook】MessengerのiOSアプリが高速化!サイズは4/1に!

「ビデオ通話」サービスを利用しているユーザーについて

Facebookによると、「Facebook Messenger」にて、音声もしくは動画チャットをデスクトップのWebブラウザから行うユーザーが、新型コロナウイルス感染症対策にて、在宅で過ごすユーザーが増えたこともあり、3月以降、急激に増加しているとのことです。

他社のサービス利用者数については、マイクロソフトの「ビデオ通話」が4400万人になったと発表しており、米Zoom Video Communicationsは「Zoom」の利用者が2億人以上になったと4月2日に発表を行っています。

関連記事
【デスクトップ】Facebookがデザインをリニューアル!ダークモード可能に!

Facebookでは

Facebookでは、現在、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響で、ロックダウン状態になった場合について次のようにコメントしています。

Facebookでは、「在宅勤務や外出禁止の自粛要請が発令された場合に、「ビデオ通話」に「チャットアプリ」は、自宅にいて仕事を進める場合でも、会社への連絡や大きな会議など、重要なコミュニケーションプラットフォームになる」と考えています。

Facebookは、今後のチャットアプリは、人間のコミュニケーションを全面的にサポートするため、今後も機能強化に取り組んで行く方針です。

合わせて読みたい!Facebookに関する記事一覧

関連記事
【5G時代のショッピングを体験】KDDIとFacebookがオンラインストア開設!
関連記事
単眼スマホもFacebookの3D写真の投稿が利用可能に!
関連記事
【Facebook】直接Googleフォトへ「写真/動画」が移行可能に!
関連記事
Facebookの「OGP」の設定/確認方法をくわしく解説!

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
YUKI
よろしくお願いします♫

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ