Windows10 評価版の無料ダウンロード方法と無償期間の延長方法を解説!

Windows10には評価版と呼ばれる試用版があります。Windows10OSを使ってみようと思っても、それの使いやすさが分からないと判断できないという人に便利なWindows10の評価版はどのように利用するのか、ダウンロード方法などを解説していきます。

Windows10 評価版の無料ダウンロード方法と無償期間の延長方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1Windows10 評価版の無料ダウンロード方法
  2. 試用版はWindows10 Enterprise
  3. Windows10 Enterpriseのダウンロード/インストール方法
  4. 無償期間を延長する方法
  5. 最後に

Windows10 評価版の無料ダウンロード方法

Windows10のシェアが拡大してきており、Windows7などからアップデートした人もいれば新しく買い直したという人も多いでしょう。

そんな中、まだWindows10を利用していない人もいると思いますが、Windows10の使い勝手を確認したいという人もいるのではないでしょうか。

試用版はWindows10 Enterprise

そんな人におすすめなのがWindows10の評価版と呼ばれる試用版の「Windows10 Enterprise」です。

無料で使用できる期限が設定されている

Windows10 評価版(Enterprise)は、無料でISOファイルをダウンロードして利用することができますが、無料で利用できる期限があります。Windows10 評価版(Enterprise)を無料体験できる期限は90日間で、それを過ぎると機能に制限がかかります。

なお、無料試用版と言っても通常のWindows10と機能的な差はほとんどありません。使い心地だけを確認してみたいという人にとっては嬉しいサービスと言えるでしょう。

Windows10 Enterpriseのダウンロード/インストール方法

評価版であるWindows10 評価版(Enterprise)は、下記リンク先からダウンロード/インストールをおこないます。なお、このWindows10 評価版(Enterprise)はWindows8.1で動いているパソコンでなければ利用することができません。

それ以前のOSを利用している場合はWindows10 評価版(Enterprise)の利用はできないため、その点注意が必要です。

Microsoft Evaluation Center で Windows 10 Enterprise を試す

評価を開始から「ISO - Enterprise」を選択

「ISO - Enterprise」を選択

さて、前述したWindows10 評価版(Enterprise)のリンク先へアクセスしたら、評価を開始の部分で「ISO - Enterprise」を選択します。

必要事項を入力

名前や会社名などの必要事項を入力し、ビット数などを選択すれば、Windows10 評価版(Enterprise)を利用するためのISOファイルをダウンロードできます。

無償期間を延長する方法

Windows10 評価版(Enterprise)の無償期間は通常90日だと前述しましたが、なのですが、実は延長できる裏技があります。90日間の期限では足りない、という人はこれでライセンスを延長します。

コマンドを入力して再起動するとライセンスが復活

Windows10評価版(Enterprise)の延長方法ですが、コマンドを入力して再起動することでライセンスが復活し、それによってWindows10 評価版を再度使えるようになります。

コマンドプロンプトを開く

ライセンスを復活させる場合、コマンドプロンプトを開きます。

ライセンス復活のコマンド

「slmgr -rearm」を入力して実行することで、ライセンスを復活させることが可能です。再起動後、Windows10 評価版(Enterprise)を再度使うことが可能です。

延長回数を確認する方法

なお、Windows10 評価版(Enterprise)の体験期間を延長できる回数にも当然制限があります。

ライセンスを復活して延長回数を確認する場合、コマンドを入力すれば「残りのWindows猶予期限リセット可能回数」が表示されますのでそこで確認をおこなってください。

ライセンス復活回数確認のコマンド

延長回数を確認するためのコマンドは「slmgr -dlv」です。こちらを実行して確認してください。

最大で270日体験可能

Windows10 評価版(Enterprise)をライセンスを復活させて利用できるのは2回までです。合計3回分、つまり270日間体験することが可能です。

延長回数が0回となるまでは利用できますので、まだ無料で試してみたいという人は期限終わった時にコマンドで延長をおこなってください。

最後に

Windows10を試してみたい、と考えている人におすすめのWindows10 試用版(Enterprise)。Windows10の使い心地を確認する分には十分利用できるものですので、まだWindows10を利用していないという人は利用してみてください。

Thumb終了した「Windows10」の無償アップグレードを無料でする方法!
今回の記事では、終了した「Windows10」の無償アップグレードする方法を中心に解説してい...
Thumb【Windows10】「ISO」のダウンロード方法を解説!
Windows10では、クリーンインストールする場合などに使用するディスクイメージダウンロー...
ThumbWindows11は出ない?次期アップデートの「Redstone」とは?
現在の最新バージョンである「Windows10」の次は「Windows11」だろうか、と考え...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ