Windows Media Playerで音楽CDをパソコンに取り込む方法

Windowsのパソコンに最初からある「Windows Media Player」を使ったことはありませんか?Windows Media Playerは音楽CDを再生したり取り込みができたりします。取り込みした方法からアルバム情報の変更まで詳しく説明をします。

Windows Media Playerで音楽CDをパソコンに取り込む方法のイメージ

目次

  1. 1. Windows Media Playerとは
  2. 1-1. MicroSoft社提供のメディアプレイヤー
  3. 2. Windows Media Playerで音楽CDをパソコンに取り込む方法
  4. 2-1. 音楽の取込みの設定
  5. 2-2. CDからリッピング/取り込みする
  6. 3. Windows Media Playerで取り込んだ曲の音楽形式について
  7. 3-1. 音楽形式の解説
  8. 3-2. それぞれの形式比較
  9. 4. Windows Media Playerで取り込んだ曲の情報を編集する方法
  10. 4-1. 曲の情報を編集する方法
  11. 4-2. 音楽ファイルにジャケット画像を追加する方法
  12. 5. Windows Media Playerで取り込んだ曲を削除する方法
  13. 5-1. 取り込んだ曲の削除手順
  14. 6. Windows Media Playerで音楽CDをパソコンに取り込めない時の原因と対処法
  15. 6-1. 原因:保存先フォルダが正しく指定されていない
  16. 6-2. 対処法:保存先フォルダを確認
  17. 6-3. 原因:取り込み時の音質の指定ビットレートが低すぎる
  18. 6-4. 対処法:音楽の取り込み設定を変更
  19. 6-5. 原因:ライブラリ(データベース)の破損
  20. 6-6. 対処法:ライブラリの再構築を行う
  21. 7. Windows Media Playerで「CDの取り込み」が表示されない場合は?
  22. 7-1. ウィンドウの大きさを確認
  23. 7-2. Windows Media Playerの機能を再起動
  24. 8. Windows Media Playerで取り込んだ曲が再生できない時の対処法
  25. 8-1. 取り込みの設定で「取り込んだ音楽を保護する」の解除
  26. 8-2. まとめ
  27. 8-3. 合わせて読みたい!音楽に関する記事一覧

Windows Media Playerとは

Windows Media Playerは、あのマイクロソフトが開発しているメディアプレーヤーであります。Windowsを搭載しているパソコンを購入したら、最初から入っているソフトがWindows Media Playerなのです。Windows 3.0の頃から使われています。

Windows 3.1以降のパソコンではオペレーティングシステム (OS) 標準で付属しているようになりました。今では、Windows Media Playerが入っているのが当たり前になってきました。そういう背景がありWindows Media Playerを使う人が増えています。

Windows Media Playerがパソコンに入っているとは知らずに、普段なんとなく使っているひとも多いのではないでしょうか?本日はそんなWindows Media Playerの操作方法を紹介していきますので、最後までみていきましょう。

MicroSoft社提供のメディアプレイヤー

MicroSoft(マイクロソフト)が提供している、Windows Media Playerは今では有名になってきました。パソコンを持っているひとで使ったことがないというひとは、あまりいないのではないでしょうか?学校や職場などで見ることも増えてきました。

パソコンで音楽を聴く場合は、何かソフトが起動しませんでしたか?それはWindows Media Playerの可能性が高いです。そうです。Windows Media Playerは音楽や動画を再生・取り込みができるソフトなのです。一度は使った経験はあるかもしれませんね。

本日は、Windows Media Playerで音楽の再生・取り込み方法を詳しく解説していきたいと思います。取り込み設定の複雑な操作も徹底的に説明しますので、取り込みができないひともこの記事を見て一緒に見ていきましょう。

Windowsに標準搭載

Windowsを搭載しているパソコン・その他の機器に必ず入っているのがWindows Media Playerです。Windowsをインストールする際に、Windows Media Playerも一緒に導入するようになっていますので初期から標準搭載しています。

パソコンに限らず、新幹線の到着列車案内表示システムやポータブルデータターミナルなど、Windowsをインストールしている機器にもWindows Media Playerが標準搭載されています。どんな端末でも入っているので多くのひとが見ているソフトでしょう。

パソコンを買った当時から入っていますので、すぐに音楽CDを取り込みしたり、再生をすることできますのでWindows Media Playerは便利です。

関連記事
Tunein Radioは国内・海外のラジオが聴けるアプリ!おすすめチャンネルも紹介!

Windows Media Playerで音楽CDをパソコンに取り込む方法

音楽CDを実際にパソコンに取り込みするには、ソフトが必要です。しかしWindows Media Playerがあれば取り込み方法もこれ一つで解決します。Windows Media Playerに、できないことはないのです。

それでは、Windows Media Playerを使って音楽CDをパソコンに取り込みをしていく方法を一つ一つ解説していきます。音楽CDを取り込み方法が分からない・できないというひとに向けても説明していきます。

音楽の取込みの設定から音楽CDのファイルの形式やサイズを自由に変更できますので、まずは音楽の取込みの設定を覚えていきましょう。

音楽の取込みの設定

ツールからオプションをクリック

Windows Media Playerの音楽の取込みの設定を見ていきますので、パソコンからWindows Media Playerを起動してください。起動しましたら上のメニューバーにある「ツール」をクリックします。その後「オプション」をクリックして進みます。

タブから音楽の取り込みをクリック

するとオプション画面に切り替わりますので、タブを「音楽の取り込み」にクリックして切り替えましょう。初回起動時はライブラリとなっています。

注意点ですが、取り込んだ音楽は個人で楽しむことにしましょう。取り込んだ音楽を友人などに配布したりすることは著作権違反ですので気をつけてくださいね。

取り込んだ音楽の保存場所

取り込んだ音楽の保存場所の指定は変更から可能

音楽CDをパソコンに取り込みする際に、どこに音楽ファイルを保存するかを決めておきます。まず音楽の取り込み設定の「取り込んだ音楽を保存する場所」の項目から「変更」をクリックします。

そうしたらパソコン内のフォルダが開きますので、保存する場所をご自身で選択してください。「OK」をクリックしますと、音楽CDの取り込みする場所を決めることが可能です。

この設定をした後、次回から実際に音楽CDを入れて取り込みすると指定したフォルダに保存されます。

形式

取り込みの設定から、形式や音質の変更が可能です

Windows Media Playerでは、音楽ファイルの形式をあらかじめ設定することが可能です。初期設定では、「Windows Media オーディオ」標準設定ではこの形式に設定されています。形式を自由に変更できますので、お好みで変更しましょう。

画像の赤枠の部分が、形式選択で、緑枠がCDの取り込みを自動的に開始する。青枠が取り込み後にCDを取り出す。このような操作ができます。

取り込んだ音楽を保護する

取り込みオプションから「取り込んだ音楽を保護する」ことができます。取り込んだ音楽を保護するとは、取り込んだ音楽にコピー防止機能を付けるという操作です。

「取り込んだ音楽を保護する」にチェックを入れると、音楽CDの取り込みを行ったパソコンだけで再生できます。他のパソコンでは再生できないようになりますので考えて変更しましょう。

注意点ですがこの「取り込んだ音楽を保護する」の項目は、最新のWindows Media Playerでは表示が消えて操作ができないようになっています。

CDの取り込みを自動的に開始する

上の画像の緑枠から「CDの取り込みを自動的に開始する」にチェックを入れると、パソコンに音楽CDを入れると自動的に音楽を取り込みしてくれます。

この方法ですと簡単に取り込みが可能になります。操作が分からない・できないというひとにおすすめの設定です。

取り込み後にCDを取り出す

画像の青枠から「取り込み後にCDを取り出す」にチェックを入れると、取り込み後に自動的にCDを取り出してくれます。次に音楽CDを取り込もうとして、前のCDが入ったままにすることがありますので、チェックを入れると便利になります。

またCDがパソコンに入っている状態ですと、CDの再生や読み込みが頻繁に行われるので取り込みを行った後はすぐに取り外すことをおすすめします。CDの劣化を避けることができます。

音質

音質を良くしたり悪くしたりすることが可能です。最小サイズから最高品質まで選択することができます。サイズを大きくすることで音質も良くなります。音質に関しましては、形式が重要になって行きます。その形式については後々説明していきます。

CDからリッピング/取り込みする

Windows Media Playerで音楽CDをリッピング/取り込みする方法で一番簡単なものが取り込みの設定の「CDの取り込みを自動的に開始する」にチェックを入れることです。これだけで後はご自身で操作することはありません。

Windows Media Playerの基本的な音楽CDの取り込み方法は、パソコンにCDを入れた状態で、「CDの取り込み」ボタンをクリックするとできます。CDの取り込みができないというひとは、「>>」ボタンをクリックしましょう。

その中に「CDの取り込み」ボタンがありますので、そこからクリックして取り込みしましょう。

Windows Media Playerで取り込んだ曲の音楽形式について

音楽CDをWindows Media Playerで取り込んだときに設定ができる「音楽のファイル形式」について徹底的に解説していきたいと思います。各ファイル形式の特徴を理解すると、自分に合った取り込み方ができるようになりますので見ていきましょう。

また形式の比較をしましたので、どの音楽のファイルの形式が良いか。実際音楽を再生した場合の音質はどのくらいなど表を見ながら参考してください。

音楽形式の解説

それでは各音楽形式の解説します。ご自身の再生環境や使いやすいと思ったファイル形式を見極めましょう。

Windows Media オーディオ マイクロソフトが Windows Mediaの中核を成す物として開発した音声コーデックの一つです。拡張子はWMAです。
Windows Media オーディオプロ 携帯電話や携帯音楽プレイヤーなど容量が限られているポータブル機器に使用されるために設計されたファイル形式です。拡張子はWMAですが再生できないプレイヤーが多いです。
Windows Media オーディオ(可変ビット レート) 音情報の多い部分と少ない部分を識別し、割り当てるデータ量を変化させる圧縮方法です。人間の耳には聴こえない部分をカットできます。
FLAC ALAC 可逆圧縮であるため、元のCD音源からの音質の劣化がありません。ビットレートを細かく設定できないため容量が大きくなります。
MP3 MPEG Audio Layer-IIIの略。WMAとは異なりMPEGが策定したオーディオ圧縮規格。世界でもっとも普及しているオーディオ圧縮フォーマットでもあります。
WAV(無損失) PCM音源をそのまま取り込みが可能です。高音質ですが、CDに入っているデータを全て取り込みますので容量が大きいです。ほぼすべての音楽再生ソフトで再生可能です。

それぞれの形式比較

ファイル形式を理解したのはいいけど、比較してみないとよく分かりませんよね。分かりやすく表にしてみましたので比較して参考にしてください。

音楽形式 音質劣化の有無 データ容量 汎用性 実際の音質の良さ
Windows Media オーディオ あり 小さい 音質が悪い
Windows Media オーディオ プロ あり 小さい × 音質が非常に悪い
Windows Media オーディオ (可変ビット レート) あり 多少小さい 音質が悪い
FLAC ALAC なし 大きい 音質は良い
MP3 あり 小さい 音質は聴ける範囲内
WAV(無損失) なし 非常に大きい 非常に良い

Windows Media Playerで取り込んだ曲の情報を編集する方法

Windows Media Playerで取り込んだ音楽ファイルのファイル情報が入力されていない場合があります。そのような場合は、ご自身でアルバム情報や曲を入力しなくてはなりません。

アルバム情報などの入力ができないひとにも解説していきますので、編集する手順方法を一緒に見てみてみましょう。

曲の情報を編集する方法

曲にマウスカーソルを合わせて右クリックして、そこから編集をクリックします

まず、Windows Media Playerで音楽CDを取り込んだ後、アルバム情報と曲が表示されていると思います。曲の情報を編集するには、曲のタイトル名にマウスカーソルを合わせて「右クリック」します。そこから「編集」をクリックすると編集が可能です。

アルバム情報の編集

アルバム情報にマウスカーソルを合わせて右クリック、そこから編集をクリックします

次にアルバム情報の編集は、アルバム情報(アーティスト名・アルバム名)にマウスカーソルを合わせて「右クリック」をします。そして「編集」をクリックするとアルバム情報が変更できます。

曲の編集と同様に自由に入力が可能です

編集画面はこのように入力ができます。曲の編集と同様にアルバム情報も自由に入力が可能です。

音楽ファイルにジャケット画像を追加する方法

アルバム情報の部分にマウスカーソルを合わせて右クリック、アルバム情報の検索をクリック

アルバム情報にジャケットがない場合は、ジャケットを追加できます。ただしファイル形式がWAVの場合は、アルバム情報からジャケット画像は追加できないです。

それではジャケット画像を追加していきます。アルバム情報の部分にマウスカーソルを合わせて「右クリック」します。そしたら「アルバム情報の検索」をクリックして進みます。

正しいCDのジャケットか、どうかを確認して完了をクリックします

自動的にジャケット画像を分析してくれます。アルバム情報の検索でジャケットが表示しましたら、取り込んだCDと合っているかを確認して「完了」をクリックします。

するとジャケットが反映されています

するとアルバム情報にジャケット画像が追加されています。

ジャケット画像の入れ方

ジャケット画像を自由に入れる方法もあります。追加したい画像をアルバムアートのアイコンにドラッグします。その画像はアルバムのジャケット画像として追加されます。

関連記事
【Androidスマホ】対応Bluetoothコーデックの確認と高音質で音楽を聴く方法を解説

Windows Media Playerで取り込んだ曲を削除する方法

取り込んだ音楽CDを聴かなくなった。または一部だけ削除したいと思ったときに、Windows Media Playerで曲を削除する方法を紹介していきます。

取り込んだ曲の削除手順

曲を選択して右クリック、そして削除を押します

取り込んだ曲をクリックして選択します。またはドラッグして複数選択します。その状態で右クリックを押します。そこから「削除」をクリックすると曲が削除されます。

Windows Media Playerで音楽CDをパソコンに取り込めない時の原因と対処法

音楽CDをパソコンに取り込めない場合は、さまざまなことが原因となっておこっています。その原因を探っていきましょう。原因と対策方法を紹介していきます。

原因:保存先フォルダが正しく指定されていない

音楽の取込みの設定などで設定した保存先フォルダが正しく指定していないと、音楽の取り込み時にエラーがおきます。

対処法:保存先フォルダを確認

保存先フォルダが正しく指定されていない場合の対処法は、音楽の取込みの設定から保存フォルダを指定してください。また保存フォルダが指定されている場合は、そのフォルダを確認しましょう。

フォルダの変更が反映されない時は?

保存フォルダを指定したのに反映されていない場合は、一度Windows Media Playerを再起動しましょう。これにより設定が反映されます。

原因:取り込み時の音質の指定ビットレートが低すぎる

ビットレートが非常に小さいサイズに設定をしていると取り込みができません。低い設定にしすぎているとエラーがおきやすいです。

対処法:音楽の取り込み設定を変更

音楽の取込みの設定からビットレートのサイズを少し大きくしましょう。容量も大きくなりますので、それを考えながら変更しましょう。

原因:ライブラリ(データベース)の破損

Windows Media Playerのライブラリデータが破損している可能性があります。その場合取り込みができないの他に保存してあった曲が無い・再生されないといった不具合が見られます。一度破損していないか確認しましょう。

対処法:ライブラリの再構築を行う

ライブラリの再構築を行いましょう。Windows Media Playerを開き、メニューバーの「ツール」から「詳細設定」「メディアライブラリの復元(R)」をクリックするといいでしょう。

またWindows Media Playerのデータベースを削除してしまえば勝手にWindows Media Playerが作り直してくれます。

関連記事
Bluetoothの音質は悪い?Bluetoothの音質について解説

Windows Media Playerで「CDの取り込み」が表示されない場合は?

CDの取り込みボタンが無い?そんな場合はお使いのパソコンによっては起こることがあります。CDの取り込みボタンを表示する方法を解説していきます。

ウィンドウの大きさを確認

Windows Media Playerのウィンドウの大きさは最大になっていますか?ウィンドウの大きさを確認しましょう。

ウィンドウのサイズが小さいと隠れて表示されていない可能性も

ウィンドウのサイズが小さいとCDの取り込みボタンが隠れてしまいます。必ず最大にしておきましょう。またキーボードから「Ctrlキー」と「Mキー」の同時押しでCDの取り込みが可能ですので、どうしても見つからない場合はキーボードで行いましょう。

Windows Media Playerの機能を再起動

Windows Media Player自体が何かしらの不具合を起こしている場合があります。このような場合はどのような操作をしても解決しない事が多いです。最終手段として、Windows Media Playerを再インストールすることにより直ることがあります。

コントロールパネルから再起動

コントロールパネルの画面から「プログラムと機能」をクリックします。次に「Windows の機能の有効化または無効化」をクリックし、ウィンドウが表示したら、メディア機能の左プラスをクリックします。Windows Media Playerを選択します。

Windows Media Playerを無効にする内容のメッセージが表示されますが「OK」をクリックした後にパソコンを再起動させてください。再起動しましたら再び上記と同じ操作をするとWindows Media Playerの再インストールが完了します。

関連記事
音楽聴き放題アプリ12社を比較!おすすめの有料定額音楽配信アプリは?

Windows Media Playerで取り込んだ曲が再生できない時の対処法

取り込んだ曲が他のパソコンや再生機器で再生できないということはありませんか?もしかしたらWindows Media Playerで余計な設定をしているかもしれません。その設定は「取り込んだ音楽を保護する」です。これにより再生できなくなります。

取り込みの設定で「取り込んだ音楽を保護する」の解除

曲を選択して右クリック。メディア使用権限から保護されているかどうか確認できます

保護されている曲を確認するには、曲を選択して右クリックをします。そこからメディア使用権限から保護されているかどうか確認できます。

それではその保護を解除していきます。まずは音楽の取込みの設定を開きます。

音楽の取り込み設定から、取り込んだ音楽を保護するにチェックを外します

音楽の取り込み設定から、取り込んだ音楽を保護するからチェックを外します。これで他のパソコンでも再生ができるようになります。

その後再度音楽CDを取り込む

取り込んだ音楽を保護するからチェックを外したからといって今までの保護した曲が解除されるわけではありません。次回から保護が解除された状態で音楽CDを取り込むことができます。

まとめ

以上が、Windows Media Playerで音楽CDをパソコンに取り込む方法の記事でした。パソコンにWindows Media Playerが入っていたら使ってみましょう。家にあるCDを聴いてみませんか?

合わせて読みたい!音楽に関する記事一覧

関連記事
iPhoneにパソコン(PC)から音楽を入れる方法
関連記事
iPhoneにパソコンなしでCD音楽を入れる方法
関連記事
超簡単!Discord音楽bot(Musicbot)のRythmを導入する方法
関連記事
【音楽アプリ】人気の無料おすすめ音楽アプリ【iPhone/Android】

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
KENERO

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ