【Androidスマホ】対応Bluetoothコーデックの確認と高音質で音楽を聴く方法を解説

お使いのAndroidスマホでBluetoothを使って音楽を高音質で聴きたいですよね。でもBluetoothのコーディックが対応していないと使えないようになっています。Bluetoothのコーデックとは何か、そして対応しているコーデックを紹介していきます。

【Androidスマホ】対応Bluetoothコーデックの確認と高音質で音楽を聴く方法を解説のイメージ

目次

  1. 1Bluetooth接続に関係するコーデックとは?
  2. コーデックは「音声圧縮変換方式」の規格
  3. 双方のデバイスが同じコーデックに対応していないと使えない
  4. 2Bluetoothコーデックの種類と特徴
  5. SBC
  6. AAC
  7. aptX
  8. LDAC
  9. 3高音質低遅延のBluetoothコーデックは?
  10. SBC以外のコーデックがおすすめ
  11. 4AndroidスマホでのBluetoothコーデック確認方法
  12. 開発者オプションをオンにする
  13. Bluetoothコーデックを確認する
  14. 5Bluetoothコーデックの高音質で音楽を聴く方法
  15. Bluetoothコーデックを最適なものに変更する
  16. まとめ
  17. 合わせて読みたい!Bluetoothに関する記事一覧

Bluetooth接続に関係するコーデックとは?

Androidスマホで、Bluetoothイヤホンを音楽を高音質で聴きたいですよね。そこでAndroidスマホをBluetooth接続するさいに重要になってくるものがあります。ちなみにBluetooth/ブルートゥースとは、無線通信を行う際の技術のことを言います。

さて、スマホで高音質で音楽を聴く方法とはの前にBluetooth接続に関係するコーデックを知る必要があります。コーデックとはAndroidスマホとBluetooth機器で必要になってくるものです。このコーデックがお使いの機器に対応していないといけません。

AndroidスマホとBluetooth機器のコーデックが両方対応していないと、使えない可能性があります。ではそのコーデックとはどういうものかをまず解説していきたいと思います。

コーデックは「音声圧縮変換方式」の規格

Bluetooth接続する際に、重要になってくるコーデックとは「音声圧縮変換方式」の規格です。オーディオコーデックとも呼ばれています。オーディオコーデックの種類によっては高音質だったり音質があまり良くないものだったりするので注意が必要です。

オーディオコーデックを選ぶうえで、AndroidスマホやBluetooth機器に対応していてかつ音質が良いコーデックを選ぶと高音質で音楽を楽しむことができます。

しかしコーデック選びを失敗すると音質が悪くなったり、そもそも対応していないくて使えないことがありますので、どのコーデックがいいのか特徴と機能を紹介して正確なコーデック選びを提供していきますので最後まで見ていきましょう。

双方のデバイスが同じコーデックに対応していないと使えない

AndroidスマホとBluetooth機器のコーデックが両方同じ種類に対応していないと使えないようになっています。Bluetoothイヤホンを購入する際は、Androidスマホのコーデックが確認してから買うようにしないと失敗しますので注意しましょう。

Androidスマホの開発者オプションでコーデックが確認をしましょう。開発者オプションとはどう表示するのかについては、後々操作手順を紹介させていただきます。

お使いの両方のデバイスのコーデックを確認するポイントとして「SBC」「AAC」「aptX」「LDAC」というものがあります。この4つのコーディックが両方に対応しているか見ると分かりやすいく確認ができます。

「SBC」「AAC」「aptX」「LDAC」とはについても徹底的に解説していきます。

ThumbBluetoothの通信距離は?距離の伸ばし方やデバイスでの距離範囲の違いはある?
Bluetooth(ブルートゥース)通信がどの距離まで届くか皆さん知っていますか?そしてこの...

Bluetoothコーデックの種類と特徴

SBC 標準のコーデックです。どんな機種でも対応しています。
AAC 主にiPhoneではAACコーデックを扱っています。高音質です。
apt-X Androidスマホで使われているコーデックです。高音質で遅延もないです。
LDAC ソニーが開発したコーディックでsy。96kHz/24bitのハイレゾに対応しています。

それでは、Bluetoothコーデックについて徹底的に説明させていただきます。まずBluetoothコーデックの種類は基本的に4つほどございます。その4つとは「SBC」「AAC」「aptX」「LDAC」です。

お使いの機器がこの4つに対応しているどうかを知ることで使えないという事態を避けることができます。さらにBluetoothコーデックの特徴を知ることで、音楽を高音質で聴けたりすることができますので色々と使い分けができるようになります。

では「SBC」「AAC」「aptX」「LDAC」について解説させていただきます。

SBC

Bluetoothイヤホンが世に最初に出回った当時は「A2DP」で対応が必須の「SBC」コーデックという圧縮方式でした。「SBC」は標準のコーデックでした。

SBCコーデックは、Bluetooth通信の安定性を重視したために音声信号の圧縮率が物凄く高くなりました。SBCコーデックは328Kbpsという可変ビットレートで音楽を楽しめる設計をしています。

分かりやすくSBCコーデック特徴をいうと、どんなBluetoothイヤホンでも使えますが圧縮率が大きいため音質があまり良くないようになっています。そしてBluetooth通信には、「SBC」が必須のコーデックとなっています。

AAC

AACとはAdvanced Audio Codingの略です。不可逆のディジタル音声圧縮を行う音声符号化規格のひとつであり、SBCと変わらない圧縮率を持っていますが、送信時のタイムラグが改善されているため高品質な音楽を楽しむ事ができるようになっています。

AACの特徴として、主にiPhoneではAACコーデックを扱っています。Bluetoothコーディックの中でもiPhoneを利用している方は特にAACコーデックを好むようで人気があるコーデックになっています。

AACコーデックは音質も大変良く、動画でのズレもそんなに気にならないようです。iPhoneやAPPLE製品には必ずといっていいほど、AACコーデックは対応していますので使ってみると良いでしょう。

aptX

aptXの特徴としては、主にAndroidスマホで使われているコーデックです。そしてaptXコーデックは圧縮率がSBCと比べてかなりに少なくなっているので、aptXは高音質で音楽を聴けることができます。

aptXコーデックは多くのBluetooth機器に対応しているため、人気があります。音質も良いですし動画でのズレもほとんどないのでおすすめです。

aptX対応のワイヤレスBluetooth製品は特に品質が高く、Bluetoothとは思えない高品質オーディオを楽しむことができます。ソニー、サムスン、Vizio、パナソニックなど、世界有数のメーカーがaptXを利用しています。

Androidスマホを使っているひとはaptXを使ってみましょう。

LDAC

LDACは、Bluetoothのオーディオプロファイル(A2DP)で利用される、新技術を盛り込んだ新しいコーデックです。あのソニーがLDACを開発しました。

LDACコーデックの特徴として、96kHz/24bitのハイレゾに対応しているということです。いままで紹介した「SBC」「AAC」「aptX」コーデックの中で一番LDACが音質が良いです。なにせハイレゾ対応ですからね。

注意点なのですが、LDACはハイレゾという優れた機能を持っているので対応している機器があまり少ないです。LDACを使うには再生機器もそれ相応のものを用意しないと使えないようになります。

LDACは使えない機器が「SBC」「AAC」「aptX」より多いので注意しましょう。

ThumbYouTube音楽をmp3に変換・保存(ダウンロード)する方法【2018年最新版】
日本のYouTubeの使用率は77%!その中でもYouTubeの音楽や動画をmp3等の形式に...

高音質低遅延のBluetoothコーデックは?

結局音質重視のひとは、どんなBluetoothコーデックを選んだらいいのでしょうか?上記で解説しました「SBC」「AAC」「aptX」「LDAC」のなBluetoothコーデックの特徴を理解しましたら分かってきましたよね。

高音質で動画のズレがないそして、途切れにくいBluetoothコーデックははたしてどれがいいのでしょうか?次で説明させていただきます。

SBC以外のコーデックがおすすめ

ずばり「SBC」以外のコーデックがおすすめです。実はコーディックの種類によって「音声遅延」が異なります。「SBC」コーデックでは一番、音声遅延があります。それに音質もそれほど良くはありません。

その点を踏まえたうえで、「AAC」「aptX」「LDAC」の3つのBluetoothコーデックが高音質で音声遅延も少ないのです。iPhoneを使っているひとは「AAC」を、Androidスマホを持っているひとは「aptX」を使いましょう。

さらに高音質で音楽を聴きたいひとは「LDAC」を使いましょう。Bluetoothコーデックが「LDAC」に対応している環境なら、「LDAC」を使うことをおすすめします。

Thumb音楽聴き放題アプリ12社を比較!おすすめの有料定額音楽配信アプリは?
有料、無料プランや邦楽、洋楽、曲数を重視して音楽聴き放題アプリを比較しながら各音楽アプリにつ...

AndroidスマホでのBluetoothコーデック確認方法

いよいよAndroidスマホでBluetoothコーデック確認してみましょう。Bluetoothコーデックを確認してみないことには、何もはじまりませんからね。ポイントとして「開発者オプション」が重要になるのでしっかりと操作をして確認してください。

では、AndroidスマホでBluetoothコーデックを確認する手順をひとつひとつ解説していきますので見ていきましょう。

開発者オプションをオンにする

Androidスマホのホーム画面から「設定」をタッチ

AndroidスマホでBluetoothコーデック確認する方法として「開発者オプション」を表示させなければなりません。「開発者オプション」を表示させる方法をまず解説していきます。

まずは、Androidスマホのホーム画面から「設定」をタッチしていきます。

「システム」をタッチします

設定画面から「システム」をタッチしていきます。

「端末情報」をタッチ

システム画面から「端末情報」をタッチして進んでいきます。

「ビルド番号」を連打でタッチしていきます。すると開発者オプションがオンになります。

端末情報一覧の中にビルド番号がありますので「ビルド番号」を連打でタッチしていきます。すると開発者オプションが自動的にオンになります。

すでに開発者オプションがオンになっている場合はこの操作をする必要はありません。

前の画面の「システム」に戻ると「開発者向けオプション」が表示されていますのでタッチしていきます。

念のオンになっているか確認をしていきます。前の画面の「システム」の一覧に戻ると「開発者向けオプション(開発者オプション)」が新しく表示されていますのでタッチしていきます。

「開発者向けオプション」をオンにします。すると開発者設定の許可が表示されるので「OK」をタッチすると完了です。

開発者向けオプションの画面に切り替わりましたら一番上の「開発者向けオプション」をオンにします。すると開発者設定の許可が表示されるので「OK」をタッチすると完了です。

開発者向けオプションがオンになっていないと、Bluetoothコーデックの確認ができないのでしっかりと操作をしてくださいね。

Bluetoothコーデックを確認する

「開発者向けオプション」を開きます。そのまま画面を下にスクロールしていきます。

それでは本格的にBluetoothコーデックを確認していきます。開発者オプションをオンにしたら「開発者向けオプション」を開きます。そのまま画面を下にスクロールしていきます。

Bluetoothオーディオコーデックを見つけてタッチします。

画面が切り変わりましたら開発者向けオプションから「Bluetoothオーディオコーデック」を見つけてください。そして「Bluetoothオーディオコーデック」をタッチしていきます。

コーデックが表示されますので確認をしましょう。

するとお使いのスマートフォンが対応しているBluetoothオーディオコーデックが表示されます。ここからBluetoothコーデックが確認できます。画像では「SBC」「AAC」「aptX」「aptX HD」が対応しています。

Bluetoothコーデックが使えないなど問題があった場合は、開発者オプションで一度Bluetoothコーデックを確認するといいでしょう。

Thumb無料音楽アプリ「Music FM:音楽の宴」の使い方!危険との噂は?
無料で音楽を聴ける「Music FM:音楽の宴」を見つけたのだけれど、Music FM:音楽...

Bluetoothコーデックの高音質で音楽を聴く方法

Bluetoothコーデックの種類によって音楽の音質が変化するということは良く分かりましたね?Bluetoothコーデックを見極めて高音質で音楽を聴いてください。

Bluetoothでも高音質で聴けるaptXやaptX-HDなど選ぶと良いでしょう。高音質で聴くためには標準のSBCコーデックはけして選ばないように注意をしていきましょう。

Bluetoothコーデックを最適なものに変更する

Bluetoothコーデックはお使いの機器に最適なものを選んであげると音楽が不自由なく聴けますし使えないことも避けれます。AndroidスマホやiPhoneなど一度Bluetoothコーデックを確認して、それに合ったものを選んであげるのが重要です。

双方のデバイスが同じコーデックに対応していないといけませんので、Bluetoothコーデックを最適なものに変更してあげることも大切です。

まとめ

以上が、【Androidスマホ】対応Bluetoothコーデックの確認と高音質で音楽を聴く方法を解説の記事でした。Bluetoothコーデックが再生機器とBluetooth機器両方対応していることが一番重要になってくることが分かったと思います。

Bluetoothコーデックが使えないやBluetoothコーデックの確認をしたい場合は、本日紹介した方法でしっかり確認をしてBluetooth製品を購入することが大切です。この記事を参考にして音楽をBluetoothで楽しんでいきましょう。

合わせて読みたい!Bluetoothに関する記事一覧

Thumb 【Android】Bluetoothの接続/設定方法!つながらない時の対処法
皆さんAndroidのBluetooth機能は使っていますか?このAndroidのBluet...
Thumb 【Bluetooth5.0】旧バージョンとの違いや「Bluetooth5対応」の意味とは?
皆さんはBluetooth5.0を使っていますか?それとも旧バージョンのものを使っていますか...
ThumbBluetoothの音質は悪い?Bluetoothの音質について解説
Bluetoothの音質は有線イヤホンと比べて悪いと言われています。なぜBluetoothの...
Thumb【Windows10】Bluetoothがペアリング済みなのに接続できない原因・対処法
Windows10でみなさんはBluetooth(ブルートゥース)をつかっていますでしょうか...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
KENERO

人気の記事

人気のあるまとめランキング
インステ