「iPhone4S」は2019年現在でも使えるのか解説!

2019年の現在でもiPhone4Sが使るのか気になったことはないでしょうか。そんな、iPhone4Sが2019年である現在でも使えるのか?を紹介します。また、iPhone4Sの特徴をおさらいして行きます。iOS、回線などの問題点や新機種の比較も行います。

「iPhone4S」は2019年現在でも使えるのか解説!のイメージ

目次

  1. 1「iPhone4S」を2019年でも使えるのか
  2. 使うことは可能
  3. 2「iPhone4S」の特徴
  4. 3.5インチディスプレイ
  5. iOS9.3.6までしかアップデートできない
  6. 4G回線の利用不可
  7. Wi-Fiの5Gの接続不可
  8. MicroSIMカード
  9. 充電ケーブルが30ピン
  10. 3「iPhone4S」を使う為に必要なもの
  11. MicroSIMもしくはSIMの変換アダプタ
  12. 30ピンの充電ケーブル
  13. 4「iPhone4S」を使う際の注意点
  14. iOS9で対応できるアプリが少ない
  15. 通信速度が遅い
  16. 5「iPhone4S」と「iPhoneX」のカメラ比較
  17. iPhone4Sの解像度と画素数
  18. iPhoneXの解像度と画素数
  19. まとめ
  20. 合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

「iPhone4S」を2019年でも使えるのか

iPhone4S

iPhone4SというiPhoneが2011年に発売しています。ここでふと疑問になってくることがあるでしょう。それは、2019年現在でも「iPhone4S」は使えるのだろうか?という問題が表面化します。2019年現在でも使用できれば使ってみるもいいかもしれません。

しかし、iPhone4Sは約8年前のiPhoneとなっておりますので、実際に2019年現在使おうとすると、あらゆる問題が発生してしまうことが予想されます。そんな問題点もあると思いますので、iPhone4Sを2019年でも使えるのか探っていきたいと思います。

使うことは可能

iPhone4Sは今となっては、相当古いiPhoneとなっていますが現在でも「使うことは可能」となっています。一応使うことができますので、もし自宅にiPhone4Sが眠っているのであれば、現在でも使えますので電源を入れてみてはいかがでしょうか。

iPhone4Sが現在でも使えるとはいえ、町や電車の中でiPhone4Sを使っている人は、ほとんど見かけません。

なぜ?iPhone4Sが2019年現時点でも使えるようになっているのに、皆さん使っていないのか理由があるはずのですので、これからその理由についてじっくり見ていきたいと思いますので参考にしてみてください。

iOSやアプリのアップデートが利用できないのでおすすめはできない

iPhone4Sは現在でも使えますが条件があります。iPhone4Sは今使用するのであれば「iOSやアプリのアップデートが利用できないのでおすすめはできない」です。

つまり、iPhone4SはiOSのアップデートやアプリのアップデートが行えないようになっています。iOSのアップデートができないのであれば、セキュリティ面に関しては正直危険な状態であります。

また、アプリのアップデートができないのであればアプリによっては起動すらしないでしょう。iPhone4Sを現在使おうとするとこのように、さまざまな問題点が浮き彫りとなってくるのです。

Thumb【iPhone8/iPhone8 Plus】イヤホンジャックはどこ?使い方をくわしく解説!
今回は、iPhone8/iPhone8 Plus(プラス)のイヤホンジャックについての記事で...

「iPhone4S」の特徴

ここからは、iPhone4Sがどういったモデルであるのか特徴を紹介していきたいと思います。iPhone4Sを知らない人の方が多いと思われますので、詳しく一つ一つ特徴を説明をしていきたいと思います。

iPhone - Apple(日本)

3.5インチディスプレイ

iPhone4Sは「3.5インチ(対角)ワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ」を搭載している特徴があります。Retinaディスプレイです。

約8年前のiPhoneですからディスプレイの色鮮やかさは、今のiPhoneと比較すると落ちますが2011年のiPhoneだと考えるとディスプレイは綺麗ですが、3.5インチと小さいです。

iOS9.3.6までしかアップデートできない

また、iPhone4Sは「iOS9.3.6までしかアップデートできない」という残念な特徴があります。iOS9.3.6は、2019年6月に提供されたiOSのバージョンです。現在でもiPhone4Sのバージョンに適したものが提供しております。

4G回線の利用不可

iPhone4Sには回線に特徴があります。それは「4G回線の利用ができない」ということです。4G回線が使えないということは、高速な回線を使えないということです。3G回線までしか対応していません。

Wi-Fiの5Gの接続不可

そして、iPhone4Sは「Wi-Fiの5Gの接続ができない」ようになっています。Wi-Fiへの接続ができませんので、iPhone4Sで動画やゲーム、音楽などのストリーミング再生などはできないと考えておいた方が良いです。

MicroSIMカード

ここで、iPhone4Sの一番の特徴を紹介します。それは「MicroSIMカード」というものを使っています。MicroSIMカードは、iPhone4S以前のものにしか刺さらないようになっています。

現在はNanoSIMが主流

MicroSIMカードは現在は使われていません。何故ならば「現在はNanoSIMが主流」だからです。iPhone5からNanoSIMに変わりました。

充電ケーブルが30ピン

また、iPhone4Sは充電ケーブルにも特徴があります。充電ケーブルが30ピンになっています。30ピンケーブルでなければ充電をすることはできません。

現在はLightning

iPhone4Sは充電ケーブルが30ピンとなっていますが「現在はLightning」に全て変わりました。30ピンの充電ケーブルは、店頭には既に置いていないでしょう。

ThumbiPhoneのバッテリーを復活させる裏技!リフレッシュ/リセットする方法!
iPhoneバッテリーを復活させる裏技(リセット・リフレッシュ方法を説明しています。iPho...

「iPhone4S」を使う為に必要なもの

ここからは、もし現在iPhone4Sを使おうこと考えている人に向けて、今iPhone4Sを使うのであれば何が必要になるのかを説明していきたいと思います。

もちろん、iPhone4Sは今ある新しいものでは使うことができませんので、あらかじめ必要となるものを用意しなければなりません。

MicroSIMもしくはSIMの変換アダプタ

今iPhone4Sを使用するのならば「MicroSIMもしくはSIMの変換アダプタ」が必要になります。MicroSIMのサイズのSIMカードを用意する必要があります。また変換アダプタで物理的にサイズを変更して使う方法もあります。

30ピンの充電ケーブル

また、iPhone4Sに必要なものとして「30ピンの充電ケーブル」があります。30ピンの充電ケーブルがなければ充電することができませんので、新しく購入をしてみてください。

Web版のApple Storeで購入可能

iPhone4Sに対応をした30ピンの充電ケーブルは「Web版のApple Storeで購入可能」となっています。下のリンクの「30ピン - USBケーブル - Apple(日本)」にアクセスして購入してください。

30ピン - USBケーブル - Apple(日本)
Thumb2019年新型「iPhone XI」スペック/発売日など最新情報まとめ!XS後継機は?
2019年のiPhoneの新型機種「iPhone Ⅺ」のデザインやスペック・発売日など最新情...

「iPhone4S」を使う際の注意点

それでは、iPhone4Sをどうしても現在使いたい場合は、使う際の注意点をあらかじめ把握しておくことが重要です。iPhone4Sを今使うとさまざまな問題点がありますので、そのことを頭に入れて使っていくとスムーズに利用することができるでしょう。

iOS9で対応できるアプリが少ない

iPhone4Sの現在の最新のiOSはiOS9.3.6となっています。iOS9.3.6では対応しているアプリが少ないという傾向があります。ほとんどのアプリは対応していないと考えておいた方が良いです。

不具合があっても対応できない可能性あり

万が一iPhone4Sで、アプリを使用していて不具合が起きてしまった場合は、対処できない可能性が高いですiOS9.3.6という不安定なiOSを使っていますので、不具合はどうしようもない結果になってしまいます。

通信速度が遅い

そして、通信速度が遅いということは頭に入れておいてください。3G回線になりますので、通信が止まったりすることが頻繁に予想されます。

Thumb【iPhone/iOS12】ショートカットがウィジェットに表示されないときの対処法!
iOS12からショートカットというアプリが誕生しました。ショートカットはウィジェットでも使用...

「iPhone4S」と「iPhoneX」のカメラ比較

最後に、iPhone4SとiPhoneXのカメラ比較を行っていきます。iPhoneXのカメラ性能は正直iPhoneの中では、トップクラスです。ですが、約8年前はiPhone4Sのカメラ性能は最強だと言われていました。

では、iPhoneXのカメラ性能とどれぐらいの差があるのか比較をしていきます。

iPhone4Sの解像度と画素数

それでは、iPhone4SとiPhoneXのカメラ性能を比較していきます。iPhone4Sの解像度と画素数は、バックカメラ「3264 x 2448/800万画素」フロントカメラ「640 x 480/30万画素」となっています。

iPhoneXの解像度と画素数

iPhoneXの解像度と画素数は、バックカメラ「1,200万画素 (12メガピクセル)」フロントカメラ「700万画素」となっています。

やはり、iPhone4SとiPhoneXのカメラの比較を行うと、明らかにiPhoneXのカメラの方がパワーアップしています。

まとめ

以上が、「iPhone4S」は2019年現在でも使えるのか解説!の記事でした。iPhone4Sは今現在でも使えますが、使いこなすには工夫が必要です。使えないことはないですが、さまざまな問題点がありますので正直おすすめはしません。

合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

Thumb【iPhone】「画面メモ」アプリのおすすめ4選!
iPhoneで何度も同じページにアクセスするのを面倒に感じたことはありませんか? 同じページ...
Thumb【iPhone11】バッテリー残量を%で表示する方法!
iPhone11のバッテリー残量を%で表示する方法を紹介していきます。iPhone11ではバ...
Thumb【iPhone】LINE通話の録音方法!画面収録/無料アプリなど紹介!
皆さんはiPhoneでLINE通話を録音できるのをご存知でしょうか?何か大事な電話をしている...
Thumb【iPhone】「Instagram」に位置情報を追加できないときの解決法!
この記事では、iPhoneで「Instagram/インスタグラム」に位置情報を追加できないと...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
KENERO
インステ