Microsoftが「Wunderlist」をシャットダウン!2020年5月6日終了!

Microsoftが「Wunderlist」のサービスを2020年5月6日にシャットダウンすることを発表しました。Microsoftでは2020年5月6日にシャットダウンを行う「Wunderlist」終了に伴いユーザーにTo Doへの移行を案内しています。

Microsoftが「Wunderlist」をシャットダウン!2020年5月6日終了!のイメージ

目次

  1. 1. Microsoftが「Wunderlist」のサービスを2020年5月6日にシャットダウンすることを発表
  2. 2. 「Wunderlist」のサービスをシャットダウンする経緯について
  3. 3. Microsoft社のタスク管理アプリへの取り組みについて
  4. 3-1. Android上のMicrosoft Launcherなどのほかの自社アプリとTo Doを統合
  5. 4. 「Microsoft To Do」へ移行する方法について
  6. 5. 移行後の「Microsoft To Do」では
  7. 5-1. 合わせて読みたい!Microsoftに関する記事一覧

Microsoftが「Wunderlist」のサービスを2020年5月6日にシャットダウンすることを発表

現地時間の12月9日、米Microsoftは、タスク管理として提供されている「Wunderlist」アプリのサービスを2020年5月6日にシャットダウンすることを発表しました。

2020年5月6日にシャットダウンを行う「Wunderlist」のサービス終了に伴い、Microsoftでは利用しているユーザーに向けて「Microsoft To Do」などのタスク管理アプリへの移行を案内しています。

関連記事
【マイクロソフト】買い換えパソコンに「モダンPC」をおすすめ!

「Wunderlist」のサービスをシャットダウンする経緯について

2020年5月にシャットダウンに

Microsoftでは、2015年に「Wunderlist」を提供している「独6Wunderkinder」の買収を行い、2017年に新たに「Wunderlist」を取り込んだタスク管理アプリとして「Microsoft To Do」のリリースを行いました。

Microsoftではサービスを終了する経緯について「Wunderlist」への新機能追加を行っておらず、保守機能が困難となるため「Wunderlist」を終了すると説明しています。

現状として、「Wunderlist」への新規サインアップ対応は終了しており、「Wunderlist」を利用しているユーザーは、2020年5月6日にシャットダウンされるまで、サービスを利用することが可能となっておりサポートも継続されるとのことです。

なお、シャットダウン後は、「Wunderlist」の予定は同期されなくなるが、ユーザーは引き続きMicrosoftのTo Doアプリにコンテンツをインポートすることができます。

関連記事
マイクロソフトが単独アプリとして「Cortana」をMicrosoft Storeで配信!

Microsoft社のタスク管理アプリへの取り組みについて

MicrosoftToDo

Microsoft社のタスク管理アプリへの取り組みについてご紹介しておきます。Microsoftでは、タスク管理アプリ「 To Do」の運営を長い期間運営を行ってきました。

Microsoftでは、2015年に「Wunderlist」を提供している「独6Wunderkinder」の買収を行い、2017年4月から、「Wunderlist」アプリのサービス終了に向けて、利用しているユーザーへの準備を進めてきたとされています。

Microsoftでは、自社が開発、提供を行っている「Microsoft To Do」に、フォルダーやサブタスクをはじめとして、添付ファイル機能やタスクの割り当てなど「Wunderlist」ユーザーがスムーズに移行できるよう取り組みを行ってきたとみられています。

Android上のMicrosoft Launcherなどのほかの自社アプリとTo Doを統合

デザインも新たに

Microsoftでは、今年9月To Doに、自社が開発、提供を行っている「Microsoft To Do」のアップデートを行い、日々のスケジュール管理をより機能的に提案する個人デイリープランナーなど新機能を追加しています。

また、Microsoftでは、ユーザーの利便性向上のため、タスク管理アプリ「Microsoft To Do」と、Android上のMicrosoft Launcherなど自社アプリとの統合も実施しています。

関連記事
Microsoftは無線イヤホン「Surface Earbuds」の販売を延期!

「Microsoft To Do」へ移行する方法について

Wunderlist

「Wunderlist」の2020年5月6日シャットダウンに伴い、「Microsoft To Do」へ移行する方法についてご紹介しておきましょう。

「Wunderlist」から、「Microsoft To Do」へ切り替えを行う方法ですが、To DoユーザーならiOSやAndroidのスマホ端末や、MacやPCにてウェブアプリにアクセスを行いWunderlistインポーターを使用して切り替えを行うことができます。

また、必要に応じて、「Wunderlist」アプリから「To Do」にリストをエクスポートを行うことも可能となっています。

移行後の「Microsoft To Do」では

移行案内

上記の手順で、コンテンツが正しくインポートされると、「Microsoft To Do」に切り替えることが可能となっています。

なお、「Microsoft To Do」では、新機能カスタマイズされたMy Dayホーム画面も導入されています。ほかにも、Microsoft Outlookの電子メールおよび「Planner」タスクを、「Microsoft To Do」に送信することが可能となっています。

「Microsoft To Do」の表示設定については、デフォルトでは「今後の予定」リストにすべての期日が表示されるようになっています。ユーザーの好みによって、今日のタスクのみを表示する設定に変更することもできるとのことです。

関連記事
Microsoftが新しい「To Do」タスク管理アプリを発表!

合わせて読みたい!Microsoftに関する記事一覧

関連記事
Microsoftのクラウド版「Project xCloud」が日本で2020年プレビュー開始!
関連記事
【Windows10】Microsoftアカウントをローカルアカウントに変更する方法!
関連記事
次期「Microsoft Edge」新機能コレクションをMicrosoftがプレビュー公開!
関連記事
【Microsoft Flow】OutlookとGoogleカレンダーの同期方法!

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
YUKI
よろしくお願いします♫

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ