「リモートデスクトップ」iOS版アプリが日本語のキーボード入力に対応!

日本語のキーボード入力に対応できる「リモートデスクトップ」iOS版アプリの最新版「v10.0.2」がリリースとなりました。公開された「リモートデスクトップ」iOS版アプリの最新版バージョンで日本語のキーボード入力に対応可能となる件についてご紹介します。

「リモートデスクトップ」iOS版アプリが日本語のキーボード入力に対応!のイメージ

目次

  1. 1「リモートデスクトップ」iOS版アプリの最新版「v10.0.2」がリリース
  2. 2Microsoft の「リモートデスクトップ」について
  3. 3「リモートデスクトップ」アプリを使用するメリットについて
  4. 4iOS/iPadOS版「リモート デスクトップ」のアップデートの経緯について
  5. 5Microsoftがリリースした「リモートデスクトップ」iOS版アプリの最新版「v10.0.2」内容
  6. 6最新版の「10.0.2」バージョンを利用する条件について
  7. 合わせて読みたい!アプリに関する記事一覧

「リモートデスクトップ」iOS版アプリの最新版「v10.0.2」がリリース

アップデート実施

現地時間の12月20日、米Microsoftが「リモートデスクトップ」iOS版アプリの最新版「v10.0.2」がリリースしました。

Microsoftが公開を開始した「リモートデスクトップ」iOS版アプリの最新版「v10.0.2」は、iOS 13.0のバージョン以降に対応可能となるもので、インストールについては、「App Store」からダウンロードすることができます。

‎「Microsoft リモート デスクトップ」をApp Storeで

Microsoft の「リモートデスクトップ」について

アプリロゴ

Microsoftがサービス提供を行っている 「リモートデスクトップ」についてご紹介しておきましょう。

「リモート デスクトップ」は、iPhoneやiPadからWindowsのPC端末へ接続を行い、デスクトップのリモート操作が可能となるMicrosoftが提供している公式アプリケーションです。

「リモートデスクトップ」アプリは、Windowsに標準搭載されている「リモート デスクトップ接続」アプリの機能を搭載しているのがiOS/iPadOS版の特徴となっています。

なお、「リモートデスクトップ」アプリは、iOS/iPadOS版の他にも、Windows 10・MacのPC版と、Android版が展開されています。

Thumb【iPhone】Steamをリモートプレイできる「Steam Link」アプリを紹介!
「ゲームをする時、長時間モニターの前に座っているのは疲れる……」そう思ったことはありませんか...

「リモートデスクトップ」アプリを使用するメリットについて

利用画面イメージ

Microsoftの「リモートデスクトップ」アプリを使用するメリットについてみていきましょう。「リモートデスクトップ」アプリは、リモートPC用リソースに接続可能となっています。

また、Microsoftの「リモートデスクトップ」アプリは、接続に使用できるデバイスに制限がないため、外出先や移動中の電車などユーザーの利用しているiPHoneなどのデバイスを接続して作業することができます。

 Microsoftの「リモートデスクトップ」アプリを利用するメリットとしては、場所を選ばず、仕事用PCに接続して、PC上のすべてのアプリやファイルなどが利用可能となる点が挙げられます。

Thumb【Windows10】リモートデスクトップ接続ができない時の対処法
みなさんはリモートデスクトップという機能を知っていますか。Windows10端末を利用してい...

iOS/iPadOS版「リモート デスクトップ」のアップデートの経緯について

iOS/iPadOS版「リモート デスクトップ」のアップデートの経緯について確認しておくと、「リモート デスクトップ」にて、前回のアップデートが行われたのは2019年11月にバージョン「v10.0.0」が公開されました。

2019年11月に公開されたバージョン「v10.0.0」では、「Windows Virtual Desktopサービスへの対応が可能となる機能追加や接続センターのUI刷新が実施されています。

今回、Microsoftが「リモートデスクトップ」iOS版アプリの最新版「v10.0.2」がリリースしたことで、日本語のキーボード入力に対応可能となります。

Thumb【Windows7】リモートデスクトップ接続を許可(有効)する方法
リモートデスクトップ接続を許可し、接続することでPC作業が便利に効率的にできることをご存知で...

Microsoftがリリースした「リモートデスクトップ」iOS版アプリの最新版「v10.0.2」内容

Microsoftがリリースした「リモートデスクトップ」iOS版アプリの最新版「v10.0.2」内容について確認していきましょう。

今回リリースされた「リモートデスクトップ」iOS版アプリの最新版「v10.0.2」の内容については、キーボードでの日本語や中国語の入力ができるようになっています。

また「iOS 13」を利用しているユーザーから、キーボード入力の際に、IMEパネルが表示されず困っているという声が上がっていたが、今回のアップデートにより、キーボード入力の際に、IMEパネルが表示されるよう変更されています。

ほかにも、最新版の「10.0.2」バージョンでは、アプリがクラッシュするバグについても修正が行われており、最新版の機能を反映させるには、アプリの最新版バージョンへのアップデートが必要となります。

Thumb【Chrome リモートデスクトップ】新しいWeb版を正式にリリース!
米Googleは新しいWeb版「Chromeリモートデスクトップ」の正式リリースを行いました...

最新版の「10.0.2」バージョンを利用する条件について

「リモートデスクトップ」iOS版アプリの最新版の「10.0.2」バージョンを利用する条件については、「Professional」版以上のエディションのクライアントOSもしくは、サーバー版のWindowsPCが必要となります。

また、対応OSについては、iOS 13.0以降のiPhoneやiPadとなっています。なお、「リモートデスクトップ」接続を行うためには、事前に接続先のWindows PCにて「リモートデスクトップ接続」の認証を許可設定しておくようにしましょう。

Thumb【iPad】Windowsへのリモートデスクトップ接続方法!
iPadでMicrosoft Remote Desktopアプリを使用して、Windowsへ...

合わせて読みたい!アプリに関する記事一覧

ThumbDellがアップデートでiPhoneアプリもミラーリングが可能に!
Dellが「Dell Mobile Connect」をアップデートしiPhoneアプリもミラ...
ThumbiPhoneをiPod化するアプリ「Rewound」をApp Storeで公開!
iPhoneをiPod化する「Rewound」という無料アプリがApp Storeで公開され...
ThumbBrydgeがiPad Pro用トラックパッド搭載のキーボードの発売を発表!
Brydgeが「iPad Pro」用のトラックパッド搭載のキーボード「Brydge Pro+...
ThumbiPad版のPhotoshopに「被写体を選択」機能!AIが選択範囲を識別!
AdobeがiPad版のPhotoshopに新機能を追加し「被写体を選択」する機能が対応開始...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
YUKI
よろしくお願いします♫
インステ