BrydgeがiPad Pro用トラックパッド搭載のキーボードの発売を発表!

Brydgeが「iPad Pro」用のトラックパッド搭載のキーボード「Brydge Pro+」を発売することを発表しました。発売開始される「iPad Pro」用のトラックパッド搭載のキーボード「Brydge Pro+」は2月後半に出荷される予定となっています。

BrydgeがiPad Pro用トラックパッド搭載のキーボードの発売を発表!のイメージ

目次

  1. 1BrydgeがiPad Pro用トラックパッド搭載のキーボードの発売を発表!!
  2. 22020年に発売予定の「Brydge Pro+」の2種類のモデルの販売価格について
  3. 3トラックパッド内蔵のiPad Pro用キーボード「Brydge Pro+」の特徴について
  4. iPadOSの「Assistive Touch」設定を変更することでマルチタッチ操作が可能に
  5. 明るさを3段階に調整可能なバックライトが内蔵
  6. 4「Brydge」では「iPad」OS向けに単体のトラックパッドの発売も予告
  7. 5日本での販売時期について
  8. 合わせて読みたい!iPad proに関する記事一覧

BrydgeがiPad Pro用トラックパッド搭載のキーボードの発売を発表!!

トラックパッド搭載のキーボードを発売

「Brydge」がCES 2020の開催に先駆け、2020年に発売する新製品のiPad Pro用トラックパッド搭載のキーボードを発売することを発表しました。「Brydge」はiPadやSurface向けの外付けBluetoothキーボードを提供している企業です。

「Brydge」は、2020年に「Surface Go」や「Surface Pro X」向けモデルとなるキーボードのほか、トラックパッドを搭載したiPad Pro用キーボードなど、複数の製品が発売を予定しています。

2020年に発売する新製品のiPad Pro用トラックパッド搭載のキーボード「Brydge Pro +」は、iPad Pro 11インチモデルやiPad Pro 12.9インチの第3世代モデルで使用することができます。

ThumbAppleがiPad用のキーボードにタッチジェスチャー追加の特許を取得!
AppleがiPad用キーボードに「タッチジェスチャー機能」追加の特許を取得したことが注目さ...

2020年に発売予定の「Brydge Pro+」の2種類のモデルの販売価格について

2種類のモデル

2020年に発売予定のトラックパッド内蔵のiPad Pro用キーボード「Brydge Pro+」の2種類のモデルの販売価格についてご紹介しておきましょう。
 
「Brydge Pro+」の販売価格は、11インチ用モデルが199.99ドル、日本円にて約21,600円の価格設定となっており、12.9インチ用モデルについては229.99ドル、日本円で約24,900円となる予定となっています。

「Brydge Pro+」の受付開始については、受付が近日中に開始され、リリース段階で500台が、2月後半に出荷されることとなっています。その後、3月後半より再度出荷予定となっています。

Thumb【iPad Pro 10.5インチ】iPad Air 10.5との違いは?スペック/価格を比較!
皆さんはiPad Pro10.5インチを利用したことはありますか?iPadは他にも違いのある...

トラックパッド内蔵のiPad Pro用キーボード「Brydge Pro+」の特徴について

特徴

トラックパッド内蔵のiPad Pro用キーボード「Brydge Pro+」の特徴についてみていきましょう。

「Brydge Pro+」のキーボードの特徴は、「Brydge Pro+」のヒンジ部に「Surface Pro」や「iPad」を挿し込んでセットすることで、まるでラップトップスタイルのPCを利用することができる点となります。

「Brydge Pro+」のキーボードは、ディスプレイ画面を開く角度についてもユーザーの好みで自由に調整可能となっており、ソファでくつろいでる時など膝の上などの不安定なところでもPC作業をすることができます。

iPadOSの「Assistive Touch」設定を変更することでマルチタッチ操作が可能に

また、「Brydge Pro+」のトラックパッドについては、iPadOSの「Assistive Touch」設定を変更することで、マルチタッチ操作が可能となる点も大きな特徴といえます。

「Brydge Pro+」のトラックパッドでは、3本指タップでアプリ一覧を表示することができ、右下もしくは左側をタップするとホーム画面を表示することができます。

そのほか、「Brydge Pro+」のトラックパッド画面を、二本指で上にスワイプすることでドックが表示されます。

明るさを3段階に調整可能なバックライトが内蔵

バックライト内蔵

「Brydge Pro+」のキーボードのもう一つの特徴として、明るさを3段階に調整することができるバックライトが内蔵されている点があります。

なお、「Brydge Pro+」では、「iPad Pro」との通信に「Bluetooth 4.1」を利用して通信を行うとしています。

また「Brydge Pro+」のバッテリーは、長期間利用できるのがメリットとなっており、1回のフル充電により、約3カ月間使用することができるとのことです。

Thumb【iPad Pro】スマートキーボードのレビュー!ほとんどの人には不要?
iPad Proのスマートキーボード/Smart Keyboardはほとんどの人は不要だとい...

「Brydge」では「iPad」OS向けに単体のトラックパッドの発売も予告

単体トラックパッド搭載発売も予定

「Brydge」では「iPad」OS向けに単体のトラックパッドの発売を行うことも発表しています。「iPad」OS向けに発売される単体のトラックパッドについても、iPadシリーズ用キーボードと組み合わせて、マルチタッチ操作を行うことが可能となっています。

「Brydge」では、iPadOS向けの「iPadOS Trackpad」や、MacBook Airと16インチ MacBok Pro向けの新しい垂直ドックなど、複数の拡張ドックについても、2020年前半に発売予定となっています。

Thumb次期「iPad Pro」は2020年前半の発売で3Dセンサー搭載か?
2020年前半の発売予定とされている次期「iPad Pro」は3Dセンサー搭載するのではとB...

日本での販売時期について

Appleは、日本での「Brydge Pro+」の販売時期については、現段階では発表されておらず、「Brydge Pro+」の販売予定は未定となっています。

合わせて読みたい!iPad proに関する記事一覧

Thumb【iPad Pro】パソコンの代わりになる基本テクを紹介!
iPad Proは好きなんだけどパソコンの代わりには役不足、なんて思っていませんか?実はiP...
Thumb【iPad/iPad Pro】お絵描き/イラストアプリのまとめ!
iPadやiPad Proでお絵描きアプリを使って、自由にイラストを描くことができます。iP...
Thumb「iPad Pro」のスペックを活せるおすすめゲームアプリ7選!
皆さんはiPad Proをお持ちですか?iPad Proのスペックは非常に高くゲームアプリも...
ThumbUSB-C搭載「iPad Pro」とUSB-CポートがないPCの接続方法!
USB-C搭載「iPad Pro」とUSB-CポートがないPCにおける接続方法を知っています...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
YUKI
よろしくお願いします♫
インステ