【Microsoft】セキュリティソフト「Defender」のiOS/Android版提供へ!

Microsoftがセキュリティ対策ソフト「Defender」のiOS・Android版をリリースすることを発表しました。Microsoftが発表したiOS・Android版向けのセキュリティ対策ソフト「Defender ATP」についてご紹介していきます。

【Microsoft】セキュリティソフト「Defender」のiOS/Android版提供へ!のイメージ

目次

  1. 1. MicrosoftがiOS・Android版向けのセキュリティ対策ソフト「Defender ATP」をリリース
  2. 2. iOSやAndroidのスマホ端末向けのセキュリティ対策について
  3. 3. iOS・Android版向けのセキュリティ対策ソフト「Defender ATP」とは
  4. 4. iOS・Android版向けのセキュリティ対策ソフト「Defender ATP」リリースの時期について
  5. 5. ChromeおよびFirefoxブラウザーの拡張機能となる「Windows Defender Application Guard」をリリース
  6. 5-1. 合わせて読みたい!Microsoftに関する記事一覧

MicrosoftがiOS・Android版向けのセキュリティ対策ソフト「Defender ATP」をリリース

現地時間の2月20日、Microsoft社の法人向けエンドポイントのセキュリティ対策サービスとしてリリースしている「Defender ATP」をiOS・Android版向けのセキュリティ対策ソフトとして提供することを発表しました。

関連記事
「Microsoft Internet Explorer」の更新方法を解説!

iOSやAndroidのスマホ端末向けのセキュリティ対策について

iOSやAndroidのスマホ端末向けのセキュリティ対策については、Google Play StoreやApp Storeなどの各ストアにおいて独自のマルウェア対策が実施されています。

このため、Google Play StoreやApp Storeから購入するアプリについて安全性が極めて高くなっているといえます。

ですが、それぞれのストア配布以外のアプリや、まれにストア内のアプリにもマルウェアが入り込むなどセキュリティ対策については、確率されていないのも現状となっています。

MicrosoftのバイスプレジデントであるRob Lefferts氏は、「AndroidやiOSはかなり安全だが、かなり安全と安全は同じではない」と発言し、危険性を指摘しています。

関連記事
iOS向け「Office」アプリの設計を一新【Microsoft】

iOS・Android版向けのセキュリティ対策ソフト「Defender ATP」とは

MicrosoftのLefferts氏によると、iOS・Android版向けのセキュリティ対策ソフト「Defender ATP」では、管理を行うのではなくセキュリティに関する設計となるとしています。

iOS・Android版向けのセキュリティ対策ソフト「Defender ATP」では、Microsoftが安全ではないと考えているサイトへの接続を防ぐように設計されると説明しています。

iOS・Android版向けのセキュリティ対策ソフト「Defender ATP」を利用することで、フィッシング攻撃を防ぐのに役立つ可能性があるとされています。

「Windows 10」の標準機能である「Defender」は、2019年にはChromeとFirefox向けに拡張機能をリリースし、その後、Macでも対応可能となっています。

関連記事
【Windows10】「Microsoft Store」のアプリの自動更新のオン/オフについて解説!

iOS・Android版向けのセキュリティ対策ソフト「Defender ATP」リリースの時期について

現段階では、iOS・Android版向けのセキュリティ対策ソフト「Defender ATP」リリースの時期について公表されておらず、未定となっています。

iOS・Android版向けのセキュリティ対策ソフト「Defender ATP」は、AndroidとiOS向けの提供時期については、明らかにしていませんが、マルチプラットフォームの統合セキュリティ対策として、幅広い人気となるのではないかと想定されています。

なお、Microsoftでは、モバイルOS「Windows Mobile」のサービスを終了し、AndroidとiOS向けのアプリを提供しています。

また、今年Microsoftでは、Android搭載の2画面端末「Surface Duo」を発売する予定となっています。

関連記事
Windows10で「Microsoftアカウント」を新規作成する方法!

ChromeおよびFirefoxブラウザーの拡張機能となる「Windows Defender Application Guard」をリリース

Microsoftでは、2019年3月に、Windows Insiderプログラム参加者を対象として、デスクトップ版ChromeおよびFirefoxブラウザーの拡張機能となる「Windows Defender Application Guard」をリリースしています。

デスクトップ版ChromeおよびFirefoxブラウザーの拡張機能となる「Windows Defender Application Guard」では、Windows 10が標準搭載する「Windows Defender」をChromeとFirefoxで対応できるように拡張機能が実施されました。

「Windows Defender Application Guard」の機能については、リリース段階ではEdgeブラウザー専用機能として提供されていた機能となっていました。

「Windows Defender Application Guard」では、システムの管理者が信頼済みサイトに登録していないウェブページへアクセスした場合のセキュリティ対策として、そのページをOSシステムから隔離されたサンドボックス内でウエブページを開きます。

これにより、もし、信頼済みサイトに登録していないウェブページが、悪意あるコードを含むウェブサイトだった場合にシステムに影響がおよぶのを防ぐことができるというものです。

合わせて読みたい!Microsoftに関する記事一覧

関連記事
マイクロソフトがトランシーバー機能などMicrosoft Teamsに追加へ!
関連記事
「Microsoft Launcher」プレビュー版Android向けホーム画面アプリを発表!
関連記事
Windows10の「Microsoft Store」の設定について解説!
関連記事
【カメラアプリ】「Microsoft Pix」の使い方を解説!

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
YUKI
よろしくお願いします♫

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ