在宅ワーク向けハードウェア「Zoom for Home」を発表【Zoom】

ビデオ会議サービス「Zoom」は在宅ワーク向けのハードウェア「Zoom for Home」を発表しました。「Zoom for Home」は、ソフトウェアとハードウェアの両面から在宅ワークの生産性を高めるために展開した取り組みです。

在宅ワーク向けハードウェア「Zoom for Home」を発表【Zoom】のイメージ

目次

  1. 1Zoom、在宅ワーク向けハードウェア「Zoom for Home」発表
  2. 企業向けには「Zoom Rooms Appliances」を展開
  3. 2「Zoom for Home DTEN ME」価格は559ドルで8月から販売
  4. 3タッチ型ディスプレイ「Zoom Rooms」も販売
  5. 「DTEN D7」の機能
  6. 合わせて読みたい!Zoomに関する記事一覧

Zoom、在宅ワーク向けハードウェア「Zoom for Home」発表

Zoom for Home

米現地時間7月15日、ビデオ会議サービス「Zoom」は在宅ワーク向けのハードウェア「Zoom for Home」を発表しました。

これは新型コロナウイルス感染拡大の影響から需要が高まった「Zoom」が、ソフトウェアとハードウェアの両面から在宅ワークの効率を高めるために行われた取り組みのひとつです。

今回初の対応製品として、主にオフィスにおける会議向け製品を製造している「DTEN」と提携し開発された「DTEN ME」を発表しました。価格は559ドルと言われています。

Zoom for Home DTEN ME

企業向けには「Zoom Rooms Appliances」を展開

Zoom Rooms Appliances

「Zoom」では、「Neat」や「Poly」などのハードウェアソリューションと連携したハードウェア「Zoom Rooms Appliances」を主に企業向けに展開しています。

「Neat」バージョンの「Zoom Rooms Appliances」の価格は2500ドルで販売されています。

Thumb「TimeRex」と「Zoom」連携!日程調整が自動で発行!
ミクステンドが日程調整自動化ツール「TimeRex」にビデオ会議サービス「Zoom」との連携...

「Zoom for Home DTEN ME」価格は559ドルで8月から販売

「Zoom for Home - DTEN ME」とは、タッチ対応の27型モニターと3つの広角カメラ、そして8つのマイクアレイ、ステレオスピーカーが搭載されている他、有線LANポートやWi-Fiを搭載しているWeb会議の一体型のデバイスです。

画面はタッチディスプレイになっているので、コンテンツを共有したり画面を共有してホワイトボードのように利用したりすることも可能です。つまりパソコン無しでZoomのビデオ会議を行うことができます。

「Zoom for Home DTEN ME」のサイズは、幅616mm×高さ391mm×奥行き104mm、重さは約6.5kgとなっています。価格は559ドルで8月に米国のみで販売される予定です。

「Zoom for Home」を利用するにはZoomアカウント登録が必要となります。会社でZoomのライセンスが発行されていれば、同じアカウントで利用することができます。

Zoomでの通話にも対応し、カレンダーやミーティング設定などパーソナライズされた設定も全て適用される仕組みです。

Thumb【Web会議/電話に便利!】「Zoom」とは?特徴/料金などくわしく紹介!
今更「Zoom」のことを聞くのは恥ずかしいという人も多いはずです。この記事は「Zoom」とは...

タッチ型ディスプレイ「Zoom Rooms」も販売

「Zoom Rooms」専用の一体型タッチディスプレイ

また「Zoom」では2019年に、Zoomの有料サブスクリプションサービス「Zoom Rooms」向けのディスプレイ製品「DTEN D7」もリリースしています。これは今回リリースされた在宅ワーク向け「Zoom for Home」のオフィスバージョンです。

「DTEN D7」とは「Zoom Rooms」専用の一体型タッチディスプレイで、カメラやマイク、スピーカーなどが搭載されています。これによって「Zoom Rooms」をさらに快適に利用することができます。

「DTEN D7」の機能

ホワイトボード機能

「DTEN D7」のディスプレイは超薄型で軽量設計で機能を簡単に使いこなすことができます。ワンタッチでビデオ会議が可能である点が大きな特徴です。16個のマイクは約9m離れた参加者の声もクリアに聞こえてノイズも低いです。

さらに参加者の表情がしっかりわかる4K対応の広角カメラとディスプレイで臨場感のあるビデオ会議が行えます。また「Zoom Rooms」ホワイトボード機能でとても効率よくビデオ会議を実現でき参加者間でのコミュニケーションもスムーズに行えます。

Thumb「Google Meet(無料)」と「Zoom」はどちらが高機能か解説!
Google Meet(無料)というコミニケションツールを知っていますか。最近では「Zoom...

合わせて読みたい!Zoomに関する記事一覧

Thumb【最新】ZoomアプリがApple ID/仮想背景の管理をサポート!
Zoomアプリが「Apple ID」のログインに対応可能となる最新版をリリースしたことを発表...
ThumbZoomが無料ユーザーにも「エンドツーエンド暗号化」を提供へ!
「Zoom」では「エンドツーエンド暗号化」について、無料ユーザー向けにも提供することを発表し...
Thumb【ビデオ会議アプリ】「Zoom」v5.1.0を公開!ミュート解除の要請など!
ビデオ会議サービス「Zoom」が新機能が追加された最新版アプリv5.1.0を公開開始したこと...
Thumb【まだZoom飲み?】「Houseparty」の完全マニュアルを紹介!
まだZoom飲みを行っていますでしょうか。Zoom飲みよりも便利に使える「Housepart...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
usagifwfw
インステ