【Windows10】d3dx9_43.dllが見つからない時の対処法を解説!

Windows10でゲームをしようと開いたとき、「d3dx9_4.dll」がないと表示がされることがあります。「d3dx9_4.dll」とは何なのか、「d3dx9_4.dll」が見つからない場合どのような対処法を取るのかについても含め解説していきます。

【Windows10】d3dx9_43.dllが見つからない時の対処法を解説!のイメージ

目次

  1. 1【Windows10】d3dx9_43.dllが見つからない時の対処法
  2. どんな時に必要?
  3. d3dx9_43.dllが見つからない時の対処法
  4. d3dx9_43.dllをダウンロードする手順
  5. 最後に

【Windows10】d3dx9_43.dllが見つからない時の対処法

Windows10でアプリを開こうとする際、必要となるプログラムに必要なファイルが存在しています。元々Windows10の中にインストールされているもののほか、外部からインストールが必要なものなど様々です。

そんな一部のアプリを開くために必要なプログラムの中に「d3dx9_4.dll」というものがあります。

どんな時に必要?

この「d3dx9_4.dll」がどのようなときに必要なものなのか、というのは分からない人も多いでしょう。しかし、基本的に「d3dx9_4.dllが見つかりません」と表示される人からするとなんとなく分かっている人も多いでしょう。

Windows10でゲームをするときに表示される

Windows10でゲームで遊ぼうとしたときに表示されることがあるのが「d3dx9_4.dllが見つかりません」の表示です。

ひいては、Windows10でゲームをする際に必要なプログラムがd3dx9_4.dllということにもなります。デフォルトで入っているプログラムではないため、何の前知識もなく利用している場合はこの表示が出て焦った人も多いでしょう。

このd3dx9_4.dllを利用するためには、DirectX エンド ユーザー ランタイムというものが必要です。「d3dx9_4.dllが見つかりません」というのは、DirectX エンド ユーザー ランタイムがインストールされていない、もしくは破損している可能性を示しています。

d3dx9_43.dllが見つからない時の対処法

さて、このd3dx9_4.dllが見つからない場合、基本的にはDirectX エンド ユーザー ランタイムをインストールすることが対処法となります。本当にd3dx9_4.dllが無いかどうかはPCで検索すれば分かります。

PCで検索しても場所がわからない

Windows10PCで検索しようとしても、そのファイルが保存されている場所がわからなければあるかどうかの確認はしづらいでしょう。

そんな人のために場所を提示しておきます。インストールした「d3dx9_4.dll」は、移動などをおこなっていない限りC:\Windows\System32のフォルダの中にあります。

エクスプローラーの検索欄で「d3dx9_4.dll」を検索しても見当たらないのであれば、「d3dx9_4.dll」がないと判断しましょう。

d3dx9_43.dllをダウンロードする手順

d3dx9_4.dllがない場合、d3dx9_4.dllをダウンロードするためにDirectX エンド ユーザー ランタイムのインストールが必要です。

DirectX エンド ユーザー ランタイムをインストール

DirectX エンド ユーザー ランタイムは、下記リンク先からインストールをおこないます。

DirectX エンド ユーザー ランタイム Web インストーラ

言語が日本語になっていることを確認してから「ダウンロード」ボタンをクリック

日本語になっていることを確認して「ダウンロード」をクリック

インストーラーのダウンロード画面になりますので、言語が日本語になっていることを確認して「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

適当な場所へ保存

適当な場所へ保存します。

「dxwebsetup.exe」を実行する

ダウンロードした「dxwebsetup.exe」を起動しましょう。ユーザーアカウント制御画面が表示されたら「はい」を押します。

「同意する」を選択

使用許諾契約へ「同意する」を選択しましょう。

「次へ」をクリック

「次へ」をクリックします。

「Bingバー」は不要なら外す

「Bingバー」はインストールしてもしなくても問題ありません。不要な場合はチェックを外しましょう。

「次へ」をクリックしてインストール開始

「次へ」をクリックするとインストールがおこなわれます。これでd3dx9_4.dllがインストールされますので、Windows10でゲームなどをおこなうことが可能になります。

最後に

Windows10で利用するゲームの中にはd3dx9_4.dllが必要なものが存在しています。

これはDirectX エンド ユーザー ランタイムをインストールすることでC:\Windows\System32の場所へインストールされますので、これでゲームを利用できるようになったかどうかを確認してみてください。

Thumb「MSVCP140.dll」を再インストールする方法を解説!
Windowsパソコンでアプリケーションを立ち上げた際、「MSVCP140.dllがない」と...
Thumb【Windows10】無料ゲーム17選!おすすめやゲームの探し方も解説!
【Windows10】ではゲームができなくなったと思っている人も多いようですが、【Windo...
ThumbWindows10で「ソリティア/マインスイーパー」など標準搭載アプリを楽しむ方法!
Windows10ではプログラム内の「Microsoft Solitaire Collect...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ