【Windows10】システムの割り込みのCPU使用率が100%で重い原因と対処法!

Windows10でどうにも動作が重いと思った時、動いているのが「システムの割り込み」というものというときがあります。この「システムの割り込み」とは何なのか、思い原因や重い場合の対処法などについてをこの記事で解説していきます。

【Windows10】システムの割り込みのCPU使用率が100%で重い原因と対処法!のイメージ

目次

  1. 1【Windows10】システムの割り込みのCPU使用率が100%で重い原因と対処法
  2. 「システムの割り込み」とは?
  3. 「システムの割り込み」で重たくなる原因は?
  4. 「システムの割り込み」でPCが重たい場合の対処法
  5. 最後に

【Windows10】システムの割り込みのCPU使用率が100%で重い原因と対処法

「システムの割り込み」

Windows10では様々なプロセスが動いていますが、それらのプロセスの何かが原因でWindows10の動作が重いと感じることがあります。

その際、タスクマネージャーを確認すると「システムの割り込み」のCPU使用率が原因で100%になっていることがあります。

「システムの割り込み」とは?

このCPU使用率を上げている「システムの割り込み」が何なのか、ぱっと見ただけではよく分かりません。

どういうものか分からなければCPUの使用率100%の原因解消もしづらいので、まずは「システムの割り込み」とは何なのかを簡単に説明します。

優先度が高いハードウェアの処理がシステムの処理中に割り込んでいる際に表示されるプロセス名

システムの割り込みとは、Windows10のシステムの中でも優先度(IRQL)が高いハードウェアの処理が、システムの処理中に割り込んでいる際にタスクマネージャー上に表示されるプロセスの名前です。

タスクマネージャーを確認するとCPU使用率100%を占めている場合がある

Windows10の動作が妙に重い、重すぎて作業に支障が出る、などのような場合は、たいてい何が邪魔をしているか確認するためタスクマネージャーを確認することと思います。

この「システムの割り込み」によってCPU使用率が高くなっており、総使用量が100%となると、Windows10の動作がかなり重くなり、動作の停止なども起こりやすくなります。リソース上では「遅延プロシージャ呼び出しと割り込みサービス」という内容です。

「システムの割り込み」で重たくなる原因は?

「システムの割り込み」とはなにか分かったと思いますが、これが原因で重い状態になる原因とは一体何なのかも分かりづらいですよね。

デバイスドライバーやバックグラウンドのアプリケーションやサービスが原因

この「システムの割り込み」とは、前述したとおり特定のプロセスが割り込みをしている、というわけではなく、Windows10全体のシステムの中で割り込み処理をしているものを総称しているものです。

「システムの割り込み」は「割り込み処理ルーチン」と「遅延プロシージャ」に分かれており、前者はデータの読み込みと割り込み準備をするもの、後者は前者の後に割り込み処理をするものです。重くなる原因は後者ということが大半です。

大抵はマウスやキーボード、DVDなどのディスクやネットワーク通信をおこなうデバイス経由の処理(Bluetoothなど)がされている際に表示されることが多いプロセス名なので、原因となるのもそれに関するものです。

それに関するものとはどういうものかざっくりとした説明では分かりづらいと思いますが、簡単に言うとデバイスドライバーやバックグラウンドアプリ・サービスなどが原因です。

起動していなくても、スタートアップで起動するアプリが原因ということも少なくありません。

「システムの割り込み」でPCが重たい場合の対処法

さて、「システムの割り込み」でWindows10PCが重い場合の対処法ですが、「システムの割り込み」はシステムに関するものである前に特定のプロセスを指しているものではないため、タスクマネージャーから直接停止することはできません。

しかし、停止できないものの、「システムの割り込み」のせいで動作が重い場合、対処法はいくつかありますのでそれぞれ確認していきましょう。

パソコンを再起動する

端末の再起動をする

何かしらの不具合が起きた場合、たいてい最初に皆さん試されるのがPC再起動だと思います。「システムの割り込み」が原因で重い場合も同様で、システムの割り込みを再起動によって強制的に停止させることを目的としています。

「システムの割り込み」のCPU使用率が上がっている場合、割り込み処理が溜まりに溜まっていることも多いため、一度再起動してWindows10の動作に変化が起きるか確認してみましょう。

外付けのハードウェアを外す

「システムの割り込み」によりタスクマネージャーでCPU使用率が100%になっている場合、デバイスの何かが原因の可能性が高いことは前述しました。外付けのハードウェアなどがある場合、それを外してみましょう。

USBメモリや外付けHDD、有線でつないだプリンタなど様々ありますがそれらを外してキーボードとマウスという必要最低限のもののみに変更してみてください。この状態で一度Windows10の再起動をしてみましょう。

デバイスドライバーのアップデート

デバイスドライバーが原因の可能性を前述しました。そのため、「システムの割り込み」のせいでタスクマネージャー上のCPU使用率が100%になっているような場合、デバイスドライバーのアップデートをしてみましょう。

「デバイスマネージャー」を開く

デバイスドライバーのアップデートをする場合、デバイスマネージャーを起動します。WindowsマークキーとXキーを押してメニューを表示し、「デバイスマネージャー」をクリックしましょう。

更新したいドライバーで右クリック

問題が起きていると考えられるデバイスのデバイスドライバーで右クリックします。(原因となりやすいのは「ネットワークアダプター」「オーディオデバイス」「Bluetooth」「SATA AHCIコントローラー」の4つです)

「ドライバ―の更新」をクリック

「ドライバーの更新」をクリックしてください。

「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」を選択

「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」のオプションをクリックし、表示された画面の内容に従い、アップデートの有無を確認してください。アップデートがあった場合は最新版のインストールをしましょう。

BIOSをアップデート

なお、Windows10の基盤とも言えるBIOSの不具合が原因で「システムの割り込み」のCPU使用率が上がり、タスクマネージャー上で100%になる可能性が高いです。この場合、BIOSのアップデーをしてみましょう。

BIOSのアップデート方法は利用しているPCやメーカーによって異なるため、公式ホームページなどで確認をしてアップデートしてみてください。

高速スタートアップを無効化

高速スタートアップとは、一部のアプリなどを休止状態にしてWindows10を閉じることで、次回起動時に早く起動することができるようにする設定ですが、これにより休止状態のプロセスなどに不具合が残ったままになることが多いです。

そのため、すべてをWindows10のシャットダウンと同時に停止/終了するよう、高速スタートアップを無効化します。

「電源オプション」を開く

WindowsマークキーとXキーで表示されたメニューから「電源オプション」をクリックしてください。

「電源の追加設定」をクリック

電源オプション画面で「電源の追加設定」をクリックします。

「電源ボタンの動作の選択」をクリック

左側のメニューから「電源ボタンの動作の選択」をクリックしてください。

「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック

上の方にある「現在利用可能ではない設定を変更します」の部分をクリックしましょう。

「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外す

「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外してください。

「変更の保存」をクリック

「変更の保存」をクリックしましょう。高速スタートアップの無効化の設定が完了したら、PCの再起動を実行します。

スタートアップのアプリケーションを停止

Windows10起動時に開くスタートアップのアプリケーションは、起動と同時にアプリケーションも起動し、起動したつもりがなくても自動的にバックグラウンドで動いています。

これらのアプリケーションを停止することで「システムの割り込み」の使用率の上昇を防ぐことができる可能性があります。

「スタートアップ」をクリック

スタートアップのアプリケーションはタスクマネージャーから停止可能です。タスクマネージャーの「スタートアップ」タブをクリックしてください。

スタートアップのアプリケーションを無効化する

有効になっているアプリを選択して「無効にする」を押してください。

Windows Updateを完了

Windows Updateがされていないことが「システムの割り込み」の使用率上昇の原因の可能性もあります。Windows10の設定画面からWindows Updateを実行してください。既に更新している場合は更新が終わるのを待ちましょう。

Windowsの自動アップデートを行わないように設定

なお、逆にWindows Updateをおこなっていることで、「システムの割り込み」が原因で動作が重くなることもあります。

自分が利用しているさなかにアップデートが原因で「システムの割り込み」が起きる場合、自身が使っていないときにアップデートをおこなわないよう、Windowsの自動アップデート設定を解除しておきましょう。

「Windows管理ツール」の「サービス」をクリック

スタートメニューの「Windows管理ツール」フォルダから「サービス」を開きます。

「Windows Update」で右クリック後「停止」

サービス一覧の中から「Windows Update」を探し、右クリックして「停止」を選択しましょう。これで自動更新を停止することができます。手動での定期的な更新が必要となるため、その点留意願います。

セキュリティソフトを停止

セキュリティソフトは、動作が重くなる原因となりやすいです。ウイルススキャン中などは特に重くなりがちなので、セキュリティソフトが原因ということもありえないわけではありません。

リアルタイム保護をおこなっている場合などは「システムの割り込み」に対する負担となる可能性もありますので、一時的にでいいのでセキュリティソフトを停止してみてください。

CPUを交換/パソコンを買い替える

ここまでの対処法をおこなってもどうにもならない場合、CPUのスペックが低く、PCでおこなっている動作について言いっていない可能性も否めません。この場合、CPUを交換するか、いっそのことPC自体を買い換えるかをしたほうが無難です。

最後に

「システムの割り込み」が原因となるCPUへの高負荷の原因と対処法を説明してきました。自身のPCの場合の原因がよく分からなくても、対処法を1つずつ試してみて解消することもありますので、この記事を参考におこなってみてください。

Thumb【Runtime Broker】CPUとメモリを大量消費するのか解説!
Windows10で動く様々なプロセスの1つに「RuntimeBroker」があります。タス...
Thumb【Windows10】ntoskrnl.exeとは?重い/CPU使用率が高い場合の対処法を解説!
Windows10で動いているプロセスの「ntoskrnl.exe」が原因で動作が重い/CP...
Thumbsvchost.exeとは?ウイルス?Windows10で重い時の対処法を解説!
Windowsのバックグラウンドプロセスにはいろいろなものがありますが、そのうちの1つに「s...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ