WindowsImageBackupの使い方!バックアップの削除・復元方法を解説!

Windowsには、WindowsImageBackupという便利な機能があります。OSに不具合がある場合など、WindowsImageBackupを利用してバックアップをしておくと再セットアップ後にも復元できますので、使い方の説明をしていきます。

WindowsImageBackupの使い方!バックアップの削除・復元方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1WindowsImageBackupの使い方
  2. WindowsImageBackupの設定/作成方法
  3. バックアップの削除/復元方法
  4. 最後に

WindowsImageBackupの使い方

Windowsで何らかのエラーが起き、Windowsを起動できなくなった場合、Windowsの再セットアップが必要となる場合があります。

その際、バックアップを取っておくと、作成したイメージバックアップを利用して復元することができます。それができるのがWindowsImageBackup(ウィンドウズイメージバックアップ)です。

WindowsImageBackupの設定/作成方法

WindowsImageBackupとはもともとWindowsに搭載されている機能です。数十GBという容量が必要なため、WindowsImageBackupを利用してイメージバックアップを取る際は容量の確保も必要ですので、その点注意が必要です。

Windows10の「設定」を開く

ではWindowsImageBackupとはどのようにして設定し、イメージバックアップを作成するのか、使い方の説明をしていきます。まずはスタートボタンから設定を開いてください。

「更新とセキュリティ」をクリック

「更新とセキュリティ」をクリックしてください。

「バックアップ」をクリック

左側のメニューで「バックアップ」をクリックします。

「[バックアップと復元]に移動(Windows7)」をクリック

「[バックアップと復元]に移動(Windows7)」をクリックしてください。

「バックアップの設定」をクリック

「バックアップの設定」をクリックします。

保存するドライブを選択

バックアップの設定画面が開くため、イメージバックアップを取る場所(ドライブ)をクリックして選択しましょう。

「次へ」をクリック

「次へ」をクリックします。

「自動選択」を選択

バックアップ対象の選択画面になります。「自動選択」と「自分で選択する」があります。「自分で選択する」とは選択したもののみのバックアップとなりますので、基本的には「自動選択」で問題ありません。

「次へ」をクリックする

「次へ」をクリックしましょう。

「設定を保存してバックアップを実行」をクリック

WindowsImageBackupの確認画面となりますので、「設定を保存してバックアップを実行」をクリックしてください。

バックアップの削除/復元方法

WindowsImageBackupの使い方に沿ってバックアップを取ったものを復元したい場合や削除したい場合もあるかと思いますので、そのやり方も説明します。

WindowsImageBackupのバックアップで復元する方法

「回復」をクリック

WindowsImageBackupのバックアップを利用して復元する場合、Windowsの修復を実行することで可能です。Windowsの設定の「更新とセキュリティ」で「回復」をクリックします。

「PCの起動をカスタマイズする」の「今すぐ再起動」をクリック

「PCの起動をカスタマイズする」の「今すぐ再起動」をクリックします。

再起動後、Option選択画面が表示されるため、「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「その他の修復オプションを表示」→「イメージでシステムを回復」でイメージバックアップを利用した復元を行います。

ドライブを復元するアカウントを選択し、利用するイメージバックアップを選択すれば復元ができます。

バックアップを管理/古いバックアップを削除する方法

なお、WindowsImageBackupを利用したバックアップはかなりの容量を消費するため、バックアップファイルをいくつも所持しておくと動作に影響が出る可能性が高いです。

容量を確保するためにバックアップファイルは削除しておきましょう。削除方法とはどのようにするのかですが、「ファイルのバックアップまたは復元」画面で「領域を管理します」→「設定の変更」の順に開いてください。

「○○(日付)に作成された最新のシステムイメージのみを保持する」を選択すれば、古いバックアップファイルを削除できます。すべて削除する場合は「このコンピューターのすべてのシステムイメージを削除する」を選択すればOKです。

最後に

WindowsImageBackupを利用することで、Windowsに何かがあった場合にもシステムを復元できるため、作成しておくに越したことはありません。

ただし、WindowsImageBackupで作成したバックアップファイルはかなりの容量があります容量を確保するためにも、不要なイメージバックアップファイルは削除するようにしておきましょう。

Thumb【Windows10】完全バックアップを標準ソフトで作成/復元する方法!
Windows10では標準装備のソフトで完全バックアップを取ることが可能です。日頃からこまめ...
ThumbWindows10のバックアップをUSBメモリに保存する方法を解説!
Windows10のPCに何かがあったときのために、Windows10のバックアップをUSB...
ThumbOneDriveとは?機能やできることを解説【OneDrive】
OneDriveとは何でしょうか。OneDriveとはMicrosoftが提供するクラウドサ...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ