Windows10のバックアップをUSBメモリに保存する方法を解説!

Windows10のPCに何かがあったときのために、Windows10のバックアップをUSBなどに保存しておきたいことがあると思います。この記事ではWindows10のバックアップをUSBメモリに保存する方法についてを解説していきます。

Windows10のバックアップをUSBメモリに保存する方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1Windows10のバックアップをUSBメモリに保存する方法
  2. 必要なもの
  3. Windows10のバックアップをUSBメモリに保存する手順
  4. 最後に

Windows10のバックアップをUSBメモリに保存する方法

Windows10で何らかの不具合があった時、まるごとバックアップを取っておくとその時の状態に戻すことができるため便利です。

そんな万が一に備えて、Windows10のバックアップをUSBメモリにとり、そのバックアップを利用してWindows10の回復ができるようにしておきたいと考える人もいるかと思います。

必要なもの

Windows10のバックアップをUSBメモリに保存する場合、次のものを準備しましょう。

PC

まずは当然ながらWindows10が搭載されたPCです。バックアップを取りたいWindows10の中のデータを用意しておく必要がありますので、バックアップデータを残したい対象のPCを準備しておきましょう。

容量が32GB以上のUSBフラッシュメモリ

Windows10のバックアップを取りたい場合、可能であれば光学ディスク(CD-RやDVD-R)を準備しますが、ノートパソコンだと外付けの光学ディスクドライブが必要なこともあり、そこでバックアップの作成をやめようかと考える人もいるでしょう。

そういったノートパソコンでもバックアップを取ることは可能です。どのパソコンでもバックアップ可能にする場合、USBフラッシュメモリを準備しておきましょう。この際、必要な容量は32GB以上です。

可能であれば32GBギリギリの容量ではなく、それより多い容量のもののほうが余裕をもって保存できます。容量が足りるUSBが手元にない場合は購入して準備しておきましょう。

Windows10のバックアップをUSBメモリに保存する手順

さて、ではWindows10のバックアップをUSBメモリに保存す方法のやり方の説明に移ります。

リカバリーUSB/回復ドライブの作成

まずはWindows10のバックアップとしてリカバリーUSB/回復ドライブの作成をおこないましょう。

「回復ドライブ」と入力

検索欄に「回復ドライブ」と入力しましょう。

「回復ドライブ」をクリック

「回復ドライブ」がアプリとして表示されるため、ここをクリックします。ユーザーアカウント制御画面が表示されたら「はい」をクリックしてください。

ここにチェックが入っていることを確認

「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」にチェックが入っているか確認してください。

「次へ」をクリック

「次へ」をクリックしましょう。Windows10のバックアップUSB/回復ドライブに利用できそうなドライブ(保存先)があるかどうかの検索が完了し、見つかったら利用したいUSBメモリが選択されているか確認し、「次へ」をクリックします。

すると回復ドライブの作成画面になります。Windows10のバックアップUSB/回復ドライブを作成する際、そのUSBメモリに入っていたデータは全て消えてしまいます、という内容の注意書きが表示されます。

もしもUSBメモリの中に大切なデータが有る場合は「キャンセル」して、そのデータを別の場所に保存しましょう。問題なければ「作成」をクリックしましょう。「回復ドライブの準備ができました」と表示されれば完了です。

作成したWindows10のバックアップUSB/回復ドライブは、そのPCかつ同じOSであればその後も回復ドライブとして何度も利用することができますので、万が一の場合に備えて作成しておくと良いでしょう。

システムイメージはUSBメモリにはバックアップ保存不可

なお、Windows10のバックアップUSBを作成するとき、ファイルだけでなくインストールしたアプリケーション/ソフトウェアなども全てまとめて保存する場合はシステムイメージの保存が必要となります。

しかし、USBメモリでのWindows10のバックアップではシステムイメージのバックアップを行うことができません。

システムイメージをバックアップしたい場合は外付けのHDDが必要となります。USBで保存できるのはWindows10の回復ドライブというバックアップファイルなので、その違いには注意してください。

最後に

Windows10のバックアップファイル(回復ドライブ)は、USBメモリを使って簡単に作成することができます。

ただし、Windows10のシステムイメージのバックアップを取る場合にはUSBメモリを利用することはできませんので、その点に注意して活用してください。

Thumb【Windows10】完全バックアップを標準ソフトで作成/復元する方法!
Windows10では標準装備のソフトで完全バックアップを取ることが可能です。日頃からこまめ...
Thumb【簡単】AndroidスマホデータをPCにバックアップする方法
普段使っているAndroidスマホが壊れた時に慌てないように、Googleの標準のバックアッ...
Thumb「iPhone」のバックアップの場所はどこ?変更方法も解説!
iPhoneのバックアップしたデータファイルを復元したとき、データファイルが保存される場所は...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ