「iPhone」のバックアップの場所はどこ?変更方法も解説!

iPhoneのバックアップしたデータファイルを復元したとき、データファイルが保存される場所はどこなのか分からなくて困ってしまう人が多いです。ここではiPhoneバックアップの保存場所と、場所を変更する方法を説明していきます。

「iPhone」のバックアップの場所はどこ?変更方法も解説!のイメージ

目次

  1. 1「iPhone」のバックアップ方法とは
  2. iCloud
  3. iTunes
  4. 2「iPhone」のバックアップの場所はどこか~iCloud~
  5. バックアップ仕様/特徴
  6. バックアップ場所確認手順
  7. 詳細情報の選択/削除
  8. 3「iPhone」のバックアップの場所はどこか~iTunes/Mac~
  9. バックアップ仕様/特徴
  10. iTunesのメニューから探す方法
  11. 直接検索する方法
  12. 4「iPhone」のバックアップの場所はどこか~iTunes/Windows~
  13. 対応OS
  14. ディレクトリから探す方法
  15. 直接指定する方法
  16. 5「iPhone」のバックアップの場所の変更方法~iTunes~
  17. Windows
  18. Mac
  19. 6「iPhone」のバックアップの場所の注意点
  20. OSごとに保存場所は異なる
  21. ファイルの移動/編集と復元時の影響
  22. 最後に
  23. 合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

「iPhone」のバックアップ方法とは

iPhoneのバックアップをどこに保存してあるのか確認する方法は、あなたがどのような方法でiPhoneバックアップを保存したかによって異なるのが特徴です。

保存場所を確認するには、2種類の方法があります。2種類のバックアップ方法は、それぞれ異なる特徴があります。ここではまず、2種類のiPhoneのバックアップ方法を紹介します。

iCloud

iPhoneユーザーでPCを持っていない人は、iCloudにバックアップをします。iCloudは無料プランもあるので、ただでiPhoneデータをバックアップできるのが特徴です。

iCloudはApple公式のクラウドサービスで、あなたのデータファイル保存場所はオンライン上のクラウドサービス内です。iPhoneでの操作のみなので便利で手軽ですが、無線通信でバックアップするので時間がかかるのが特徴です。

iTunes

iPhoneのバックアップをとるときにiTunesを使う方法もあります。iTunesを使うバックアップはPCを使う必要があるので、PCを持っているのが条件です。

iTunesはUSBケーブルでiPhoneとPCを接続してバックアップをとるので、iCloudのバックアップに比べて早く終わるのが特徴です。またバックアップ方法も異なるので、事前に調べておきましょう。

Apple 公式サイト
iCloud - Apple サポート 公式サイト
iTunes

「iPhone」のバックアップの場所はどこか~iCloud~

iPhoneのデータファイルをバックアップする時に、iCloudを使う場合はバックアップの仕様と準備手順を知っておきましょう。ここからは、iCloudを使ったiPhoneのバックアップ方法の仕様と準備手順を紹介していきます。

バックアップ仕様/特徴

iCloudの画面

iCloudにデータファイルをバックアップをすると、保存場所はiCloud内です。iPhoneからとったバックアップデータをiPadで復元したり、Macで閲覧したりするときにUSBケーブルを接続しないでできます。
 

保存場所 iCloud
保存容量 無料プラン 5GB・有料プラン 最大2TB
暗号化 自動で常に暗号化
バックアップの通信方法 Wi-FiやiPhone回線で行う

バックアップ場所確認手順

iPhoneの設定アプリ

iCloudにバックアップを取ったiPhoneのデータファイルの確認方法は、iOSのバージョンによって異なるのが特徴です。ただどのiOSバージョンでも、設定アプリから操作します。

ここからは、iOS 11以降・iOS 10.3・iOS 10.2のバックアップファイルを確認する方法を紹介していきます。

iOS11以降

Apple IDの項目

iOS 11以降のiPhoneでバックアップデータファイルを確認する方法は、設定アプリを起動してApple IDの項目をタップします。

iCloudの項目

Apple ID画面でデータの保存場所であるiCloudの項目をタップして、iCloudのバックアップデータファイルを確認しましょう。

ストレージを管理の項目

バックアップデータファイルを確認するためには、「ストレージを管理」の項目をタップします。

バックアップの項目

iCloudストレージ画面で「バックアップ」項目をタップしましょう。

iPhoneのバックアップデータ項目

次の画面で「バックアップ」という項目に表示されている、あなたのiPhone名をタップしてください。

前回バックアップの項目

iCloudにバックアップがとってあるiPhoneのデータファイル詳細が表示される画面になるので、「前回バックアップ」の日にちを確認して、詳細を見ておきましょう。

iOS10.3

使っているiPhoneがiOS 10.3の場合は設定アプリから「Apple ID」の項目をタップして、データの保存場所である「iCloud」を選択します。iCloud画面でiCloudストレージの内訳グラフをタップして、「ストレージを管理」を選びましょう。

iOS10.2以前

iPhoneがiOS 10.2以前の場合は、設定アプリを起動してから「Apple ID」の項目をタップして、データの保存場所である「iCloud」を選択します。iCloud画面で「容量」をタップしたら、「ストレージを管理」を選択しましょう。

詳細情報の選択/削除

アプリごとのチェックアイコン

iOSのバージョンごとに異なるバックアップ手順ですが、詳細情報の確認方法やバックアップデータの削除方法は同じです。まずバックアップの詳細画面で、バックアップファイルの一覧を確認できます。

アプリごとの削除画面

もし個別でバックアップしたデータを削除したいアプリがある場合は、データの保存場所であるiCloudのバックアップ画面を表示します。削除したいアプリのチェックアイコンをタップし、「オフにして削除」をタップします。

バックアップの削除項目

バックアップしたiPhone自体のデータファイルを削除したい場合は、バックアップの詳細画面を下までスクロールして「バックアップを削除」をタップしましょう。

iPhone、iPad、iPod touch のバックアップを探す - Apple サポート
ThumbiCloudに写真をバックアップする方法!確認方法も解説【iPhone/iPad】
iCloudに写真をバックアップする方法は初心者でも簡単にできます。バックアップした写真を確...

「iPhone」のバックアップの場所はどこか~iTunes/Mac~

PCを使ってバックアップをとるiTunesの場合は、MacとWindowsで手順が異なるのが特徴です。ここからは、まずMac版iTunesでiPhoneのバックアップを確認する方法を紹介していきます。

バックアップ仕様/特徴

Mac版iTunesでiPhoneのバックアップを取る場合も、Windows版iTunesでiPhoneのバックアップを取る場合もデータの保存場所がどこかは同じです。
 

保存場所 MacもしくはWindowsPCのiTunesソフト
(SDメモリカードへ移動可能)
保存容量 PCの空き容量による
暗号化 手動で暗号化可能
バックアップの通信方法 USBケーブルによる接続

iTunesのメニューから探す方法

iPhoneのバックアップ画面

Mac版iTunesでiPhoneのバックアップを確認する手順は、まずiTunesを起動します。起動したiTunesで画面左上にある「iTunes」タブをクリックしましょう。

iTunesメニュー一覧から「環境設定(Preferences)」をクリックし、「デバイス」を選択します。「control」キーを押しながら確認したいバックアップをクリックして、「Finderで表示」を選ぶと保存場所を表示できます。

直接検索する方法

Macで直接検索したい場合は、iTunesのメニューから探す方法と異なるのが特徴で、PCのメニューバーを使います

メニューバーに「~/Library/Application Support/MobileSync/Backup/」と入力し、「return」キーを押します。これだけでiPhoneのバックアップデータを探すことができます。

ThumbiPhoneからバックアップしたiTunesデータの保存・確認方法!
iPhoneの大切なデータをバックアップするのに重要な役割を果たしているiTunesというソ...

「iPhone」のバックアップの場所はどこか~iTunes/Windows~

Windows版iTunesも、Mac版iTunesと同じようにiTunesがバックアップデータの保存場所です。データは同じ場所に保存してあるのですが、確認する手順は異なるのです。

対応OS

Windows版iTunesに対応しているOSはWindows 7、Windows 8、Windows 10です。Windows 7よりも前のOSではWindows版iTunesに対応していないので、アップデートしましょう。

WindowsのOSのアップデートはスタートメニューから設定アイコンをタップし、「更新とセキュリティ」の項目から行えます。

それぞれのバージョンで保存場所を探す方法は、最初の段階が異なるだけです。Windows 7はスタートをクリックし、Windows 8はスタートよ子の虫眼鏡をクリックし、Windows 10はPCの検索バーを選びます。

ディレクトリから探す方法

検索バーの画面

WindowsPCの検索バーをクリックしてコマンドを入力すると、iPhoneのバックアップを確認することができます。

コマンドの入力画面

WindowsPCの検索バーに、iPhoneのバックアップデータを確認するためのコマンド「%appdate%」と入力してください。

ファイルフォルダーの項目

「%appdate%」というファイルフォルダーのアイコンをクリックしましょう。

Apple Computerの項目

PCのエクスプローラー画面が表示されるので、表示されている一覧の上の方にある「Apple Computer」のフォルダをクリックします。

MobileSyncの項目

「Apple Computer」のフォルダを選ぶと、「MobileSync」のファイルを選択します。

Backupの項目

「MobileSync」のファイル内から「Backup」フォルダをクリックしましょう。このファイル内がiPhoneのバックアップの保存場所です。

直接指定する方法

Windows版iTunesにバックアップをとったiPhoneのデータファイルを、直接検索するためにはコマンドを入力します。「\ユーザー\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\」を入力しましょう。

「iPhone」のバックアップの場所の変更方法~iTunes~

iPhoneのバックアップをiCLoudした場合は、データの保存場所を変更することができないのが特徴です。しかし保存場所を変更しなくてもさまざまなデバイスで共有することができます。

PCを使ってiTunesにiPhoneのバックアップをした場合は、共有はできない代わりに保存場所を変更することができるのが特徴です。ここからはWindows、Mac、それぞれでiPhoneのバックアップ保存場所を変更する方法を紹介していきます。

Windows

編集の項目

WindowsPCで保存場所を変更する方法は、iTunesを起動して「編集」をクリックします。

環境設定の項目

次にiTunesの「環境設定」の項目をクリックしてください。

詳細の項目

iTunesの環境設定の画面で「詳細」アイコンをクリックしましょう。

変更のアイコン

iTunesの環境設定で、詳細画面上部にある「変更」アイコンをクリックしましょう。保存場所を変更できるPCのエクスプローラー画面になります。

シンボリックリンクの作成手順

WindowsPCのコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを入力してください。「\ユーザー\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\」を入力して、エラーが出なければ完了です。

Mac

MacでiPhoneのバックアップ保存場所を変更する方歩は、まずiTunesを起動して「環境設定」をクリックし、次に「詳細」を選びましょう。詳細画面で「変更」をクリックして、新しいiPhoneバックアップデータの保存場所を選びましょう。

ターミナル設定変更手順

ターミナルと呼ばれるコマンドを直接入力する画面から、iPhoneバックアップの保存場所を変更することもできます。まず今iPhoneバックアップが保存されている場所でファイルを切り取り、Macのターミナル画面を開きます。

コマンドプロンプトで、iPhoneバックアップの保存場所を変更するコマンドを入力します。

「 ln-s /Volumes/HDD_NAME/ Backup /Users/(ユーザ名)/Library/Application\ Support/MobileSync/Backup」と入力して、エラーが出なければ完了です。

ThumbiCloudにバックアップするアプリの選択・設定方法を解説【iPhone】
皆さんはiPhoneのアプリのバックアップなどは何で行っていますか?iCloudかiTune...

「iPhone」のバックアップの場所の注意点

iPhoneバックアップデータは保存場所を確認する方法や、保存場所を変更する方法には注意点があります。ここからは、iPhoneバックアップがどこに保存されているかの確認方法や変更方法の注意点を紹介します。

OSごとに保存場所は異なる

iPhoneバックアップがどこに保存されているかは、iCloudへのバックアップか、iTunesのバックアップかだけではなく、OSによっても保存場所が異なるという特徴があります。

iPhoneのバックアップがどこに保存されているか保存場所を探すときは、PCのOSに気を付けましょう。

ファイルの移動/編集と復元時の影響

iPhoneバックアップの保存場所を変更すると、iPhoneやiPadなどにバックアップを復元するときに動画や画像の画質が落ちてしまう可能性があります。

動画や画像のデータはiPhoneバックアップをとったり、保存場所を変更したりすると、画質が落ちてしまうのです。またiPhoneバックアップを復元するときに、保存場所を検索するのに時間がかかる可能性もあります。

最後に

いかがでしたか?iPhoneバックアップがどこに保存されているかは分かりにくいですが、確認方法は簡単です。またPCにiPhoneバックアップを保存する場合は、分かりやすい場所へ変更しておきましょう!

合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

Thumb「iPhoneXR」のカメラの画質レビュー!評価は?
iPhoneXRのカメラの画質や機能の性能の評価は高いとレビューがあります。そんなiPhon...
Thumb「iPhone6/6s」でApple Payは使えるのか解説!
iPhone6/iPhone6sでApple Pay(アップルペイ)が使えるのか?使えないの...
Thumb【iPhone】テザリング機能とは?料金/使い方も解説!
iPhoneのテザリングは使ったことがない人も多い機能です。しかしその利便性を知ると、仕事や...
Thumb「iPhoneXR」のスペックは?高コスパで買い?
iPhoneXRは高コスパと言われています。なぜ?iPhoneXRが高いコスパと言われている...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ネロ
不定期で記事を執筆していきます。犬と料理が好きです。よろしくお願いします!
インステ