使わないスマホをドラレコできるリア専用アプリが登場【DriveMate RemoteCam】

㈱カーメイトは、スマホでドラレコできるリア専用アプリ【DriveMate RemoteCam】をリリースしました。スマホでドラレコできるリア専用アプリ【DriveMate RemoteCam】についてご紹介していきましょう。

 使わないスマホをドラレコできるリア専用アプリが登場【DriveMate RemoteCam】のイメージ

目次

  1. 1使わないスマホをドラレコできるリア専用アプリが登場
  2. 2スマホでリモート撮影が可能になるアプリ『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』をインストールする方法
  3. 3『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』アプリとは
  4. 4あおり運転撲滅に自宅で使わないスマホが活躍!!『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』の使い方
  5. 合わせて読みたい!ナビゲーションアプリに関する記事一覧

使わないスマホをドラレコできるリア専用アプリが登場

㈱カーメイト〈本社所在地:東京都豊島区〉は、平成31年4月1日、リアガラスに設置したスマホでリモート撮影が可能になるアプリ『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』をリリースしました。

『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』アプリは、使わなくなって家に眠っているスマートフォンを利用することができます。

また、㈱カーメイトは、『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』アプリを利用するスマホを車の窓ガラスに固定することができる、リア専用ホルダー『スマホルダー ガラス貼付』を令和元年5月15日に発売開始します。

『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』とリア専用ホルダー『スマホルダー ガラス貼付』により、後方のあおり運転やツーリングの後続車などの録画が可能となります。

Thumb「Filto」アプリのプリズム加工で曇り空を美しくきらめき編集!
せっかく撮った写真や動画を見返してみると、曇り空で綺麗に撮れていないことはありませんか?「F...

スマホでリモート撮影が可能になるアプリ『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』をインストールする方法

ご利用のスマホでリモート撮影が可能になるアプリ『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』をインストールする方法についてご紹介しておきます。

iPhoneを使っているユーザーが『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』をインストールするにはAppStoreから『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』をインストール、ダウンロードしましょう。

‎「DriveMate RemoteCam」をApp Storeで

Androidのスマホ端末ユーザーが『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』をインストールするにはGoogle Play Storeから『DriveMate RemoteCam』をインストール、ダウンロードしましょう。

DriveMate RemoteCam - Apps on Google Play
ThumbFacebookのニュースフィードの見方・使い方を解説
ニュースフィードはFacebookを操作するうえで、よく目にする画面の一つです。ではFace...

『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』アプリとは

『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』アプリは、フロント側のスマートフォンをリモコン側として使用します。

『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』アプリは、車のリア側に設置した2台目のスマートフォンで、カメラ側となり車の後方をリモート撮影できるようになっているアプリとなっています。

録画した動画は、SNSへのシェアができる機能があり、ツーリングなどの趣味を楽しむ時の動画再生にも利用することが可能です。『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』アプリは様々な使い方のできるアイテムです。

なお、『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』アプリでは衝撃感知による自動録画機能はありません。

『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』アプリの開発元によると、このアプリが誕生した背景は、あおり運転が社会問題化している昨今、運転中の後方撮影のニーズがアップしたことがあげられています。

また、使わなくなったスマートフォンを自宅に持てあましている人も増えていることを受け『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』アプリは誕生しました。

Thumb楽天「Viber」アプリで『1日保険シリーズ』を発売!国内旅行やスポーツ・フェスなど
楽天損保が「Viber」アプリで1日200円の保険料から加入できる『1日保険シリーズ』を発売...

あおり運転撲滅に自宅で使わないスマホが活躍!!『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』の使い方

『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』の使い方についてみていきましょう。

『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』を利用するには、2台のスマホを用意する必要があります。

リモコン側、カメラ側のどちらのスマホにも『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』アプリをインストールしましょう。

フロント側のスマホをリモコン側として使用しますが、リモコン側の画面は、操作がしやすいよう大きな操作ボタンとなっており、録画のスタート・ストップ操作等を行います。

リア専用ホルダー『スマホルダー ガラス貼付』により、車のリアにカメラ側のスマホを取り付けます。

リア専用ホルダー『スマホルダー ガラス貼付』はカメラ側のスマホをはさみ込むだけで簡単にスマートフォンをこていすることができ、角度調節も可能となっています。また、様々なリアガラスの傾斜に対応するようになっています。

カメラ側のスマホをホルダーに設置し、『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』で撮影をすることで、後方のあおり運転を録画することが可能です。

『DriveMate RemoteCam(ドライブメイト リモートカム)』で撮影した動画は、専用の『動画再生リスト』で管理することができます。

『動画再生リスト』から、動画再生をすることもできますし、万が一の際は、あおり運転の証拠として、『動画再生リスト』を警察等のしかるべき窓口へもっていくこともできます。

Thumb「Alfred v4」の正式アップデートは2019年6月に!Mac用ランチャーアプリ新機能を紹介
Mac用多機能ランチャーアプリ「Alfred」の次期メジャーアップデートとなる「Alfred...

合わせて読みたい!ナビゲーションアプリに関する記事一覧

Thumb「Yahoo!カーナビ」アプリがCarPlayに対応!車載機器にiPhone接続で最適表示
「Yahoo!カーナビ」アプリがAppleCarPlayに対応しました。これでiPhoneを...
ThumbGoogleマップのナビ機能の使い方!基本操作やルート検索・経由地の追加や高速道路の回避も解説
便利なGoogleマップのナビ(カーナビ)の機能・使い方・基本操作について詳しくご説明します...
ThumbGoogleマップのオフラインでの使い方!ナビ機能や注意点・海外旅行での使い方も解説!
Googleマップはオフラインマップを予めダウンロードしておくことで、インターネットにつなが...
ThumbGoogleマップでルートを変更する方法!経由地の追加・ナビも解説
スマホのGoogleマップで設定したルート(経路)を変更することが必要になったら? Goog...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
YUKI
よろしくお願いします♫
インステ