【ドコモ】5Gプレサービス用スマホ3機種を披露!

NTTドコモが、5Gプレサービス用スマホ3機種とルーター1機種の披露を行いました。ドコモが披露したドコモショップやショールームでも5G体験が可能となる5Gプレサービス開始に使用するスマホ3機種とルーター1機種についてご紹介します。

【ドコモ】5Gプレサービス用スマホ3機種を披露!のイメージ

目次

  1. 1NTTドコモが5Gプレサービス用スマホ3機種とルーター1機種を披露
  2. 2ドコモの5Gプレサービス用端末の概要について
  3. 5G通信時の理論上の最高通信速度について
  4. 3ドコモの5Gプレサービス用に用意された機種について
  5. ミリ波対応のソニーモバイルコミュニケーションズ製スマホ端末
  6. ミリ波対応のサムスン電子製スマホ端末
  7. ミリ波非対応のLG Electronics製スマホ端末
  8. ミリ波対応のシャープ製ルーター
  9. 4ドコモの5Gプレサービスを体験できる場所について
  10. 52020年6月末には、全ての都道府県に5G基地局を展開する予定
  11. 合わせて読みたい!NTT docomoに関する記事一覧

NTTドコモが5Gプレサービス用スマホ3機種とルーター1機種を披露

ドコモの5Gプレサービス発表

NTTドコモは、5Gプレサービス発表会「5G OPEN DAY」にあわせ、5Gプレサービス用スマホ3機種とルーター1機種の情報が公開となりました。

NTTドコモでは、5Gの商用サービスを2020年春より開始する予定となっており、それに先駆け9月20日から5Gプレサービスとして、イベントなどの場で5Gの新しい要素を体験できるエリアが展開されるとのことです。

今回の発表では、NTTドコモの5Gプレサービスにて使用される5Gスマホ3機種と屋内用5G Wi-Fiルーター1機種が披露されました。

Thumb【NTTドコモ】新料金プランで違約金廃止!dカード払いが条件?
NTTドコモの発表予定の新料金プランで、解約時の違約金を廃止したいわゆる「2年縛り」の無い新...

ドコモの5Gプレサービス用端末の概要について

5Gプレサービス

ドコモが発表を行った9月20日から5Gプレサービスとして今回プレサービス用に使われるスマホ端末は、全てQualcommのプロセッサ「Snapdragon 855」に同社製の「Snapdragon X50 5G modem」を組み合わせた構成となっています。

今回、ドコモが5Gプレサービスとしてプレサービス用に使われるスマホ端末については、スマホ1機種を除いて「Sub-6」(6GHz未満の電波)とミリ波(mmWave:30GHz前後の電波)のいずれも5G通信できるようになっています。

なお、プレサービス用に使われるスマホ端末については、あくまでも、全て5Gプレサービス用という位置づけで、市販される予定はないとのことです。

5G通信時の理論上の最高通信速度について

プレサービス開始

ドコモの5G通信時の理論上の最高通信速度は以下の通りとなります。
 

エリア 上り 下り
ミリ波対応エリア 上り202Mbps(25.25MB/秒 下り2.8Gbps(350MB/秒
ミリ波非対応エリア 上り107Mbps(13.375MB/秒) 下り2.4Gbps(300MB/秒

Thumb【Amazon】「d払い」で支払う方法!ドコモ払いとの違いも解説!
Amazonではキャリア決済も利用することができますが、その種類としてドコモのd払い/ドコモ...

ドコモの5Gプレサービス用に用意された機種について

5G体験

それでは、ドコモの5Gプレサービス用に用意されたスマホ端末の機種についてご紹介していきましょう。

ミリ波対応のソニーモバイルコミュニケーションズ製スマホ端末

ソニー

ドコモの5Gプレサービスで用意されたソニーモバイルコミュニケーションズ製のプレサービス用スマホは、見た目は、ソフトバンクの5Gプレサービスで使われた端末とほぼ同じように感じられます。

ソニーモバイルコミュニケーションズ製のプレサービス用スマホについては、現行の「Xperia 1」を少し縦長にしたようなイメージとなっており、アウトカメラはデュアル構成で、背面は光沢仕上げで、ソニーロゴ、ドコモロゴとXperiaロゴが確認できます。

ミリ波対応のサムスン電子製スマホ端末

サムスン電子

サムスン電子製のドコモの5Gプレサービス用スマホについては、韓国や欧米で発売済みの「Galaxy S10 5G」をベースとしたものとなっています。サムスン電子製のスマホ端末の背面にはGalaxyロゴとドコモロゴが確認できます。

ミリ波非対応のLG Electronics製スマホ端末

LG

ドコモの5Gプレサービスで用意されたLG Electronics製のプレサービス用スマホ端末は、本体に画面付きカバーを取り付けて2画面構成にできることが特徴となっています。

LG Electronics製のプレサービス用スマホ端末のベースは、仕様から「LG V50 ThinQ」がベースになっているものとみられており、アウトカメラはトリプル構成となっています。

また、LG Electronics製のプレサービス用スマホ端末背面には指紋センサーも見受けられます。今回のプレサービス用端末の中で、この機種のみミリ波通信に対応しない機種となっています。

ミリ波対応のシャープ製ルーター

シャープ製ルーター

ドコモの5Gプレサービス用に用意されたシャープ製のプレサービス用のルーターは、据え置き利用を前提としています。

シャープ製のプレサービス用のルーターについては、外部から電源供給を受けて動作を行うもので、接続はWi-Fi(無線LAN)とEthernet(有線LAN)の両方に対応しています。

Thumb【ドコモ】「歩いておトク」についてくわしく解説!
ドコモが提供する「歩いておトク」というアプリが「dポイント」を貯められると話題です。ドコモの...

ドコモの5Gプレサービスを体験できる場所について

プレサービス体験可能店舗

ドコモの5Gプレサービスを体験できる場所については、「ラグビーワールドカップ2019」の会場となる8つのスタジアムや、同大会のライブビューイングイベントを開催する東京都港区のベルサール汐留が用意されます。

また、以下のドコモショップやショールームでもドコモの5Gプレサービスを体験することができます。

対象店舗情報

ドコモの上記の店舗では、9月20日に「5G体験コーナー」が設置され、準備ができ次第、5Gプレサービス用のスマホ端末を使ったサービスを体験できるようになるとのことです。

ドコモの「5G体験コーナー」では、ユーザーは、XRデバイス「Magic Leap One」も体験することができるようになっているということです。

Thumb「5G」の無線免許が初交付!ドコモ/au/ソフトバンクが受け取り!
総務省は「5G」の基地局開設計画に基づきNTTドコモ、au、ソフトバンクの3社に対し、次世代...

2020年6月末には、全ての都道府県に5G基地局を展開する予定

5Gエリア化

ドコモでは、5Gの商用サービス開始時までに国内のドコモショップや駅、空港などの各スポットを5Gエリアとする予定としています。

Thumbドコモ「5Gプレサービス」詳細発表!ラグビーW杯全国8会場などで提供!
ドコモが「5Gプレサービス」詳細を発表し「ラグビーワールドカップ2019TM 日本大会」にて...

合わせて読みたい!NTT docomoに関する記事一覧

Thumb「ドコモ口座」アプリの使い方をくわしく紹介!
ドコモ口座アプリはみなさんは使っていますでしょうか。今回ドコモ口座アプリの使い方について詳し...
Thumbドコモの「dブック」と「dマガジン」の違いは?使ってみた感想も紹介!
ドコモのdブックとdマガジンという漫画・電子書籍アプリの違いをご存知ですか?使ってみた感想や...
Thumb「LINEポイント」がドコモ「dポイント」へ交換可能に!
LINEの各種サービスで貯められる「LINEポイント」の交換先としてNTTドコモの「dポイン...
Thumbドコモ「docomo in Car Connect」提供開始!車内向けインターネットサービス!
ドコモが、定額の使い放題となる車内向けインターネットサービス「docomo in Car C...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
YUKI
よろしくお願いします♫
インステ