「iモード検索」が3月で終了!14年のサービス提供に幕【ドコモ】

NTTドコモは2月10日、フィーチャーフォン向け検索サービス「iモード検索」を3月24日に終了することを発表しました。NTTドコモは、2006年10月から約14年に渡りサービス提供した「iモード検索」を3月で終了することになります。

「iモード検索」が3月で終了!14年のサービス提供に幕【ドコモ】のイメージ

目次

  1. 1. ドコモ「iモード検索」3月で終了し、14年のサービスに幕。
  2. 1-1. 「iモード検索」とは
  3. 2. ドコモは「iモード」と「FOMA」のサービス終了を発表
  4. 2-1. 合わせて読みたい!NTT docomoに関する記事一覧

ドコモ「iモード検索」3月で終了し、14年のサービスに幕。

NTTドコモは2月10日、フィーチャーフォン向け検索サービス「iモード検索」を3月24日午前10時に終了することを発表しました。NTTドコモは、2006年10月から約14年に渡りサービス提供した「iモード検索」の歴史に幕を下ろします。

「iモード」自体のサービス提供はしばらく続き、2026年3月31日まで継続予定としています。そして「iモード」と同じタイミングでドコモの3Gサービス「FOMA」も提供を終了することを発表しています。

「iモード検索」とは

「iモード検索」とは、フィーチャーフォン向けインターネットサービス「iモード」のトップページ「iMenu」の検索ボックスにキーワードを入力し、検索ボタンを押すだけで知りたい情報を検索できるサービスです。

他の検索サイトとも連携していて、これらを経由して一般サイトの検索も可能です。そして検索結果上部に設置したダイレクトボックスでは、キーワードに合わせた情報が表示されるようになっています。

2006年から「iモード検索」は提供されていましたが、4Gの普及やスマートフォンの発展、GoogleやYahoo! JAPANなど大手検索エンジンの成長に伴って、約14年の歴史に幕を閉じることになります。

iモード検索 | サービス・機能 | NTTドコモ
関連記事
ドコモは「iモード」「FOMA」のサービス終了を2026年3月末へ!
関連記事
iモードとFOMA音声プランの新規受付を2019年9月で終了【ドコモ】

ドコモは「iモード」と「FOMA」のサービス終了を発表

2019年10月29日、ドコモはフィーチャーフォン向けインターネットサービス「iモード」と3G携帯電話サービス「FOMA」を2026年3月31日をもって終了することを発表しました。

「FOMA」は2001年にサービス開始し「iモード」は1999年にサービス開始しています。

「FOMA」は携帯電話で動画やゲームを楽しめ、「iモード」は電子メール(キャリアメール)や機能縮小版HTMLを利用したモバイルサービスを提供できるため、当時は画期的なサービスとして市場で爆発的に普及しました。

また今では世界中で親しまれ使われている絵文字も「iモード」発祥のサービスで、ニューヨーク近代美術館(MoMA)には初代iモードをかたどった絵文字が収蔵されています。

ドコモの「iモード」において絵文字が登場したことで、今現在では当たり前となっている絵文字がこれほど進化したと言えるでしょう。

「iモード」と「FOMA」のサービス終了について、ドコモの吉澤社長は以下のように説明しています。「iモード」はモバイルインターネットのはしりであり、モバイルインターネットの拡大に大きく貢献しました。

「iモード」のコンテンツやアプリは実際にはほとんどがスマートフォンに引き継がれ生き続けることになります。サービスの終了は時代の流れに乗った決断として受け止められるでしょう、としています。

今現在スマホは広く普及していて、すでに多くのユーザーにとっては「iモード」と「FOMA」は過去の話とになっていますが、完全な終焉に刻々と近づいていると言えます。

関連記事
【ドコモ】5Gプレサービス用スマホ3機種を披露!
関連記事
【ドコモ】2019冬/2020春モデル8機種を発表!

合わせて読みたい!NTT docomoに関する記事一覧

関連記事
【d払い】2月はコンビニで10%還元!ドコモのバイクシェアで還元も開催!
関連記事
「ドコモ」と「メルカリ」が正式に提携!メルペイでdポイント!
関連記事
ドコモが「Otter」を日本展開!英語音声をリアルタイムで文字起こし!
関連記事
d払いで電子マネー「iD」が利用可能に!ドコモAndroid端末から!

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
usagifwfw

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ