【プレビュー版】Windows 10のスタートメニューUI変更など公開!

MicrosoftはWindows 10のプレビュー版「Build 20161」の公開を行いスタートメニューUI変更などを発表しました。スタートメニューUIなど変更が実施されたWindows 10のプレビュー版「Build 20161」についてご紹介します。

【プレビュー版】Windows 10のスタートメニューUI変更など公開!のイメージ

目次

  1. 1. Windows 10のプレビュー版「Build 20161」の公開
  2. 2. Windows 10のプレビュー版「Build 20161」では
  3. 2-1. 新しいUIは
  4. 3. Alt+Tabキーによるウィンドウの切り替え機能に改良
  5. 3-1. 改良されたAlt+Tabキーによるウィンドウの切り替え機能に対応するバージョン
  6. 4. Windows 10のプレビュー版「Build 20161」のタスクバーについて
  7. 5. 「Windows 10」の通知エクスペリエンスも改善
  8. 5-1. 合わせて読みたい!Windows 10に関する記事一覧

Windows 10のプレビュー版「Build 20161」の公開

マイクロソフト

現地時間の7月1日、MicrosoftはWindows 10のプレビュー版「Build 20161」の公開を行いスタートメニューUI変更などを発表しました。

Microsoftが公開したWindows 10のプレビュー版「Build 20161」は2021年に正式リリースが予定されているビルドとなっておりスタートメニューUIなど変更点も多く搭載されています。

関連記事
【Windows10】「スリープ」の設定/使い方をくわしく解説!

Windows 10のプレビュー版「Build 20161」では

Windows10

Windows 10のプレビュー版「Build 20161」ではスタートメニューUIが一新されており、今までのタイル状のデザインからよりきれいなデザインに改良されています。

刷新されたスタートメニューのUIは、従来アプリリストのロゴの後ろに表示されていた無色のバックプレートが削除されており、一部のタイルに半透明の背景が採用されています。

今回の変更により「MicrosoftOffice」や「MicrosoftEdge」などに適用となっている新バージョンのアイコンにデザインが統一されています。

新しいUIは

「Build 20161」の新しいUIでは、「ダークテーマ」および「ライトテーマ」のいづれも対応可能となっていますが、「設定」画面から「個人用設定」に進み「色」の項目からアクセントカラーを選択してもアクセントカラーのデザインが適用となります。

また、Windows 10のプレビュー版「Build 20161」ではスタートメニューにアクセントカラーを設定することで、PCのスタートメニューのカラーをアレンジもできるようになっています。

なお、アクセントカラーの設定を有効にするにはUIを「ダークテーマ」に設定し、「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」と「スタートメニュー・タスクバー・アクションセンター」の項目を有効化しておくことが必要です。

関連記事
【Twitter】Windows 10向けアプリでツイートの下書き/予約投稿機能に対応!

Alt+Tabキーによるウィンドウの切り替え機能に改良

Windows 10のプレビュー版「Build 20161」では、Alt+Tabキーによるウィンドウの切り替え機能に改良が実施されています。

改良されたAlt+Tabキーによるウィンドウの切り替え機能では、MicrosoftEdgeにて起動しているそれぞれのWebサイトのタブも、Alt+Tabキーにて切り替えの対象として表示されるよう変更になっています。

またAlt+Tabキーによるウィンドウの切り替え機能は、これまでの表示形式に戻すことも可能となっており、「設定」画面から「システム」へ進み「マルチタスク」項目にて変更することができます。

改良されたAlt+Tabキーによるウィンドウの切り替え機能に対応するバージョン

Windows10ロゴ

改良されたAlt+Tabキーによるウィンドウの切り替え機能が利用することができるのは、現段階では少数のInsiderプログラム参加者に限定されています。

Insiderプログラム参加者にてバージョンが「83.0.475.0」以降のMicrosoftEdgeを利用している方であれば、改良されたAlt+Tabキーによるウィンドウの切り替え機能を利用することが可能です。

Windows 10のプレビュー版「Build 20161」のタスクバーについて

MicrosoftではWindows 10のプレビュー版「Build 20161」にて初めての試みを実施することを発表しています。

内容としては新しいアカウント作成を行った場合やはじめてログオンした際に限定し、それぞれ自動的にユーザーに合ったアプリを配置し利便性向上を図るため、タスクバーのレイアウトをユーザーごとに変更することを発表しました。

なお、アプリの配置については診断データとユーザーからのフィードバック情報を基本に実施されるとしており、標準のレイアウトを調整し実行されるとのことです。

関連記事
【Windows10】カメラが映らないときの対処法!

「Windows 10」の通知エクスペリエンスも改善

Windows 10のプレビュー版「Build 20161」では「Windows 10」の通知エクスペリエンスも改良が実施されています。

改良点としては、新しくなった通知にて通知上部に表示されているアプリアイコンをチェックすることで、通知が届いているアプリがどれなのかわかりやすくなったとのことです。

また、アプリアイコンをクリックし通知内容を確認後は右上のXボタンをクリックすることで通知を閉じることができます。

合わせて読みたい!Windows 10に関する記事一覧

関連記事
【Skype 8.61】Windows 10版がデスクトップ版へ統合!
関連記事
【Windows10】時刻同期/NTPサーバーの同期時間の変更方法を解説!
関連記事
【Creators Update以降】Windows10で「ClearType」を設定する方法!
関連記事
【Windows10】カメラが映らないときの対処法!

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
YUKI
よろしくお願いします♫

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ