【Twitter】スパムのブロックで「規制される」?

Twitterにてユーザーがスパムのブロックすることで自分が「3日間規制される」現象が発生していることが話題になっています。Twitterにてユーザーがスパムのブロックすることで自分が「3日間規制される」現象が発生している不具合の原因についてご紹介します。

【Twitter】スパムのブロックで「規制される」?のイメージ

目次

  1. 1. Twitterにてスパムアカウントをブロックすると自分が「3日間規制される」現象が発生
  2. 2. Twitterが規制を行う公開範囲が制限される状況の例について
  3. 3. スパムアカウントをブロックすると自分が「3日間規制される」現象の内容
  4. 4. Twitterに投稿されたユーザーの声について
  5. 5. 今回発生している不具合の原因について
  6. 5-1. 合わせて読みたい!Twitterに関する記事一覧

Twitterにてスパムアカウントをブロックすると自分が「3日間規制される」現象が発生

Twitterにて、スパムアカウントをブロックすると自分が「3日間規制される」現象が発生しているとの投稿が多くあがっています。

この記事では、Twitterにてスパムアカウントをブロックすると自分が規制される現象について不具合の原因や現象の内容についてご紹介していきましょう。

関連記事
【Twitter乗っ取り】「スピアフィッシング」で侵入!

Twitterが規制を行う公開範囲が制限される状況の例について

Twitterでは、Twitterルールに違反するコンテンツに対して個人的なものの主観や意見にこだわって判断を行い、Twitterがユーザーのコンテンツをブロックしたり制限を行ったりアカウントの削除を行うことはありません。

なお、Twitterが規定している条件に該当した場合はツイートが一部のアカウントに公開されなくなることがあり、ユーザーの投稿に対して規制を行う状況の例としては、次のような事例が例としてあげられています。

Twitterでは、攻撃的な行為やスパム行為に対して報告された場合、事案の違反している重大さや違反者の過去の違反歴を精査しアカウントの行動特性に応じた措置を講じるとしています。
 

Twitterが規定している条件 特徴
アカウントの一時的な凍結 アカウントの所有者がツイートの閲覧・ツイートの送信・「いいね」ができないようにする アカウント所有者のメールアドレスや電話番号認証など、Twitterが指示する条件に従うことで凍結が解除
アカウントの永久凍結 Twitterルールに繰り返し違反したアカウントや重大な違反を犯したアカウントは永久的に凍結
  • 同じ人物が所有する別のアカウント
  • 凍結を回避する目的で作成した新規アカウントも永久凍結される可能性あり

関連記事
【Twitter】悪意/暴力行為のあるリンクをブロック!ポリシー強化へ!

スパムアカウントをブロックすると自分が「3日間規制される」現象の内容

先週よりTwitterに投稿されているスパムアカウントをブロックすると自分が「3日間規制される」現象の内容について確認しておきましょう。

現在、報告されている不具合の内容については7月28日ごろからTwitter上に投稿されはじめたとのことです。

投稿されている事例の内容としては、ユーザーがTwitterのDMなどを利用し送付されてきた「スパムメッセージ」のアカウントをブロックした際に自分のアカウントに「スパムポリシーに違反している可能性がある」というメッセージが送られてきたとのことです。

「スパムポリシーに違反している可能性がある」というメッセージを受け取ったユーザーは、約3日間フォローや「いいね」・「リツイート」する機能が利用できなくなったとしています。

関連記事
【Twitter】「問題が発生しました」表示の原因/対処法!

Twitterに投稿されたユーザーの声について

今回のTwitterにて発生した不具合に関し、Twitterに投稿されたユーザーのツイートについてみていきましょう。

Twitterにて実際にアカウントが3日程度規制されたユーザーは、「スパムアカウントをブロックしたらスパムポリシーに引っかかるって本末転倒」であるというツイートを投稿しています。

同様に規制を受け解除されたユーザーは、「RTいいね規制解除されて嬉しい」とのツイートを投稿しています。

今回発生している不具合の原因について

今回、Twitterに投稿されたユーザーのツイートを元にTwitterで原因を調査したところ、不具合の原因について、スパムボットが誤って作動したものであることが判明したとのことです。

現在、この不具合に関しては復旧しており誤って規制の影響を受けたアカウントについては復旧の対応を行っているとのことです。

現段階でTwitterのフォローやいいねなどが規制がかかり利用できないユーザーも順次規制解除が行われるようになるため、少し待つようにしましょう。

合わせて読みたい!Twitterに関する記事一覧

関連記事
【Twitterアカウント乗っ取り】3人逮捕/起訴!主犯は17歳!
関連記事
【オンラインイベント】「#Twitter夏祭り」を開催!
関連記事
【Twitter】旧UIの「GoodTwitter」の代わりについて解説!
関連記事
【Twitter】広告収入減で「ユーザー課金」を検討?

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
YUKI
よろしくお願いします♫

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ