【Windows10】Driver Power State Failureエラーの原因と解決方法を解説!

Windows10でDriver Power State Failureのエラーが表示されることがあります。このDriver Power State Failureのエラーはどんな原因で発生するのか、解決方法を含めこの記事で解説していきます。

【Windows10】Driver Power State Failureエラーの原因と解決方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1【Windows10】Driver Power State Failureエラーの原因と解決方法
  2. どんな時にエラーが起こりやすい?
  3. Driver Power State Failureエラーの原因
  4. Driver Power State Failureエラーの解決方法
  5. 最後に

【Windows10】Driver Power State Failureエラーの原因と解決方法

Windows10を利用している際、「Driver Power State Failure」というエラーがブルースクリーンとともに表示された経験はありませんか?

どんな時にエラーが起こりやすい?

このDriver Power State Failureのエラーは、「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。エラー情報を収集しています。自動的に再起動します。停止コード:driver power state failure」という内容で表示されます。

PCの起動時やシャットダウン時

このエラーは、どんな時に起こりやすいかと言うと、主にWindows10PCを起動した際やシャットダウンする時です。

Driver Power State Failureエラーの原因

Driver Power State Failureのエラーが表示される原因としては、次のものが考えられます。デバイスドライバーとデバイスとの間で、通信が一定時間を過ぎても応答していない場合に起きやすいエラーですので、基本的にはドライバー関連の原因が多いです。

デバイスドライバーの不具合や電源設定に問題

まず1つ目はデバイスドライバーの不具合や、Windows10の電源設定です。デバイスドライバーが古い、不具合があるということがある他、電源設定が省電力になっていることからドライブへ十分な電源供給ができていない、などが原因です。

Windowsのシステムファイルに不具合

また、Windows10自体のシステムファイルに不具合がある場合にも起きやすいです。この場合はその不具合を修復する必要があります。

接続しているデバイスにトラブル

そのドライブに接続しているデバイス――光学ディスクドライブなどに何らかのトラブルが起きている事も考えられます。不具合や故障など、その原因は様々です。

Driver Power State Failureエラーの解決方法

では、Driver Power State Failureのエラーが表示された場合、解決方法としてはどのようなものがあるのかについてを確認していきましょう。

PCの再起動

Shiftを押しながらシャットダウンをクリックして完全シャットダウンしたあと再起動

PC自体の軽微な不具合は再起動することで解決することがあります。普通の再起動では解決しないこともありますので、完全シャットダウン(Shiftを押しながらシャットダウン)での再起動をしてみてください。

PCに接続しているデバイス/機器を解除

Windows10に接続しているUSBや外付けHDD、プリンタやスキャナなど接続している機器を外してみましょう。

どのデバイス/機器が原因が分からないため、Windows10PCをシャットダウンして、マウスとキーボードだけを残して全て取り外し、再起動後デバイス/機器を1つずつ接続して動作確認をおこないましょう。

デバイスドライバーの更新

ドライバーの更新

デバイスドライバーが古い場合、エラーが生じやすいため、Windowsマークキー+Xキーで開いたメニューからデバイスマネージャーを開き、接続しているデバイスに対するデバイスドライバーの更新をしてみてください。

前述の「デバイス/機器を解除」で原因が特定できた場合、そのデバイスのドライバーを更新してみてください。

デバイスドライバーの再インストール

デバイスドライバーをアンインストールしてPCを再起動

また、デバイスドライバーの再インストールも解決方法になることがあります。

デバイスマネージャーで、原因と考えられるデバイスドライバーをアンインストールして、Windows10を再起動してください。これででデバイスドライバーの再インストールができます。

システムの復元

システムの復元を行う

復元ポイントが作成されているのであれば、システムの復元によりエラーの修復ができる可能性があります。

コントロールパネルで「システム」→「システムの保護」→「システムの復元」から、エラーが起き始めるより前の復元ポイントを選択して、システムの復元を実行してください。

電源プランを変更

電源プランを省電力のものから変更する

電源プランが省電力など電力供給を抑えている場合、ドライブに電力が行き渡らずエラーが生じる原因となっている可能性があります。「高パフォーマンス」など、電力を十分に行き渡らせることができるように設定してみてください。

コントロールパネルで「システムとセキュリティ」→「電源オプション」から電源プラの変更ができます。

最後に

Driver Power State FailureはWindows10に接続しているドライバー関連のエラーです。この記事を参考に対処をおこなってみてください。

Thumb【Windows10】ブルースクリーンが頻発する原因と対処法!
Windows10をいつも通りに使おうとしたらブルースクリーンの画面になり困っている方も中に...
Thumb【Windows】MEMORY MANAGEMENTのブルースクリーンエラーの原因と解決方法を解説!
Windows利用時に、停止コードとして「MEMORY MANAGEMENT」が表示されるブ...
Thumb【Windows10 ブルースクリーン】再起動を繰り返す原因と解決策!
Windows10でブルースクリーンが発生したり再起動が繰り返してお困りの方も多いのではない...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ